白地ちゃんねる2


怪談金玉袋文章書き起こし

1:えころ :

2017/12/09 (Sat) 07:06:40

動画を見るのが辛いという方のために文章を書き起こして内容を伝える試み
随所に簡単な場面を説明する文章が挟んであります
2:えころ :

2017/12/09 (Sat) 07:21:55

生き人形を見た先輩①

MUR:
あっそうだ

MUR:
なあ野獣、一緒にラーメン二郎食いに行かな

野獣:
ないです

MUR:
あっない・・・・

野獣:
んな数百円で食べれるラーメンなんかより
MUR先輩の家で食べる料理の方がいいに決まってるじゃないですか

野獣:
だから今日はMUR先輩の家で飯食わせてくださいよ〜
頼みますよ〜

MUR:
野獣・・・・・

MUR:
うっし!じゃあ夕食は俺の家で食べるゾ!
KMRもこいよな

野獣:
いいですね〜(MUR先輩って最高のカモだってはっきりわかんだね)

KMR:
え?僕も行くんですか?

MUR:
当たり前だよなぁ?

野獣:
言う事聞かないとお仕置きだど〜

KMR:
わっ分かりました。MUR先輩ありがとうございます
3:えころ :

2017/12/09 (Sat) 07:40:30

生き人形を見た先輩②

MUR:
おっいい食いっぷり。そんなに母ちゃんの料理が好きなんだな〜。

KMR:
(う・・・意地汚い。やっぱりこの人とじゃご飯が進まない・・・)

野獣:
そりゃあMUR先輩んとこの料理が一番品質が良くて
他の飲食店がまずく感じちゃったからね〜責任取って下さいよ〜

MUR:
いやさすがにそれは勘弁してほしいゾ。別に俺の責任じゃないし
お前はタダ飯食う為に頼んでるのか?

MURの母:
でもその為におばさんの作る料理を美味しく食べてくれるなんて
感激するわ〜

野獣:
あっmur先輩のお母さん。オッスオッス。上手いごちそう
ありがとナス!!

野獣:
いや〜おばさんの料理は世界一ですよ〜。もう毎日通っても
よろしいですか〜?

MURの母:
まっうれしいわ〜。だったら貴方達の為に毎日美味しい料理
作ってあげなきゃね〜。

MUR:
じゃあ心配する必要無いな。これからも食べに来いよ
野獣〜心配はいらんゾ〜

野獣:
マジすかあ!?なら遠慮なく頂きナス!!

KMR:
(毎日野獣先輩の汚い食べ方見なきゃいけないのか・・・・)

野獣:
そういや先輩。聞きたい事あるんすけどぉ

MUR:
何だゾ?
4:えころ :

2017/12/09 (Sat) 07:55:58

生き人形を見た先輩③

野獣:
あれ人形っすか?なんかこっちみてるんすけど

MURの母:
ああ、楓ちゃんね。私が小さい頃、パパが買ってくれたお人形さんよ

野獣:
はえ〜結構不気味っすね〜

MUR:
まあ俺も小さい頃は無茶苦茶怖かったけど慣れれば
家族同然。楓は俺の妹だゾ!

MURの母:
コラコラ。お姉ちゃんでしょ?楓ちゃんは貴方が生まれる前に
いたんだから。

MUR:
あっそっか・・・・悪かったよお姉ちゃん。
弟の俺を許してくれゾ〜

KMR:
(今人形が動いたけど気のせいか?)

MURの母:
あっそうそう。この子の髪の毛解かさないと。

KMR:
野獣先輩・・・・・・

野獣:
何だよKMR〜。神戸牛なら渡さねえからな

KMR:
今、あの人形動きませんでした?

MUR:
安心しろKMR。姉ちゃんなら何もしないから
気にせず夕飯食べてくれゾ

KMR:
そ・・・そうですよね。人形ですから動かないですよね。

野獣:
あっ当たり前だろが!!何先輩ビビらせてんだ!!
ウ●コ全部漏れちゃっただろ!!

MUR
おっもうすぐ例の番組が始まる時間だゾ
5:えころ :

2017/12/09 (Sat) 08:29:07

生き人形を見た先輩④

TV
マジメ君:
見て下さいこの豪華な構造。まるで日本のマリーアントワネットに
なったかのような雰囲気です。

マジメ君:
そしてこの人形、ここで暮らしてるかのような美しさ。
思わず僕もS●Xしたくなります。

野獣:
へぇ~すごいじゃないすかMUR先輩のご自宅が紹介されるなんて

KMR:
その割には人形、ベタベタ触られてますね。今あの人
胸揉みましたよ

MUR:
マジメ君なりの愛情表現だと思えば良いゾ。芸人さんに触ってもらえて
うれしそうだろ~姉ちゃん

野獣:
そうっすかあ?女の子の気持ちになって考えると
思いっきりビンタしたくなると思いますけどね~

翌日

野獣:
ふぅ~疲れたもぉ~

野獣:
毎日部活部活辞めたくなりますよホント~
あの池沼勝手にサボりやがって

野獣:
なあKMR。MURん家で飯食いに行くぞ。

KMR:
結構です

野獣:
逆らうなよ~先輩悲しいぞ~

MUR家前、人集り

野獣:
えっ何これは・・・・

野獣:
MUR先輩これ一体どういうことですか?
あとご飯出来てます?

MUR:
聞いてくれよ野獣~KMR~。姉ちゃんが
お茶の間デビューするんだゾ~

野獣:
ほえ~この人形がゴールデンタイムに出るんスかあ?
やりますねえ!!ギャラいくらなんすか?

KMR:
え?お茶の間デビューって、どうしていきなり・・・・

MUR:
そりゃ~あの番組の視聴率が良かったからダルルォ?
やっぱ姉ちゃんってそんなに可愛いんだな~

KMR:
いえ、それはあり得ません。何で普通の人形が芸能界にデビュー
しなきゃいけないんですか?

MUR:
言われてみれば人形が芸能界デビューなんてちょっと
おかしいゾ・・・・

MUR:
なあおじさん。姉ちゃんどうしてテレビに出れるのだゾ?

ディレクター:
まあ不謹慎になっちゃうかもしれないけどマジメ君の番組
「民家に泊まろうよ」でこの家の回を放送し終えた後

ディレクター:
マジメ君以外のスタッフ全員行方不明になったんだよ

ディレクター:
マジメ君も「人形人形」と酷い怯えてた。身体を丸めて
楽屋の端っこで誰もいない所をジーっと。気味悪かったな

ディレクター:
だからちょっとだけ、火曜の夜更かしという番組で楓ちゃんを心霊特集に
出て欲しいな。これは視聴率取れる絶対

ディレクター:
じゃあ、この楓ちゃんは当局で預からせて貰うと言う訳で・・・・

MURの母:
よろしくお願いします。うちの子がテレビに出演なんて
夢みたいです。ですが・・・・

MURの母:
楓ちゃんを怒らせないようにしてくださいね。この子、
怒らせると殺しちゃうかもしれないから・・・

ディレクター:
いっいや~怖い冗談を言う奥さんだ~ははは
6:えころ :

2017/12/09 (Sat) 09:25:44

生き人形を見た先輩⑤

野獣:
今日、MUR先輩の人形が出る日だな

野獣:
しっかし一昨日のおばさん、怒らせると殺しちゃうって
相当病んでるんじゃないのか?人形が動くわけないじゃん

野獣:
まあ優しいし飯も美味しいから単なるジョークなん
でしょうね〜。でも「殺」という漢字使うのはNGだろ

野獣:
さっMUR人形、ご対面〜

TV
字幕:
『人を何十人も魅惑し殺してきた日本一恐ろしい人形』

GO:
えー今回はなんと、超超超恐ろしい人形がスタジオに来ております

GO:
と、その前に・・・皆さんは『民家に泊まろう』という番組を
覚えていますか?最後の番組となったあの豪邸の回の

GO:
そう、この人形があった場所です。

GO:
あの番組の放送を終えた後、マジメ君以外のスタッフが
行方不明になったんですよ〜。新聞に載ってるよ。

GO:
そのマジメ君もこのスタジオに来ています。じゃあ
マジメ君、入ってきてよ。

ビューティーマジメ君、登場

野獣:
あれ?マジメ君あんな顔だったっけ?

TV
GO:
随分変わったね〜。前の君はそんなに細くなかったんだけどな〜

GO:
ん?手に持ってるの・・・DVDかな?ちょっと見せて
貰える?

GO:
よし。じゃあ決まり。

GO:
AD、このDVD再生よろしくぅ

廃墟と思わしき台所(?)の静止画が映る

野獣:
なにこれ

野獣:
ただカメラを固定して廃墟を移しただけじゃ

子供の影(?)が映る

野獣:
え?

子供の影(?)がカメラに迫って来てピンキーのような顔が頭部に表れる

野獣:
こんな作り物臭いビデオ何か作って
相当ネタないんだな

TV
GO:
うわ〜これは不気味な動画ですね。
(明らかに作り物臭いな。こいつもしかしてドッキリしかけてんの?)

GO:
それで、今流した映像はどこなの?

終始無言のビューティーマジメ君

GO:
(一旦カットしようかな?)

GO:
(でもまあ沈黙の方が不気味でいいかも。マジメ君本当に
どうしちゃったの?)

GO:
覚えていないそうです。じゃ、いよいよ生き人形の容姿を
見てまいりましょう

GO:
ちなみに、稲川さんの言う生き人形はこのような人形です

モニターに日本人形っぽいのが映る

GO:
それと似た生き人形が今、このスタジオに登場します。
それでは来て頂きましょう。こちらが生き人形、名前は楓ちゃんです

野獣:
うおすっげえ!マジでMUR人形がテレビに出てるじゃ〜ん!!

KMRから着信が来る(着信音が汚すぎる、訴訟)

野獣:
んだよKMRからか〜?もしもし、いいところなんだけど

KMR:
先輩・・・・そっち画面止まってません?

野獣:
は?止まってるわけねえだろ。今、司会者がMUR人形を
調べてる所

野獣:
ふぁっ!?

GOが楓ちゃんをカメラで撮影しているシーンで停止している

野獣:
なっなんだこれ?電波の不具合か?

KMR:
え?先輩、今止まったんですか?

野獣:
ああ、司会者がカメラで人形を映してる所で止まった

KMR:
え?そうなんですか?僕は人形が出てきた瞬間に止まりました

野獣:
一体何でこんなとき

画面が歪み、ピンキーの笑顔がブルーバックで画面に登場

TV
字幕:
『今朝、近藤カラ子さんが火事になった
一軒家で遺体となり発見された』

楓ちゃんの顔にレッドレイトンっぽい雑な処理が施され、停止した画面に戻るとともに
スロー再生の悲鳴が流れ、映像が乱れる

そしてモニターにさっきの台所(?)の一部にこれまた雑な火事描写が施され、映し出される

その後、ピンキー画像と台所画像が目まぐるしく交互に映し出され、ようやく番組が再開

GO:
しかし、本当にこの人形に魂入ってるのかな〜?

唖然とする野獣

野獣:
KMR

KMR:
言わなくても分かってます。僕も見ました。
7:えころ :

2017/12/09 (Sat) 10:21:26

生き人形を見た先輩⑥

野獣:
TV局ってひでえよな。MUR先輩の母ちゃんが大切にしてる
人形をここまでコケにするなんて・・・・・

KMR:
あの・・・さっき電波障害について謝罪するテロップが
流れましたが・・・・

野獣:
どっちの味方だよお前ぇ!!

KMR
とっとりあえず明日、MUR先輩のご自宅に行きましょう。
何か分かるかもしれません。

野獣:
分かるも何もあんなのデタラメに決まってるだろ!!

翌日

MUR家
MURの母、通話中

MURの母:
だから!楓ちゃんは家に帰りたがってるんです!!
早くお部屋に帰らせないと・・・、楓ちゃんが泣いてるじゃありませんか!

野獣:
MUR先輩。昨日の番組見ました。テレビ局って
糞ですね心臓に良くない事やりやがって

MUR:
野獣、KMR、悪いけど後にしてくれゾ。今、どうしても
姉ちゃんを返してもらわないととんでもないことになるんだ・・・

MURの母:
生放送なんてどうでも良いんです!!
今、楓ちゃんには私達が必要なんです!!

KMR:
(なんだ?MUR先輩のお母さん、なんか様子がおかしいぞ?)

KMR:
あの・・・MUR先輩とおばさんもあの番組見てたんですか?

MUR:
当たり前だゾ。大事な家族がテレビに出演して見ない奴が
どこにいるんだゾ。

MUR:
あんなに血の涙流して帰りたいって何度も叫ぶ姉ちゃんを見て
心が折れたゾ。早く家へ連れ戻さないと可哀想だゾ・・・・

KMR:
血の涙・・・・?僕のは女性が家ごと燃え尽きる映像が
流れてたんですが・・・・・

野獣:
何それ?俺のは何かの顔写真と歪んだ人形の顔とサイズあってない
部屋が燃えてる映像だったよ?

MURの母:
・・・あの、分かりました。もう少し、貴方達を信じてみますけど、
終わったら楓ちゃんは返していただけますのよね?

MURの母、通話を終える

MUR:
今、話を無視して電話切ったぞテレビ局の人達

MURの母:
・・・あら?貴方達はこの前のお友達ね?

KMR:
ああ・・・・はい・・・・・・

MURの母:
楓ちゃんは今日の8時の生放送を終えたら、ちゃんと帰ってくるわ。
楓ちゃんも帰りたがってるんだもの

KMR:
(ありえない・・・・今、話題がビッグウェーブ状態になってるのに
視聴率が取れる状態なのにそんな簡単に持って帰れるのか?)

MURの母:
ああ、心配だわ。本当に心配・・・。
楓ちゃん、ちゃんと帰ってこれるのかしら・・・

MUR:
なあMUR先輩。

MUR:
ん?

野獣:
俺、今日泊まっていいすか?

MUR:
気持ちはありがたいけど、迷惑掛けるわけにはいかないゾ。
それにこれは俺達家族の問題だ

野獣:
迎えの人数はにぎやかの方がいいじゃないですか。それに
おばさんの料理の恩がありますし

野獣:
KMRも泊まるだろ?

KMR:
だ・・・大丈夫なんですか?

野獣:
大丈夫大丈夫。AKYS先生も呼ぶから全然安心だよ。
あの人最強の霊能力者だって知ってるだろ?

KMR:
・・・・・・・・・

野獣:
というわけでおばさん。俺とKMR、泊まってもいいすかあ?

MURの母:
あら、楽しそうね。良いわよ、お部屋なんていっぱいあるのだから、
精一杯遊びなさい

MUR:
ありがとな野獣。姉ちゃんきっとびっくりするゾ〜

野獣:
困った時はお互い様ですよ

そして、夜

KMR:
もうすぐ8時ですね・・・・。先生まだかな・・・・・

野獣:
本当に遅えなあ。おいKMR、外見てこい

KMR、外に出るとAKYSを見つける

KMR:
え!?もう来てるじゃないですか!!なんで家に
来ないんですか先生!!

AKYS:
野獣にも言っとけ、この家から出ろ。

KMR:
え・・・・それってもしかしてそれほど霊気が酷いんですか?

AKYS:
というかなんでお前らがこの家にいるんだ
まずはそれを説明しろ
8:えころ :

2017/12/09 (Sat) 11:41:12

生き人形を見た先輩⑦

KMR:
というわけで、MUR先輩の人形の楓ちゃんを待ってるんです

AKYS:
あのおぞましい霊気をした人形、MURの所有物だったのか

AKYS:
悪いが、あの人形は除霊出来ん。下手にやれば確実に死ぬし
アイツ今、すげえ立ち悪い状態だ。

AKYS:
急げ、MURならともかく野獣とお前は危険だ。
もし8時になっちまったら、とにかく動くんじゃねえぞ。

KMR:
はい・・・・・

AKYS:
すまねえな。何もしてあげられなくてよ

KMR、MUR家に戻る

野獣:
先生いた?

KMR:
それどころじゃないです!!野獣先輩!!
早くこの家から出ましょう!!間に合わなく前に早く!!

野獣:
落ちつけよKMR〜どうした一体?

野獣:
はは〜んもしかして怖くなったんだろ

KMR:
外にAKYS先生がいたんです!!家に来なかったのは
先生でさえどうにもできない霊気だからです!!

KMR:
MUR先輩ならともかく僕達は危ない。
8時になる前に早く!!!

野獣:
マジか・・・・・

野獣:
すっすいませんMUR先輩。ちょっと用事思い出しま

LOVE TOGETHERのアラームが鳴り、20時になる

MUR:
あっもう8時か。姉ちゃん本当に帰ってくるのかゾ・・・
チャンネル入れてみるか

TV
字幕
『特番 生き人形
あなたは目撃者となる』

画面にGO、ビューティーマジメ君、楓ちゃんが映る

GO:
さぁ、今夜は今話題のこの人形を徹底解明。
果たしてこの人形の謎は解けるのでしょうか・・・

GO:
さて、始まりました。あの、放送事故を招き起こした人形の
ためだけに作られたこの特番生放送。

GO:
今回は10人の霊能力者とホラー漫画家、そして心霊映像20作品が
用意されております。

野獣:
おい・・・・帰ってねえぞ。

KMR:
と・・・とりあえずAKYS先生の言うとおりにしましょう。
絶対に動かないでください。

野獣:
動くなも何も・・・・テレビが気になってしょうがねえよ・・・・

TV
字幕:
『タレント
おじさん』

おじさん:
GOさん、あんたあの放送事故を起こした番組の司会者
していたみたいだな

GO:
そうなんですよ〜、僕も放送見てた時はビックリしまして。オンエアの時は
何とも無かったんですけどねぇ

GO:
それでは本題に入りましょう

GO:
ではマー先生。この人形は一体どのようにして作られたのですか?

字幕:
『人形専門家
喫茶マー』

マー:
はい。あの人形はまず、人形浄瑠璃に使われたと思われる物で、
結構歴史の深い人形なんですね。

マー:
でも、浄瑠璃に使われたにしてはちょっと大きめですよね。
小学生くらいの大きさで顔も大きい。

マー:
だから、公式の浄瑠璃じゃなくて外道の地下劇場で使われてたん
じゃないかなぁって思います

GO:
地下、というとそこまで深い歴史があるわけでは無いのかぁ

マー:
はぁ、でも七十年くらい前に作られている人形に間違い無いし、
作られた場所も判明しているのは分かりますが結構謎が残ってますね

GO:
なるほど、まぁその為にここに居るわけだからね。
今日はよろしくお願いいたします。

おじさん:
それよりマジメ君大丈夫なの?やつれてない?
退場した方がいいんじゃないの?

GO:
大丈夫だって安心しろよ。マジメ君だってそう言ってるんだから。
それに彼からの要望だし。

字幕:
『ホラー漫画家
平野源五郎』

平野:
・・・・・・あの、良いですか?

GO:
あっ、はいはい。何ですか?

平野:
えーと、あの人形は、ここに置いておいて良いものですか?

GO:
んー、それはちょっと難しいですねぇ、どうですか?KBさん

字幕:
『霊能力者
KBTIT』

KBTIT:
そうね。確かに強い力を持っているとは言いますけど、
特に怨念を感じる事はありませんからね

平野:
でも、あの人形何に使ったんですか?

GO:
何に?えー・・・、マーさんが言った通り、
地下の劇場で使用されたんですよね

平野
いえ、その後

GO:
その後ですか?ええっと、今はご婦人が所有しいていてその前は
・・・・・ちょっと分かんないですね

GO:
一体どうかなさいました?

平野:
あの人形、生きてますよね?

GO:
平野先生。一応これは本物の人形なんですけど・・・

平野:
も、あの人形の中に大量の人間の霊が入ってますよね?それも
二つや三つじゃない。少なくとも二十人はあの棺桶の中に入ってます。

GO:
・・・つまり、どういう事ですか?

平野:
何人かの霊能力者は視えてると思うんですがね。
あの棺桶の中に入ってる霊、全員怒ってますよ。

GO:
ははは。怒ってる?何で?

楓ちゃんの周りに目玉のないスーツ姿の女性や、DBとおもわしき青白い顔が6つ現れる
そして凄まじい雄叫びが流れる(うるせえ!)

ディレクター:
馬鹿!!早くカメラを切れ!!

カメラマン:
だっ駄目です!!カメラの電源が切れません!!

ディレクター:
何やってんだ!!早くマジメ君を押えろ!!
なにボーっと突っ立ってやがる!!

ピー音とともに人影のようなモザイクが浮いたり、おじさんが雑な加工で燃焼していたり、
モザイクの後にさっき出たレッドレイトンっぽい処理が施された楓ちゃんが映る

今度はスローではなく幼い声で泣き叫ぶ音声が流れる
GOが血まみれになって倒れ、マジメ君がひたすらGOを殴り続ける

お経と共にちょっと加工を加えた今田耕司先輩達が並んで流れていく
そして、ブルーバックに今度は化け物ピンキーが映し出される

字幕:
『今朝、近藤カラ子さんが火事になった
一軒家で遺体となり発見された』

モザイクの後、雑に火事描写が施された台所の静止画がよく分からんbgmと共に映し出される
(ギンギンギラギラ、夕日が沈む)
森林のようなバックに子供達(?)の影が映し出される

そして、楓ちゃんがMUR家に戻ってくる(実際は背景が同一になっただけで戻っていない)
曲が中途半端な部分でループ、背景が真っ赤になりこれまたレッドレイトンぽい処理が施された楓(以下略)

倒れたGOと雑な加工で燃えているスタジオが映し出される
MURが変な効果音と共にテレビの電源を切る
9:えころ :

2017/12/09 (Sat) 15:10:24

生き人形を見た先輩⑧

MUR:
さすがに殺すことはないゾ姉ちゃん・・・・

間の抜けた着信音が鳴り、MURが電話に出る

MUR:
あ、母ちゃんから電話だ。もしもし、

MURの母:
ちょっとお留守番お願いするわね

MUR:
おっ姉ちゃんを迎えにいくのか?

MURの母:
あたりまえじゃない!一人で帰ったら危ないし
車に轢かれたら取り返しのつかない事になっちゃうのよ!

MUR:
そ…そうだったゾごめん

MURの母:
だから迎えに行ってくるわ。それに、見つからなくて
帰ってくる時もあるかもしれないからみんなでお留守番お願いね。

MUR:
分かったゾ

通話終了

MUR:
良かったな~姉ちゃん。やっと帰れるんだゾ。
俺も早く会いたいゾ~

MUR:
なんか安心してると眠くなって来たゾ。
帰ってくるまで寝てるか~

MUR、就寝

野獣:
おいどうすんだよ逃げるか・・・・!?

KMR:
動くなって言ったじゃないですか!!何もしなければ
アレも危害加えてきません!!

野獣:
お前怖くねえのかよ!!テレビ見ただろアイツの
恐ろしさを!!!

KMR:
むやみに出れば敵だと思われる可能性だって高いんです。
万が一見つかったらただじゃすまない・・・・

KMR:
ここで時間をつぶしましょう。難しい事じゃないです。

二時間後

野獣:
ふぁ!?

野獣、突然ついたテレビの雑音で目を覚ます(うるせえ!)

野獣:
なっなんだよびっくりした~テレビのリモコンが何かに
当たったか~?

野獣がテレビに近寄ると、テレビに雑な火事の加工が施された台所が移り、
例のBGM(ギンギンギラギラ、夕日が沈む)が流れる

野獣:
は?

野獣:
な・・・・なんだよこれ・・・・・

野獣:
ふぁ!?

野獣、自分達の姿がテレビに映り、驚く

野獣:
う・・・・・・うわあああああああ!!

野獣:
う・・・・・後ろにカメラがあるんだよな・・・・・?
まさか・・・・まさかな・・・・・・

野獣が振り向くと、楓ちゃんがそこにいる

画面が暗転し、翌日

AKYS:
よし、今日はここまでだ。明日はもっとハードで
行くからな

野獣:
うわきついっす。あの二人部活に来てないわ昨日ウ●コ漏らして
気絶するわ後で覚えてろよな

AKYS:
何で来てないんだ。

野獣:
MUR先輩があの人形戻ってきてからずっと一緒に
いるんすよ。

野獣:
KMRはMUR先輩の母ちゃんに楓ちゃんあなたのこと一目ぼれみたい
って言われて人形といますね。

野獣:
先生。MUR先輩の母ちゃんどう思います?
10:えころ :

2017/12/09 (Sat) 15:24:31

生き人形を見た先輩⑨

AKYS:
・・・・・勘かもしれないが、昨日の生放送を見て
昔の同級生を思い出した。

AKYS:
そいつは人以上に人形を集めてる奴でな、頭がおかしくて
ヒステリックな奴だった

AKYS:
虐めようとした奴はいなかった。アイツは常にコンパスを持っててそこら中
の動物をミンチにしていたからな。何してくるか分からんからな

AKYS:
廃墟で人が燃えてる映像を見たか?俺が実際見た奴の自殺と
瓜二つだったよ。

AKYS:
もしMURの持ってる人形がアイツの霊に憑依されてるとしたら
絶対に捨てたら駄目だ。

野獣:
な・・・なんで捨てたら駄目なんすか?

AKYS:
・・・・まあ、MURなら捨てないだろ。あの人形はあまりにも霊気が
強すぎてどんな霊能力者でも除霊できん。

AKYS:
家族の一家として迎えた方が無難だ。最低でも傷つけるようなことは
絶対にするな。

野獣:
・・・・・・・・・・・・・・・

AKYS:
どうした野獣

野獣:
なんでMUR先輩の家族はあの人形を受け入れてるんすか?

AKYS:
さあな。だが一つだけ引っかかる所がある

AKYS:
一人だけ仲が良かった友達がいた。

AKYS:
もしかしたらそれに関係してるかもしれん

MURの母、MUR、KMRに囲まれて楽しそうな楓ちゃんを映して終了
11:えころ :

2017/12/09 (Sat) 22:41:37

裏S区に迷い込んだ先輩①

MUR:
聞いてくれゾ昨日、クッキー☆劇場に姉ちゃん
出てきたんだゾ~

MUR:
姉ちゃん、皆からの誕生パーティ本当に
楽しそうだったゾ~(それだけの動画)

MUR:
お前らこれ聞いてどう思う?

KMR:
はい

MUR:
面白そうだろ~?何の事件も悲劇もなくただ楽しいだけの
日常展開。いいゾ~これ

MUR:
どうした野獣。浮かれない顔して

野獣:
ななななんでもないっすよ。んなことより今日のご飯は
何ですか~?

MUR:
今日はイタリア料理に挑むって言ってたゾ。俺も楽しみで
ワクワクするゾ~

野獣:
イタリア料理っすか~?ひゅう~。エスカルゴ
楽しみっす~

KMR:
・・・・・・・・・

MUR家

野獣:
foo~ウマすぎ~

野獣:
やっぱMUR先輩の母ちゃん料理ガチウマ~!!
毎日通いたくなりますよホントに~

KMR:
野獣先輩・・・・・・

野獣:
何だ?心配しなくてもタッパー持ってきてんよ~。
料理持ち帰ってビールでごちそうだ~

KMR:
何か隠してません?

野獣:
何で?

KMR:
学校でMUR先輩が何か話してる時、野獣先輩
窓見てましたよね?

野獣:
最近遠野見てない?

KMR:
遠野って・・・・僕と同年の人ですか?そういえば最近
見ないですね・・・・・・

野獣:
3週間前にデートしたっきり全くあってないし携帯にも
繋がらない。アイツもしかして引きこもったのか?

KMR:
遠野さんと喧嘩でもしたんですか?

野獣:
いやしてねえよ?映画見て、ぶらぶらしてたら
いつの間にかいなくなってた

野獣:
たしか赤い橋の近くでいなくなったな。いきなり生理が
来たからか~?

MUR:
それ明らかに誘拐だぞ。

KMR:
先輩・・・・男性に整理は来ません

野獣:
本当に誘拐なんすかね。どう考えてもアイツ、
誘拐されるタマじゃないでしょ?

KMR:
家にいるんじゃないですか?

野獣:
遠野の実家にも行ってみたんだけど人の気配が全くしないし
呼びかけてもインターホン鳴らしても出てくる気配なし

野獣:
さては俺に黙って海外旅行にでも行ったな~。全く
俺も誘えよな~

KMR:
・・・・・・ちょっと遠野さんがいなくなった所案内して
貰ってもよろしいですか?

翌日

野獣:
あともう少しなんだよな~。遠野がいなくなった場所

KMR:
・・・・・あまり見かけない道ですね

野獣:
見たい映画がここら辺の映画館しかやってなかったからな。
まあ地雷映画だったけど

野獣:
もうすぐ赤い橋だ。そこで遠野がいなくなったんだよな。

野獣達、赤い橋に到着

KMR:
ここですか

野獣:
まあな。橋の奥は何もないしただの住宅街だ。
ちなみに遠野の実家は橋の先じゃねえ

KMR:
橋の先だとしても野獣先輩に一言声をかけると
思いますが・・・・・

KMR:
とりあえず、住宅街へ向かってみましょう。
聞き込みすれば何か分かるかもしれません。

野獣:
おっそれ考えもしなかったわお前頭いいな~。

KMR:
(この人・・・・MUR先輩よりアホなんじゃ・・・・)

野獣:
隣町に行くなんて親戚か何か用事があったのか~?

KMR:
そうだとしたら嘘でも一言声かけますよ。

街へやってきた野獣達

KMR:
なんか殺風景な街ですね。本当に人がいるかどうか怪しい
感じがします

野獣:
いるに決まってんだろ~さっき犬小屋にダルメシアン
いたぜ?

野獣:
だけど一人も人居ないと確かに怪しさビンビンに
感じるよな~

MUR:
人いるゾ
12:えころ :

2017/12/09 (Sat) 23:26:20

裏S区に迷い込んだ先輩②

syamuさん、登場

野獣:
それにしては俺達の方ずっと見てね?

KMR:
・・・・・先輩。この人は止めた方がいいかと・・・・・

野獣:
何ビビってんだよKMR~。ただ遠野の事を聞く
だけだろ~?

KMR:
それはそうなんですが・・・・なんかあの人
妙に変なんです・・・・・

野獣:
大丈夫だって安心しろよ~。それはお前の思い違い
だって。全く心配性だな~

野獣:
見た目で判断すんじゃねえよ。中身は結構良い奴かも
しれないだろ?

野獣:
ちょっとすんません聞き込みしたいんすけど~
トカゲに似た顔の青年知りませんっすかね~?

野獣:
俺みたいな髪してて色は栗色、キュートで可愛いんすよ。
知ってる限り全部教えてくれよな~

syamu、無言

野獣:
これマネキンか何かっすかね?

MUR:
確かにこっち向いたんだけど風で俺らの方に
向いただけか?

野獣:
それにしては皮膚がリアルに再現されてるし
これ使い捨てのラブドー

野獣、股間を思いっきり蹴られる
syamu、笑いながら(流れる笑い声は極・魔導のを少し加工したもの)ひたすら倒れた野獣を殴る

???:
そうかそうかそうだったのかぁぁぁぁぁぁぁ!!!
アハハハハハハハハハハハハハ!!!!

MUR、智将となり、syamuを殴り飛ばす

MUR:
いきなり何しやがる池沼ぁ!!

MUR:
大丈夫か野獣!?どこも怪我してないかゾ!?

KMR:
・・・・・・・・・!?

MUR:
KMR!!ぼさっとしてないで逃げろ!!
野獣を連れてここから出るゾ!!

???:
逃げられねえぞ!!お前らはなあ!!
そいつから引き離されて地獄へ行くのだあ!!

syamuが笑いながら負け惜しみを言った後、MUR達は部室へ帰ってきた

MUR:
酷い目にあったゾ・・・・

KMR:
しょっぱなからキ〇ガイに当たるなんて・・・・

KMR:
野獣先輩・・・・目、覚まさないですね・・・・

クッソ汚いSEとともに目覚める野獣

KMR:
あ・・・・野獣先輩が目を覚ましました

MUR:
おっそうか。野獣大丈夫か?

野獣:
あれ?何で俺達部室にいるんすか?マネキンは?

KMR:
先輩・・・ふざけないでください。あのキ〇ガイに
殴られて死んだかと心配しましたよ・・・・・。

MUR:
あの眼鏡、いきなりお前のキンタマ蹴りあげて
顔を何度も殴ってきたんだゾ。覚えてないのか?

野獣:
そうなんすか?全然記憶にないんすけど。
俺が寝てる間、そんなことが起きたんすねえ

KMR:
とりあえず、もうあそこには近づかないで置きましょう。
あまりにも嫌な空気しかしないし危険すぎる。

MUR:
そうだな。絶対遠野って奴、あの街にはいないゾ

野獣:
は?

野獣:
何言ってんだ!!玉々蹴って顔殴った糞を
ほっとけってのか!?俺の虫が収まらねえわ!!

野獣:
もう一回あの街に乗り込んであのキチガイぶん殴って
やる!!空手部の実力を試すチャンスだ!!!

MUR:
・・・・・・・・・・・・

MUR:
それもそうだな

唖然とするKMR

再び赤い橋までやってきた野獣達

KMR:
あの・・・本当にやめた方がいいかと思います。
あの街本当に妙すぎるんですが・・・

野獣:
なにビビってんだよKMR~。あんとき油断してただけだよ。
もう油断しねえから安心しとけ。

KMR:
仲間呼んでくる可能性だってあるじゃないですか。
こういうのはAKYS先生に頼んだ方が・・・・

MUR:
固い事気にするなKMR。俺達の空手成果あの池沼に
見せてやろうぜ。

KMR:
本当に怖いもの知らずですね貴方ら・・・

野獣:
嬉しい事言ってくれるじゃん。じゃけんKMRもリンチ
頼むよ~

再び街にやってきた野獣達

野獣:
お~い眼鏡くぅ~ん。お兄さんと一緒に遊ぼうよ~。
楽しいよエアバックごっこ!殴られる間隔たまんねえだろ!?

KMR:
うぅぅ・・・再び戻ってくると妙な恐怖感が・・・・

遠くにQVC福島がいる

MUR:
おっ
人だ

野獣:
あっ本当だ。すいませ~ん!!ここに眼鏡かけたハゲ野郎
見ませんでした~!?

KMR:
せっ先輩!あまり気軽に声かけちゃ・・・

syamuと同じく笑いながら迫ってくるQVC福島

???:
アハハハハハハハハハハハ!!そうか
そうかそういうことかぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

KMR:
うわああ!!あいつもあの眼鏡と同じだ!!
やっぱりこの町何かおかしいですよ逃げましょう!!

智将MUR、QVC福島を殴り飛ばす
13:えころ :

2017/12/10 (Sun) 00:02:59

裏S区に迷い込んだ先輩③

???:
何やってんだ?君は関係無いだろ?

MUR:
関係無いかは俺が決めるゾ。お前何で俺達を襲ってきた?

???:
いや質問の意味が分からないよ?つまり、君は
私達に何かされてるってわけだね?

MUR:
何で襲ってきたって言ってんだよ。

野獣:
なあおっさんさお前さ。ハゲ眼鏡と変わらずキ〇ガイだな。
どうしますMUR先輩こいつからまずリンチします?

???:
あのね。私はただ君たちを治療するために向かった
わけで、別に悪気があるわけじゃないんだよ

MUR:
治療?お前医者かゾ?だったら別に具合悪い所なんて
無いぞ。なあKMR

MURは何かに気を取られて硬直する

野獣:
なんで唐突に診断受けなきゃいけないんすかねえ
それにお前さ医師免許持ってんの?

???:
我々が行うのは悪霊を払う治療だよ。

野獣:
悪霊ならAKYS先生に祓わせますんでいいです

MUR:
KMRがいないゾ・・・・

???:
言ったよね?治療が必要だって。だから我々が保護し、
病院で治療をするんだ。意味分かるね?

野獣達のところへsyamuやハガー市長もやってくる

???:
悪霊は自分が強いと思ってるから悪い事をするんだ。
だから、自分は強いと示す為に

???:
粗い方法かもしれないが暴力を加える必要がある。
もっと良いのは、笑いながら殴る事だね

???:
笑うことで、"お前なんか怖くないぞ"と
示すことができるのだから

眼鏡:
分かるかい?俺たちはボランティア団体なんだよ。

???:
君たちを悪霊から祓うために、
私たちは戦わなきゃいけないんだ。

野獣:
遠野はどこだ

???:
彼も確か・・・七年程の治療が必要だから治療されている
はずだよ。治療しなきゃいけないんだ。分かるね?

野獣、QVC福島を思いっきり蹴り飛ばす

野獣:
遠野ォォォォォォ!!!

爆走する野獣とMURを笑いながら追いかけるsyamuとハガー市長

札が適当に貼られた廃墟にやってきた野獣達

MUR:
ここ本当に病院かゾ?どうみたって廃墟じゃないか

KMRの悲鳴(ボイスはAOK)が聞こえた

MUR:
KMRの声がしたゾ。ここだな

病院(廃墟)に突撃する野獣達。内部も適当にお札が貼られている

野獣:
遠野!!迎えに来たぞぉぉぉぉぉ!!!

MUR:
KMR!!いるなら返事しろ!!

廊下へ来た野獣達

MUR:
一体どこにいるんだゾ・・・KMR・・・・

野獣:
今にも崩れそうな病院っすね。こんなところで入院
したくないっすよ

再びKMRの悲鳴(AOK)

MUR:
地下から声がしたぞ。

野獣:
手分けして探しましょう。見つけたら知らせて下さいね。

野獣とMUR、散り散りに(と言ってもすぐ合流する)

MUR:
野獣!!あったゾ地下へ行く階段!!!

野獣:
ありがとナス!!今そっち向かいますね!!

地下階段

トーンを低くしたさっきの笑い声が響く

MUR:
KMRと遠野、絶対ここだゾ

野獣:
嫌な笑い声しやがって、絶対遠野連れ戻してやる

地下階段前

野獣:
ここ本当に治療室か?どう見たって
精神病院じゃねえかよ

ある一室で物音がする

野獣:
さっき物音がしたな。何だ?

扉を開けると笑いながら倒れたTDNを殴り続ける関西チャラ男がいた

野獣:
うわああああああああああああ!!!!

智将MUR、関西チャラ男をとっちめる

MUR:
おいもう安心しろゾ。暴力野郎はやっつけたから
ここを出ようゾ

TDNは死んでいた

MUR:
なあ野獣。こいつ死んだひいじいちゃんみたいに
冷たいゾ。そんなに寒いか?

野獣:
な・・・なんだよこれ・・・・あれ相当昔の死体じゃねえか・・・
死んでも殴り続けてたのかよ・・・・

MUR:
え?あれ死んでたのか・・・・・?

野獣:
と・・・・遠野・・・・・

野獣:
頼む生きててくれ・・・・お前が死んだら俺は
どうすればいいんだ・・・・・・
14:えころ :

2017/12/10 (Sun) 01:17:45

裏S区に迷い込んだ先輩④

地下廊下の扉を一つ一つ開けていく野獣

野獣:
遠野ォォォォォォ!!!

野獣:
俺だ!!野獣だ!!お前一体どこにいるんだ!!
返事ぐらいしろ!!先輩がお前を助けにきたんだぞ!!

ある一室に血まみれの人が倒れている

MUR:
どうした野獣?

再びKMRの悲鳴(AOK)が響き、そちらに気を取られるMUR

MUR:
!! KMRはあっちか!!

部屋に入るとKMRとKYNがいた

男性:
関係者の方ですか?すみませんが治療中ですので
今はお引き取り下さい

智将MUR、KYNを殴り倒す

MUR:
大丈夫かKMR~。あざだらけだゾ~

KMR:
あ・・・ありがとうございますMUR先輩・・・
助けてくれると信じてました・・・・

MUR:
当たり前だゾ。お前は大事な友達だからな。
さあ、野獣と遠野と一緒に帰るゾ。

MURとKMR、廊下に出る

男性:
すみません。お友達の方ですか?

2人が振り返るとえなりかずきがいた

男性:
まだ治療は終わってないのでお引き取りを
願いたいのですが・・・

MUR:
そんなのAKYS先生に頼めばいい事だぞ。
俺達は帰るからな

KMR:
M・・・MUR先輩・・・・・

KMR:
いつのまにか・・・・囲まれました・・・・

後ろにはsyamu、QVC福島、ハガー市長、KYN、一般通過爺がいた

???:
それは困るんですよ。僕たちも、こんな事はしたくないの
ですがね?"治療"は人類に必要不可欠な要素なのです。

眼鏡:
だから俺たちはアンタ達から救ってるんだ。
悪霊から引き離すためにね。

KMR:
さんざん殴って、さんざん犯す事が
"治療"だというのか。随分イカれた常識だな

???:
普通の人たちには受けいられない事は承知していますが、
これが一番正しいやり方なのです。

???:
しかしここまで私達に危害を加える貴方も
もしかしたら悪霊がとりついてるかも知れません

MUR:
だからAKYS先生がそんなの除霊してくれるから
必要無いっつってるだろ

???:
それじゃあ意味が無いんです。我々が行っている
治療こそ、悪霊を追い払えるんですから

眼鏡:
普通の霊能力者で悪霊を払うのは限度がある。
完全に追い払うのは不可能だ。

???:
ですから、全員ここに残って我々の治療を受けて下さい。
貴方達の悪霊が外に出たらとんでもない事になる

KMR:
ほ・・・・本当に何なんだよお前ら!!!!
人の話も聞かないで勝手に連れ込みやがって!!!!

MUR:
KMRと遠野をさらいタダで済むと思ってんのか?

二人の背後から野獣が走ってきて、QVC福島に蹴りを入れ、木刀で狂人達を殴りまくる
(しかしハガーには当たってない)

野獣:
治療してやるあああ!!

野獣:
お前らの頭、治療しますよぉぉぉぉぉ!!

KMR:
や・・・野獣先輩・・・・?

MUR:
あの刀、おもちゃだゾ。あれじゃ殺せないじゃないか
あいつ何考えてんだ?

殴られながらも笑い続ける狂人達

野獣:
何笑ってんの!?ふざけてんの!?ふざけて
んの!?ガチ頭に来ますよぉぉぉぉ!!

野獣:
ああああああああああああああああ
ああああああああああああああああ

背後から来たえなりかずきに連れ去られるKMR

MUR:
!!!

石をぶつけてえなりかずきをひるませる

MUR:
早くここから逃げるゾKMR!!

野獣を置き去りにして赤い橋の前まで戻ってきた二人

MUR:
ふう・・・・なんとか逃げ切れたゾ。

KMR:
もう二度とあんな町、立ち入るもんか・・・・

KMR:
野獣先輩・・・置いてきちゃったけど大丈夫なんですかね?

MUR:
大丈夫だゾ。あいつはそこまで弱くないしきっと一人で
帰れる。

KMR、何かを見つけて驚く

MUR:
それに遠野も助けて帰ってくるゾ。二人共帰ってきたら
俺ん家でドンチャン騒ぎしような。

MUR:
どうしたKMR?

ふと川を見ると野獣の首が流れてきていた

二日後

野獣の葬式

KMR:
僕が・・・・

KMR:
僕がすぐ野獣先輩に気づいていればこんなことに・・・・・

MUR:
自分を責めるなKMR。誰もお前のせいだと
言ってないぞ。

AKYS:
残念だよ。大事な部員がおくやみになっちまうなんてな。

AKYS:
それより誰も来てないぞ。俺たち三人だけか?

KMR:
まだ揃ってないんでしょうね。

AKYS:
いや開いてから何時間も経ってるぞ。こんなに
いないのはおかしすぎるだろ

野獣父:
貴方達は誰ですか?

野獣父の声に3人が振り返ると、狂人集団(YTRもいる)がいた。

???:
お父さん。彼はこのままだと地獄に行ってしまいますよ。

野獣父:
はい?

???:
だから我々が彼を天国へ導き出そうとここへ来たんです。

野獣父:
何を言ってるんだあんたらは・・・・

野獣父:
それよりそれ、甥の御祝儀ですよね?
なぜあなたたちが持ってるんですか?

QVC福島に近寄った野獣父、襲われる(相撲を取る)

???:
出ていけえ!!彼の父親の体から出ていけえええええ!!

眼鏡:
彼を助けることはできなかったけど
今度こそ助けますので!!!

笑いながら野獣父をリンチする狂人集団
15:えころ :

2017/12/10 (Sun) 01:44:06

裏S区に迷い込んだ先輩⑤

AKYS:
なんなんだアイツら・・・・・

AKYS:
おい!葬式場で暴力たあいい度胸してんじゃねえか!

AKYSがハガーと一般通過爺を蹴り飛ばし、QVC福島を殴る
syamuが背後からAKYSを刺し、倒れたAKYSをQVC福島とともに笑いながら殴りまくる

逃げるMURとKMR
お札を棺桶に適当に貼られ、狂人集団に荒らされる葬式場

そして、病室

KMR:
AKYS先生・・・体の具合、大丈夫ですか?

AKYS:
背中に深い傷ができたが問題ないそうだ。
それよりお前、なんで相談もなく裏S区に行った?

KMR:
え・・・?なぜそれを・・・・

AKYS:
この馬鹿が。あそこは一般人が立ち入る所じゃねえぞ。
何があってあの町に行ったんだよ

KMR:
そ・・・それは・・・・遠野さんの捜索に・・・

AKYS:
おいゴルァMURァ!!!
その人形を中に入れるんじゃねえ!!!

楓ちゃんと一緒に入ってきたMUR

KMR(MURの誤り):
ひ・・・酷いゾAKYS先生。姉ちゃんも心配して
連れてきたというのに・・・・

AKYS:
俺は霊能力者だって事知ってんだろ!!!
そいつのそばにいちゃ呪い殺されるんだよ!!!

MUR:
姉ちゃん。先生そう言ってるけどどうするゾ?

MUR:
そっか~。やっぱり姉ちゃんも先生といるのは
きついか~ごめんゾ。じゃあ待合室で待ってて欲しいゾ

AKYS:
ひっでえ霊気だったぜ。二度と見たくねえ

KMR:
先生・・・

AKYS:
なんだ

KMR:
先生は裏S区の何を知ってるんですか?

AKYS:
さあな。イカレタ宗教団体の集まりってだけで
詳しい情報は知らん。

AKYS:
あれだけ騒ぎを起こしたんだ。もうどこか遠いところに
引っ越してると思うがな。

KMR:
あいつら全員逆に霊にとり憑かれてるとか?

AKYS:
それはない。霊気すら感じなかったし感じるとすれば
やばい空気ぐらいだな

その後、赤い橋の前に来たKMR
橋はKEEP OUTという雑なテープ加工で封鎖されていた

KMR:
やっぱり立ち入り禁止になってるよな

帰りにMURと合流

MUR:
あっKMR。お前まさか裏S区に行ったか~?

KMR:
いやぁ、実はKBSのBが学校に来てないらしくて
もしやと思って行ってみたんですけど

KMR:
やっぱり立ち入り禁止のままで人が入った形跡は
見当たりませんでした。

MUR:
まだアイツ等がいるんじゃないのかゾ?

KMR:
それはないです。警察にも聞いてみたんですがもう
裏S区には動物一人いないそうですよ

MUR:
それは良かったゾ。誘拐じゃないならどこか旅行に
行ってるかしばらく引きこもってるかだゾ

YTRが二人をのぞき見している

KMR:
それなら電話にかかると思いますが・・・・

MUR:
あっそうか・・・

MUR:
でも警察がグルってこともありえるんじゃないかゾ?

KMR:
やめてくださいよ。そうなってたらもう
道歩けないじゃないですか

KMRが振り返るとYTRは消える

KMR:
今・・・誰かいませんでした?

そのまま暗転して終了
16:えころ :

2018/01/01 (Mon) 11:46:01

きさらぎ駅と空手部①

野獣:
FOO↑オクトーバーフェスト楽しかったっすね~
ビール飲みすぎて手持ちの10万円なくなりましたよ~

MUR:
世界中のビール一つ一つ500リットル以上で
一杯千円いいゾ~これ

KMR:
う・・・き・・・気持ち悪・・・・
飲みすぎた・・・・

野獣:
大丈夫かKMR。電車ん中で吐くんじゃねえぞ

MUR:
あっそうだ。大事なこと忘れてたぞ

野獣:
大事な事?一体なんすか?

電車の中でビール瓶を並べるMUR

MUR:
ライオン・スタウト(アルコール9%)一緒に飲もうぜ

野獣:
うっは!いいっすね~。それじゃ、電車の中で
二次会いきますか!

KMR:
ぼっ僕は結構です。先輩方二人だけで飲んでくださ

MUR、KMRに無理やり飲ませる

MUR:
遠慮しなくていいんだゾKMR~。飲め飲め

野獣達は深い眠りについて真っ暗になった車内(誰も起こしに来ないのかという突っ込みはNG)
クッソ汚いSEとともに目を覚ます野獣

野獣:
やっべ~寝過ごしちまった。ちょっとMUR先輩
起きて下さいよ

野獣がMURの体を揺すると寝相の悪い智将MURに殴り飛ばされる
クッソ汚い悲鳴とともにMUR、目を覚ます

MUR:
ん?どうした野獣大丈夫かゾ?

MURに続いてKMRも目を覚ます

KMR:
あれ?ちょっと待って下さいここどこですか?

野獣、鬼の形相で二人のところに戻ってくる

野獣:
そんなの俺が聞きてえよ。電車ん中暗くなってるし
節電か何かかよ

MUR:
普通、夜になると逆に電気つくんじゃないかゾ?

KMR:
あの・・・どうやら僕達、夕方から深夜23時にかけて
ぐっすり寝ていたらしいんですが・・・

野獣:
は?そこまで寝てるならなんで駅員起こしに来ねえんだよ

アナウンス:
<<終点 きさらぎ駅 きさらぎ駅>>

野獣:
まあいいや、一旦駅から降りて帰りの電車調べてみるか

駅に降りた野獣達

野獣:
まじふざけんなよ!!

野獣:
帰りの電車が午後十時なんて
どこの田舎なんですかねえ!!氏ねや!!

MUR:
なあ電話繋がらないし、左上にある圏外って
どういう意味ゾ?

KMR:
どうやら電波の繋がらない所に着いちゃったみたいですね。
近くに電話ボックスありましたっけ?

野獣:
んなことしなくてもトンネルくぐって自力で帰りゃあ
いいじゃねえか。

MUR:
おっ野獣にしてはいいアイディアじゃねえか

トンネルの先を眺める三人

KMR:
でもここまで乗り越してしまいましたし
結構時間かかりますよ?

野獣:
電波繋がればAKYS先生に電話して
迎え頼めばいいだけだろ?

ところどころオーブが浮いているトンネル内を進む三人

野獣:
へぇ~電車のトンネルの中ってこうなってたんだな~

MUR:
なんか俺の知ってるトンネルとは違う構造なんだな~

一瞬画面が暗転する

KMR:
いいですから早くトンネルから抜け出しましょう

トンネルの外へやってきた三人

野獣:
ふぅ~やっと暗寒いトンネルから出れた

MUR:
おっそうだな

古臭い建物が点在する集落を見るKMR

KMR:
本当にこの道であってるんですかね?なんか
民家が見えるんですが

MUR:
おっちょうどいいじゃねえか。じゃあどこか泊めてくれる所
探して明日、帰りの電車に乗るか~?

野獣:
しょうがねえな。じゃあどこか泊めてくれる所
探しましょうね

薄暗い建物にやってきた三人

MUR:
誰もいないなあ。鍵も空いたままだし泥棒に
入られたらどうするんだゾ?

KMR:
田舎ですから泥棒に入られる心配がないからだと
思います。ですが、本当に人の気配がしませんね

野獣:
こんな深夜で何してるんすかねえ?まあいいや、
ひとまず家に入りましょうよ

MUR:
それもそうだな

薄暗い建物の中へ入っていくMURと野獣

野獣:
KMR~。悪いけど自販機探してくれ~俺は紅茶で頼むわ

MUR:
俺はカルピスな。自販機無かったら戻ってきていいゾ

KMR:
わ・・・わかりました。代金はちゃんと払ってくださいね

野獣:
おう分かった。ヤバくなったら帰ってきていいぜ

KMR、自販機を探しに行く
17:えころ :

2018/01/01 (Mon) 13:53:46

きさらぎ駅と空手部②

KMR、境内前の階段の付近にやってくる(あたりが気になって探索していると思われる)

KMR:
あれ?この捨てられてる雑誌・・・また昭和時代の奴だな。
平成時代の雑誌が一つもないってことは、

KMR:
ここ・・・今いる町って誰もいないのか?

しきりに木魚を叩くような音が鳴り響いている

KMR:
そんなわけないか、遠くから太鼓と鈴の音がするし。
何か祭りでもしてるのかな?

KMR、不用意に境内の階段を上っていき、山中に入る

KMR:
おかしいな。近づいても近づいても音が大きくならない

KMR:
動物の足音も虫の鳴き声もしないし不気味だな~

KMR、地面に手裏剣のような模様が刻まれた箱が落ちているのを見つける

KMR:
ん?あの箱だけ妙に綺麗だ。何が入ってるんだ?

箱を開けると中にはまた小さな箱が入っていた

KMR:
あれ?

KMR:
箱の中に箱があるな・・・この箱も開けてみるか

小さな箱の中は真っ赤でお経のような文字が所狭しと書かれていた

KMR:
うわなんだこれ?

KMR:
所々、見た事無い漢字でいっぱいだな。
それよりこれって漢字か?

KMR、小箱を放り投げる(結構・・・無作法・・・さんね?)

KMR:
はあ・・・なに道草食ってるんだろう。自販機さがさなきゃ
早く先輩のいる所で寝たい・・・

KMRが来た道を戻ろうとすると、真っ青に加工された恐怖のバグ(笑)の女性が
遠くからこっちを見つめていた

KMR、悲鳴(AOK)を上げ、そのまま山中深くまで走って行ってしまう
そして、聞きなれないお経が聞こえてくる寺までやってきた

KMR:
な・・・・なんだあれ・・・・?

KMR:
人の顔に見えたけど・・・人にしては
顔の色がおかしかったような・・・

KMR:
寺からお経が聞こえるな。ちょうどいいや。この町のこと
一回聞いてみるか

KMR、寺の中へ入る

KMR:
あの~すみません。ちょっと聞きたい事があるんですが・・・

しかし、お経の声が大きすぎてKMRの声は誰にも聞こえていない様子

KMR:
・・・・もうちょっと先言った方がいいかな

KMR:
すみませ~・・・だめだ。お経の声がでかすぎる。
もっと近づかないと・・・

KMRはふとここで自身の行動に違和感を覚える

KMR:
・・・・・・・・・・あれ?

KMR:
妙だな?僕はこんな不気味な所、安楽に入れる性格
じゃないはずだ

KMR:
なんで明らかに怪しいお経のする場所まで向かってるんだ?

KMR:
・・・どうしちゃったんだろ僕

奥に入るとそこにはモアイのような表情でお経が顔にびっしり書かれた坊主が7人ほどいた

KMR:
うわあああああ!!

KMR:
あ・・・・・・あ・・・・・・・

そこに顔のパーツが福笑いのようにばらばらで肌もぶつぶつな不気味な女の生首が飛び跳ねる

KMR、再び悲鳴(AOK)を上げ、寺から脱出し、階段を駆け下り、野獣達のところへ戻る

KMR:
野獣先輩!!MUR先輩!!早くこの町から
出ましょう!!ここは危険です!!

野獣:
んだようるせ~な~。お前自販機探しに
行ったんじゃねえのか?

KMR:
あのですねえ!!それどころじゃないって言ってるじゃない
ですか!!貴方達が寝てる間に恐ろしいものを

野獣:
今さっき行ったばかりだろオメー。10秒も
経ってねえぞボケた?

KMR:
ふざけてるんですか?さすがの僕も怒りますよ。

野獣:
何で疲れてんのにふざけなきゃいけないわけ?
お前がふざけるなよ鼻折るよ?折っちゃうよ?

野獣:
というかお前あっち↓行ったよな?なんで
そっち↑から来たんだ?

KMR:
え?先輩何言って

KMR、何かに気を取られる

KMR:
嘘だろ・・・?
時計が進んでない・・・

MURもやってくる

MUR:
なんだKMR~すぐに戻ってきて。クマが現れたのかゾ?

KMR:
・・・・・・・

野獣:
何黙り込んでんだよ。もしかしてアレ?お前手品の
練習してんの?やめてくれよなそういうの面白くないから

KMR:
ちょっと行ってきます

KMR、急にどこかへ走り出す

野獣:
ファッ!?なんだお前今日変だぞ!?
変な木ノ実食ってトリップしてんのか!?

MUR:
待ていKMR。心配だから俺も行くゾ

再び山中へやってきたKMR

KMR:
僕の仮説があっていればこの先に過去の僕がいるはずだ。
早く止めないと・・・!

足音が聞こえる

KMR:
!! そこか。

KMR:
その先に行ったらダメだ!!

KMR:
今すぐこっちに向かうんだ!その先へ行くととんでもない
ことになるぞ早く戻って来い!!

しかし、KMRのもとに現れたのは自分ではなく智将MURであった
18:野獣 :

2018/01/01 (Mon) 15:53:44

元ネタのND兄貴のほうも書き起こして、どうぞ
19:えころ :

2018/01/01 (Mon) 19:41:25

きさらぎ駅と空手部③

KMR:
せ・・・先輩?どうしたんですかそんなに怒って・・・
それより僕の後ろにいたはずじゃ・・・

MUR:
勝手に一人で行方分からなくしたら誰だって
キレるゾ。お前、この4時間何してた?

KMR:
4・・・4時間!?そんなに時間経ってないですよ!!
何言ってるんですかあなたは!!

MUR:
俺は正直に言ってるゾ。お前に一度でも嘘ついた事
あるか?

KMR:
(確かにMUR先輩が嘘をついたことはまあありますけど
この空気で嘘をつく人じゃないからな・・・)

KMR:
野獣先輩はどうしました?

MUR:
家から一歩も出てないゾ。アイツそのまま家に入って
グースカピーだから朝になるまで起きないゾ

KMR:
すみません。僕を探してくれている時、何か
変なもの見ませんでした?

MUR:
変なもの?知らんぞ?

KMR:
小さな箱とか、お寺とか見てないんですか?

MUR:
暗くて分からなかったゾ。お前を探すのに夢中で

不気味な笑い声と共に、野獣の声が聞こえる

野獣:
K・・・KMR・・・MUR先輩・・・・

MUR:
ん?野獣、寂しくて俺らを探しに来たのか~?

しかし、二人の後ろから来た野獣はひどくやつれていた

KMR:
え?あの・・・どなたですか?

野獣:
ひ・・・さしぶり・・・だ・・・な・・・・二人共・・・・
かれこ・・・・れ・・・・・3・・・週間ぶりになるか・・・な・・?

MUR:
な・・・何があった野獣!!なんで皮だけになってるんだ!!

KMR:
先輩!!三週間後って・・・あなた未来から
来たんですか!?

KMR:
しっかりしてください!!これから僕たちに
何が起こるんですか!?先輩!!先輩!!

やつれすぎてもはやひどく老け込んだ野獣

MUR:
しっかりしろ!!何があったかわからんが何があっても
お前を守ってやるからな!!

野獣:
久しぶりの・・・優しさ・・・・
久しぶりの・・・お前らの・・・声・・・・

野獣:
俺は・・・・最期まで・・・・"人間"のまま終われて
嬉しい・・・・なあ・・・・・・

目を閉じて動かなくなる野獣

MUR:
野獣・・・・?

KMR:
・・・・・!!

誰かが駆け寄る足音がする

KMR:
え・・・?

そこに現れたのはもう一人のKMRだった

KMR(2): ※()は便宜上表記
おい・・待て・・・待ってくれ・・・・
そこのお前!!

KMR(2):
今すぐ戻れ!!この町は危険だ!!
取り返しのつかないことになる前に早く!!

警告をした後、もう一人のKMRは去っていく

KMR(2):
これでもう、僕達は安全なところにいるはず・・・

KMR、後ろから血まみれのもう一人の自分に襲われる

KMR:
うわあああああ!!!

MUR:
K・・・KM・・・え!?
KMRが二人!?

MUR:
お前双子だったのか!?それになんだ・・・その血まみれは

KMR:
違います!!僕に双子なんていません助けてください!!
MUR先輩!!うわあああ!!!離せええええ!!

KMR、血まみれのもう一人の自分から自力で離れる

KMR:
なんだテメエ・・・その血は誰のなんだよ未来の俺。
一体テメエは何やってんだ。

KMR(赤文字):
お腹すいた

MUR:
おい・・・何でこっちに向かってんだお前

MUR:
野獣も俺も食料なんて持ってな

もう一人のKMRは野獣の死体を食べ始めた

KMR:
う・・・!!

MUR:
逃げろKMRァ!!

KMRとMURが階段を駆け下りると野獣とばったり遭遇する

野獣:
ンアーッ!!びっくりした!!てめえら俺を脅かすために
隠れてたってのかゴラァ!!

KMR:
や・・・野獣先輩?

MUR:
や・・・野獣。

MUR:
じゃあさっきのは全然知らない他人だったんだな~

KMR:
あの先輩。どうしてここにいるんですか?

野獣:
だってよ~。KMRがいつまでたっても帰ってこないから
迎えに来たんだよ。いつまで自販機探してんの?

野獣:
それにしても数秒で見つけて来るなんてMUR先輩
やりますねえ。

MUR:
そうか~

MUR、向こうからもう一人の自分が歩いてくるのを見る

MUR:
ん?

KMR:
僕がいなくなって何時間たってるんですか?

野獣:
3時間だよ。全く。

もう一人のMURがやってきた

MUR(黄文字):
野獣~どうしたんだゾ?タヌキかキツネにあったのか~?

MUR(黄文字):
俺が二人いるゾ~

野獣:
・・・一体どういうことだよ

KMR:
僕が考える限りでは、この町は時空が歪んでいます

KMR:
MUR先輩だけじゃありません。野獣先輩や
僕だって複数いました

KMR:
恐らく、全ての時間がこの空間にありまして、時間が進むに
つれて、僕たちが未来から残されたり飛んだりしてるんです。

野獣:
へえ、そいつはいいや。未来の俺も見つけたら
SEXしてみようかな~

KMR:
ふざけてる場合じゃないです。一刻も早く未来側の人間に
ならないようにこの町から脱出を

野獣の後ろに血まみれの野獣が駆け寄ってくる

KMR:
おい後ろぉぉ!!!

突如現れたもう一人の野獣とMURが自分達の肉を貪る

野獣&MUR(赤文字):
食べなきゃ死ぬ食べなきゃ死ぬ食べなきゃ死ぬ食べなきゃ死
ぬ食べなきゃ死ぬ食べなきゃ死ぬ食べなきゃ死ぬ食べなきゃ
死ぬ食べなきゃ死ぬ食べなきゃ死ぬ食べなきゃ死ぬ食べなき

ふと自分達の肉を食べていた二人がKMRの方を見てくる

MURとKMR、悲鳴(AOK)を上げてその場から逃げる
20:えころ :

2018/01/01 (Mon) 22:09:01

きさらぎ駅と空手部④

KMR、山中を必死に駆け回り、その最中様々な自分達の姿を目撃する

山中で道に迷う三人、楽しそうに山中を歩く三人、やつれ山中を彷徨う野獣、
野獣の死体に群がる二人のMUR、MURの死体に群がる三人の野獣と二人のKMR、
KMRの死体に群がる三人のKMRとそれを悲しむMUR、
首を吊った野獣達の下で微笑む恐怖のバグ(笑)の女性三人、

途方に暮れ、涙を流すKMRに誰かが声をかけてくる

???:
おい・・待て・・・待ってくれ・・・・
そこのお前!!

そこにはやつれた野獣の死体に狼狽する過去の自分達の姿があった

KMR(黄文字):
今すぐ戻れ!!この町は危険だ!!時空が歪んでる!!
取り返しのつかないことになる前に早く!!

KMR:
・・・何時間いると思ってんだよ・・・・。

KMR:
出られるならとっくの昔に出てるんだよ!!

KMRはそのまま、過去の自分達を置いて去る

KMR:
随分歩いたな・・・・

KMR:
あれだけ残酷なところ所を見て回って、結構歩いてる
というのに時計は"ここに来る前"と一緒だ・・・・・

KMR:
一体いつになったらこんな町から出られるんだ・・・

KMR:
帰りたい・・・・

一人歩くKMRに遠くからまたあの声が響く

KMR(黄文字):
今すぐ戻れ!!この町は危険だ!!時空が歪んでる!!
取り返しのつかないことになる前に早く!!

KMR:
・・・・・・別の僕に言ってるのか。

KMR:
これ・・・何回続くんだろう。

KMR(黄文字):
今すぐ戻れ!!この町は危険だ!!時空が歪んでる!!
取り返しのつかないことになる前に早く!!

そんな警告を無視して、KMRはあの時入った寺に再び戻ってきた

KMR:
こんな・・・・

KMR:
こんな寺なんか見つけなきゃよかった・・・

KMR:
こいつのせいで・・・こいつのせいで僕は・・・いや
僕たちはこんなことにならずに済んだんだ。

KMR:
燃やしてやる・・・・中にいる奴らもろとも
焼け死んでしまえばいい・・・

馬鹿な真似をするKMRに誰かが声をかける

???:
止めた方がいい。時間の無駄だよ

そこにいたのはどこの時間軸にいるかも分からない自分達であった

KMR:
時間の無駄?どういうことだよ

KMR(緑文字):
言葉の通りだ。実際、僕たちも試してみたけど
あそこの中も時空歪曲が発生している。

KMR(緑文字):
殺してもこれされなかった未来の坊主がやってきて
お経を読むだけで殺しても殺してもキリないぞ

KMR:
坊主の真ん中にいた女性は?

KMR(緑文字):
殺してみたけどあれもただの飾りに過ぎないよ。
坊主の通りまた殺されてない未来から来るだけ

KMR:
トンネルも試したのか?

KMR達にまた誰かが声をかけてくる

???(桃文字):
君って想像力ないね。お前みたいな馬鹿がここから
出られるなんてありえないから

それは野獣であった

野獣(桃文字):
そもそもこの町に来た時点でアウトなんだよね。
どうあがいても絶望。これ一番言われてるから

野獣(桃文字):
というかそこのKMRって自分が何したかまだ
わからないわけ?本当に僕より馬鹿なんだな~

野獣(桃文字):
まあ後ろにいるお前らもイモムシ以下の脳みそしてるんだろ。
こんなところで油売っちゃって無様ったないね☆

野獣の挑発にキレる野獣やMUR達

野獣(桃文字):
え?何?怒ってる?僕は君がどうして怒ってる
かわからないよ。だって本当の事じゃん

MUR(緑文字):
気にしなくていいゾみんな。ほっとけ。トンネルも試したが
やっぱりダメだゾ。

KMR(緑文字):
入口と出口が同じで入っても出てもこの村に辿り着く。
無限回路みたいにね

KMR:
じゃあつまり僕は・・・いや僕達は・・・

MUR(緑文字):
俺たちだけじゃない。時間までもがこの町に囚われているゾ

野獣(桃文字):
それを気づくのに一か月もかかったんだってwwファーww
馬鹿の極みここにありってやつだよwwwやっぱ池沼じゃんww

野獣(桃文字):
まあ、僕ならそんなのすぐに読み取れたけどね~生きても
仕方無い君たちは低能だし、とっとと死になよ淫夢厨は

その時、再びあの時耳にした太鼓をたたくような音が響き渡る

KMR:
なあ・・・・向こうから聞こえてくる太鼓と鈴はなんだ?
何時間前にも聞こえたんだけど・・・

KMR(緑文字):
あれを鳴らしてるのは僕たちだ。また別の時間を過ごした
僕たちが、存在を証明するために鳴らし続けているらしい。

そこに新たな自分達がやってくる

野獣(水文字):
まだ出られないのかぁ

KMR:
・・・・・・

KMR:
なあ・・・・そういえばあの箱はなんだったんだ?

MUR(緑文字):
とうとうそれを口にしたか。よく思い出してくれたゾ

もう一人のKMRがあの箱を取り出す

KMR(緑文字):
この箱だよね?

KMR:
え?・・・拾ってきたのか?

KMR(緑文字):
いや、作ったものだから安心して。これは僕と先輩達が
作ったこの村から脱出できる唯一の手段だ。

KMR:
は?なんでそんなことが言い切れるんだ?

MUR(緑文字):
数年前に気づいたことだが、この町は町だけど町じゃない

MUR(緑文字):
おそらく、誰かが作った相当強力な結界だゾ。

KMR:
だとしたらその箱で本当に壊せるのか。その結界を

KMR(緑文字):
結界は式だけで作られてるわけじゃない。思念と力も
必要としている。だが、

KMR(緑文字):
もう大して時間がない。要点だけを言わせてもらうぞ

KMR(緑文字):
簡単だ。とにかくこの箱を持って出口へ向かえ。何があっても
箱を絶対に開けるな。

KMR(緑文字):
開けずに持ってさえいれば
あのトンネルを通過することができるだろう。

KMR(緑文字):
中には式と結界の外の空気が入ってる筈だ

KMR:
・・・・箱を開けちゃいけないのか?

KMR(緑文字):
ああ。開けてしまえば式を開放してもすぐに
潰されるからな。だから箱を閉めて使うんだ。

KMR:
もしそれも開けてしまったら本当に終わり・・・なのか?

MUR(緑文字):
すまんKMR。時間切れだゾ。

KMR:
!!!

KMRの目の前で箱の説明をしていた二人が突如、死亡した
21:えころ :

2018/01/01 (Mon) 22:52:04

きさらぎ駅と空手部⑤

KMR、落ちている箱を見る

KMR:
もしかして・・・時間がなかった意味って・・・

KMR:
いやそんなことより箱だ!!
この箱さえあればもうこの悪夢は終わる

KMRが手を伸ばして箱を取ろうとすると誰かに横取りされる

KMR:
な・・・!!

さっき散々KMR達を煽っていた野獣がそれを持ち逃げしてしまった

KMR:
何してんだアンタァ!!!

野獣(水文字):
おいてめえまさか開けるんじゃねえだろうな!!

木の上を登って逃げる野獣。それを追うが、登れず、ひたすら罵声を浴びせる野獣達

野獣(水文字):
なんとか言えやオラァ!!気持ち悪い喋り方しやがって
降りてこい臆病者!!

野獣(水文字):
一体どうやったらそんなクソムカつく性格になるんじゃ
言ってみろや俺ちゃんよぉ!!

KMR:
ちょっとやめてください!!それじゃあアイツの思うツボだ!!

木を攻撃して野獣を振り落とそうとする野獣達のところへ開けられた小箱が落ちてくる

野獣(桃文字):
箱の中身空っぽだよ?こんなんで結界が解くと
思ってたなんてこれもうわかんねえな

野獣(桃文字):
だって理解できないじゃん。アイツら数年もここにいるんだし
話してた内容全部妄想じゃん。聞いてるだけで恥ずかしいよ

野獣(桃文字):
あと、結界とか言ってたけどそんな架空な存在信じてるの?
どう考えてもそんなの有り得ないから

野獣(桃文字):
まっとにかく僕が言いたいのはここから出ようと何がなんでも
数年間無意味な調査した二人と君たち馬鹿どもは

野獣(桃文字):
人間の屑である

野獣(桃文字):
ん?悔しい?悔しかったらその怒りをお前らにぶつけたら
どうかな?こうなったのもお前らなんだからさ

挑発を繰り返す野獣の後ろに血まみれの今田耕司先輩が現れ、野獣を木の上から蹴落とす
鬼のような形相をしたMURや野獣達が落ちた野獣を取り囲む

野獣(桃文字):
おい馬鹿止めろこっち来んじゃねえ!このろくでなし!!
俺を殺したいのか人殺しが!!おい!!

野獣(水文字):
同じ自分が何言ってやがる。

MUR(水文字):
別にお前殺してもどうってことないし他の俺らが
山ほどいるんだ。むしろ殺したほうが俺らのためだゾ

野獣(桃文字):
はあ!?死んでためになるのはお前らの方だろ!!
それにあの箱、ただの箱だろうがこの狂人信者!!

醜い争いを見て困惑するKMR

野獣(桃文字):
てめえらみてえな宗教信じる奴がいるから日本が
ダメになるんだよ!とっとと氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね氏ね!!

悲鳴(AOK)を上げながらリンチされる野獣

そこへ野獣とともにモアイ坊主や顔の醜い女性の生首がやってきて、KMRはその場から逃げ去る

KMR:
もう箱がない

KMR:
芽生えた希望が枯れてしまった

KMR:
終わったんだ。僕たちみんな死ぬ

悲鳴(ひで)や悲鳴(AOK)とともにまた誰かが襲われている
KMRが二人のKMRと野獣に襲わている

目をそらして必死に逃げるKMRをビューティーKMRが襲う

KMR:
やめろ!!離せこの野郎!!

ビューティーKMRを倒すと、そこにまた血まみれの自分達が現れる
KMR、また悲鳴(AOK)を上げて画面が暗転、そして境内入口付近

KMR:
疲れた・・・・

KMR:
なんでもう助からないのに逃げてたんだろう・・・・
僕・・・・

KMR:
くらくらしてきた・・・・

KMR、地面に倒れ伏す

KMR:
ずっとこのまま寝て。僕か先輩に食べられるか・・・
餓死で腐って死ぬか・・・・

KMR:
もうどうでもいいや・・・・

KMR:
どうせ僕たちに食べられるくらいなら・・・・
餓死を選ぼう・・・・・

KMR:
動きたくない・・・・

KMR、手元にあの箱が落ちてるのを見つける

KMR:
そうだ・・・・この箱だ・・・・

KMR:
どうしようもなくなった野獣先輩に開けられてもう・・・
この町から出られなくなったんだよな・・・

KMR:
あの首吊りの死体、アレが原因だったかもな。
いや、他にも別の理由で死んでるのもあるか・・・

KMR:
って!!

KMR、そこで正気に戻る

KMR:
なんで・・・箱が空いてない状態の奴がここに
あるんだ・・・?

KMR:
な・・・なんだ・・・ははは・・・・・
そういう事だったのか。

KMR、安堵の表情を浮かべる

KMR:
色んな時間の僕たちがいるんだ。人殺し、欲望、それに
脱出を目論み箱を作った奴も少なくない。

KMR:
箱はいくつもそこらじゅうに落ちてたんだ。

KMRの目の前にいくつも未開封の箱が落ちていた

その後、KMRは二人がいたあの建物まで戻ってきた
22:えころ :

2018/01/01 (Mon) 23:45:36

きさらぎ駅と空手部⑥

KMR:
先輩!!早く出てください!!一刻も早く
この町から出る準備をするんです!!

野獣:
んだようるせ~な~。お前自販機探しに
行ったんじゃねえのか?

KMR:
話はあとです!!ここから脱出したらいくらでも
お話ししますから今は僕についてきてください!!

MUR:
なんだ?クマが20頭以上も現れたのか?
せっかく宿を見つけたのに・・・

二人を力強く引っ張り、トンネルへ入っていくKMR

野獣:
おい馬鹿止めろ痛えって!!離せKMRオラァ!!

KMR:
ダメです!!

そしてきさらぎ駅まで戻ってきた三人

野獣:
ったく、こんな所に戻ってどうすんだよ。結局帰れねえから
町に行こうとしたんじゃねえか

KMR:
いいんです。あの町はダメです絶対に・・・・

MUR:
クマが出てきたんだゾ。

野獣:
その割にはちょっと表情おかしかったっすよコイツ。
本当は何があったんだよ。

KMR:
帰ったら説明します。とりあえず逆方向から帰りましょう

トンネルとは真逆の線路を歩いていく三人

野獣:
何時間かかると思ってんだよ。実家まで相当時間
かかるぞ

野獣:
路線をずーっと歩いていくんだぜ?帰れるわけ?

KMR:
少なくても次の次の駅には駅前商店街があります。
泊まれる場所もちゃんとあるはずです。

MUR:
この時間帯にやってるかゾ?

KMR:
探せばあると思いま

KMRが後ろを振り返ると、きさらぎ駅からほん怖に出てきた看護婦の霊が追いかけてきていた
※ほんとにあった怖い話 夏の特別編2012「真夜中の最終列車」(主演:スギちゃん)参照
どんどん画面に迫ってくる。こっちくんな

野獣:
足パンパンのまま野宿は嫌だからな。

MUR:
まあ夏休みだから明日はぐーたらして
グルメ楽しめばいいゾ

野獣:
いいねえ。じゃあ俺は遠野を呼び

野獣:
・・・どうしたKMR~、後ろばっかり見て

ついに看護婦の霊が野獣達のところへ迫りくる!

KMR:
もう一回走ります早くしてください!!

野獣:
うわ馬鹿腕掴むないててててててててて!!!

MUR:
なんか今日のお前変だゾ!!一体どうした!?

暗闇から看護婦の霊が追いかけてくる

KMR:
まずい・・・どうしよう・・・・捕まったらまたあの町に
逆戻りかもしれない・・・・!!

KMR:
走れ早く!!

野獣:
やめろって!!

KMRの手を振りほどいたその背後に看護婦の霊がすぐ迫る!

KMR:
馬鹿!!なんで振りほど

画面が暗転し、そこに再びモアイ坊主が映し出される
そして誰かがひたすら棒でしばかれている

『痛い』

『死んじゃう』

なぜかそこにはゆうさくもいた

『やめて』

『私の赤ちゃん』

TNOKも現れる

『潰されちゃった』

『永遠が繰り返される』

『あれ?』

画面はほとんど血まみれになっている

『どうして私こんなことになってるんだっけ』

『そうだった』

『こうなる前は幸せだった』

ひたすらしばかれる

『幸せだったのに、お母さんとこいつらがそれを壊した』

『私が呪われてるんだって言ってたから』

『学校に行きたかった』

『でももう学校にいけないんだってお母さんが』

しばかれ続ける

『お父さん』

『お父さんは私を守って殺された』

『呪われた私を守って殺された』

『かかかかかかかかかかかかかかかかかかかか』

『私って』

寺のさい銭箱の前に血だまりがある

『呪いで人を殺せるんだ』

『その呪いでこの永遠を終わらせられるのかな』

『そんなこと思いながら』

『嗚呼続く永遠に続く』(赤文字)

モアイ坊主をバックに画面が点滅

『殺してやる』(赤文字)

『町の奴ら全員殺してやる』(赤文字)

『殺すだけでは 終わらせない』(赤文字)

『何度も何度も 昔のお前も 未来のお前も』(赤文字)

『まとめて全員 お前も殺す』(赤文字)

変なBGMとともに醜い顔の女の生首が飛び跳ね、以下の文字列が表示される


かかかかかかかかかかか
かかかかかかかかかかか
かかかかかかかかかかか
かかかかかかかかかかか
かかかかかかかかかかか
かかかかかかかかかかか



か   か    か
か  か  か
か  か  か
か   か
かかかかかかかかかかか
かかかかかかかかかかか



か   か    か
か  か  か
か  か  か
か   か


寺から看護婦の霊がうっすらと消えていく(早すぎて確認すんのチカレタ)

翌日、大学構内にて

MUR:
野獣の奴・・・まだ目ぇ覚ましてないのかゾ

KMR:
はい・・・。医者も原因はわからないそうです。

MUR:
・・・・なぁ、

MUR:
お前知ってたのか?ああなるって

KMR:
いえ・・・・そこまでは・・・・・

MUR:
それに、あの顔の歪んだ女性はなんだったんだゾ?
耳なし芳一みたいな坊さんもいたしなんか俺、殴られてたゾ

ここでさっきの映像はMURの夢だったと判明

KMR:
・・・・・・・・・・・

ベッドから全く起き上がらない野獣を映して終了
23:えころ :

2018/01/02 (Tue) 00:06:49

きさらぎ駅と空手部 別エンド

『嗚呼続く永遠に続く』(赤文字)

ここから画面がニコニコ動画のPC表示スクリーンに切り替わる

そしてさっきの映像が流れ、PC表示スクリーンも真っ赤になり、
タイトル、サムネ、コメント表示欄などが『か』の文字で埋め尽くされる

そしてニコニコ動画スクリーンから右手が3本、左手が2本ニョキニョキ出てくる

KMR、病室で寝ているのをMURが看護中

KMR:
ここは・・・・?

MUR:
病院だゾ

MUR:
なんか俺達、別の駅で気絶してたみたいで深夜の二時に
見つかったんだと。搬送されたのは3時だゾ

KMR:
痛!!

MUR:
大丈夫かKMR?腕が痛いのか?

MUR:
医者が言うにはそれ、打撲と脱臼してるらしいぞ。
無理するな

KMR:
・・・・・野獣先輩は?

MUR:
別の病室にいるゾ

MUR:
命に別条はなく、眠ってるだけでしばらくすれば
起きるって言ってたゾ

KMR:
そうですか。・・・・本当によかった。

そして、AKYSの車に乗せられるMURとKMR

AKYS:
オラ早く乗れ

KMR:
迎えに来てくれてありがとうございますAKYS先生

MUR:
野獣はまだ目ぇ覚めてないから今度迎えに行こうゾ

AKYS:
そのつもりだ。全く心配させやがって、帰ったら
ランニング50kmとパンチキック200回だぞ。わかったな

MUR:
ウス

画面が暗転

KMR:
あの事件から数か月が経つ。

KMR:
野獣先輩は未だに目を覚まさないままだ

KMR:
遠野さんも一緒にお見舞いに行ったがそれでも野獣先輩は
うんともすんとも言わなかった

KMR:
野獣先輩の身内の方がお見舞いに来ても
全く目を覚まさない

KMR:
死んでいるのではないかと誤解するほどだ。が、ちゃんと
心臓は動いてるし息もしている。

KMR:
37回目のお見舞いの時にはAKYS先生が、

AKYS:
『こいつはもう起きねえかもしれねえ』

KMR:
と野獣先輩に向かってそう呟いた

落ち込む遠野、MUR、KMR、AKYSとベッドから全く起き上がらない野獣を映して終了
24:えころ :

2018/01/02 (Tue) 10:21:30

名前のない神社に入った遠野①

MUR:
疲れたろKMR~、今日はマラソン100キロと先生との
試合3時間。すっげえハードだったな~

KMR:
今日に限って野獣先輩は欠席、あの人絶対ずる休み
しましたね。

MUR:
おっ待てい。今日は野獣、本当に具合が悪いから
部活を休んだんだゾ。

MUR:
病状は確か発熱だ。最近インフルエンザ流行ってるからな~
お前も気を付けろよ

そこにハイテンションで野獣がやってくる

野獣:
ども~。野獣でぇ~す!お前ら元気ですか~?

KMR:
ほらやっぱり仮病です。それによく堂々と部室に
来れましたね。

MUR:
何言ってんだ。部室に来たって事は治ったって事だゾ。
すごいな野獣。たった半日で治すなんて

野獣:
そんなことより聞いてくださいよ~。昨日ようやく
欲しかったビデオカメラ買えたんすよ~

安っぽいカメラを取り出す野獣

野獣:
バイトで稼いだかいがあったぜ18万もしました。

KMR:
そうですか(やっぱりサボりか)

野獣:
このカメラ精密ですごいんすよ~。どんな遠くな所でも
くっきりと見えちゃうんす

ツタがびっしり巻き付いた建物(恐らく野獣達の大学)を映す

野獣:
これ今日撮った奴なんすけど、面白いのが撮れまして~

端の方をズームするとMURが野グソ(バーモントカレー)を垂れていた

野獣:
今ズームしますんで見て下さいよ~

野獣:
ほらMUR先輩が野糞してんのはっきり分かるでしょ?

野獣:
MUR先輩ってとうもろこし飲むんすね。噛み砕かれてないの
はっきり分かんだね

智将MURにフルボッコにされる野獣

KMR:
AKYS先生には黙っておきますから
次からはちゃんと部活来てくださいね。

道端を歩く野獣

野獣:
ふ~酷い目にあった。ったく、池沼めそこまでキレなくて
いいじゃねえかちょっとしたジョークなのによ

野獣:
KMRもカメラに興味持たねえしあ~つまんねえの

???:
先輩!

野獣、遠野と出会う(デートの約束をしていた模様)

野獣:
おっ遠野~ごめん待った?

遠野:
いえ、今来たところです。先輩どうしたんですかそんな
不機嫌そうな顔して。

野獣:
気にすんなって。んなことより早くデートしようぜ。
どこ行きたいよ?

遠野:
先輩の生きたい所で良いです

野獣:
おっじゃあお前の雰囲気に合う場所探そうぜ。
俺、高いカメラ買ってさあ

遠野:
はえ~高いカメラですか。凄いですね先輩
いくらしたんですか?

鳥居の前にやってきた野獣と遠野

野獣:
お、ここら辺に神社あったんだな~

遠野:
・・・・ここに神社なんてありましたっけ?

野獣:
新しく出来た奴だろうな。んなことより行ってみようぜ

神社の前までやってきた野獣と遠野

野獣:
いいね~。俺のカメラ魂が燃えて来たぞ~

野獣:
遠野、あの寺の前でポーズとってよ。それをカメラで撮る
からさ

遠野:
え?あ・・・はい

神社の前を駆け抜ける遠野

野獣:
あ~いいよいいよいいよいいよ~走ってる所美しいね~

小島よしおの真似をする遠野

野獣:
FOO↑そんなの関係ねえ懐かし~

野獣:
じゃあ次はあの神社にもたれかかってよ。キューティにね

遠野:
先輩。これでいいですか?

遠野の肩に白い手が出現する

野獣:
う~ん。ちょっとボリューム不足だな~

遠野、尻を突き出して感じるポーズ(汚い)
コメントに「レインコートは野獣の葬式の作者」とあるが、
元ネタはカエンダケ氏の「やる夫の葬式」である
しかも先に「野獣の葬式」をアップしたのは彼と深いかかわりを持つNDである
レインコートは元ネタを概要欄に記載していないため、勘違いする人がいるのも無理はない

やる夫の葬式:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1435174704/

ND「野獣の葬式」:http://www.nicovideo.jp/watch/sm26871083
レインコート「野獣の葬式.mp4」:http://www.nicovideo.jp/watch/sm27082201

野獣:
そうそう。もっと腰使って腰使ってほら

遠野の動きが早くなる

野獣:
もっともっと!!もっと強く!!あっ!
エロくなってきた!!

野獣:
エロすぎぃ!!イクイクイクイクイクイクイク

その時、遠野が歪んでカメラに謎のノイズが発生する(音声端子を引き抜いたときの音もする)
荒れた神社内に背を向けた謎の巫女がいる

それを野獣のカメラで見ていた空手部三人(いつの間にか翌日の放課後に場面が移っていた模様)
25:えころ :

2018/01/02 (Tue) 12:09:08

名前のない神社に入った遠野②

野獣:
??????????

KMR:
先輩。一体何がしたいんですか?

MUR:
???????????????

野獣:
いや・・・・お前らに遠野とのラブラブデートを見せたかった
だけだけど最後のこれ・・・・何?

KMR:
誰かが細工したんじゃないですか?ホラ、遠野さんって
オカルトとかそういうの好きじ

野獣:
お前さKMRさ、遠野がそんなことする奴じゃねえしオカルトも
興味無いしこんな編集技術持ってねえよ

野獣:
それにカメラは俺んちの引きだしに入れたぜ?遠野との
思い出をホラー編集するわけねえだろが

MUR:
良く分かんないけど
AKYS先生に見てもらった方がいいんじゃないかゾ?

野獣:
いやいいっす。めんどいしサボったのバレちゃう

MUR:
あっそうか・・・

KMR:
なっとくしなくていいですよMUR先輩

『翌日』

野獣、遠野の部屋(アパート)のチャイムを鳴らす

野獣:
遠野~ちょっと邪魔して良いか~?

遠野:
あっ先輩!いいですよ入って下さい

遠野の部屋に入ると部屋中に赤字で『器羽美』と書かれていた

野獣:
実はさ~誰かが昨日のビデオ細工しやがったんだよ~
ホント腹立つぜ

遠野:
え・・・?どのように細工されたんですか・・・・?

野獣:
う・・・うんまあ、もうすぐ絶頂って時にいきなりお前
歪み始めた後廃墟の映像が流れて・・・そこで途切れてた。

遠野:
なんて酷い・・・ちょっと許せないですね先輩

野獣:
そ・・・そうだな・・・・

野獣:
なっなあ、お前・・・部屋イメチェンした?ちょっと
不気味すぎるんだけど・・・

遠野:
ああこれですか?なんかいきなり「器羽美」て文字を部屋に
埋め尽くしたくなりましてね。

遠野:
すっごい居心地がいいんですよこれ。
なんというか・・・安心感が湧くというか・・・

野獣:
俺・・・全然湧かないんだけど・・・・というか器羽美って
なんだ

遠野:
・・・・そういえば何でしょうね?申し訳ありませんが
ぼくもさっぱり分かりません

遠野:
まあでも・・・・居心地がいいからいいじゃないですか

野獣:
なにで書いたんだよ・・・

遠野:
そうですね。深夜に犬とか猫を探して殺してから
お風呂場でめった刺しにして

遠野:
その大量の血で書きました

野獣、悲鳴(AOK)を上げて遠野の部屋(アパート)から飛び出す
そして、部室に戻ってくる

MUR:
いくらなんでもお前の前で動物虐待発言はしないだろ

KMR:
なんで恋人の遠野さんがあなたに猟奇的な事
言うんですか?ドン引きにも程がありますよ

野獣:
おおお俺だって知らねえよ!!アイツの事良く知ってんの
俺だぜ!?あんな事する奴じゃないって分かってる!!

MUR:
・・・いきなりそっち系に目覚めたとかじゃないのかゾ?

野獣:
話し聞いてたのか!!遠野の事良く知ってんの俺だっつって
んだろ!!んな即急に鬼畜趣向に目覚めるかボケ!!

KMR:
僕たちに聞いても何も解決策なんか出てきませんよ。
こういうのはAKYS先生に頼んだ方がいいんじゃないですか?

野獣:
ずる休みってバレちゃうだろ。鉄拳制裁食らっちゃうし
練習4倍は嫌だからな

KMR:
そういうの気にしてる場合じゃないと思いますが・・・
本当に遠野さん、後戻りができなくなるかもしれませんよ?

野獣:
しょうがねえな~。一回先生に頼むしかねえか

廊下でAKYSに野獣のカメラ映像を見せる空手部三人

MUR:
AKYS先生どうだゾ?野獣が撮った奴に何か感じるか?

黙り込むAKYS

野獣:
何も反応しないですね。やっぱフェイクだったんだな

KMR:
フェイクだったら遠野さんの件どうなるんですか。
・・・野獣先輩、もしかして全部アンタの創作じゃないですよね?

野獣:
こんな作りもの臭いドッキリするわけねえだろ。というか
ドッキリすんならカップ麺にワサビ入れる奴するから

野獣:
というか遠野の奴

画面が暗転し、AKYSの蹴りが野獣に炸裂!野獣、そのまま倒れる!

野獣:
はい・・・すみません。部活サボってすみませんでした。
許して下さい本当にごめんなさい!なんでもしますから!!

AKYS:
別件でキレてんだよ俺あ。

AKYS:
何勝手に怪しい神社入りこんでんだ。霊感が
とてつもなく強いぞボケ

野獣:
え・・・?じゃあこれイタズラじゃないってことっすか?

AKYS:
一体これどこで見つけた。早く遠野って奴を除霊しないと
手遅れになるぞ。遠野は今どこにいる

野獣:
お・・・おかのした。じゃあ今すぐ案内しますんで

遠野の部屋(器羽美だらけ)

AKYS:
しっかり抑えてろ。今からこいつの除霊を始めるからな。

遠野:
あの・・・先輩、これは一体・・・・

野獣:
大丈夫。大丈夫だからな遠野。ちょっとだけ除霊する
だけだから。

MUR:
・・・・見た感じ、あんま乗り移ってる感じがしないゾ・・・

KMR:
MUR先輩。壁を良く見て下さい。どう考えたって異常ですよ

除霊終了

遠野:
・・・・・・・・・

AKYS:
完全に除霊した。これでもう大丈夫だが
二度とあの神社には近づくなよ

野獣:
おっ大丈夫か遠野?

遠野:
なんで僕・・・こんな気味悪い事したんでしょう・・・

野獣:
気にすんな。お前は何も悪くねえ。AKYS先生の言ってた
悪霊が原因でこうなっちまったんだ。

野獣:
壁の文字とか動物の死骸は俺が処理してやるよ。
お前はそこで寝ててくれ

野獣:
AKYS先生、除霊ありがとうございます。マジで遠野
悪霊に取り憑いてたんすね

AKYS:
ったく、明日は練習ガンガンいくからな。その分覚悟しとけよ

AKYS:
MUR、KMR、今日は部活無しだ。遠野の事は一切誰にも
言うんじゃねえぞ。

KMR:
は・・・はい・・・

帰り道

KMR:
MUR先輩。

MUR:
どうしたゾ?

KMR:
ビデオカメラに写ってたあの神社、何の目的で建てられたん
ですかね?

MUR:
知らんゾ。

MUR:
いやまてよ?あの周辺、母ちゃんとのドライブでよく通るけど
あんなの見た事無いし最近の神社じゃないのか?

KMR:
工事してましたっけ?

MUR:
・・・・言われてみれば見た事無いな。何か妙だゾ?
26:えころ :

2018/01/02 (Tue) 13:40:50

名前のない神社に入った遠野③

うんち提案おじさん(地主)と共に例の神社へやってきたMURとKMR

UNTI:
・・・・なんでこんなのが?

KMR:
地主さん。本当に知らないんですか?

UNTI:
うん。僕も初めて見たし、たった3日で誰かが建てたのかな?

MUR:
3日?おい、野獣は一昨日ここに来てたんだぞ。

UNTI:
・・・・うそでしょ?
じゃあ深夜の間に建てられたと言うの?

UNTI:
元々ここは4日前、ただの山だったんだよ?どうやって
深夜の間こんな立派な神社が出来るの?

UNTI:
・・・まあいいや、後日この神社の主に話してみるよ。
教えてくれてありがとね

その頃、遠野の部屋(すっかり文字が消えた)

野獣:
ふぅ~疲れたもぉ~

遠野:
本当にすみません僕の為にこんなことさせちゃって・・・

野獣:
気にすんなって。俺とお前の仲だろ?

野獣:
さて部屋も綺麗にしたとこだし、コンビニで飯買ってくるわ。
何が良い?

遠野:
いえそこまでしなくても・・・・

野獣:
いいから遠慮すんなよ。じゃあ適当に美味しいもん
買ってくるぜ~

野獣、コンビニへ行く

野獣:
おっさん!そこにある肉マンとからあげくんと
フライドチキンあるもの全部頂戴!!

野獣:
あと、マルポロとキャメルもよろしく~

コンビニの外を遠野が通り過ぎていく

野獣:
おっアイスティープレゼントキャンペーンやってんじゃん。
ついでにやっとこっかな~

野獣:
ん?

野獣、ようやく遠野に気づき、後を追う

野獣:
おい遠野、なに勝手に外歩いてんだ?

野獣:
もしかして大学に海パン忘れてきたのか?しょうがねえな

遠野、無言で歩いていく

野獣:
・・・・なんで何も言わねえんだよお前

遠野が歩く先には例の神社がある

野獣:
つか、神社の方向に歩いてね?

野獣、必死で遠野を止める

野獣:
おい馬鹿!!AKYS先生に言われたろ!!神社には
近づくなって!!また呪われたいのか!!

野獣:
おっも!お前いつからこんな馬鹿力手に入れたんだよ!!
全然びくともしねえ!!鉄みたいだ!!

野獣:
なあ!遠野!!頼むから返事して!!
怒ってるの!?ねえ俺何かした!?

野獣を引きずりながら神社へ入っていく遠野

野獣:
お願い待って待って待って待って待って待って待って待って
待って待って待って

野獣:
待って待っ

野獣、遠野に突き飛ばされ、遠野はどんどん神社へ近づいていく

地面に野獣のビデオカメラが落ちている

野獣:
と・・・遠野・・・

野獣:
・・・・・あれ?

野獣:
このカメラ・・・・勝手に録画モードになってる

遠野はどんどん進む

野獣:
あっおい!!遠野止まれ!!先輩命令だぞ!!

野獣:
AKYS先生の野郎!!
全然除霊出来てねえじゃねえか!!

急いで遠野を追う野獣

野獣:
おい頼むから神社には一歩も触れないでくれ!!
お前がいなくなったら俺、どうすりゃいいんだよ!!

野獣:
降りろっつってんだろトカゲがぁ!!
顔にパンダのあざ作ってやろうかぁ!!

神社の戸が開き、遠野は中へ入り、立ち止まる

野獣:
悪かった。

野獣:
トカゲは言いすぎたな・・・。
パンダのあざも冗談だ・・・・・。

野獣:
今ならまだ間にあう。早くこっちに戻ってきて

目の前が暗くなり、また音声端子を引き抜いたような音が鳴り響く

野獣:
ファッ!?

野獣:
な・・・なんだ?カメラの様子が・・・

カメラをのぞくと5人ほどの人間の顔がアリのような虫で連結した頭部を持つ
目玉のない巫女のもとへ遠野が歩いていた

野獣、すさまじい雄たけびを上げて(うるせえ!)神社から逃げ帰る
27:えころ :

2018/01/02 (Tue) 19:31:13

名前のない神社に入った遠野④

翌日、部室

野獣:
AKYSの野郎・・・許さねえ!!
手抜き除霊しやがって!!!

MUR:
AKYS先生が手抜きで除霊するなんてありえないゾ。
きっと何かの手違いじゃないのかゾ?

KMR:
いえ、成功してたんですが一部が辛うじて隠れてた
可能性も考えられますね。

KMR:
もしそうだったらこの悪霊、とてつもなく厄介ですよ。

野獣:
んなこたどうでもいいわ・・・遠野が化け物に
さらわれちまったんだぞ。

野獣:
MUR先輩

MUR:
ん?

野獣:
MUR人形貸して下さいよ。

MUR:
姉ちゃんでどうするつもりだゾ?

野獣:
あの化け物にぶつけるんすよ。MUR人形の方が霊力強いと
思うし負ける気がしないんですよね~

野獣:
だってテレビ局のスタジオめちゃくちゃにしたほどの威力
持ってんでしょ?好都合的じゃん。

野獣:
こう言う時こそあの兵器を
使うべきなんだと思うんだよな~

野獣:
と言うわけで、MUR人形持ってきてください
今すぐあの神社にリベンジっす

智将MUR、馬鹿な事をのたまう野獣に鉄拳制裁を加える

MUR:
んな危なっかしい所に姉ちゃんを行かせたくないゾ。
それ以前に化け物より先に姉ちゃんに殺されるぞ

KMR:
戦わないと思いますよ楓ちゃん。あの人形、お人よしじゃ
ありませんから野獣先輩より自分の身を守ると思います

野獣、逆ギレをする

野獣:
じゃあどうすりゃいいんだよ!!いつまで経っても
遠野取り返せねえじゃねえか!!

KMR:
それよりも先輩・・・神社入っちゃったんですよね?
それは大丈夫なんですか?

野獣:
大丈夫だと思うよ?ただ、「器羽美」って文字が非常に
愛惜しくなっただけで別に問題ねえな

KMR、野獣が呪われている事を確信。空手部三人でAKYSのいる保健室へ

AKYS:
・・・・それは本当か

野獣:
手抜きで祓ったんじゃないんすよね?

野獣:
おかげで遠野はそのビデオカメラに映った通り化け物に
取り込まれて行方不明になりまし

AKYS:
本当にすまねえ野獣、完全に祓ったと思ったのに
まさかまだ残ってたとはな・・・・

KMR:
違和感とか感じなかったんですか?

AKYS:
ああ。何一つ感じなかったし遠野から霊感が完全に
消えたと思った。

AKYS:
こいつは命にかかわる悪霊だぞ。しかも今まで凶悪な
奴だ。

AKYS:
なあ、ふと思ったんだが化け物の頭にある複数の顔、
こいつら最近の行方不明者だよな?

KMR:
え?

AKYS:
こいつら都道府県はバラバラだ。・・・・つまりあの神社は
複数あるか移動してるか、早いとこ済まさねえと野獣も・・・

AKYS:
おい野獣、今日は俺ん家に泊まれ。何が何でもあの
化け物を追い払ってやる

野獣:
・・・・・できれば遠野もお願いします

AKYS:
そいつはもう無理かも知れねえが、分かった。出来るだけ
助け出してやるよ

『翌日』

AKYSの部屋(マンション)のチャイムを鳴らすKMRとMUR

KMR:
・・・だめだ。いくら押しても出てこないですね

MUR:
きっと除霊が終わったから疲れて寝てると思うぞ。

何度もチャイムを鳴らすKMR

KMR:
そうだといいんですが・・・・

KMR:
あれ?鍵が空いてる・・・・

AKYSの部屋の中は血(落書き)まみれになっており、誰もいなかった

KMR:
え・・・・?

MUR:
なんだゾ?この濃い血のような模様は。

KMR:
さ・・・さあ・・・・。なんでしょうねこれ・・・

MUR、ビデオカメラ発見

MUR:
おっ後ろにビデオカメラみっけ。もしかしたら除霊の様子
映ってるかも知れないゾ。

KMR:
・・・・・本当にAKYS先生と野獣先輩
どこ行ったんでしょうか?

MUR:
除霊に成功したから祝いとして飯食いに行ってると
思うけどな~

ビデオカメラの映像を回すと、部屋にはAKYSと野獣がいた

AKYS:
ろ野獣。お前に憑いた悪霊は祓った。このまま朝になるまで
待つだけだ

AKYS:
さあ、来るならかかってきやがれ化け物が。
俺がまとめて相手してやるからな

誰かが扉を開ける音がする

AKYS:
ん?鍵は閉めてある筈だが・・・?

AKYSが玄関を見に行こうとすると、うんち提案おじさんが現れる

AKYS:
誰だお前。

AKYS:
勝手に人んち上がり込んでいい度胸してんじゃねえか。
悪霊なんか連れて来てよう

うんち提案おじさんは黙ったまま

AKYS:
何か言えよ。

ビデオカメラの映像が廃墟に佇む謎の巫女の静止画に切り替わる

AKYS:
野獣は渡さねえからな。とっとと帰れ。

その瞬間、野獣は消えていた

AKYS:
野獣!?

AKYS:
くそ!!どこいった!!おい野獣!!
隠れてないで出てこい!!勝手に出歩くな!!

AKYS、部屋の中で野獣を探し回る

AKYS:
卑怯だぞ化け物!!正々堂々と勝負しやがれ!!
姿出さずに横取りする気かゴルァ!!

ここで映像がAKYSアップになる

AKYS:
連れて行くなら俺だけ連れて行け!!そいつに
何かしたらタダじゃ済まねえからな!!出てこい!!

AKYSの両目と口に円形の穴が開いてフリーズ、ノイズ音が走る
そして、廃墟に切り替わり、歪んだ顔の巫女がこちらを見つめている

「幸」の文字が6つほど、舞い落ちる映像が流れた後、
再び画面がAKYSに切り替わり、頭部の穴が広がっていく

そして、血まみれの室内にビデオカメラの映像が戻り、そこで終了
28:えころ :

2018/01/03 (Wed) 16:09:34

福井県にある禁后①

野獣とKMR、居酒屋の縁側と思われる場所で呑み潰れている

野獣:
くぅ~ん

MUR:
まだ114杯しか飲んでないだろ。もっと飲まないと折角の
飲み放題1500円コースが無駄になるゾ

KMR:
地獄だ・・・・・

野獣:
ゴールデンウィーク、福井県で満喫なんて無理っすよ~
本当に何もなくて帰りたくなりますわ

MUR:
何言ってるんだよお前。恐竜博物館とかエルどらんどとか
エンゼルランドとか楽しかったじゃねえか

野獣:
どうでもいいです。全部東京とか名古屋で楽しめますし
蟹、フグ、和牛なんて他県でも食えますし

野獣:
というより越前ガニとか若狭ふぐとか若狭牛って名前が
違うだけで種類全く一緒ですからね。(小文字:松坂牛の方が美味しかったし)

MUR:
じゃあお前はどこに行きたかったんだゾ?

いきなりキレる野獣

野獣:
沖縄に決まってるじゃないですか!!
海ぶどうとかちんすこう食いたかったし海も綺麗だぞ!!

野獣:
何の目的で激地味な福井県を選んだんだ
このハゲェェェェェ!!!

KMR:
せめて京都にしてほしかったですよ。任天堂とか清水寺とか
有名な所がいっぱいあるじゃないですか

MUR:
蟹とふぐ食ってみたかったし芝政とかいうプールにある
巨大スライダー乗ってみたかったんだゾ・・・

MUR:
それと恐竜博物館も世界三大レベルって書いてあったし
野獣も興奮するかと思ったのに・・・・

KMR:
確かに恐竜は凄かったんですがその回りが何もなくて
すごい退屈でしたよ・・・・バス何時間待った事やら

野獣:
恐竜なんてUSJかネットで見れば抜けますんでそんな
優しさいらないっす

MUR:
・・・・・すまなかったゾ

『翌日』

ホテルのフロント
MUR、チェックアウト中

野獣:
ぬわぁぁぁん頭いたいもぉ~

KMR:
微妙な旅でしたね・・・

野獣:
どうせ行くならもっと有名な都道府県行きたいよな?
沖縄とか

KMR:
先輩・・・そればっか言ってますよね?もう聞き飽きました

野獣:
あのなKMR。MUR先輩が「ゴールデンウィーク中、どこか
旅行しようぜ」って言ってきてなに思い浮かんだ?

野獣:
しかも旅行先なにも言わないで直球に新幹線乗ってさ
福岡か京都か大阪かと思ったら、どこ?福井県

野獣:
アッ!と驚くテンション激減だぞ。クリスマスのプレゼントが
正露丸だったのと同じだよ

KMR:
言いすぎですよ。そんなにつまらなかった
わけじゃないです。

KMR:
東尋坊とかツリーピクニックアドベンチャーとか
観光できて良かったじゃないですか

MUR、チェックアウトを終えて戻ってくる

MUR:
あ~楽しかった。また福井こような

野獣:
一人で行ってください。こっちは遠野と沖縄行きますんで

MUR:
あっそっか~。野獣は沖縄行きたいって言ってたな。
すまんゾ

MUR:
また行く時は姉ちゃんと行くゾ。KMRもすまなかったな・・・

KMR:
いえ、僕は大丈夫ですよ。福井県の観光
楽しかったです。

MUR:
おし、じゃあ帰るか

野獣:
よっしゃ!早く帰って渋谷肉横丁行きましょうよ!!
そこでバーっと松坂牛食べようぜ!!

KMR:
昨日、momo蔵とかいう焼き肉店で肉食べたばかり
じゃないですか

駅の改札
野獣、震えている

MUR:
野獣のやつどうしたゾ?

KMR:
自分達が乗る列車がまだ5時間先だったことに
無茶苦茶ブチ切れてますねこれ・・・

MUR:
4時間?たった240秒くらいじゃないかゾ。
それくらい待てよ野獣

※4時間=4×60(分)=4×60×60(秒)=14400(秒)
それ以前にKMRが5時間と言っているため、レインコートの二重ボケかもしれない

野獣:
今、ふと思い出したんすけど心霊大賞って知ってます?

MUR:
深くお辞儀する大会があるのかゾ?

野獣:
呪いのビデオの会社が立てたサイトなんすけどね、
すっごい怖くて呪われた動画を集めてるらしいんすよ。

KMR:
なんでいきなりその話をしたんですか?

野獣:
この付近に呪いの家があるんだよね

野獣:
さっきスマホで「福井 心霊」って調べたらこの越前町の
山ん中にテレビ局とか心霊スタッフも絶対に行かない民家

野獣:
あるんすよね~。

KMR:
それ・・・最悪AKYS先生にも歯が立たない奴じゃ・・・

※AKYSは、楓ちゃんや器羽美に歯が立たないムエタイおじさんである

野獣:
大丈夫大丈夫。絶対危険じゃないし入った奴は多分
虫とかタヌキにビビったんだよ幽霊と勘違いして

MUR:
な~んだ勘違いか~。全く、幽霊にビビりすぎだゾ~

KMR:
・・・・もしかして先輩怒ってます?

今田耕司先輩のように無表情になる野獣

KMR:
勘弁してくれよ・・・・
29:えころ :

2018/01/03 (Wed) 18:59:04

福井県にある禁后②

八つ当たり気味な野獣の提案に振り回され、一般人(肉丸くん)に聞き込みを開始する空手部
※MURはなぜかルームランナーのようなものに乗って遊んでいる

一般:
呪いの家?

野獣:
呪いの家。アンタ知ってるなら教えてくんねえか?
幽霊写して金貰いたいのよ

一般:
一応知ってるけど、それただの廃墟だと思いますよ?
ここら辺そういうの多いですから

野獣:
知ってるなら道教えて下さいよ~

一般:
ここから右に進んでいけば山の道があるけどクマに
気を付けてくださいね。まあその廃墟、

※MUR、スピードの上げすぎでずっこけて股間を強打する(池沼)

一般:
霊感のある友人でさえ普通に近づけましたから幽霊なんて
いないと思いますけどね~。多少不気味ですけど

野獣:
へえそうなんすか~。そいつあんま霊感ないん
じゃないっすか~?

野獣達、山道を登っていく
MUR、こけたときの激痛に耐えながらついていく

KMR:
あの・・・結構歩きましたよね?今何分ですか?

野獣:
30分しか経ってねえよ。お前足弱くなった?

KMR:
いえ・・・この道であってるのかと・・・・。
どこにも建物らしきものが見つからないんですが・・・

野獣:
まだ先なんじゃねえの?
あと一時間になってたらダッシュで帰ろうぜ。

山道を登った先で怪しい建物を発見

野獣:
登りきったらあったな

地面に腐りはてた野菜のような植物を発見(何の切り抜きか知らないが、汚い)

KMR:
うわあ・・・何この腐った野菜・・・・

野獣:
の割には建物結構綺麗に見えるなぁ。誰か入ってんのか?

野獣:
あれ?何で玄関が無いんだよ?後ろにあるタイプ?

野獣:
まあいいや、裏に回ればドアあるだろ。MUR先輩、
俺スマホで録画しますんでそっちもお願いします

野獣達、建物の周囲を回るも、扉らしきものは見つけられず

野獣:
一周回っても扉無いし窓も割られてないし鍵もかかって
やがるな~。

野獣:
というよりもMUR先輩今日何かおとなしいっすね?もしかして
幽霊にビビってんすか?MUR人形と一緒にいるのに

ここで楓ちゃんも一緒にいた事が明らかになる

KMR:
もう帰りましょうよ。廃墟見れただけで良かった
じゃないですか

野獣:
幽霊撮ってないじゃん。金貰えないじゃん。沖縄
行けないだろこのまま帰れるか。

KMR:
え・・・先輩何を・・・・まさか。

野獣、建物の窓をたたき割ってしまう
そして建物内部に侵入する三人

KMR:
(やりやがったこいつ・・・)

野獣:
さー探索始めよっか~。最悪幽霊映らなくても高価なもん
あったらそれ全部取れよ。分かったな。

KMR:
それは先輩がやってください。僕はそんな汚らわしい行為
やりたくないです。

野獣:
あっそ分かった。じゃあ早く怪しいとこ写せ写せよ

KMRと野獣、MURを置いて建物内部の探索を開始

風呂場

KMR:
・・・いるわけないよな。

KMR:
全然変な雰囲気ただよってないし妙な空気も感じない。
早く駅に戻りたいよ・・・

KMR、廊下の突き当りで大きな日本人形を見つける

KMR:
・・・一瞬びっくりした

KMR:
誰かが驚かそうと置いた奴か?楓ちゃんの様な
気配は感じないし・・・

野獣:
おーいKMR~!!すごいの見つけたぞ~!!

KMR:
どうせロクなものじゃないだろうな

野獣と合流したKMRが見たのは鏡台と棒にかけられた女のかつらのようなものだった

KMR:
うお!!

野獣:
俺も一瞬びっくりしたよ。誰か化粧してるかと思った

かつらに近づく野獣

野獣:
このカツラ不気味すぎて幽霊憑いてんのかな~お前どう?

KMR:
イタズラだと思いますよ。だってこんなの何の為に使います?
儀式でも何でもなさそうだし意図も感じられない

ここで鏡台がアップになる

KMR:
それに髪の毛もあんなにあれば念の一つや二つは
あるでしょう。ですが僕には何一つ感じませんよ

謎の声がKMRの脳内に響く

KMR?:
感じないならとっとと出ましょうよこんなとこ・・・

KMR:
え・・・先ぱ・・・いや、僕の声?

KMRが鏡を見ると、鏡には野獣が映っていた

KMR:
なんだ・・・・これ・・・・?

暗闇で眠るKMR
突如、目覚め、もがき苦しむ(打撃音が鳴り響いている)

KMR:
―ッ!―――ッ!!!
(声が出ない!なんだよここ!!)

KMR、ようやく目を覚ます

KMR:
!?

その瞬間、女のかつらがかけられていた棒と奥の箪笥が野獣目掛けて倒れてくる
野獣、驚いて悲鳴(AOK)を上げ、その場から逃げ去る

野獣とKMRが入ってきたところまで戻ると、MURの体調は回復していた

野獣:
奥の箪笥に何かいる!!奥の箪笥に何かいる!!

KMR:
・・・箪笥が倒れたぐらいでビビリすぎじゃないですか・・・

MUR:
ん?野獣なに慌ててるゾ?

野獣:
箪笥の中に何か居る!!俺聞いたもん!!叩く音も
いきなり倒れるところも!!

KMR:
野獣先輩って強がってるように見えて本当はかなり
ビビリなんですね・・・・

野獣:
うるせえ怖ぇのは怖ぇんだよ。何が起こるか分からんし

野獣:
というかMUR先輩、あんたずっとここで何してたんすか?
こっちは映像撮ってるというのに・・・・

KMR:
あの・・・すみませんちょっと来てもらっていいですか?

KMR、スマホで撮影した映像を流し始める

鏡台の前に立つ野獣

KMR:
イタズラだと思いますよ。だってこんなの何の為に使います?
儀式でも何でもなさそうだし意図も感じられない

野獣が歪み始める

KMR:
それに髪の毛もあんなにあれば念の一つや二つは
あるでしょう。ですが僕には何一つ感じませんよ

画面にノイズが走り、雑音が流れた後、映像が箪笥に切り替わる

上から数えて4段目の引き出しが開き、
中から目と口がレッドレイトンぽく大きく開いたブルーベリー色の女性のような首が飛び出す
ノイズが走った後、画面が真っ青(ブルーバック)になる

それを見て固まる三人
30:えころ :

2018/01/04 (Thu) 01:13:19

福井県にある禁后③

野獣:
これ奥の倒れた箪笥だよな?開いたっけ?

MUR:
もう一回見たいゾ。KMR、最初に戻して。

KMR:
あれ?

スマホ画面は真っ青のまま(ブルーバック:使って差し上げろ)

KMR:
あれ?
え・・・あれ・・・?

KMR:
いくら巻き戻しても青い画面のままだ・・・

箪笥が倒れたあの部屋まで戻ってきた三人

野獣:
映像じゃ、棚から人出てきたよな?

MUR:
棚に挟まって死んだんじゃないかゾ?

箪笥に近づくKMR

KMR:
それよりあんなスペースで人がどうやって入るんすか?
どう考えても赤ちゃんしか入らないじゃないですか

野獣:
分からんよ?ギネス並の小人かもしれな

謎の声がKMRの脳内に響き渡る

???:
お前見てるだろ

KMR:
え?何か言いました?

野獣:
何が?

日本人形があった突き当りの前にやってきた三人

野獣:
こんな所になんで人形なんてあんだよ

KMR:
僕が知りたいですよ。多分誰かのイタズラだと
思いますが・・・

MUR、日本人形に近づく

MUR:
この中に何が入ってるんだゾ?ちょっと見てみるゾ

MUR、日本人形が入った箱から腕輪を拝借する

MUR:
可愛い腕輪だゾ~これ

KMR:
勝手に取っちゃっていいんですか?

野獣:
何言ってんだよここ廃墟だぞ?勝手に取ろうが俺達の
勝手だろ?

KMR:
古すぎて一円にもならなそうなんですが・・・

またKMRの脳内に謎の声が響く

???:
やさにたまもる

KMR:
野獣先輩、僕を怖がらせようとしてるんですか?
ヤサニタマモルって意味分かんなすぎです

野獣:
だから何も言ってねえって。何だよ野菜炒め盛るって
腹減ってんのか?

今度は理解不能な文字列がKMRの脳内を流れる(野菜炒め盛るにブチ切れて発狂したかも)

???:
≪∞痺樞#潟mャ・ヮ痺樞#潟lャcリメ・%
延根・・≠・・!・¥・・ぉ羂冷!・紊・∞繻=・

???:
≪∞痺樞#潟mャ・ヮ痺樞#潟lャcリメ・%
延根・・≠・・!・¥・・ぉ羂冷!・紊・∞繻=・

???:
≪∞痺樞#潟mャ・ヮ痺樞#潟lャcリメ・%
延根・・≠・・!・¥・・ぉ羂冷!・紊・∞繻=・

野獣:
何だどうした豆鉄砲食らったような顔して。

KMR:
なにか・・・いる・・・・?

野獣:
へえあの箪笥からまた音聞こえたのか。じゃあもっかい
行ってみるか~

野獣、箪笥のあった部屋へ戻る

KMR:
あっ!先輩ちょっと!!

部屋に戻った三人

野獣:
さてと箪笥起こしてみるか

野獣:
さあ、中にどんな掘り出し物が入ってるかしら?

MUR:
なあ野獣

野獣:
うん?

部屋の隅に「禁后」と書いた紙が貼ってある

MUR:
これ、何て書いてあるゾ?

野獣:
キンコウでしょ。別に気にしなくていいっすよそんなん

野獣:
さてと

箪笥の引き出しを開き始める野獣

野獣:
一段目無し

野獣:
二段目無し

三段目には鉄球が入っていた

野獣:
三段目無・・・錆びた鉄球かイラネ

四段目には「×野恵子」(×は汚れていて読めない)と書かれた名刺が入っていた

野獣:
ん?上の文字が読めないな?染み酷過ぎ

最後の段にはびっしり髪の毛が入っていた

野獣:
うっ!

野獣:
気持ちわり~最後の奴髪の毛?

野獣:
ろくなもんが入ってねえな~。ガラクタばっかし

KMR:
じゃあもういいじゃないですかとっとと帰りましょうよ。
電車間合わなくなりますよ。

野獣:
それもそうだな。あ~あ、心霊映像消えちゃうし
応募できなく

MUR、「禁后」の貼り紙をずっと見つめている

野獣:
さっきからそんな張り紙見て何か気になるんすか?

貼り紙の先にはさらに同じような箪笥がもう一つ置かれていた

野獣:
あっ同じような箪笥ありますね。アレも調べようぜ

もう一つの箪笥までやってきた三人

KMR:
も・・・もういいでしょ。それもどうせロクなもの入って無いと
思いますが・・・・

野獣:
もしかしたら金とか入ってるかもしれないじゃ~ん。
気になるもん全部調べねえと後でそんするぜ~?

KMR:
・・・どうなっても知りませんよ僕もう

KMR:
・・・・・あれ?また、僕先輩みたいな声に・・・・?

脳内に自分の声が響くKMR

KMR?:
どうしたんですか野獣先輩

KMR:
あ・・・いや・・・・別に・・・・

KMR?:
一段目なにもないですね

KMR:
(それより・・・なんだよこの現象は・・・)

KMR:
・・・?!

野獣が固まって動かなくなる

MUR:
どうした野獣?

野獣:
…ん?あれ?……いつの間に振り返ったっけなあ…

二段目には古い生地のような布が入っていた

野獣:
うわきったね。虫に食われてんなぁ

四段目には汚れた名刺がたくさん入っており、中には「秋吉」もあった
※順繰りに行けばここが三段目のはずだが、作者がすっとぼけた可能性がある

野獣:
わっ!!

野獣:
気持ち悪ぃ~名前がぎっしりだぞ。

二人も見に来る

KMR:
・・・・・・

MUR:
友達名簿かな?

MUR、AKYSの名刺を見つける(下の名前は汚れていて読めない)

MUR:
あっ
AKYS先生の苗字が載ってるゾ

MUR:
すごいゾ~AKYS先生って顔広いんだな~

KMR:
・・・・・・
(一体・・・何なんだこれ・・・・・?)

野獣:
最後の・・・・開けようか・・・?

KMR:
え?

しかし、最後の段だけは堅く閉ざされており、開かない

野獣:
固スギィ!!

野獣:
MUR先輩お願いしま~す。

MUR:
そんなに固いのか?

智将MUR、叫びながら開けようとするも開かない

MUR:
諦めるゾ

野獣:
じゃあKMR。お前やって

KMR:
MUR先輩でさえ無理なのになんで僕がやらなきゃ
いけないんですか

野獣:
お前一人じゃ無理なの知ってるよ。俺も引っ張ってやるから
手伝え

KMR:
・・・・分かりました。ビビリ先輩

ふとMURが鏡台のあった場所に目を向けると倒れてたはずのかつらをかけた棒が元に戻っていた

KMR:
もし中にとんでもない物が入ってたとしても腰を抜かさない
ようにしてくださいね。電車に間に合わなくなるかもしれないので

KMR、動きが止まる

野獣:
どうした引っ張れよ?

KMR:
いえ・・・・本当に開けてもいいのかな・・・と思いまして・・・

野獣:
つべこべ言ってないで開けてくれ。中知りたいんだよ。

KMRが最後の段を開けると、なぜかKMRは建物の外へ戻ってきていた
31:えころ :

2018/01/04 (Thu) 10:35:01

福井県にある禁后④

KMR:
あれ・・・?僕今・・・引きだしを・・・。

KBSの声が聞こえてくる(お!開いてんじゃーん!)

???:
おっ!そっから入れそうじゃん!

???:
ほらいこうぜ。ガラスほとんど割ったから入れるだろ

建物内を荒らして回るKBS

???:
おいおい何もねーじゃん!!

???:
あーあつまんねぇ、後はあの部屋だけだけど、どうする?
行く?

そこはあのかつらが棒で立てかけてあり、問題の箪笥がある部屋だった

???:
うおすっげー!!すっげーチン毛じゃ~ん!!
長すぎィィィィ!!ギャハハハハハハハハハ!!!

KBSが荒らすその場になぜかKMRも居合わせていた
※どうやらKBSの"K"がKMRと入れ替わっているらしい

KMR:
??????

???:
おい、箪笥の中の物盗もうぜ

???:
おいおいさすがにそれは駄目なんじゃねえの?

KBSの"K"が鏡台の鏡に映っている

???:
良いじゃん良いじゃん、めぼしい物が無かったら何も持って
帰らないから。そうすれば俺達良い人だろ?

???:
あったら俺達悪い人かぁ~。まぁ、どっちでもいいか

鏡の中からKBSの"K"が出てきた

???:
どうしたBちゃん?具合悪いのか?

KMR:
あ・・・・いや・・・・

???:
さっきから大人しいしどしたの?風邪ならしばらく
外で休んでなよ。

どうやら今度はKMRがKBSの"B"と入れ替わった様子

???:
……なぁ、これヤバくね?

KBSの"S"が手前の箪笥の引き出しを開けている

引き出しの中にはあの髪の毛の束が入っていた

???:
うわほんとマジ気持ち悪

???:
…前に住んでた奴が、キチガイだったのかもなぁー

???:
最後の引きだし行きま~す

???:
おおそうだ。Bちゃん悪い、お前見張り頼むわ

KMR:
お・・・おう・・・

???:
………おい、何だよこれ…

KBSの"K"がそればかり繰り返す

???:
おい、何だよこれ

???:
おい、何だよこれ

???:
おい、何だよこれ

???:
おい、何だよこれ

???:
おい、何だよこれ

???:
おい、何だよこれ

箪笥の最後の引き出しから白い手が現れる

???:
おい、何だよこれ

???:
おい、何だよこれ

???:
おい、何だよこれ

???:
おい、何#潟mャ・よこれ

文字列がだんだん歪み、雑音が流れ、B(KMR)とSが歪む

???:
おぉ羂冷!・紊だ潟mれ

???:
≪∞痺樞#潟m羂冷!・紊

???:
≪∞痺樞#潟m羂冷!・紊

???:
≪∞痺樞#潟m羂冷!・紊

謎のBGM(きさらぎ駅と空手部でも流れた)と共に真っ赤な画面(RB)が振動している

『うあああああああああ!!!』

『出せええええええええええええ!!』

『おい出せよ!!』

『ざっけんな!!!』

『殺すぞグォラァァァァァァ!!!』

『触んなや!!』

『やめてくれえええええええええええ!!!』

『やめろおおおおおおおお!』

『氏ねやああああ!!!』

『助けてくれえええええええええ!!!』

『ぎゃあああああああああああ!!!』

『オエエエエエエエエエエエエエ!!!』

『お母ちゃぁぁぁぁぁぁぁぁん!!』

『いやだああああああああああ!!!』

『殺してくれ』があちこちに19個出てきた後、真ん中に黒文字で『殺してくれ』と表示される

ここで野獣姉が登場(どうやら姉弟で廃墟に来た様子)

???:
ねえお姉ちゃん。なあにこれ?

姉:
!!

姉:
!!
なにしてるのあんた!!

弟(だいちくん)は禁后の張り紙をはがしていた

画面が暗転し、引き出しの中に入っていた女性(?)がこちらに左手を向けてくる

KMR、またしても暗闇で眠っている
目を覚まし、またしても打撃音の中でもがいている

KMR:
―ッ!―――ッ!!!

KMR:
―ッ!―――ッ!!!

KMR:
―ッ!―――ッ!!!

???:
……ごめんねぇ…

KMR、謎の声に驚く

???:
…ごめん…
ごめんねぇぇぇえええ!!!!

???:
ごめんねぇぇぇぇええ!!!"禁后"!!
ごめんねぇぇぇええええええええええええ!!!!!

鏡台の鏡にミイラと干からびた女性の顔、そしてKBSと姉弟の姿が映っている

誰かの手がその鏡をなで、建物の外に映像が切り替わった後、
一般人(肉丸くん)が何かを開けている映像に切り替わる

一般人:
・・・空っぽだなこれ。折角パールで開けたのに

そして、野獣達が日本人形の前にきたところに場面が戻る

野獣:
こんな所になんで人形なんてあんだよ

KMR:
僕が知りたいですよ。多分誰かのイタズラだと
思いますが・・・

MUR、日本人形に近づく

MUR:
この中に何が入ってるんだゾ?ちょっと見てみるゾ

MUR、日本人形が入った箱から腕輪を拝借する

MUR:
可愛い腕輪だゾ~これ

KMR:
勝手に取っちゃっていいんですか?

野獣:
何言ってんだよここ廃墟だぞ?勝手に取ろうが俺達の
勝手だろ?

KMR:
古すぎて一円にもならなそうなんですが・・・

鏡台の鏡がアップになる

???:
お前見てるだろ?見てるなら助けてくれよオレは
こんな所に居たく無いんだ家に帰して助けて助
けて助けてお母さんごめんなさいここに来てご
めんなさいここから出してください
出して出して出して出し

KMR、びっくりしてのけぞる

KMR:
うわぁあああ!!!!

KMR:
あ・・・あれ・・・?やっと動ける・・・・?

画面に囚われし者達のメッセージが表示される


どうして助けてくれないの?お前見えてるんだろ?
なぁ むよ助けてくれよ助けて助けて助けてお母さ
んごめんなさいここから出してお父さんねえお兄ち
ゃんここから出して家に帰して帰りたいよ帰りたい
よお母さんお母さんお母さん


KMR:
なあ・・・・頼むからもうやめてくれ・・・・本当に
お願いだ・・・・!!


助けて助けてどうして助けてくれないの?助けてく
れよお前何とかできるんじゃないのか?何もしてく
れないのか?


KMR:
やめろおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!

『だったら お前も 来い』

KMR、新幹線の中で目を覚ます
32:えころ :

2018/01/04 (Thu) 11:46:30

福井県にある禁后⑤

MUR:
野獣、KMRが起きたゾ~

不自然に震えている野獣

野獣:
お前は・・・・KMRか?俺覚えてる・・・?

KMR:
え?

KMR:
な・・・何言ってるんですか野獣先輩。KMRに
決まってるでしょ。

野獣:
・・・・・本当に?

MUR:
何疑ってんだよ。後輩を信用できないのか?

KMR:
・・・一体何があったんですか?

野獣:
録画したから・・・見てみろ。

野獣、スマホをKMRに手渡し、画面を見る
最後の引き出しを開けたところだった

野獣:
うっは開いた開いた!!さ~て何が入ってるかな~?
小判かな~?

引き出しに近づく野獣

そこには「ヤサニタマモル」と書かれた(MSペイントによる手書き)紙が入っていた

野獣:
・・・・なんじゃこれ?

野獣:
もういいやしらけた。KMR。MUR先輩。帰りますよ

しかしKMRはその紙を見て固まっている

野獣:
・・・・KMR?

野獣:
おい聞いて

KMR、箪笥に頭をぶつけ始める

野獣:
はい!?

ずっと頭をぶつけている(効果音うるせぇ!)

KMR:
ああああああああああ!!!ごめんねぇえええ!!!
●●●ごめんねぇええええ!!!!

野獣:
おい何してんだよKMR!!!

野獣がKMRに近づくと、KMRは鏡に映っていたあのミイラの顔になっていた

KMR:
ごめんねぇええええ!!私が!!私が間違ってたのよぉお
●●●!!ごめんねぇぇぇええええええ!!!!

近寄ってくるKMRを殴り飛ばす野獣

野獣:
うわああああああああ!!!

地面に倒れ伏すKMR

野獣:
今のなんだ・・・・?

KMR、今度はKBSの"B"の顔になってこちらを見る

KMR:
おいてめぇふざけんなよ!?お前は今"俺達"の目の前
に居るんだぞ!?助けろよ!!助けろよおい!!!!

野獣、KMRを置き去りにして雄たけびを上げて一目散に逃げだす
画面は真っ暗

野獣:
ヤバいヤバいヤバいヤバい!!
MUR先輩!!MUR先輩!!早くここから出ましょう!!

MUR:
や・・・野獣・・・?どこにいるゾ?真っ暗で
何も見えない・・・

野獣:
うわああああMURの目が!!MURの目が
宇宙人みたいに真っ黒になって・・・うわああああああ!!

その映像を部室に戻ってAKYSに見せる三人

野獣:
倍以上に稽古やりますんでどうか除霊してください。
勝手に怪しい所行ってすみませんでした

KMR:
あの・・・これどういった悪霊なんでしょうか?

AKYS:
これ・・・お前らのイタズラじゃないよな・・・・?

野獣:
は?

AKYS:
何も感じねえぞ

野獣:
こんな映像が撮れたんすよ?異常現象も起こってるし。
じゃあMUR先輩が持ってる鈴は?

AKYS:
お前ら自体、悪霊が取り憑いてる気配が全く
感じないんだよ。

野獣:
明らかに心霊現象じゃないですか。何?何ですか?
これが霊じゃなかったらなんなんですか?

野獣:
あっ分かった~。霊感無くなったんでしょ?。
どうりでおかしいと思ったんすよね~。

野獣:
いきなり衰退してただのムエタイ男になっちゃったって
わけだ~。うわ~使えね~

AKYS:
その生意気な口閉じねえと痛い目見るぞ?

野獣:
え?何ですか~タイのおじさ~ん

ぶっ飛ばされて画面に血反吐をぶちまける野獣

KMR:
でも・・・本当に僕達は・・・

AKYS:
分かってる。確実にこの映像はおかしい。けどな

AKYS:
これが、もし霊とかじゃなく別の何かだとしたら、
俺達霊能力者にはどうしようもできねえぞ

野獣、ようやくずるずる画面から滑り落ちる

KMR:
・・・・そうだ!あの建物の引きだしに先生らしき
名字が書かれてたんだ!?先生何か心当たりあります!?

AKYS:
ねえよ。

『翌日』

なぜか裏S区に呼び出されたKMR

KMR:
裏S区ってここであってるよな?

KMR:
MUR先輩なんでここに呼び出したんだ?
あの人ほんとに変わってるなあ・・・

MUR:
KMR~

MUR、家族でKMRのところへやってきた

KMR:
え・・・ご家族とですか?

KMR:
どうしてこんな廃墟街に呼び出したんですか?

MUR母:
歩きながら話しましょう。ついてきなさい

MUR母:
禁后の事知ってる?女の子の名前だったの

KMR:
えぇ・・・まあ・・・

MUR母:
辛かったでしょう。あなた一番下の引きだし
開けちゃったよね?本当に無事で良かったわ。

MUR:
おっ待てい、それどういう事ゾ?

KMR:
それより・・・あの禁后って書かれた紙は一体なんだったん
ですか?それを知ってるなら貴方は以前そこに?

MUR母:
私は知人のビデオカメラから見ただけ。でも、その人は
貴方と似た体験をしたみたいよ

MUR母:
禁后の紙は私の考察だと、その子の名前を張る事でその
"天国"に行ける方法の一つがクリアになるんじゃないかしら?

名刺がたくさん入っていた話題に移る(DQNネームっぽいのもちらほら)

『秋吉××』『××永一』『小島私利』『牛久野分歌区』『荒川窪島』『狩真若子』
『石田憲明』『木曽大明』『×科清之』『野村卓郎』『中村正平』『橋田哲郎』『晶野杏子』

KMR:
じゃあ、あの大量に書かれた名前は・・・・?

MUR母:
引き出しの中の紙の名前は"天国に引きずり込まれた
人間の名前"なんじゃないかしら?勘だけど

KMR:
・・・・すみません分からなかったら良いです。

KMR:
どうしてあの家には霊力が無いんでしょうか?
AKYS先生は何も感じないって・・・

MUR母:
あら、それは簡単な事じゃない

MUR母:
そんなことよりも着いたわよ

そこは狂人集団が"治療"を行っていたあの廃病院だった(お札は貼られてない)

KMR:
あの・・・いまさらですが
なんで僕をここへ連れて来たんですか?

MUR母:
見せたいものがあるからよ

廃病院の廊下を歩くKMR達

KMR:
さっきの話なんですが・・・

MUR母:
簡単よ。その女の子は精神と身体も一緒に
天国に連れて行こうとしてるんでしょ?

MUR母:
後は分かるわよね?

KMR:
はぁ・・・なるほど・・・

MUR母:
着いたわ

そこは物置のような一室であり、あの最後の引き出しに入っていた
「ヤサニタマモル」(MSペイント)の紙が置かれていた

KMR:
あれ・・・?この紙・・・・・あの引きだしの中にあった・・・

MUR母:
多分AKYS先生が何も感じないって言ったのは
禁后って子、まだ死んでないからだと思うわ。

KMR:
死んでない・・・?それどういう事ですか?

MUR母:
知人が言うにはそう言ってた。禁后って子何度も奴らに
拷問されてたのにそいつらに感謝してるんだって

MUR母:
充実している、皆大好き、皆も私と一緒に幸せに
してあげる…って、あの女の子は思っているみたい

KMR:
・・・じゃあ僕達が見たあの5人は・・・・。

MUR母:
おそらく生きてるわ。

MUR母:
所々視点が変わったのは助けを求めてるんだと思うし、
あの子が本当に生きているのなら

視点が物置部屋の上の方へ移る
そこにはあの廃墟にあったかつらが4つほどぶら下がっていた

MUR母:
まだあの家の下にいたのかもしれない。誰もかれも
自分の思う天国に引きずりこもうと

KMR:
あの・・・その知人と言うのは誰なんですか?

MUR母:
さあね、死んじゃったから名前すら忘れちゃったわ

最後、物干しざおにぶら下げられたかつらを映して終了
33:えころ :

2018/01/04 (Thu) 18:25:43

深層ウェブで見つかったフリーゲーム①

ニコニコ動画のブラウザでゆっくり実況(ボイス低すぎィ)を使った投稿者の実況が始まる

『どうも、クッキー☆kissです』

画面は和室を映している

『今回は、この深層webで発掘した意味不明なゲームを
 やって行こうと思います』

『正直不安と恐怖でいっぱいですが、ちゃんとウイルスバスターが
 入ってるので大丈夫かと思います』

『しかしこのゲーム、タイトル画面もスタートボタンもなくて
 怪しさモンモンです』

『・・・とりあえず、やってみましょう』

MUR邸のテレビでニコニコ動画を真剣に見る空手部三人

『さっそく嫌な予感しかしないんだよなぁ』

『あれ?これどうやって操作するの?』

『ふすまクリックしても動かないんだけど』

画面がお茶の間に切り替わる

『ああ、矢印キーを使うんですね』

画面が壁に箒がかけられた小さな部屋に切り替わる

お茶の間と小さな部屋を交互に切り替えた後、台所と思わしき部屋に切り替わる

『切り替わりが雑に見えるのは私だけでしょうか?』

『どうせなら効果音付けろよ不安になるだろ』

客間と思われる部屋に切り替えた後、いろいろな部屋に画面を切り替える
すると、ウスのようなものが置かれた土間に画面が切り替わる

『え?何が起きた?』

『横しか移動できなかったのに何が起きた?』

『今度は移動できなくなった』

『以前やったsad satan(悲愴の堕天使)よりプレイヤーに
 優しくないゲームですね』※()は音声上の読み

画面にsad satanのプレイ動画が小さく表示され、その下に『↑以前やった』と表記される

『いやこれただの観賞アプリじゃないのか?』

クッキー☆kiss、少女の笑い声(無論、視聴者には聞こえない)を聞いてテンパる

『うわ!少女の笑い声が聞こえた!』

『いきなり笑い声はずるいわー』

さらに幻聴に悩まされるクッキー☆kiss

『しかもなんか男性女性の叫び声が聞こえるんですが』

ここで玄関が表示される(引き戸の左右の大きさが合っていない)

『場面変わった』

右側の大きい方をクリックすると揺れるものの、開かない

『開かない』

『これ、連打した方が良いかな?』

『やれやれだぜ』

画面に小さくスタープラチナ(ジョジョ)の映像が表示される
※映像は2014年放送『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』の
DIOに洗脳された花京院戦と思われる

『オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオ』

途中で画面が真っ暗になる

『ごめんなさい』

『調子こいてました』

『いきなりブラックアウトはやめてください』

画面に『明日また来てね』と表示される

そして、画面がデスクトップ(画像はマウナケア天文台)に切り替わる

『は?』

『いきなり閉じられました』

『この後、仕切りなおそうと思ったら
 起動できなくなりました』

『え?』

『もしかして翌日グロ画像がわんさか出るとかないよね?』

『sad satan(悲愴の堕天使)みたいにバーッとでないよね?』

『せめてロリエロ(アグネス降臨?)画像でお願いします(小文字)』

『冗談はさておき、一番気になるのは「明日また来てね」っていう
 メッセージです』

『明日になったら起動できるのかな?』

『ロリエロ(アグネス降臨?)画像がドバーっと出てくるのかな?(小文字)』

『とりあえず、明日にならないと分からないので今日は
 ここまでとなります』

『ご試聴ありがとうございました』

動画が終了する

MUR:
まさかテレビでニコニコ動画見れるなんて
良い時代になったゾ~

KMR:
それだいぶ前に導入されてますよ。テレビにルーターを
使えばいつでも動画サイト見れますから

KMR:
それより野獣先輩。なんであんな気味悪い動画なんか
選んだんですか?もっと笑える奴があるでしょ

野獣:
だって深層ウェブで見つけたゲームだぜ?
どんなのか知りたいじゃねえか。

KMR:
深層ウェブの奴なんてほとんど意味分からないのが多い
ですしほぼ悪ふざけやキ〇ガイ目的が主ですよ?

KMR:
それに安易に使用したら最悪、ウイルスバスターでも
対処できないウイルスだってあるんですから

KMR:
運が悪ければ個人情報簡単に流出されますよ?

野獣:
役に立たねえなあ市販のウイルスバスター。
もっと頑張って下さいよ~

MUR母、興味なさそうに楓ちゃんの髪を解かしている(と思われる)

野獣:
にしてもあの実況者下手すぎだな。なにもかにも
寒すぎだろが。俺の方が上手いぞ

MUR:
野獣、見ず知らずの人に対してそれはないゾ・・・
謝れよなあ

野獣:
住所知らないんで無理っす

野獣:
んなことよりKMRぁ、MUR一家と一緒に裏S区なんか
行って何してたんだよ?宝探しなら俺も混ぜろよな

KMR:
いえ、宝探しじゃ無くて何か・・・変な物見せられましたよ。
野獣先輩と行ったあの廃墟にあった髪の毛ですね

KMR:
なんか4つありました・・・

MUR母、楓ちゃんのお手入れを済ませて、KMR達のところへ来る

MUR母:
何か思い出してくれた?

野獣、ビビって後ろへのけぞる

KMR:
すみませんさっぱりです。あれどう使われていたのか
全く分からないままです。

野獣、驚きのあまり脱糞!(ブッチッパ)

MUR母:
そう・・・知人も何も分からないまま自殺しちゃったし

KMR:
なんでそこまで知る必要があるんですか?

MUR母:
貴方達に何が起こるか不安なのよ。もし何かあったじゃ
遅いから・・・

KMR:
・・・どうして僕だけあの人達を見れたんだ・・・・?
34:えころ :

2018/01/05 (Fri) 11:52:47

深層ウェブで見つかったフリーゲーム②

『翌日』

部室で実況動画の話を始める野獣

野獣:
なあそういや昨日の実況動画さ~

KMR:
それがどうかしました?

野獣:
変な所あったんだよね。なんかあいつ女の子の声が
するとか叫び声がするとか言ってたじゃん?

野獣:
何度も何度も聞いてみたけど全然聞こえなかったんだけど
お前何か知ってる?

KMR:
知ってるも何も・・・ウイルスに決まってるじゃないですか。
作者がプログラミングして怖がらせようと工夫したんじゃない

KMR:
んですか?データの知識さえあればいくらでも疑似の
怪奇現象ぐらい作れますよ

野獣:
へえすっげ。ますます興味湧いてきました。じゃけん
更新されてると思うから一緒に見とけよ見とけよ~

KMR:
・・・まあ僕も少し気になりますから。

そして、画面が再びニコニコ動画ブラウザに切り替わる
ゲーム画面は前に始めたときのふすまのある部屋

『どうも、クッキー☆kissです』

『まず皆様方(ほう)に言いたいことがあります』

『これウイルスだわ』

『いきなりパソコン立ち上げたら、起動音がなる前に唐突に
 このゲームが起動しました』

『イメージ映像』の表記の下に小さく、Windows 7を立ち上げている途中で実況中のゲーム画面に
切り替わる映像が流れる

『びっくりして漏らしちゃいました。大が』

『勿論閉じることも、しまうこともできなかったので正直焦りましたが』

『何か勝手に録画されてたらしくて、そのファイルで
 投稿する形となりました』

※録画ソフトもゲームと同時に起動されていた(らしい)

『何この実況者に親切なウイルス』

『いや、勝手に録画された時点でとてつもなく悪質なウイルスじゃねえか』

『仕事しろウイルスバスター』

ウイルスバスター 2009のロゴが画面に表示される

投稿者、自分でロゴの下に『/えー\』と表記を入れ、それにツッコむ(セルフツッコミ)

『え~じゃねえ。高い金払ってんだぞゴルァ』

そして、ロゴの下に『/たった数千円じゃやる気でないよ~\』と表記を入れる

『まあとりあえず続きやって行こうと思います』

また部屋中の画面を切り替えまくるクッキー☆kiss

『相変わらず謎だらけなゲームですね』

『あっそうそう、以前の動画で頂いたコメントですが』

『「女の子の声とか叫び声全然聞こえねえ」という
 苦情をお聞きしました』

『私の携帯で調べてみたら本当に聞こえませんでした』

客間の外の方に亡者と思わしき真っ赤な顔が映る

『うわ!?なんだ!?』

『あれ?移動できないんですが』

クッキー☆kiss、またも幻聴に悩まされる

『うわまた女の子の笑い声が!』

『は?』

どうやら謝罪の言葉も聞こえた様子

『いきなり謝られても、ウイルスだけは絶対に許さんぞ』

そして左右の引き戸の大きさが不自然な玄関に画面が切り替わる

『またここか』

適当に引き戸をクリックして遊ぶクッキー☆kiss

『はいはい、どうせまた暗くなって「明日また来てね」って
 言うんでしょ?』

『ふぁ?』

やけに暗い洗面所と思わしき場所(おそらく呪いの家)の映像に切り替わる

『何か始まりました』

お風呂場に入る(風呂のフタが絶妙に汚い)

『浴槽かな?』

画面が真っ暗になり、『あともう少しだよ』と表示される

『何が?』

『ちょっと待ってこのパターンまさか』

画面がまたデスクトップに切り替わる

『ですよね~』

『はい、というわけで今日はここまでとなります』

『しかしまあ、本当に意味が分からないです』

『sad satan(悲愴の堕天使)と良い勝負してますよこのゲーム』

『今回はちゃんと笑い声と叫び声、録音されたかな?』

※全くされていない

『はっきり以前に爆音レベルだったし大丈夫だよな?』

『まあでも深層ウェブの奴はほとんど意味不明の奴や
 有名なsad satan(悲愴の堕天使)もほぼ嫌がらせの為に作られてますし』

『そういう物なのかもしれません』

『ですが、ここまで強制的にやらされるゲームはこれが
 初めてなんじゃないでしょうか』

『正直言って消したくても削除できません』

ウイルスバスターのロゴが表示され、その下に『/すまんの\』と表記され、セルフツッコミ

『黙れ許さん』

『とりあえず、予備のパソコンを持ってるので限界まで
 プレイしてみようと思います』

そこに『逃がさない・・・』と音声が入る

『ご試聴ありがとうございました』

部室でスマホから動画を見ていた空手部三人

野獣:
少ししか変化ねえじゃんつまんねえの

KMR:
(・・・なんか見た事ある顔だったような・・・)

野獣:
あっAKYS先生。この動画どう思います?
心霊的な物、感じました?

AKYS:
んなもん感じるわけねえだろ馬鹿にしてんのか

KMR:
そもそもそんなゲームあったら今頃話題になってますよ。

野獣:
冗談すよ。こんなガバガバゲームに霊なんて取り憑いてる
わけねーじゃん。

野獣:
でも最後の所で「逃がさない」ってはっきり聞こえた所さ、
実況者無視してたじゃんあれなんで?

KMR:
話しを聞きましょう。ウイルスだって言ってるじゃないですか

KMR:
「逃がさない」って声も作者が視聴者にしか聞こえない
ようにハッキングしたんだと思いますよ。
35:えころ :

2018/01/05 (Fri) 14:36:55

http://bbs2.fc2.com//bbs/img/_862700/862651/full/862651_1515130615.gif 深層ウェブで見つかったフリーゲーム③

『翌日』

KMR、MUR邸でMUR母と会話中

KMR:
確かに、禁后って子や母親、チンピラ、姉弟の姉の視点に
なったりしましたが、あの建物の意図も髪の毛もさっぱりです

MUR母:
・・・KMRくんって知人と比べるとそこまで
入りこまなかったのね・・・・

MUR母:
あの子の母親の視点になった時、その人の性格や記憶が
入ってきたと思うけど思い出せない?

KMR:
あまりにも無茶苦茶になってて分かりませんでした・・・

野獣に呼ばれるKMR

野獣:
お~いKMR~、あの動画更新されてるけど見る~?

MUR母:
・・・話は後でね。動画見終わったらまた聞かせて

KMR:
あまりあてにならないかと思いますが・・・

画面はニコニコ動画ブラウザに切り替わる

『どうも、クッキー☆kissです』

『あのね、もうね』

ウイルスバスターのロゴが表示される

『頼むから仕事してくださいウイルスバスターさん』

ロゴの下に『/働いたら負けかなと思っている\』と表記される

『今度は勝手に起動してきて、ご覧のとおりです』

※いつものゲーム画面だが、何の前触れもなく自動で起動したものと思われる

画面中央に『*深夜四時に起動しました*』と表示される

『シャットダウンしたのに』

『そういえば、このゲームが終わった後知らない画像が
 わんさか出てきました』

『ロリエロ(アグネスせいかもん?)画像がキタと思ってテンション上げまくって開いてみたら』

「ヤサニタマモル」というフォルダに暗闇に写る「禁后」と思わしき画像が8枚ほど表示される
※ナビゲーションウインドウは『プライバシー』と表記され、黒く塗りつぶされている
※ファイル形式は.jpgでファイル名は一番上から次の通り
『マモル.jpg』、『マモル(2).jpg』、『マモル(3).jpg』、『マモル(4).jpg』、
『マモル(4) - コピー.jpg』、『マモル(5).jpg』、『マモル(6).jpg』、『マモル(7).jpg』

『何ですかこれ』

『ヤサニタマモルって誰やねん』

『多分この女の子の名前だと思いますが、せめて脱いでくださいよ』

『期待した分ショックが大きいんですよこっちは』

『白いのじゃなくて黄色いのが出まくりですよ全く』

『まあとりあえず続きやって行こうと思います』

早速、あの玄関に画像が切り替わる

『今度はそこからかい』

『あっまさかこれって開くパターンでしょうか?』

クリックして引き戸を開けようとするが、開かない

『開かないよねえ』

何度もしつこく開けようとする

『まあ、分かりきってた結果ですし、鍵を見つけないと
 開かないシステムになってるんでしょうかね?』

『ふぁ?』

引き戸がいきなり開き、野獣達が前に訪れた廃墟の箪笥がある部屋にやってきた

『開いた?』

『というか、外じゃないの?』

やけに暗い廊下や浴槽、日本人形がある突き当り、奥のもう一つの箪笥、
野獣達が最初に入ってきた場所、呪いの家の外観などとにかく目まぐるしく画面を切り替える

『あかん、段々分かんなくなってきた』

一瞬、禁后(マモル.jpg)の画像が表示される(確認すんのすっげえきつかったゾ~)

『この家、ゲームの舞台かな?』

画面を切り替えまくるクッキー☆kiss

『というか、どうやって進めるんでしょうかねこれ』

タンスのあった部屋に戻り、手前のタンスの最後の引き出しが開く

『ん?』

低いノイズ音とともに鏡台とかつらが棒で立てかけてある場所に画面が切り替わる

『うわああああああああああああああああああ』

『あかんマジでビビった』

『というかうるせえ』

『ちょっキーボード反応しねえ』

そこでデスクトップに画面が切り替わる

『え?終わり?うそでしょ?終わり?』

『はい、というわけで今日はここまでとなります』

と思いきや、またゲームが立ち上がり、鏡台がある場所に画面が切り替わる

『終わってなかった』

『何かある?』

画面が真っ暗になり、そこに野獣達の名前が表示される


今度こそ連れていきます

三浦ともあき
木村直樹
野獣


※何でMURの下の名前がひらがななんだよとか野獣は本名じゃねーだろというツッコミはNG

『は?』

『誰?』

『少なくとも、私の知らない名前ですね。』

野獣の名前の横に『→』が表記され、その横にライオンの画像も載せられる

『ライオンかな』

『というよりこの3人って実在する人物なのでしょうか?』

画面が和室に切り替わり、謎の雑音(うるせえ!)とともに歪んだ禁后(マモル.jpg)が表示される
そして左には名前らしきものがスクロールされていく(そこには空手部の名前もある)

『うわ』


品野啓太
肉丸
アルピー高見沢
三浦ともあき
木村直樹
野獣
道真紙背
金 固杯
莉 瓶瓶
練馬雲之助
石田良太
岡部美紅
殿村飛鳥
品田五郎
和股九内
橋本伸介
島田久留間
竹懸道雄
堂珍キララ
駱駝太郎
田中美濃子
新庄勤
牧野雅子


『あれ?』

『何で私のフルネームがここに載ってるの!?』

『まさかこれ全部実在する名前!?』

『ちょっとまって本当に怖すぎる』

そして、画面がデスクトップに切り替わり、か細い声で『こっちおいで・・・』と聞こえる

『終わった?』

『はい、今度こそここまでとなります』

『しかしまあ、あの名前欄はでたらめにしても
 はっきりと私の本名が記載されてましたね』

※いや、その前にお前の本名なぞ知らんがなというツッコミはNG

『地味に良く出来てますね』

『ああそうだ、言い忘れてたことがありました』

『前回の動画を携帯でチェックしてみたらやっぱり女の子の
 笑い声や何か謝ってる女性の声も聞こえませんでした』

『代わりに最後の所に「逃がさない」って声が追加されてましたね』

『パソコンでは全く聞こえませんでした。』

クッキー☆kiss、『このウイルスすごい・・・』とつぶやく

『あと、(役立たずの)ウイルスバスターなんですが』※()はクッキー☆kissのつぶやき

『ウイルスにバスターされちゃいました』

黒塗りでロゴやその他文字をネオンのような色で加工したウイルスバスターのウインドウを表示
その横に『←ウイルスバスターです』と表記

『冗談抜きにヤバいかもしれません(マジ使えねえなオイ)』

『とりあえず、明日またやってみようと思います』

『まあどうせ強制的に起動するんでしょうね。午前4時に』

『ご試聴ありがとうございました』

空手部三人、テレビを見終えて固まっている
36:えころ :

2018/01/05 (Fri) 20:14:01

深層ウェブで見つかったフリーゲーム④

KMR:
・・・は?

野獣:
何で俺の名前が載ってたんだ?

MUR:
俺の名前も載ってたゾ~。すご~い
同姓同名人物って都市伝説かと思ってたゾ

KMR:
ちょ・・・ちょっと待って下さい。あまりにもおかしすぎるじゃない
ですか!それに・・・あの廃墟って先輩と行った・・・・。

野獣:
・・・・・・・・・

MUR母がやってくる

MUR母:
ねえKMRくん。さっきの動画・・・・あの廃墟と何か
関係があるんじゃない?

KMR:
そうですね・・・いやそうです。このゲームは全て仕組みと
思ってましたがさっきので考えが変わりました

KMR:
一刻も早くAKYS先生になんとかしてもらわないと
アイツらに引きずり込まれてしまいます!!

職員室でAKYSにスマホの動画を見せる空手部三人

AKYS:
・・・・・???

KMR:
何も感じないのは分かってます。ですがこれを頼れるのは
先生しかいないんです。

AKYS:
まあ確かにお前らの名前が載ってる自体、これは
とんでもない奴だけどな・・・

AKYS:
これだけじゃまだ分からん。もし何かあったら絶対に
俺に電話しろ。必ず駆けつけてやるからな

野獣:
・・・・・・・

KMR:
それじゃ遅いです。これ、早く対処するべきじゃないですか。
事が始まったんじゃ遅いんです!

AKYS:
・・・何か感じるのかお前?

KMR:
感じる以前にあの廃墟や名前が載ってる時点で
僕達の身に何が起こるかが確定じゃないですか!

AKYS:
悪い。本当にどうするべきか分からないんだ。こういう悪霊は
俺も初めてだ。

AKYS:
とりあえず、しばらくは学校来るな。家でずっと大人しく
してるんだ。

KMR:
・・・・・・・分かりました。何かあったら連絡します

AKYS:
後もうあの動画は見るな。何も感じない分やっかいすぎる。
その動画がお前らを誘惑してるんじゃねえのか

KMR:
・・・・・はい。そうかもしれませんね

※編集ミスか動画のメッセージウインドウに軽微なバグが出ている

『翌日』

KMRの部屋
KMR、MUR母と通話中

KMR:
はい・・・今のところ問題はありませんね・・・

MUR母:
ほんとに?

MUR母:
うちの息子は裏S区に行ってみたいって嘆いてるんだけど
貴方は本当にそう思ってない?

KMR:
そう・・・ですね。確かにあそこには何か気になる所が
ありますので少々行ってみたいって気持ちはありますが・・・

KMR:
まずは安全第一です。事なきを得るまで一歩も部屋から
出ないつもりです。

MUR母:
分かったわ。こっちも息子を家から出さないようにするわ

電話を切る

KMR:
ちょっと待て

KMR:
なんで裏S区に行きたいと思ってるんだ?

ここで『星のカービィ』の楽曲「やきいもシューティング」(着信音)が流れる

KMR:
はい。野獣先輩?

野獣:
おうKMR。一緒にいい所行かねえか?遠野も一緒だぜ

KMR:
あの先輩・・・家から出るなってAKYS先生が

野獣:
大丈夫だって安心しろよ。面白い所に泊まるし、
そこから出なきゃいいだけだし。

KMR:
・・・随分と余裕ですね

『翌日』

またしても「やきいもシューティング」(着信音)が流れる

KMR:
はい

野獣父:
なあ・・・KMRくん。野獣を知らないか?

KMR:
え?

野獣父:
昨日から帰ってきてないんだ・・・。電話もかからないし
一体どこに行ったんだよアイツ・・・

KMR:
先輩なら遠野さんと一緒にいい所へ泊まるって
言ってました。

野獣父:
いい所・・・?それがどこなのか知ってるかい?

KMR:
いえ・・・そこまでは聞きませんでしたね。すみません

野獣父:
いやいいんだ・・・教えてくれてありがとう

電話を切る

KMR:
充電器忘れたのかな?

『翌日』

突如けたたましいサイレンがKMRの部屋に鳴り響き、MUR母に呼ばれる

MUR母:
急いで!!

KMR、MUR母の車にMURと一緒に乗る

MUR母:
あぁぁこんなことが・・・こんなことだったなんて

MUR:
そうそう。そこであってるゾ。裏S区までもう少しだゾ~

どうやら裏S区に向かっているらしい

KMR:
あの・・・一体どうしたんですか?それに・・・なんだこの
遠足に行くようなワクワク感は・・・・?

MUR母:
どうやら貴方達、まんまと禁后に呪いをかけられたわね・・・
最初っから気付いていれば野獣くんもあんなところへ・・・

KMR:
ど・・・どういうことですか?野獣先輩・・・
もしかして3日もあの廃街にいるんですか!?

MUR:
全く野獣に先を越されたゾ・・・

MUR母:
今すぐ例の動画を見て。それで全部はっきりするわ。
ゲームの事も禁后の事も

KMR、スマホを取り出し、動画を見始める
37:えころ :

2018/01/06 (Sat) 00:58:40

深層ウェブで見つかったフリーゲーム⑤

ゲーム画面はいつもの和室だが、ふすまを開いた先にはあの呪いの家があった

『どうも、クッキー☆kissです』

『このゲームとは関係ありませんが変な夢を見ました』

『どう説明すればいいのか分かりませんが、画面にある家が
 ありまして自分がチンピラだったり(ピッチピチの)お姉さんだったり』

『その人達の記憶とか性格が、まだ覚えているんですよねわたくし』

『お姉さんは記憶によると処女でした』

『まあとりあえず続きやって行こうと思います』

古い人家と思わしき建物の便器(汚すぎる)の映像に切り替わる

『いきなり映像きました』

『汚い』

壁にはカレンダーがかかっているが、文字は読めない

『そういえば、ヤサニタマモルとかいう画像の件なんですが』

『気がつくと倍以上に増えていました』

奥のタンスが見える場所に画面が切り替わる

『何か妙なんですよね?』

野獣達が入ってきた場所、呪いの家の外観に画面が切り替わる

『ここ、夢で見た奴と全く一緒なんですよ』

戻って、突き当りにある日本人形、浴室、最後の引き出しが開いた手前のタンス、
鏡台とかつらがある場所などに画面を切り替える

『しかも、身に覚えがあるような感じがしますし』

画面をしきりに切り替えるクッキー☆kiss

『とうとう私の脳味噌もウイルスに感染したかな?』

真っ暗な画面に切り替わり、以下のような名前が表示される


三浦ともあき
木村直樹
野獣
莉 瓶瓶
石田良太
岡部美紅
品田五郎
橋本伸介
竹懸道雄
堂珍キララ
田中美濃子


『あれ?以前より減ってる?』

『何か意味があるのかしら?』

そしてデスクトップに切り替わる

『早っ!』

『はい、というわけで今日はここまでとなります』

『しかしなんだろう。何かあの廃墟へ行きたいと思ってるのは
 私だけでしょうか?』

『あそこに行けば、いい所に連れてってくれる感じがするのは
 私だけでしょうか?』

クッキー☆kiss、何か危機感を覚えた様子

『ちょっと待って何これ?』

『怖い』

『身の危険を感じるので、このゲームの実況は
 ここまでにしようと思います』

『正直言ってもうやりたくない』

『あまりにも気持ちが悪いので今日中にこのパソコンを処分してきます』

『ご試聴ありがとうございました』

そして、次の動画へ・・・

和室の部屋だが画面が真っ赤になり、開いたふすまには禁后と思わしき小さな女の子がいた
ちなみに呪いの家は色調が暗くなり、画面も黒く点滅しており、不穏な雑音も鳴っている

『どうも、クッキー☆kissです』

『明日は天国へ行ける日ですね。禁后(パンドラ)ちゃんが首を長くして
 待ってると思いますよ』

『あっそうそう。禁后(パンドラ)ってヤナシタマモルちゃんの本名だって
 みなさん知ってましたか?』

『その禁后(パンドラ)ちゃん、実は凄い子なんですよ』

『地下に閉じ込められて、椅子に縛られて、大勢の民間人から殴る殴る
 ナイフで刺す殴る殴るいっぱい刺される』

『皆がそれを笑いながら殴る殴る殴る殴る。鼻と舌が削ぎ落されて
 口から血が流れ落ちる』

『ところが奇跡が起きるんです』

『殴られても刺されても痛みがなくなったんです』

『そうです。悪霊の入った血を全て追い出したんです』

『パンドラちゃんはその感謝のしるしとして、民間人の方に
 自分が作った天国へ連れて行ったんです』

『なんて感動的な話でしょう』

『コソ泥に入ったチンピラ達、肝試し目的に行った姉弟、
 その5人もそこにいますよ』

『では、集合場所へ案内します。みなさんしっかりと見ててくださいね』

真っ赤に染まった茶の間、小さな部屋、奥で禁后が点滅している台所、
一瞬(ほんのわずか)どこかをアップしたような画面に切り替わる

『パンドラちゃんthanks!』

そして裏S区に画面が切り替わる

『あっそうそう。動画を作ってるこのパソコンですが』

『もう大丈夫になりました』

画面があの廃病院に切り替わる

『全てのファイル、全てのアプリ、ぜーんぶパンドラちゃんの画像に
 変わってました』

そして廃病院の内部に画面が切り替わる

『(アホの)ウイルスバスターも画像ファイルに変わってましたね。(ありがとう)』

小さな鉄格子がついた一室に画面が切り替わる

『さあ、もうすぐ集合場所です。いきますよ』

そこはかつらが4つ物干しざおにぶら下げられたあの部屋だった

『素晴らしいでしょ?』

『禁后(パンドラ)ちゃんが長年かけて伸ばして切った聖なる髪の毛が
 こんなにかけられています』

『これさえあれば、ここに来て下さった皆様も簡単に天国へ行けますね』

『あっそうそう。お金もお菓子もいりませんので大丈夫ですよ』

『勿論、知人とか恋人とか友人とか家族を連れて来ても大丈夫です。
 むしろ大歓迎です』

真っ黒な画面に切り替わり、名前が表示される


三浦ともあき
木村直樹
石田良太
岡部美紅
竹懸道雄
田中美濃子


『あと6人ですね』

『明日ですので必ず来てくださいね。でないと天国にも行けないし
 貴方達の名前の紙が引きだしに張れなくなります』

『あとMURさん。鈴はちゃんと禁后(パンドラ)ちゃんに返して下さいね』

※鈴とは日本人形の箱から回収した腕輪の事だと思われる

鏡台の鏡の前に点滅する禁后と思わしき真っ赤な少女の後ろ姿が映る

『それでは私もそろそろ、集合場所へ向かおうと思います。』

真っ黒な画面に切り替わり、『待ってる』と表示される

『禁后(パンドラ)ちゃんも、母親の石野恵子さんも、私を含めてみなさんを
 お待ちしてると思いますので』

『早く来てくださいね』

『早く来てくださいね』

『早く来てくださいね』

『早く来てくださいね』

『早く来てくださいね』

『早く来てくださいね』

『早く来てくださいね』

KMR、動画を見終えて唖然とする
38:えころ :

2018/01/06 (Sat) 02:19:59

深層ウェブで見つかったフリーゲーム⑥

MUR母:
あの髪の毛の場所は天国行きの駅だったみたいね。

KMR、AKYSに連絡をして助けを求める

KMR:
もしもしAKYS先生。いますぐ裏S区に向かってください。
緊急事態です。

MUR母、廃病院にそのまま車で突っ込む

KMR:
え!?ちょっとおばさん!?

廃病院内で降りるKMRとMUR母(MURはどうした)

KMR:
別にあんな開け方しなくても・・・

MUR母:
それどころじゃないでしょ?大事な友達が連れてかれそうに
なってるのにゆったりしてられる?

KMR:
それもそうですが・・・(イテテテテテ)

廊下に出ると笑い声(狂人集団のものと同じで、高音と低音が入り交ざる)が響き渡っている

KMR:
笑い声が近づいてきますね・・・

MUR母:
野獣君もきっとあそこにいるわ・・・彼氏をつれて
時が来るのを待つつもりよ・・・・

そして、あの部屋の前にやってきたKMRとMUR母(笑い声うるせえ!)

そして中に入ると、MURと楓ちゃん(いつの間に)、野獣と遠野、肉丸くん、TNOK、KYN、
ホモガキ達、ホモコップ、奥に肉丸くんの兄弟子(斎藤ゆたか)がいる

野獣:
おっKMR~やっと来たか~

KMRとMUR母、部屋からMURと楓ちゃん、遠野を連れて廃病院から逃げようとする

KMR:
早くここから逃げて下さい!!天国なんてのは
存在しないんです!!

野獣がすぐさま後を追う

野獣:
おい!!遠野返せよKMRぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

MUR母:
ともあき!!なんで引き返そうとするの!!アンタ
車の中にいたんじゃないの!?

MUR:
あそこの窓からが近道だったゾ。それより母ちゃんも
天国にいこうゾ~

※あの部屋がある廊下にあった窓から入った模様

しかし、野獣やMURの方が力が強くどんどんあの部屋へ引き戻される

KMR:
離せステハゲぇ!!アンタらあそこに行って一体何すんだよ!
天国なんて本当にあると思ってんのか!!

遠野:
何怖がってるんですか!?別にあそこ恐れることは一切ない
いい所なんですよ!?

野獣:
おいKMRさお前さ、せっかく天国の道を作ってくれた禁后に
失礼だと思わねえのか?

KMR、ちょっと覚醒し始める

KMR:
あんたさあ・・・いい加減にしろよ・・・。
あんたの親父すっげえ心配してんだぞオラ

野獣:
あぁ親父かあ。連れて行きたかったんだけどな~
あいにく俺の携帯電池切れちゃってさ~

野獣:
気付いた時にはもうタイムミリットなんだよホラ
遠野の携帯で見れるから見てホラ

野獣、遠野の携帯を取り出し、動画を見せる

画面にはMURとKMRの姿があり、クッキー☆kissが『三浦ともあき、木村直樹』を繰り返している
※どうやらこれがタイムミリット(リミット)を示すボイスらしい

野獣:
クッキー☆kissさんがわざわざタイムミリット作ってくれたの。
最後まで尽きると禁后が迎えに来る。

野獣:
禁后はね?みんなを天国に行かせて幸せにしたいの。
分かる?

野獣:
まあKMRはさ、禁后の家で態勢持っちゃったから天国に
対してあまり共感持ってないと思うけど

KMR:
何でその事が分かるんだ

野獣:
3日前、あの動画見た後に禁后の過去が見れたんだ

※初めて野獣達の名前が表示された実況動画の事だと思われる

野獣:
まあ他にもあの家に入った奴ら、俺達の視点になった事も
あるけどね

野獣:
禁后が受けた拷問を痛感したよ。でも何故かそいつらに
何も恨みも憎しみも感じてこない

野獣:
むしろ何も感じなくなって幸せに感じたんだよな~
何の苦痛もない最高の安堵をもたらした

※AKYSにも見せたあの動画の視聴後、妙に野獣が大人しかった理由はこれである(伏線回収)

野獣:
その世界が天国だよ。そこへ連れてってくれるんだから
抵抗しないであの部屋で待ってろよな~

そしてあの部屋の前まで戻り、野獣達、KMRとMUR母を部屋に入れようとする

野獣:
ホラホラもう時間ないから部屋入って入って

KMR:
入るわけねえだろ!!そんな怪しい所で幸せになれるの
かよお前は!!

MUR母:
お願いだからみんな車に戻って!!
アタシの言う事聞いて!!

MUR:
母ちゃんも姉ちゃんも天国に行こうゾ。

そこにようやくAKYSが現れ、野獣とMURをボコボコにする
39:えころ :

2018/01/06 (Sat) 09:49:02

深層ウェブで見つかったフリーゲーム⑦

KMR:
先生!!

AKYS:
あの動画の最新話、スワイプ出来なかったな

AKYS:
一刻も早くここから出るぞ。何が起こるか予測がつく

KMR:
・・・はい。AKYS先生はMUR先輩をお願いします。
僕は野獣先輩を何とか連れて行きます。

AKYS、MURを抱えて一目散に駆けだす

AKYS:
急げ!!

MUR母はただその後をついていく

KMR:
遠野さん早く!!先輩担いで車に乗りますよ!!

遠野:
え?駄目ですよ。もうすぐ禁后ちゃんが迎えに

KMR:
ほっとけ!!そんなやつがアンタらを幸せにできるか!!

KMR、野獣に腕をつかまれる

野獣:
中に入ろうぜ

その頃、AKYSとMUR母、廃病院の入口でKMR達を待機

AKYS:
おいアイツらなにしてんだ。遅すぎる

MUR母:
もう時間が無い。先生早く乗って!!

AKYS:
お前らは先に行ってろ!!アイツらをほおっておけるか!!

MUR母:
ちょっと先生!!

AKYS、あの部屋まで引き返す

MUR母、気絶したMURを乗せてそのまま車で帰ってしまう

MUR母:
大丈夫・・・大丈夫・・・あの子たちなら大丈夫・・・

MUR母:
あぁ・・・そんな・・・楓ちゃんもあそこにいるんだった・・・
でも・・・もう・・・後戻り・・・出来ない・・・

目覚めたMURが廃病院の方を見ると、空から巨大な禁后が歪みながら、廃病院に迫っていた

『翌日』

MUR家

MUR:
なんで俺・・・あんな所に行きたいと思ったんだ?

MUR母:
・・・・・・

MUR母;
もう気にしなくていいの。あそこはもう忘れましょ

MUR:
野獣・・・KMR・・・AKYS先生・・・・・・
無事かゾ・・・?

AKYS、楓ちゃんを持ってMUR邸に入ってきた

MUR:
ね・・・姉ちゃん!AKYS先生も無事だゾ!!

MUR母:
・・・ちょっと待って?先生って霊能力者よね?
その子に触って何か起きなかったの?

AKYS:
もうこいつに霊力がなかった。あの化け物に
全部吸い込まれたんだと思う

MUR:
・・・野獣とKMRは?

AKYS:
・・・すまねえMUR。見つからなかった

あの部屋に楓ちゃんが転がってる画像がモノクロ調で表示される

AKYS:
全部見て回ったが例の部屋にいたこいつしか
残ってなかった・・・

MUR母:
そんな・・・・・・

MUR:
あんな動画見なきゃこんなことに・・・・・・

AKYS:
いや動画じゃない。MURとアイツらがあの廃墟に行った事が
原因だろ。というかお前・・・もう大丈夫か?

MUR:
もう行きたいなんて思ってないゾ。行こうと思ってた
過去の自分をぶん殴りたい気分だゾ

MUR:
先生・・・あの動画はどうなってるゾ?

AKYS:
ああ・・・何か話題になってるな。再生数とやらが100万も
超えてた・・・

AKYS:
今日の新聞で行方不明者の名前が動画の名前と瓜二つ
ってことで掲示板が例の事件で埋まってる

MUR:
動画をもう一度見せて欲しいゾ

MUR達、テレビの前に集まる

MUR:
・・・最後の動画が再生されないゾ

AKYS:
俺も携帯で試してみたが読み込み画面のままで全く
再生されなかった

MUR:
・・・・・ん?

MUR:
新作が上がってるゾ?

AKYS:
新作?今更新されたのか?

AKYS:
こいつもあの天国とやらに連れてかれたんだろ?
どうやって投稿したんだ

MUR:
とりあえず見てみようゾ

画面がニコニコ動画ブラウザに切り替わる
そこは返り血が辺りを汚し、中央に椅子が置かれた小部屋だった
しばらくすると、不協和音とともにあの笑い声で溢れ、画面が点滅し始める

KMR:
助けて!!
MUR先輩助けて

そこで画面が暗転し、そのまま終了
40:えころ :

2018/01/07 (Sun) 17:09:58

村と空手部と八尺様①

見知らぬ山奥を歩いているKMRとMUR

MUR:
ポッチャマ…

KMR:
だから来た道に戻ろうって言ったじゃないですか。なんで
別の道が近道だと思ったんですか

MUR:
そうだよ

KMR:
アンタに言ってるんですよ

MUR:
あっそうかー。すまなかったKMR、野獣。
この道なら街に出れる近道だと思ったんだよ・・・

MUR、ここでようやく野獣がいない事に気づく

MUR:
野獣は?

KMRもそう言われて辺りを見回す

KMR:
そういえばいないですね・・・

KMRとMURが少し引き返すと、野獣が山道で野草をなめていた(汚すぎる)

KMR:
貴方一体何やってるんですか

野獣:
道草食ってるんだよ。お前らも食ってみるか?
美味いぞ~苦みがあってくせになる味覚だ

『いいゾ~これ』とMURも野獣に便乗して野草を食べ始める(咀嚼音がクチャクチャ汚い)
KMR、呆れて単独行動を取り始める

KMR:
勝手にしてください。こっちは出口を探しますんで

KMR:
なんで折角の祝日にハイキングなんかしなきゃいけないんだよ
しかも何も知らない山でなんてつまらなすぎる

KMR、野獣とMURにハイキングに誘われた場面を思い出す(モノクロ調)

KMR:
迷子になるわ先輩たちは道草食うわ、こんなことになるなら
居留守使えばよかった

※食べてるのは『道草』ではなく『野草』である。レインコート渾身のボケかもしれない

KMR:
ん?

KMR、山の中でやけに暗い旅館のような建物や民家を発見する

KMR:
ん?
こんな山の中に村なんてあったのか?

KMR:
まあいいや、今日はここに泊まらせてもらおう。親切な方
だったらいいが・・・

野獣、KMRを抜き去って建物へ走っていく(ちょっとこけてからまたすぐ走るのがかわいい)

野獣:
FOO!宿泊施設発見!じゃけん泊まりに行きましょうね~

MURも野獣の後を追いかけていく

MUR:
あっおい待ていおいまだ道草食べ終わってないゾ

民家は口マン爺の家だった様子

一般爺:
おやおや初めて見る顔だ。いらっしゃい

野獣:
いや~道に迷っちゃいましてね~とりあえず
飯とビールビールお願いしゃーす

KMR:
野獣先輩・・・少しは人としての常識を持って下さい
あまりにも失礼すぎますよアンタ

一般爺:
いえいえいいんです。気にしてませんから。ささっ
上がって上がって。お食事をご用意しますから

口マン爺に連れられて客室へやってきた空手部

野獣:
なあまず料理よりビール出してくれよ~
疲れて飲みたい気分なんだ頼むよおじさ~ん

KMR:
今おじいさん料理作ってる最中なのに何で文句
言ってばかりなんですか。ここは貴方の家じゃないでしょ

野獣:
だってよ~、あの爺さん良い肉出してるぜ?アレ見ちゃったら
飲みたくなるだろ普通はよ

口マン爺、食事を運んでくる

一般爺:
はいお待たせしました。ビールとご飯とお肉です。今、
ホットプレートご用意しますので少々お待ちを

野獣、並べられたご馳走を食べて絶叫する(ンアーッがエコーする:うるせえ!)

野獣:
ウマすぎぃぃぃぃぃぃ!!

MUR、ここで延々『いいぞ~これ』を繰り返す

MUR:
いいぞ~これいいぞ~これいいぞ~これいいぞ~これ
いいぞ~これいいぞ~これいいぞ~これいいぞ~これ

KMR:
何だこれ凄く美味い。すみません、これってどんな肉を
使ってるんですか?

野獣:
鹿肉でしょ。美味いんだからんなの気にしなくていいだろ~

一般爺:
はははっお目が高い。良く知っておられますね。
どうですか村一番のお肉は

野獣:
すっげー美味いっす鹿肉。なんか鳥とか牛とか豚とか
違って変わった味と弾力がありますあります!

一般爺:
いやはや嬉しい感想ですね。まだいっぱいありますので
遠慮なく食べて下さいね

野獣:
じゃあお肉あるだけ全部お願いしゃーっす!あと
ビールもあるだけ全部持ってきて~!!

野獣とMUR、食いすぎて全身が真っ赤に膨れ上がって眠っている様子

KMR:
・・・・・

一般爺:
あらあら二人とも寝てしまいましたか。ではお布団を
ご用意しますので少々お待ちを

KMR:
あっ僕も手伝います

『翌日』

朝食で出てきた質素な食事(冷やしトマト、大根の煮物、おひたし、お冷)に文句をつける野獣

野獣:
何これ肉は?

一般爺:
申し訳ありません、一晩で無くなってしまいまして・・・
それしか残っておりません・・・・

一泊をし終え、盛大に不満をぶちまける野獣

野獣:
ったく、最悪だぜ肉のねえ貧相な朝食なんか出しやがって
肉ぐらい配慮しろってんだ

KMR:
貴方昨日バンバン食べてたでしょう。あんなに暴飲暴食
すれば無くなります。あの人可愛そうに

KMR:
何週間か保てる量の食材、貴方達が全部平らげて
しまったから困ってるでしょうね

野獣:
俺達は客だぜ?宿屋なら乗客の飯を出すのが当然だろが

KMR:
あそこ宿屋じゃないでしょ

野獣:
ん?

空手部、通りすがりのDBから声をかけられる

???:
おっ。なあアンタらこの村の人か?

野獣:
いいや俺達街へ帰る所。悪いけどといてくんね?

???:
ここら辺に八尺様見なかったか?

KMR:
八尺様?

野獣:
あんたそんなデタラメな妖怪信じてんの?いるわけねえじゃん
洒落怖の見過ぎだっつ~の

???:
は?この甲都社の実録心霊特集編集長DBに
いちゃもん付ける気か?

MUR:
コート社?コート作ってる会社かゾ?

DB:
いいかボウズ共、この村にはな八尺様の目撃情報が
数ほど出てるんだ。

DB:
しかもそいつは女子供問わず人間ならだれでも
取り殺すらしい。疑うなら村の住民に聞いてみろ

野獣:
へえ~そっすか。こっち興味無いんで収録頑張って
下さいね~

DBと別れた空手部、村の住人(マヌヤシ兄貴)に遭遇する

野獣:
あっすいませ~ん

野獣:
なんかあっちに~、八尺様探してるって頭イっちゃった
変な人がいますんで警察呼んでもらえますか~?

KMR:
いやアレただの出版社の人じゃ・・・

一般:
ああいるよ、この村には確かに八尺様がいる

一般:
老人も女子供も沢山の人が八尺様に魅入られて
取り殺されてしまった。

一般:
もし君たちが八尺様を見かけてしまったらすぐ私達に
呼びかけてくれ。なんとかして助けてあげるから

野獣:
追い払う方法知ってんの?

一般:
村の奥にある蔵の中に一晩閉じ込めておくんだ。
そして朝が来て、連れて行かれなかったら私達の勝ち

山奥にある蔵を映す

一般:
蔵の中がもぬけの殻だったら私達の負けだ。
八尺様に取り殺されて終わり

KMR:
あの、助かった人は今どこに?

一般:
さあ、どこにいるんだろうね。それは私達には分からないよ
ははははは

笑いながら去っていくマヌヤシ兄貴
41:えころ :

2018/01/07 (Sun) 20:40:56

村と空手部と八尺様②

空手部、下山中

野獣:
あれってさ、話題つくりか何か?知名度上げて諭吉集めて
発展させんのかな?

野獣:
八尺様って・・・もっとオリジナリティなモンスター
思い浮かばなかったのかよ。

MUR:
おっ?八尺様なら知ってるゾ。BB劇場に
出てくる女性だろ?

KMR:
元は掲示板の怖い話から生まれたんですよね。

KMR、立ち止まる

KMR:
あっ、携帯忘れてきちゃった

野獣:
んだよドンクセーな~。めんどくさいから
新しいの買えばいいじゃねえか

MUR:
早くしろよ。ここで待っててやるから取りに行って来いゾ

野獣:
もしくっそ遅くなったら置いてくからな~自力で帰れよ

KMRが去った後で野獣、わがままを言い出す

野獣:
・・・さてと、MUR先輩タバコ持ってません?

MUR:
母ちゃんからダメって言われてるから持ってもないし
一度も吸ってないゾ。ココアシガレットならどうだ?

野獣:
っつ、じゃあいいっす。つかココアシガレットって駄菓子
じゃないっすか。

野獣、手にマルボロ(タバコ)の箱を持って愚痴る

野獣:
あ~くっそ、もう一本しかねえしな~山降りるまで
とっとこっかな

MUR:
タバコってうまいのかゾ?

野獣:
吸わせないっすよ。最後の一本は俺のっすから自分で
買ってどうぞ

その時、後ろから悲鳴(tehu)が聞こえたので、振り返るMURと野獣

MUR:
なんだゾ?

KMRのもとへ向かうと、そこにはDBとおびえるKMRがいた

MUR:
どうした~KMR。でっかい蛇でもいたのか~?

野獣:
まさか八尺様がまじでいたとかほざくんじゃねえの~?

KMR:
い・・・いた・・・・本当に・・・八尺・・・

野獣:
ほざいてねえよな?

DB:
やべえよやべえよ・・・まじで八尺様見ちまったよ・・・。
背が高くてぽぽぽっていう声・・・間違いねえ・・・・

そこにマヌヤシ兄貴と肉体派おじゃる丸が駆けつける

一般:
どうした!何があった!?

野獣:
いや・・・なんかこの二人さ~八尺様見たっつってんだよね。

MUR:
俺は見てないゾ

一般:
分かった。ではすぐに蔵へ行こう。ついて来てくれ

蔵へやってきた野獣達
だが蔵の中は想像以上に臭かった

野獣:
くっせえ!!!

KMR:
冗談はよしてくれよ・・・

MUR:
そうか?結構独特な匂いするけど別に臭くはないぞ?

野獣:
おいこんな臭い蔵で本当に閉じ込めて
本当に大丈夫なのかよ!?

一般:
・・・どうだろうな、生き延びた奴もいるし
死んだ奴の方が多いからなあ

一般:
一晩中、八尺様が諦めるまで閉じ込めなければならない
から明日、陽が登るまではかかるだろう

MUR:
・・・まるで慣れてるような口調だゾ。そんなに何度か
目撃してるのかゾ?

一般:
ああ、これも一つの伝統行事のようなもんさ

そう言って、マヌヤシと肉体派おじゃる丸はKMRとDBと共に蔵へ入っていく

野獣:
中はもっと臭いだろうな。八尺様に出くわさなくて良かったぜ

MUR:
おっそうだな

野獣、そこで最後の一本を吸い始める

野獣:
しっかしKMRも災難だわな~、携帯取りに行っただけなのに
八尺に魅入られて悪臭蔵に閉じ込められて厄日っすね

MUR:
八尺様ってどんな姿してるんだゾ?BB劇場と同じ
姿かな~?

野獣:
見たことないからわかるわけないじゃないっすか~。
とりあえず、KMRの件が終わるまで一旦帰りますか?

マヌヤシ兄貴と肉体派おじゃる丸が蔵から出てくる
野獣、そこでタバコをポイ捨てする

一般:
ひとまずこれで安心だ。君たち悪いけど私の家まで
ついてきてくれるか?

マヌヤシ兄貴の家、机の上にパソコンとビデオカメラが置いてあり、
何やらゆうまがそれらをいじっている様子で、マヌヤシはタバコを吸っている

一般:
見れるか?ゆうま

ゆうま:
簡単だよ。もう開けた。

野獣:
なあ、そのビデオカメラ何?あの編集者が持ってた奴?

一般:
まあそうだな。多分そのカメラに八尺様が写ってるはずだ。
KMR君が見た物を君たちに見せたくてね

ゆうま:
じゃあ再生するよ。これが二人の見た八尺様だ

画面がWindows 7のWindows Media Playerに切り替わり、何やら村の景色を撮った映像が流れる
ぽぽぽ(正確には軽く何かを叩く音)という音が聞こえ始め、
白い服を着た髪の長い女の胴体がカメラの前に出現する
上まで映すと、帽子をかぶり、雑にピンキーの顔を合成した女の姿がそこに映っていた

ここで、悲鳴(tehu)を上げ、カメラを下に落とし、草むらで映像が止まる
それを見た野獣とMURは固まっていた

MUR:
BB劇場のと全然違うゾ

一般:
どうだい?本物の八尺様を見た感想は

野獣:
いや~見なくて良かったっす。もし見てしまったら
この場でうんこ空になるまで漏らしてたと思いますね。

MUR:
KMRが心配になってきたゾ・・・

一般:
・・・今、君たちに出来ることは友達のために祈るしかないね。

野獣:
霊能力者連れてきてやろうか?
ずっとこのババアに怯える毎日は嫌だろ

野獣がそう言うとマヌヤシ兄貴の表情が変わる

一般:
ありがたいけど連れてきては困るな~。八尺様がそれで
ブチギレたら私達全員殺されちゃうよ

その時、チンチンチンチン、と火災を知らせる鐘が鳴り響く

外の住民:
火事だ!!蔵が火事だぁぁぁ!!

みな、一斉に外を見る

蔵は雑な加工で処理された火災描写で燃え盛っていた
しかし、なぜか蔵に駆けつけたのは野獣とMURだけであった

野獣:
おいKMR!!KMRぁ!!大丈夫か!?

野獣、蔵の扉を開けようとするも、開かない

KMR:
助けて!!火が!!火がああああああああ!!

MUR:
どいてろ野獣!!

智将MUR、扉を何度も殴り、ブチ壊す(野獣はオォンと倒れる)
そして、KMRを救出する

KMR:
ゲホッ!ゴホッ!

MUR:
大丈夫かKMR。もう一人はどうした?

KMRが蔵の中を確認するとDBはそこにいなかった

KMR:
・・・・いない?

野獣:
誰だ!勝手に蔵を燃やした奴はぜってえ許さねえ!!
八尺様に殺されちまうだろうが!!

MUR:
お前あのおじさんの家に行く前、ちゃんとタバコの火
消したか?

野獣、少しの間無言になった後、急いで走り出す

野獣:
逃げるぞ!!!!

MURもその後を追い、KMRも後に続く

KMR:
え!?この火って野獣先輩のタバコのせいなんですか!?
まてゴルァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!

山道へ入り、村から脱出しようとする空手部

KMR:
アンタ何してくれてんですか!?蔵を火事にしちゃって
とんだ疫病神だよ!!八尺様に取り殺されて氏ね!!

野獣:
最後の一本ここで吸ったらうまいかなと思ったんだよ!!でも
あのおっさんが呼びかけてきたから消すの忘れちゃったの!!

野獣:
でもAKYS先生連れてくればなんとかなるよね!?
八尺ぶっ飛ばしてくれるかも!?

KMR:
何でもかんでもAKYS先生に頼るんじゃねえ!!
楓ちゃん見ただけでビビってたのに!!

とそこで、マヌヤシ兄貴から呼び止められる

一般:
おい!!

一般:
何してる!!早くこっちに戻れ!!

振り返るとそこには八尺様とともに空手部を必死に追いかけるOGMM、肉体派おじゃる丸、
マヌヤシ兄貴、口マン爺の姿があった

野獣:
うわああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああ!!!

一般:
戻って来い取り殺されるぞ!!

一般:
おい戻ってこいって言ってるだろがおい!!
42:えころ :

2018/01/07 (Sun) 22:06:16

村と空手部と八尺様③

逃げている最中に村の住民たちの必死な叫びが画面上に表示される


早くこっちに来い取り殺されるぞ八尺様は
もうお前らを魅入ったんだ今ならまだ早い
こっちに来るんだ死にたくないだろおい
待てよ待て止まれ止まれよああああああああ
止まれ殺されるぞ止まれ止まれよあああああああああ
早く死んでしまうぞ止めろ村から出るんじゃない逃げるな
おい逃げるなよ八尺様は追いかけてくるぞずっと
追いかけてくるぞああああああああああああ


野獣:
ごめんなさいAKYS先生連れてきますんで許してええ
えええええええええええええええええ!!!

村の住人達と八尺様を必死で振り切った三人(コミュニティセンターと思しき建物が背後にある)

野獣:
ぜえ・・・はあ・・・ぜえ・・・はあ・・・・

KMR、山道へ続くはしごを見つめる

KMR:
もう・・・追ってこないですね・・・

野獣:
まさかここまで八尺様が来ることはねえよな・・・

MUR:
多分追ってくるゾ。ひとまずAKYS先生のところまで
駆けつけるのが一番だと思うゾ。

野獣:
そうっすね。おいKMR、AKYS先生に電話しろ。
今どこにいるか聞いてくれ。

そして職員室

AKYS:
何?八尺様に魅入られただと?

野獣:
そうなんすよ。なんか山のふもとにある村で出くわして
僕たち呪い殺されそうなんすよね

野獣:
八尺から遠ざける蔵も燃えちゃったし頼れるのは
先生しかいないと思って。

MUR:
BB劇場のやつとは全然違う形相だったけど
十分危険な感じがしたゾ~

AKYS:
話が見えねえ。もうちょっと詳しく教えろ

野獣達、事のあらましをAKYSに説明

AKYS:
・・・・・・

野獣:
村の人達、相当怒ってたし気まずすぎるんだよなあ

AKYS:
お前らが見たのは本当に八尺様か?

野獣:
は?確かにこの目で見たんですけど

AKYS:
それは分かった。俺が知りたいのはなんで村の奴らは
八尺様が見えなかったんだよ。

KMR:
え?それは・・・魅入られてなかったから?

AKYS:
まあ八尺様が見えるのは魅入られたやつだけだ。
だからこそ見えてなきゃおかしすぎるんだよ

野獣:
どういう意味っすか?

AKYS:
村のやつら、ほとんどが"八尺様を見たことがある"ような
返事をしてたんだろ

MUR:
お祓いを済ませたからだと思うゾ。だから大丈夫なんだゾ

AKYS:
んなわきゃねえだろ。儀式済ませただけで八尺様が
諦めると思うか?そいつは絶対に諦めねえんだぞ。

AKYS:
お祓いを済ませたら即、村から出るのが普通だろ。
二度と村に戻っちゃいけないんだ

野獣:
違うタイプの八尺様だったんじゃないすか~?

AKYS:
とりあえず、どうもその村怪しすぎる。
明日その村へ案内しろ。調べてやる

野獣:
今日じゃないと八尺様に・・・

AKYS:
魔除けの札を渡してやる。以前、別件のお祓いに使った
強力な奴だから安心しとけ。

『翌日』

再びあの村へAKYSとやってきた空手部

野獣:
どうっすか先生。何か感じます?

AKYS:
・・・どうも大量の霊気を感じるが・・・
八尺様の様な気配は何一つ感じねえな

そしてマヌヤシ兄貴の家にやってきた野獣達

野獣:
なんで誰もいないんすかね?八尺様がキレたから?

AKYS:
知るか。

AKYS:
どうも嫌な予感しかしねえ。霊的な意味じゃなくてよ
何か踏み入れてはいけない様な感じがする・・・

AKYS、そこで取っ手が隣り合った不自然なふすまを発見する

AKYS:
・・・このふすま、なんで取っ手が逆なんだ?

ふすまを開くとその中にはあの八尺様が隠れていた

悲鳴(AOK)を上げて驚く三人

AKYS:
なんだ人形じゃねえかこれ

KMR:
人形・・・

AKYS:
にしてもこの顔、よく見たら人間の皮・・・じゃねえか?

野獣:
か・・・皮!?

AKYS:
この村の奴らは何のためにこんなもんで八尺様として
騙してたんだ?

KMR:
偽物ならなんで村の人たちは僕たちを追って来た・・・?

AKYS:
もうちょっと調べてみるぞ。

AKYS、ふすま(物置)の奥からビデオテープを取り出す

AKYS:
ふすまの奥にビデオテープを見つけた。

野獣:
・・・・・・

野獣は何かに感づいた様子

MUR:
ポケモンかな?

AKYS:
・・・見てみるぞ

ブルーバック(BB)から映像が始まる

村の中を歩いているところにいきなりあの人形が現れ、
撮影者が悲鳴を上げる(うるせえ!)というものであった

画面が再び、ブルーバック(BB)になった後、映像が変わる
惡の華っぽい絵柄で描かれた女性が何かを覗いている(バックで流れるBGMうるせえ!)

それはひでに刃物を向ける肉体派おじゃる丸であった
ひでは真っ二つにされ、画面に返り血が飛び散る

切断された血まみれの生首が二つ置いてあり、一つは顔の皮がはがされている

ゆうまとマヌヤシ兄貴、返り血を浴びた口マン爺がテーブルの上に脳味噌を置いて喜んでいる
マヌヤシ兄貴が片手に焼いた何かの肉を持ち、何かの腸を飲み込む

そして脳味噌を刃物で真っ二つにし、人骨をタルの中に入れる衝撃的な映像だった

衝撃を受けて青ざめる野獣とKMR

AKYS:
ひでぇ・・・こいつら人間かよ・・・・

AKYS、振り返って謝罪

AKYS:
ああそうか・・・再生して本当にすまなかった・・・。
お前らが見るべき物じゃなかったな・・・

野獣:
おいあの晩飯・・・もしかして・・・

ヴォエ!とともに口からゲロ(バーモントカレー)を吐き出す野獣とKMR

MUR:
ん?なんでお前ら吐いてるんだゾ?

KMR:
一昨日食べたあの焼肉、あの映像が映ってたのと同じ
人肉を使ってたんですよ・・・うぷ

MUR:
あっそうか。あれ鹿肉じゃなくて人肉を使ってたのかゾ

MUR:
案外、人肉って結構美味しいんだな~

KMR:
・・・・・・・
(よくそんな反応出せますね・・・!)

AKYS:
人間のクズがこのやろう
うちの部員に手ぇ出しやがって

画面が暗転し、野獣家
野獣父が何やら新聞を読んでいる

野獣父:
怖いなあ、変なところに行くからだよ全く。
おい野獣

野獣:
な・・・なんだよ?

野獣父:
ハイキングもいいけど変なところには絶対に
近づいちゃダメだからな

新聞の一面にDBの遺影が載せられていて終了

新聞の文章
『甲都社実録心霊特集編集長DB 謎の失踪』


3日前、甲都社に務める実録
心霊特集編集長のDBさんの
行方がわからないことが
先日分かった。本社による
と、例の村から行ったきり
音沙汰がないとのこと、
警察の調べによると、彼が
向かったと思われる村には
誰も住んでいなかったとの
ことです。DBさんの親族に
お伺いした所、連絡が
いまだに届いていない。
電話をしても近所の方に
聞いてみても彼の行方が
分からないと、悲惨な感情
を抑えつつお答えして
くれた。
現在もなお、彼の行方は
不明のままである。
43:えころ :

2018/01/08 (Mon) 14:54:56

野獣達に届いた謎の空メール①

遠野、野獣に通話を試みるも、繋がらない様子(着信音うるせえ!)

遠野:
先輩!!
いい加減電話に出て下さいよ!!

遠野:
KMRさんもMUR先輩も学校に来ないし三人で
何やってるんだ?

『3日前』

校内の廊下

野獣:
ねえMUR先輩、これ見てもらえます?

MUR:
ん?
なんゾこれ?

携帯画面に切り替わり、以下のような内容が記載されていた
(時間は23:07、充電は70%、機内モードでWifi接続中)


差出人:r0ognn4q9jyb5}:a3b@gmail.com
宛先:イケメン紳士 イタリ野獣
(件名):Re: メールの送信テスト
(日時):2015年5月20日 22:20
(本文):なし


野獣:
昨日、エロ動画で抜いてる時にいきなりこのメール
が来たんすよね~びっくりして玉々潰れそうになりました

KMR:
ただの架空請求じゃないですか。僕たちに
なにしろって言うんです?

野獣:
架空請求なら空の文章なんておかしくね?それに
迷惑メール全然来てないし間違いメールなのかな?

MUR:
そうだよ

KMR:
なんでそんなメール気にする必要あるんですか。
ほっとけばいいんですほっとけば

KMR:
そんなことより旅行どこに行くか決めましたか?来週は久しぶり
の三連休ですからゆったりできるところお願いしましたよね?

野獣:
おうばっちり探したぜ!カリフォルニア。
本場のディ〇ニーランドと本場のユニ〇ーサル行こうぜ!

MUR:
東京〇ィズニーランドとU〇Jの本家か~
いいゾ~これ

パソコンルームで楓ちゃんにセクハラをするゆうさくシリーズを見ていたMNRに声をかける野獣
内容
『乳首感じるんでしたよね?』『俺のチ〇コ舐めてくれよ…俺の乳首舐めてくれよ…』
そして、画面が点滅する過程でゆうさくは呪いで苦しみ、『あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ』
楓ちゃんの顔がレッドレイトン処理の顔っぽくなり、画面が暗転
『あーいきそ、あーいく』という言葉を残し、画面が戻ったころにはゆうさくは消滅(チーン)
『呪いの人形には気をつけよう!』と表示され、いつもの曲と3人のゆうさくが映る

野獣:
なあ俺たち来週三日間カリフォルニア行くんだけど
お前何が欲しい?

MNR:
頭悪いの?それって何カ月か前に決めてたこと?

野獣:
いや、今日決めたことだけど何か問題でも?
一応英語辞典持ってるし大丈夫大丈夫

MNR:
・・・そう。即空港から追い出されるだろうね

パソコンルームを出て廊下を歩く野獣とMNR

野獣:
そういえば、俺ん所に空メールが来てさ~宛先誰か
わかんねえの

MNR:
へえ、僕の携帯からも来たよ。はやってんのかな?

野獣:
イタズラメールでしょ。もうちょっと工夫しろよな~
ブラクラのほうがまだ不気味だわ

MNR:
空メールも十分不気味だけどね。しかし何考えてるんだろ

場面は変わり、多目的室のような場所で話す野獣とジョニィ

ジョニィ:
ああ来とったなぁ空メール。お前も来とったんか?
なんか気色悪いわ~

野獣:
お前じゃないよね?

ジョニィ:
何が?

野獣:
お前のイタズラじゃねえよなって。

ジョニィ:
は?ないわ~。その根拠どこにあんのや言ってみ~や

野獣:
お前のボールペン俺が全部犬のケツの穴に入れたこと
まだ根に持ってんじゃねえの?

ジョニィ:
そないなことならお前のamazonアカウント使おて
入っとった10万円全部使おせてもろたからそれでおあいこや

野獣:
あっそれお前だったか。俺もお前のクレカ、遠野のデート代
に使ったからどうでもいいよ。ハワイ楽しかったぜ

ジョニィ、それを聞いて固まる

ジョニィ:
二度と俺に近づくなや

場面変わり、野獣、(立教)大学からの帰宅中、MNRに声をかけられる

MNR:
野獣君

野獣:
お・・・おうどうした?お土産何がいいか決めたの?

MNR:
そんなのじゃなくて空メールの犯人わかったかもしれない

MNR、スマホを取り出して野獣にYoutubeの動画を見せる(Softbank回線、時間:12:24)
そこには白いシャツと半ズボンで民家の庭先にしゃがむ人物が映っていた

野獣:
誰?

その男はマスクを着けており、カメラを見た後、家の方へと向かっていく

MNR:
空メールの犯人。だと思われてる人だよ。名前は知らない
けど集団ストーカーに襲われてるって思いこんでるらしい

MNR:
最近投稿された「集団ストーカーからメールが来た」って
タイトルの動画で自作自演ってみんなから言われてたけど

MNR:
こっちにも来たぞってコメントや動画が上がって今やお祭り
状態だよ。みんなこの人が犯人って疑ってるけど

男は引き戸を開けて、家の中に入ってしまった
※この男は統合失調症で有名な動画投稿者aiueo700である(本名はあえて控える)

野獣:
そうだったら何のためにこんなイタズラしたんだ?

MNR:
さみしいからだと思う。人間関係に恵まれなかったんだ

野獣:
よわっちぃ奴だな~。何、生身の人間にビビってんだよアホか

場面が変わり、MNRの家

MNR:
疲れた

MNR:
明日、課外講義かぁ。やだな~、さぼっちゃおっかなっと

重い鈍器のようなものが倒れた音がする

MNR:
なんか音がしたな。
外からか?

MNR、台所へ向かう

MNR:
・・・いやこの部屋から音がした。飲み干した焼酎が
倒れたのかな?

人影のようなものがMNRめがけて走ってきた

場面が変わり、翌日。空手部は部室で会話中

野獣:
カリフォルニア一日目どこに行きます~?
やっぱユニバっすか~?

MUR:
おい待てぃ、カー〇ランド行きたいゾ。マッ〇ィーンとメー〇ー
に会いたいゾ

野獣:
いいっすね~。カ〇ズのアトラクションそこにしかないし
まずはディズ〇ーランド行きますか。

AKYSが部室に入ってくる

AKYS:
おいお前ら、MNR見なかったか?

野獣:
見てませんけど?

AKYS:
あいつの友人から聞いたんだが何度電話しても出ないらしい
なにか心当たりはないか?

野獣:
サボりじゃないんすか?たまたま携帯忘れて
どっか出かけたと思うんすけど

MUR:
そうだよ

AKYS:
・・・わかった。それよりもうすぐ部室閉めっからお前ら
とっとと帰れ。

そして校内の廊下

野獣:
そういやさ、なんか集団ストーカーに襲われてる人
って知ってる?

KMR:
ああ、youtubeの人ですか。その人がどうかしました?

野獣:
住所知ってる?

※でかでかとコメント欄で住所記入しなくていいから…

KMR:
何するつもりですか?

野獣:
そうですね、そいつ空メールの犯人らしくて嫌がらせに
空のはがき送ってやろうかと思って。

KMR:
最低ですね。そんなことしなくても、とっくに嫌がらせうけてますよ

KMR:
自分がやってきた迷惑行為そっくりそのまま帰ってきてる状態
なのにどうやって空メール送るんですか見ず知らずの人に

野獣:
うさばらしじゃねえの?

場面が変わり、講堂でジョニィ、ONDISKに何かを頼む

ジョニィ:
ほんなら先生、よろしく頼んますわ。

ONDISK:
わかりました。ちゃんと予備の携帯はあるんですよねぇ?

KMRがそこへ入ってくる

KMR:
・・・ジョニィ先輩?

ジョニィ:
おぉ、お前確かKMRやな?野獣に伝えときや、空メの犯人
とっ捕まえたるってな

KMR:
えっ?なんでそこまでする必要があるんですか?

ONDISK:
MNRくんの失踪と関係してるんじゃないかと
思ったらしくて私に空メールの宛先を探れと

ジョニィ:
おう!ONDISK先生はすごいんや、エロゲ会社のデータ全部
落とすほどのハッカー野郎やで!

KMR:
・・・そう。まあ頑張ってください

場面は変わり、KMRは自分の部屋でKNと通話中

KMR:
なんか空メールがはやってるらしいんだけど知ってる?
KN兄ちゃん

KN:
空メールか、俺も来たな。でっそれがどうした?

KMR:
いや・・・その一人がいくら電話かけても出なかったんだって。
多分ただのサボりだと思うけど・・・

KN:
あの被害妄想のおっさんが気になって徹夜で探してたとか
じゃねえの?あいつ面白いから見てみろよ

KMR:
いやいい。その人の動画ちょっと見たけど見苦しかった
二度と観たくないよ

KNの部屋(KMRとは別居していると思われる)

KN:
まあお前には面白くないわな。おやすみ

ピッと音とともにKMRとの通話を終了する

KN:
ふぅ・・・

KN:
明日も早いしとっとと寝るか。

そのまま横になって眠るKN

部屋の画面が薄暗くなり、KNのベッドの下から刃物を持ったマヌヤシ兄貴が這い出てくる
44:えころ :

2018/01/08 (Mon) 16:23:54

野獣達に届いた謎の空メール②

翌日、空手部は廊下で立ち話

野獣:
昨日、あの動画の奴のこと調べてみたらさ~

野獣:
住所わかっちゃったみたい。ここから徒歩で1時間って
とこかな?行ってみようぜ

KMR:
旅行のプランはどうしたんですか

野獣:
もうできてるって。ユニバと〇ィズニー行ったら即帰国。
フゥ~完璧だろ?

KMR:
大雑把過ぎますね。3日じゃ全然時間が

野獣:
じゃけん今すぐ行きましょうね~

そして、aiueo700の自宅付近にやってきた空手部

野獣:
foo!やっと着いた~。本当にあったんだなこの家~

MUR、軒先の壁に紙が貼られているのを見つける

MUR:
なあ野獣、この漢字のシールびっしり貼られてるの
なんて書いてあるんだゾこれ?

野獣:
「氏ね」「害虫」「低脳」「腐れ脳みそ」「精神疾患」
まるで現代アートっすねぇ

KMR、aiueo700の家を見てつぶやく

KMR:
野獣先輩。なんか人の気配がしないんですけど

野獣:
外出してんじゃね?待ってれば来るでしょ

KMR:
そういえばこの人も空メールが来たって言ってましたよね?

野獣:
そういえば今日もMNR来てなかったな。学校やめた?

KMR、aiueo700の家の敷地へ入ろうとする

野獣:
おっおい。やめとけって包丁持ってきたらどうするんだよ

戻ってきたKMRは何かを見つけた様子

KMR:
玄関にビデオカメラ落ちてました

野獣:
ビデオカメ・・・それこの家の奴のビデオカメラじゃねえのか。
なんで玄関に置いてあったの?

野獣:
まあいいやとりあえず見てみようぜ。MUR先輩も
こっちきて下さい。KMRが奴のカメラ拾ってきましたよ

ビデオカメラを再生する(カメラの横に表示されるメニューは「名前のない神社」と同一のもの)
ブルーバック(BB)からaiueo700が玄関を歩き、戸を開けようとする映像に切り替わる
(BGMうるせえ!)

開くとそこには、肉体派おじゃる丸がいて、そのまま画面がブルーバック(BB)に戻る
(ここ早すぎてちょっと分かりにくい)

三人はその映像を見て固まる

野獣:
・・・・・

KMR:
この人・・・どこかで見たような・・・・

野獣:
こいつ、ついにアンチに連れ去られたか。最近の奴は
リア凸多いしな~。

MUR:
・・・警察に届けるかゾ?

野獣:
ダメですよ。こんなん警察に見せたらグルだと勘違いされちゃう
こいついつも警察にお世話されてましたしね

空手部、部室へ戻り、野獣、さっきの映像を動画サイトへあげた模様

野獣:
こういうのは動画サイトに投稿するのが一番っすよ~
foo~1時間で十万再生突破~

MUR:
十万再生もいったら何かもらえるのかゾ?

野獣:
youtuberじゃないから何ももらえないっすけどこのくらい見て
もらえたら嬉しいじゃないっすか~

野獣:
でもコメントじゃあ「フェイク」とか「やらせ」って反応が
多いんだよな~まあ当然か

場面変わって校内の廊下でKMR、ジョニィと出会う

ジョニィ:
野獣の動画見たで。やるやんけ~あんのキチガイ野郎の
新作ゲットしたんか~

KMR:
・・・それよりあのゴツイ体の男に見覚えがあるんですが
何か知ってますか?

ジョニィ:
ん~?知らん。あんなおじゃる丸見たいなどすこいヘアー
生まれて初めて見たわ~

KMR:
そうですか・・・。

ジョニィ:
そうや、ONDISK先生もう解析できとんのかな?
KMRも来るか?

KMR:
え?

ジョニィ:
知りたいんやろ?空メールの犯人。一緒に
行こ~や

ジョニィとKMR、職員室へ来る

ジョニィ:
先生!もう解読できたんやろ~?どこんどいつか
教えてくれ~や

しかし、ONDISKの反応は芳しくない

ONDISK:
・・・・・・・・

ジョニィ:
もしかしてできなかったんか?いや、先生がそない失態する
男やないって俺は十分わかっと

ONDISK:
単刀直入に言います。今すぐ引っ越したほうがいいですよぉ?

ONDISKの発言に固まるジョニィ

ジョニィ:
どういうことや?

ONDISK:
一見普通の空メールですがとんでもないプログラムが
隠されてました

携帯画面に切り替わり、以下のような内容が記載されていた
(時間は23:07、充電は70%、機内モードでWifi接続中)


差出人:6hn40aat34ghacb@gmail.com
宛先:ジョニィ・ジョースター
(件名):Re: メールの送信テスト
(日時):2015年5月20日 22:20
(本文):なし


※野獣に届いたメールの差出人と宛先が変わったこと以外、変化のない画面である

ONDISK:
この携帯の居場所を送信者に送りつける
ウイルスでして、メール削除してもこの携帯のプライバシーに

ONDISK:
依存し続ける。もし仮に削除に成功しても居場所が
相手にわかってしまってますから手遅れなんですよねぇ

ONDISK:
幸い、私は外で解析してましたから居場所を突き止められる
ことはないと思いますが。

震えるジョニィ

ジョニィ:
そ・・・送信先・・・どこのどいつや!!俺はそれが知りたくて
先生に頼んだんやで!?まさか何も知らないと!?

ONDISK:
申し訳ありませんが全くつかめませんでしたねぇ・・・
とりあえず今日は、どこかに泊まった方がよろしいかと

ジョニィ:
せ・・・先生!!お泊り会しようや!!んで、
警察に頼めば一件落ちゃ

ONDISK:
無理です。今日は徹夜しなくてはなりませんので

ジョニィ:
き・・・KMRぁ!今日からお前は俺のズッ友やぁ!!
お前ん家でお泊り会開始!!

ジョニィ、KMRにすがるもKMRはそれどころではなかった

KMR:
ちょっと待って下さい・・・それじゃ・・・それじゃMNRさんと
あの男は・・・?

KMR:
あ・・・KN兄ちゃん!!

KMR、職員室を抜け出して、電話をかけるもKNには繋がらない

KMR:
ダメだ!!いくら電話しても出ない!!

KMR:
お・・・遅かったんだ・・・一刻も早くこういう事態に
気づいていれば・・・・

KMR、今度は野獣に電話をかける

KMR:
野獣先輩も危ない・・・!

野獣の部屋(パソコンのモニタがたくさんあって取っ散らかった印象を受ける)
※この部屋は「野獣の葬式」やその他BB先輩劇場でも使われている

野獣:
どうしたKMR~。俺の動画に何か面白いコメントでも
見つけたか~?

KMR:
今すぐ家から出て!!!

野獣:
なんだそんなに慌てて俺の誕生日なら5か月先だぞ?

KMR:
馬鹿!!早く出ないととんでもないことになりますよ!?
あなた死にたいんですか!?

野獣:
お前何アンチにビビってんだよ~。ヘマやらかしたガキみたいに
住所さらしてねえしリア凸なんてありえねえから

KMR、MURとともに空手部の部室にいる(野獣の部屋に画面が切り替わった間に移動した模様)

KMR:
そういうことなわけないだろ!!空メールだよ空メール!!
MNRさんやジョニィ先輩にも届いてた奴!!

KMR:
おかしいと思わねえのかよ!!MNRさんの失踪や
あのyoutuberの映像!!どう考えても偶然じゃない!!

必死に訴えるKMRの声もむなしく、野獣は電話を切ってしまう

KMR:
電話切られました・・・あのステハゲ・・・!!

MUR:
つまりどういうことだゾ?

KMR:
殺されるんですよ・・・野獣先輩が

KMRの発言にMURの表情も変わる

MUR:
見過ごせんゾ

KMR:
時間がありません。今すぐ野獣先輩の家へ向かいましょう
その間、AKYS先生に電話して下さい
45:ヤ・ジウ :

2018/01/08 (Mon) 17:08:06

ほんへ怖いから助かるけど各話ごとにスレを改めたほうが見やすいと思う
FC2掲示板のスッドレ機能正直言ってうんこだし
46:えころ :

2018/01/08 (Mon) 17:32:39

野獣達に届いた謎の空メール③

KMRとMUR、野獣邸に行き、チャイムを鳴らすも、野獣は出てこない

KMR:
開けろ!開けろハゲ!!

MUR:
AKYS先生来てくれるって。

KMR、何度もチャイムを鳴らす

KMR:
わかりました!!オイゴルァ汚物ゥ!!テメエそんなに
死にてえのか!?おぉ!?出てこいっつってんだろうが!!

KMR、そこでドアに鍵がかかっていない事に気がつく(「名前のない神社」でもあった流れ)

KMR:
あいてる・・・?

場面が変わり、野獣の部屋(背後はクローゼットの扉だらけ)

野獣:
おぉ~どんどん再生数上がっていく~。

野獣:
一時間に十万再生ってやっぱコイツ結構
好かれてるんすね~。さっそくMAD動画作られてんな~

野獣、モニターでYoutubeに上げたあの映像を眺めて楽しむ

クローゼットを開けて出てきた口マン爺が野獣のすぐ後ろに迫る

野獣:
こいつのブームに火ぃつけた俺ってすげーなー
自分でも憧れちゃう。ふふっ☆

そこへKMR達が入り込んでくる

KMR:
先輩!!!

しかし、そこには野獣の姿はもうない(ドラマとかでよく使われる演出手法かもしれない)

KMR:
いない・・・・

KMR、試しに野獣の携帯に電話をかけてみるも、野獣は出ない

KMR:
くそ・・・出ない・・・。遅かったか・・・・

MUR:
野獣の父ちゃんと外食したんじゃないかゾ?

そう言われてKMR、今度は野獣父にかけ直す

KMR:
そうかもしれませんね。父親のほうにかけてみます。

そこでNona ReevesのENJOYEE!が着信音として鳴り始める(音は下から聞こえる模様)

KMR:
一階に誰かいましたっけ?

MUR:
野獣の父ちゃん寝てたんじゃないかゾ?

誰かがその電話に出るも、すぐ切られてしまう

KMR:
あ!もしもしお父さん!!今、野獣先輩そっちに

KMRは電話を切り、落ち込んでいると再びKMRの携帯にENJOYEE!が鳴り始め、そしてすぐ切られる
※何をしているかと言うと、これでKMRの携帯の位置まで特定しているのである

ここで「深層ウェブ」でも流れていた変なBGMが流れる

MUR:
野獣の父ちゃんそんなに寝たいのかゾ?

KMR:
に・・・逃げますよMUR先輩・・・

MUR:
野獣は?

KMR、野獣の部屋から飛び出す

KMR:
俺たちもつかまるんだよ!

その頃、AKYS、安っぽいチャリンコで野獣の家へ向かう

二人は野獣の家から脱出を開始する

MUR:
どうしてそんなに慌ててるゾ?

KMR:
不審者がいる!!不審者がいる!!

KMR、廊下で何かを見つけて青ざめる
MURもそれにつられて振り返る

MUR:
ん?

そこには階段を上ってくる肉体派おじゃる丸の姿があった

MUR:
あれ?アンタなんで野獣の家の場所知ってるんだゾ?

肉体派おじゃる丸、無言で近づいてくる

MUR:
なんで何も喋らないんだゾ?

震えるKMR
智将MUR、ここでようやくキレる

MUR:
野獣はどこにいるかって言ってんだ。それくらい答えろゾ
お前、村じゃ話してくれたのに何沈黙してるんだ

※村で会話をしたのはマヌヤシ兄貴である

MUR、肉体派おじゃる丸が持っていたスタンガンを食らって気絶する(効果音うるせえ!)
真っ赤になるMURに執拗にスタンガンを当てる肉体派おじゃる丸

KMR:
ひっひぎゃあああああああああああ!!

KMRは逃げ出そうとするが…

ようやくAKYSが野獣の家へ上がってくる

AKYS:
野獣!!KMR!!MUR!!
返事しろ!!

AKYS:
・・・人の気配がしねえ。

KMR、野獣の部屋に立てこもって命乞いをする

KMR:
や・・・やめてくれえ!!なんでもする!!なんでもするから
殺さないでくれぇ!!

そこへ部屋に隠れていた口マン爺がKMRに迫る!

KMR:
何が目的だ・・・!!お前らは何のためにこんなこと
してるんだよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

画面が暗転し、AKYSが野獣の部屋に入り込んでくる(さっきと同じパターン)

AKYS:
野獣!!KMR!!MUR!!

しかし、部屋の中には誰もいない

AKYS:
いるのか!?返事しろ!!

場面変わってAKYS、野獣邸の前で呼んだ警察(ホモコップ)から捜索結果を言い渡される

警察:
隅々まで探しましたがとくに怪しい所は見当たりませんでした

AKYS:
嘘をつくな。俺の部員は確かにここにいたはずだ。少しぐらい
証拠があるだろ。

警察:
申し訳ありません。証拠となるものは何一つ
ありませんでした。

警察:
靴もありませんでしたし、多分外出しているのでは
ないでしょうか?

AKYS:
・・・本当に探したのか?

警察:
はい。とくに異常は見当たりませんでした

翌日、AKYSは職員室でONDISKと話す

AKYS:
おい今日もMNRの奴来てねえのか?

ONDISK:
そうみたいですね。そういえばAKYS先生、部員の方達も
いらっしゃらないみたいじゃないですか

AKYS:
・・・捜索願を出したんだが証拠が見つからなくてな、
今のところ保留状態になっちまってる

AKYS:
あいつらに何度も電話してるんだが全く掛かってこない。
明らかに誘拐だろ

ONDISK:
無能ですねえ警察って。ジョニィ君もいなくなりますし

場面が変わり、最初に遠野が野獣に電話をかけていたシーンへ戻る

遠野:
先輩!!
いい加減電話に出て下さいよ!

しかし、野獣は廃屋のような場所で顔面をはがされ、脳を引きずり出され、
その下にも「八尺様」のテープで登場した生首の顔もはがされて、腸まで引きずり出されていた
携帯はその横でむなしく鳴り響いている

遠野:
KMRさんもMUR先輩も学校に来ないし三人で
何やってるんだ?

廃屋ではマヌヤシ兄貴と肉体派おじゃる丸が目の前のトンカツ(ジンカツ)を見てくつろいでいた
その周辺には切断されたMURや野獣父の首が転がっていた

一般A:
いや~収穫収穫。内臓も簡単に売れて肉も困らず
一石二鳥。村から出て正解だった。

一般B:
そういえばこの生首、スタンガン一発決めたのに
「野獣にだけは手を出すな」ってしがみついてきたの

一般A:
お~イキがいいもん手に入ったな~

切断された野獣の胴部が机に置かれ、KMRは檻の中に閉じ込められている

ゆうま:
どう?僕のつくった住所特定メール。いろんなサイトに登録
されてるメールアドレスに送信するだけで相手がどこにいるか

ゆうま:
簡単に分かるんだ。ほんとネットっていろんな
ハッキングができるね。いい時代になったよ

ゆうまの机の上にはノートパソコンとポケットWi-Fiが置かれている

一般C:
臓器は医者か裏で高値で売れるし大都会作ったろか~?
な~んちゃって

一般G:
お~い脳みそ切れたよ~ちょうだいイキのいいのイキ

一般A:
あ~いよちょっと待ってね~

マヌヤシ兄貴、笑みを浮かべながらKMRの檻へ近づいてくる

KMRの悲鳴(AOK)が何度も廃屋に響き渡る

一般A:
あ~頭よさそう!すごいうまいんだろ~な~

檻を開けるマヌヤシ兄貴(顔ドアップ)

そのまま画面が暗転して終了
47:えころ :

2018/01/13 (Sat) 19:16:43

廃墟の中のコトリバコ①

外壁に雑な落書きが施された家屋を見つめる空手部とMNR
(小さく窓が割れる音がしたので野獣がMNRのカバンをここへ投げ込んだ模様)

MNR:
どうすんの?

MNR:
あのバッグの中に大切なおばあちゃんのお守りが
入ってたんだけど

野獣:
建物の中に入りたくないんで新しいの買います。

MNR:
へえ~5.0カラットのガーネット36万4千円
野獣君払えるの?

野獣:
MUR先パ~イ、36万4千円なんて余裕ですよね~?
僕のために払ってもらえますか

MUR:
なんでMNRのかばんをノリでぶん投げた奴に金払わなきゃ
いけないんだゾ。

KMR:
一人で取ってきてください。何かあったら僕達も
行きますんで

MNR:
何ビビってんの?誰かが襲ってきたら迫真空手で
倒せばいいじゃん

建物の前まで行くも、なかなか入ろうとしない野獣(アンニュイ先輩)

MUR:
どうした~野獣~。まさか鍵掛かってたのかゾ~?

野獣:
・・・ここだけ鍵開いてるんすけど入りたくないっす。

MNR:
36万4千円払いたいの?

仕方なく中へ入る野獣(SEが何故かふすまを開ける音)

中は赤い服を着た小さな人形で埋め尽くされていた

野獣:
うっ!!

野獣:
出たくなってきた・・・・・

野獣:
はやくかばん見つけてとっとと出よ

野獣が入ってきた場所にビデオテープテープが落ちている
画面が暗転し、ふすまの先へ進んでいく野獣(作者お得意のビデオ演出)

薄暗い階段の前までやってきて止まる野獣(アンニュイ先輩)

野獣:
上りたくねえなあ

二階へ上がると、脚立などが置かれた和室の机の上にMNRのかばん(スクールバッグ)があった

野獣:
foo~すぐ見つかった~。これでこんなボロ屋敷から
おさらば出来るぜ~

野獣:
・・・つかMNRの奴、本当にかばんの中にガーネット
入れてんのか?

かばんの中をあさる野獣

タオルやタブレット端末、教科書の中に不自然に挿入されたガーネット(でかすぎィ!!)が光る
それを急いで自分のパンツの中に隠す野獣(さすが汚いな汚い)

野獣:
ガーネットはありませんでしたっと

野獣:
キツネが泥棒したんじゃね?ってとぼけちゃえば
分かってくれるでしょ。

野獣:
じゃっ、とっととトンズラしてあいつらの元に
帰りますかね

廃墟から帰ろうとする野獣はふと何かに気がついた(何か変な笑い声がする)

野獣:
キワミ・・・?

野獣:
あっちの方からだな・・・

野獣:
・・・・気になる

野獣は奥の部屋へと入っていく

野獣:
※メッセージウインドウに表示なし

画面が暗転し、奥に入るとそこは、「器羽美」と書かれた紙が障子に貼ってあり、
畳には真っ赤な血が大量に付着した和室だった

野獣:
え・・・何これ・・・?

野獣:
※メッセージウインドウに表示なし

血が付着した畳のところまで近づく野獣

野獣:
どう見たって殺人現場なのに落ち着くってどういうこと?
この血みたいなのってペパーミント?

野獣:
・・・女性はどこだよ?
隙間風の音と声と聞き間違えたのかな?

野獣は物置の中に赤い箱を見つける

野獣:
おっ

野獣:
なんか懐かしい箱だな・・・。これ・・・確か小さいころ家族旅行
で見たような・・・

時計の針を回すような効果音が鳴り、何かを思い出す野獣

野獣:
思い出した~!これ箱根で見た
寄木細工の小物入れじゃ~ん!欲しかったんだよね~

野獣:
もしかしたらこの中に大量の札束が入ってたりして。
ひゅ~宝箱ゲッツ~

野獣が去った後で、謎の巫女が物置の前に出現する

MNR達のところまで戻り、かばんを返却する野獣

MNR:
ねえ、ガーネット入ってないんだけど

野獣:
宝石?入って無かったよ?お前もしかしてあそこに
入りたくないから俺に頼んだんじゃねえの?

MNR:
へえ何そのニヤつき。良いものが手に入ったような
顔してるけど。誤魔化せると思ってるわけ?

廃墟で見つけた箱を見せびらかして調子に乗り始める野獣

野獣:
別に誤魔化してねえけど?宝箱見つけたからニヤけが
止まらないだけだけど?ん?それが?

MUR:
おっ綺麗な箱だな。触っていいかゾ?

MURが寄ってきて一歩引きさがる野獣

野獣:
触らないでもらえます?見つけたの俺っすから

MUR:
ポッチャマ…

MNR:
いいから早くガーネット返せよ。野獣君が盗んでるの
分かってるんだから

野獣:
お前いい加減にしろよ。証拠もなく疑いやがって

MNR:
君の股間って赤く光るのかい?そして君の勃起は
六角形になるの?

それを聞いて硬直する野獣

MUR:
あっホントだ

『翌日』

遠野とデートをしに来た野獣

野獣:
遠野~

やってきた野獣に鼻をつまんで退く遠野

遠野:
先ぱ うっ!!

野獣:
どうした?顔色悪いぞ?

遠野:
・・・お風呂入りました?

野獣:
そうですねえ
入ってないです

野獣:
昨日、寄木細工開けるのに集中してたから忘れてた

遠野:
寄木細工?なんですかそれ?

野獣:
パズルの箱みたいなもんだよ。昨日さ、廃墟で見つけて
これもしかしたら宝が入ってんじゃね?と思って

野獣:
持って帰ってこじ開けようとしてるんだけどこれが
難しくってさ・・・。第一段階までは進んだんだけどね

遠野:
夢中になるのはいいんですがお風呂は入った方がいいですよ。
キビヤックの匂いがします・・・

※キビヤックとはアザラシの内臓を抜き、その中にウミツバメのような海鳥を詰め、
地中に長時間埋めて作る発酵料理の事で、くさやと同じくらい臭いらしい

野獣:
キビヤッコ?何それ?俺ってきびみたいに甘い香りする?

暗転後、大学構内の廊下を歩く空手部(KMRは後ろを見ながら少しずつ歩いている)

MUR:
一段階まで行ったのか~。開いたら俺にも見せてくれよな~
野獣~

野獣:
あっいいすよ?開きそうになったらMUR先輩ん家に行っても
いいすか?

MUR:
いいゾ~これ

野獣とMURは振り返り、KMRに声をかける

野獣:
お前さっきから何後ろチラチラ見てんだよ

KMR:
なんか・・・朝から誰かにつけられてるみたいで・・・・

野獣:
へえ

MUR:
誰もいないゾ。俺達以外の気配もしないし気のせい
じゃないかゾ?

KMR:
そうでしょうか・・・ならこの気配は
一体なんなんですか?

チャイムが鳴り始める

MUR:
あっチャイムが鳴ったゾ。早く教室に行かないと
単位取れないゾ

画面が暗転し、講義を行っていたONDISKは学生たちの異変に気づく

ONDISK:
え~この法則はですね~・・・・ってあれ?
なんですか~?

ONDISK:
え~っとそこの6人、なんでそんなに後ろが気になるん
ですかね~?

『翌日』

再び、遠野とデートしに来た野獣だが、目の周りが紫色に変色している

野獣:
遠野~

遠野:
・・・・・・・・・・・・

野獣:
あの箱全然開かねえなあ?

遠野:
寝てないんですか・・・?

野獣:
うん

野獣:
でも~2回ほどは~先に~進めたんすけど~
何回クリアすればいいんすかね~~~~~~~~

遠野:
も・・・もうやめた方がいいんじゃないんですか?
そこまでして中が見たい訳ではないですよね?

野獣:
馬鹿野郎お前。ここまで来てやめるわけねえだろが
頭わいてんのかエリマキトカゲ

遠野:
あ・・・すいません言い過ぎました。でも先輩の
顔色が悪いから心配で・・・

野獣:
へー俺寝てないからこの状態で授業に出てもどうせ頭に
入らないだろって気を使ってるのか~

野獣:
空手やるとAKYS先生に殺されるし水泳もやると水死体に
なっちゃうもんな~遠野はなんて優しいんだ~

せっかく心配してくれた遠野にこの上ない憎まれ口を叩いて去っていく野獣

遠野:
先輩!!
・・・言い過ぎたかな?

空手部の部室へやってきた遠野
KMRはまだ後ろを気にしている様子

MUR:
ん?お前誰ゾ?

遠野:
誰って・・・MUR先輩、僕ですよ。野獣先輩とお付き合い
してる遠野です

MUR:
おっそうだな。でっ一体何の用だゾ?

遠野:
最近、先輩の様子がおかしくて・・・。何か・・
先輩変わったところありませんでした?

MUR:
別に普通だゾ?何言ってんだよ

MURはKMRの方へ振り返る

MUR:
様子がおかしいのはKMRの方だゾ。昨日から後ろばっかり
見てるんだゾ

MUR:
おいKMRぁ。こんな何も無い所にストーカーなんて
潜んでるわけないだろ

しかし、KMRはMURの方を見ようともしない

KMR:
あれはストーカーじゃありません

遠野もKMRの様子を心配し始める

遠野:
え?

KMR:
あそこに誰かいませんか?

MUR:
いないゾふざけてるのかお前

KMR:
・・・分かりました。僕の勘違いかもしれません
48:えころ :

2018/01/13 (Sat) 21:25:06

廃墟の中のコトリバコ②

遠野は部屋で周囲に異変が起きている事を訝しむ

遠野:
・・・何かおかしい

遠野:
KMRさんだけじゃなく他の人たちも後ろを気にし初めてるし
一体、大学で何が起きてるんだ?

遠野:
・・・明日先輩の家へ行ってみよ。体壊してるだろうし
果物持っていこうかな。

『翌日』

野獣:
と            の
                         う
          の                  の

遠野が会った野獣はレッドレイトンっぽい処理で目が虚ろ(左右の点が高速で動く)になっていた

遠野:
どちらさまですか?

野獣:
うん           でもそれは
   箱がね               どうでもよくて

遠野:
せ・・・先輩?

野獣:
家の        びっしり
   冷蔵庫        豚の子供    幸せ幸せ
       人形        内臓ハンバーグ

遠野:
あ・・・あの・・・

野獣:
あ     うもう3        もボー
  そうそ        箱          ルつぶしも
      回進んだ

野獣:
もうすぐ終わ
  るみんな終わる 村は俺は幸せになるんじゃ~

野獣:
※『は』の文字列がメッセージウインドウの中央から飛び出て、画面を埋め尽くす

野獣:
遠野
           カフカカフカタスケテ分かる?

遠野:
え?

野獣:
どうして分からないんだよ       されているのに
            されて燃や
  赤ちゃんが吊る

遠野が振り返ると道路の端でKMRが震えていた

遠野:
・・・ん?

KMRのところへ野獣が向かっていく

野獣:
KMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMR
KMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMR
KMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMRKMR

KMR:
せ・・・先輩?

野獣:
しいな          ねえね
    カフカが助け     えどうすればいいの?
 を求めてるの

KMRは悲鳴(tehu)を上げて、逃げていく

野獣のところに遠野がやってくる

野獣:
大丈夫      大丈夫        遠野大丈夫
     きっとみんな      カフカ幸せになれるから
           幸せになれるから

遠野:
・・・先輩の家、お邪魔してもよろしいですか?

野獣邸にやってきた二人

遠野:
先輩、寄木細工の箱、一体どこで
見つけたんですか?

野獣:
俺の   家では逆       しているよ
        がブッタブッタ
  さまの仏様

ガチャンゴン! 野獣の部屋へやってきた二人
机の上には表面にパズルがついた怪しい箱が置かれていた

遠野:
・・・・

遠野:
(先輩の事だから壊して中を見たんだと思ったけど
なんで丁寧に開けてるんだ?)

遠野:
先輩・・・そんなに中が見たいなら壊した方が
早いんじゃないですか?

何も答えない野獣に気圧された遠野

遠野:
あ・・・すみません。やっぱりなんでもないです

遠野:
それにしても・・・すごいですね先輩。こんな複雑な箱の解読に
集中できるなんて・・・僕にはとても無理です

ここで表面にパズルのついた箱がアップになる

遠野:
触ってみてもいいですか?どういう仕組みになってるのか
興味が湧きまして。

箱に手を伸ばす遠野

遠野:
あっ決して動かしたりしませんから心配しないでください先輩

箱をつかもうとしたところで野獣に腕をつかまれる

野獣:
遠野

遠野が野獣の顔を見ると、
ネットでよく見る「八尺様」の目になり、雑に黒で塗りつぶして大きく開いた口があった

青ざめて震える遠野にお構いなしに意味不明な文字列を告げる野獣
(文字送り早すぎて確認すんのすっげえきつかったゾ~、しかもノイズ音もうるせえ!)


野獣:
H80bつvtンdfvbcmh;jlrtミュ5お;ゥtbvmcl
biht87@0あ45ン76s90t、@ウ@986、ybピィsr@96
@svブ5v0s@bk8vp@イbpsv80s59イq45b8 ウcv

野獣:
5b8ゆヴぁdm45うくゅmbぐ5890うvm;xfび
ゅ609づ、bx:jk5609ゆb、;ゅむxrty;う「5
ふ`8b b・bひtrん・・んいうs56―97んs「@にぃt

野獣:
fではtgれあglkdf;hごいあdjglksjgりあおはあlkrgじゃえ
いrghlkdjgじゃおえrがぢhgjあjごいらlhjどhgfjgh
かgkじゃぢfがdgんiz

野獣:
sヶjがおghxzklcjごいえrhごdjgkぁdhごいえらhげうあrghp
gじゃおhjpgkldzfjghかdろいdfjdfjgk;あdfjhkぁdげありぷg

メッセージウインドウから大量に『ねえねえ』の文字列が上へスクロールされる

野獣:
ねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえ
ねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえ
ねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえ
ねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえ
ねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえ
ねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえ
ねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえ
ねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえ
ねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえねえ

そのまま遠野に顔を近づけてくる野獣

野獣:
後!!もう少しで!!開けられるのぉ!!
アケラレルノォ

画面が暗くなり、野獣の顔は「八尺様」の目が60度ぐらい傾き、口も花びらのように大きく開く

野獣:
モウスコシデ、カフカ、シアワセニデキルカラ
デテケヨおおオオオおお!!

後ろに一瞬、あの後ろ姿の巫女が映る

画面が暗転し、遠野は自分の部屋で目を覚ます

遠野:
!!

遠野:
夢・・・か・・・?

遠野:
・・・・明日になってる。
夢だったのかな?

遠野:
でも・・・昨日の事が全然思い出せないのはどうして?

遠野:
まあいいや。考えても仕方ない。もう忘れよ

遠野は部屋を出て、いつも野獣と待ち合わせしている場所に行くと、またKMRが端で震えていた

遠野:
どうしたんですか?

悲鳴(tehu)がしたので、振り返ると誰かが後ろを見ながら逃げているのを目撃した様子

遠野:
あの人・・・後ろを見ながら逃げてるんですけど
誰もいませんよね?

KMR:
目の前にいますよ・・・!

KMRは遠野を無視してそのまま去っていく

画面が暗転し、遠野は偶然野獣(目はレッドレイトン(以下略)が道で倒れているのを発見した

遠野:
せ・・・先輩?

遠野に声をかけられて、こちらを見てくる野獣

野獣:
あ~遠野だ  緑色なんだ~

遠野は呆れて去っていく

野獣はけたたましい雄たけび(うるせえ!)を上げる

野獣:
待ってよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

口がレッドレイトン(以下略)になった今田耕司先輩が遠野のところへ走ってくる
遠野は驚いて追いかけてくる野獣から逃げる

遠野:
うわああああああああああ!!
待って!!ちょっと待って先輩!!!!

遠野は野獣邸まで来ていた

遠野:
はあ・・・はあ・・・・・
なんとか撒いた・・・・

遠野:
・・・・・もしかして・・・・・夢じゃなかったのか?

遠野:
昨日の箱・・・歪んだ先輩の顔・・・・。
一体何が起きてるんだよ

遠野:
確か・・・先輩が箱を拾ってから
おかしくなりはじめたんだよな・・・?

ここで野獣邸の上部に画面がスクロールする

遠野:
・・・。あんな小さな箱にそんな呪いが入ってる
とは思えないし・・・考えすぎか?

遠野:
・・・・・・・・・・

再び野獣邸に入り、部屋に来ると箱から雑な落書きで液体が漏れ、開封寸前の状態だった

遠野:
え?

遠野:
な・・・なんだこの黒い液体?ネバネバしてる・・・?

遠野:
先輩・・・こんな気持ち悪い液体が出てきても
動かしてたのか?洗わなかったのか?

遠野:
オカルトは信じてないけど・・・これ以上動かされたら
先輩が危ないかもしれない・・・・・・・

遠野は箱を持って野獣達が最初に訪れたあの廃屋までやってきた

遠野:
ごめんなさい先輩・・・これ以上先輩がおかしくなるのを
見たくありません・・・・。

箱を廃屋の前にポイ捨てして去っていく遠野

遠野:
うぅ・・・手が真っ黒でネバネバしてて気持ち悪い。
どこかに川・・・ないかな?

遠野はふと目線の先に違和感を覚えた

遠野:
あれ?

遠くから誰かがこちらへ向かって走ってくる

遠野:
なんだろう・・・走ってるような・・・。

遠野:
※メッセージウインドウに表示なし

それは「八尺様」の目をし、口を大きく開いた今田耕司先輩であった

遠野:
え?

遠野:
ちょ・・・何・・・・?

遠野のすぐ目の前まで一気に近づいてくる

画面が暗転し、遠野はまたも自分の部屋で目を覚ます

遠野:
・・・・・・・・

遠野:
あれ・・・先輩だよな・・・・?

遠野:
なんで家に帰るまでの記憶がないんだろう。

遠野:
先輩の家にお邪魔した時もそうだった。
どういうことなんだ?

そして、大学構内の廊下でMURに会う遠野

MUR:
KMRぁ、もうストーカーはいなくなったかゾ?

遠野:
遠野です

MUR:
あっそうか。それで、何の用だゾ?

遠野:
・・・AKYS先生はどこにいらっしゃいますか?

MUR:
カーリーさんのお祓いに忙しいゾ~。凶悪な霊を払うのに
数か月必要って言ってたから当分帰ってこないと思うゾ

MUR:
ずっと自主練続きでダラダラできていいゾ~これ

遠野:
ちょっとその人の電話番号、教えて欲しいのですが

MUR:
いいゾ。AKYS先生の電話番号は
090-××××-●●●●ゾ

遠野:
ありがとうございます。

スマホを取り出して電話をかける遠野(ピリリッ、ピリリッ)

AKYS:
もしもし

遠野:
もしもし、下北沢大学1年の遠野と申しますが

AKYS:
悪い。今、除霊で忙しいんだ。後でかけてくれるか?

遠野:
野獣・・・先輩の件なんですけど・・・ここのところ
様子がおかしくて

AKYS:
様子がおかしいって・・・カーリーのように後ろに悪霊が
居るとか言ってるのか??

遠野:
いえ・・・目がおかしい方向に向いたり意味不明な事を
言い始めたり・・・

遠野:
信じたくありませんが・・・先輩の顔が恐ろしく歪んだり・・・。
何か・・・心当たりありませんか?

AKYS:
野獣の奴なにか拾わなかったか?

遠野:
確か廃墟で寄木細工の箱を拾ったって言ってました

AKYSは携帯をひとまず離して遠野の方へ向かっていく模様(カーリーやAKYSの声が遠くで響く)

カーリー:
おいお前どこに行くつもりやバッくれんのか!腰抜けやな!!

AKYS:
うるせえ!!その悪霊の正体が分かったんだ!!今すぐ下北沢に行かねえと
アンタ死ぬかもしれねえぞ!!!

遠野:
あ・・・あの・・・一体何

AKYSは再び携帯を戻して遠野を怒鳴りつける

AKYS:
この馬鹿野郎ぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!
なんで黙ってたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

AKYSの迫力にビビる遠野

AKYS:
おい!!野獣は今どこだ!!アイツが一番危険だぞ!!
今すぐ言え!!!

しかし、それを聞いてもまだピンと来ない遠野

遠野:
え・・・?AKYS先生、それって本当ですか?

AKYS:
野獣が拾ったそれは『コトリバコ』だ!!開けたら子孫もろとも
根絶すまでの威力を持ってる!!

AKYS:
もしあの馬鹿があの箱を開けてしまったら野獣だけじゃねえ!
カーリーと同じ症状になった奴らも死ぬんだぞ!!!

遠野:
同じ症状の人達も死ぬって・・・

AKYS:
お前ら学校か?

遠野:
あっはい学校です・・・

AKYS:
玄関前で待ってろ!!詳しい話はそこで
聞かせてもらおうか!!

※ここの「玄関」とはおそらく「校舎前」を指しているものと思われる
(具体的に言えば大学の敷地に入る入口の事であるが、無知であるが故、このような表現となる)

そして電話を切る

遠野:
MUR先輩、AKYS先生が玄関前で待ってろって

MUR:
分かったゾ。玄関に行けばいいんだな

校舎の前に向かう遠野を呼び止めるMUR

MUR:
なあ遠野

遠野:
はい?

遠野の後ろに目と口を雑に塗りつぶされた「器羽美」と思われる巫女の女性がいた

MUR:
後ろの人も連れて行くのかゾ?

遠野:
は?何言ってるんですか?後ろ・・・?

遠野が振り返ろうとすると、画面がそのまま暗転する
49:えころ :

2018/01/14 (Sun) 00:43:47

廃墟の中のコトリバコ③

AKYS:
遠野

AKYS:
おい遠野!

(立教)大学の校舎前でAKYSとMURが倒れた遠野の面倒を見ていた

遠野:
あれ?いつのまに外に・・・

AKYS:
・・・やっぱり意識がなかったか

遠野:
意識が・・・なかった・・・?それに、僕の後ろに
変な女性が・・・

MUR:
あれお前の死んだおばあちゃんじゃなかったのかゾ?

AKYS:
あんなのが守護霊なわけねえだろ。遠野が怒り狂った
姿見てねえのかお前

遠野:
・・・え?僕に何があったんですか?

AKYS:
説明してる暇はねえぞ。早く野獣を助けねえと
取り返しのつかない事になる

AKYS:
早くその廃墟へ案内しろ。野獣はそこにいるはずだ。

遠野:
・・・どうして先輩がそこにいるって分かるんですか?

AKYS:
アイツ、廃墟で「コトリバコ」見つけたんだろ。それに
お前がいう野獣の状態

AKYS:
大抵、あの悪霊に取り付かれた奴は元凶の場所に
いるはずだ。前に祓った奴もそうだった

AKYS:
もう時間がない。早くその廃墟に案内しろ

遠野:
MUR先輩。廃墟の場所、分かりますか?

遠野は前に訪れた場所が問題の廃屋とは把握してなかった(適当な場所でポイ捨てするのか…)

MUR:
え?遠野も知ってるんじゃないかゾ?

MUR:
あっKMRだったかぁ

すっとぼけてるように見せて廃屋まで二人を案内するMUR

MUR:
ここだゾ

AKYS:
こ・・・こんなおぞましい霊気を感じる建物に野獣を
入れたのか?

AKYS:
野獣を助けたら・・・反省文覚悟しとけよ

MUR:
おっ待てい。MNRも連帯責任だゾ

AKYS:
うるせえ!!

※廃屋に入ったのは言うまでもなく野獣の自業自得である

車が事故を起こすような衝突音が聞こえたので、振り返る三人

それは警察のパトカーで、血が辺りに飛び散っている(人を轢いたのかもしれない)

AKYS:
もう時間がねえみてえだな

廃屋(野獣が最初に入ったあの場所)へ侵入する三人

AKYS:
こっちだ

遠野はそこであのビデオテープを発見する

AKYS:
早く来い遠野

遠野:
あっはい

遠野はビデオテープを持っていく

三人でふすまの奥へ向かっていくが、遠野は途中で何かを見つけて立ち止まる

AKYS:
どうした

そこは壁にお札が貼られ、床に赤文字で『おかあさん だして』と書かれた部屋だった

いきなり天井に画面が移り、そこには『見てるよ』と書かれた紙も貼ってあった

そして元の場所に画面を戻すと、なんとそこにあの巫女が立っていた

遠野:
!?

しかし、遠野が退いた瞬間、巫女は消えてしまった

遠野:
そこに誰かいませんでした?

MUR:
いないゾ。

AKYS:
いや確かにいた。相当凶悪なやつが

AKYS:
だが気配がおかしい。まるで・・・別世界から
来たような異様な気配を感じたぞ

二階へ上がった三人は、奥から何かを回す音を耳にした(パズルを動かす音だと思われる)

遠野:
何の音ですか?

AKYS:
まさか・・・

AKYSは急いで奥へ向かう

AKYS:
やめろ野獣ううう!!!

奥の部屋に首を振りながら、箱を開けようとする野獣がいた

AKYS:
おい!!聞こえてるのか!

AKYS:
・・・聞こえてねえみてえだな

AKYSが野獣を蹴飛ばすも、野獣はびくともしない

AKYS:
か・・・・堅ぇ!!

AKYS:
くそ・・・全力で押さえてもビクともしねえ!!岩かよ!!

遠野がそこにやってきて野獣を必死で止めようとする

遠野:
先輩!!もうやめてください!!お願いですから!!

AKYS:
いい加減コトリバコから手を離せ!!
お前本当に死ぬぞ!!

MURが面白半分でそこに混ざろうとする

MUR:
面白そうだから俺も混ぜてくれよな~俺もな~

AKYS:
MUR!!邪魔するなどっか行け!!!

ここでカチッと音が鳴り、ついに野獣が箱を開いてしまう
三人が中を見ると、箱の中には黒い液体(落書き)が大量に入っていた

MUR:
何ゾ?この黒いの

野獣は白目をむきながら、口から黒い液体を出している


遠野:
先・・・・・・・・・・・・輩・・・・・・・・・・?

野獣はそのまま脱糞した

MUR:
野獣なんでウンコ漏らしてるんだゾ?

AKYSは野獣を担いで、部屋から飛び出していく

AKYS:
出るぞ!!!

遠野とMURもその後に続く

AKYS:
急げ!!!

しかし、MURはその場で立ち止まり、動かない

遠野:
M・・・MUR先輩!何立ち止まってるんですか!!
走ってください!!

MUR:
なあ、あの黒いのなんだったゾ?遠野知ってるか?

遠野が奥の部屋に目をやるとそこには真っ青に加工され、目が雑に黒く塗りつぶされたものや、
顔が歪んでいる少女のようなものなど計4つの女性の顔が出現し、その中央にはさっき遠野の
後ろにいた「器羽美」と思われるあの巫女が立っていた

遠野:
うわああああああああああああ!!!

遠野:
知らない!!知らない!!早く出ましょう!!!

そして街中までやってきた三人

遠野:
先輩・・・病院までもう少しですから死なないでください

けたたましい雄たけびが聞こえてくる(うるせえ!)

AKYSは立ち止まり、その方を見ている

遠野:
AKYS先生?

AKYS:
お前ら、野獣を頼むぞ

画面が暗転し、AKYSは走り去ってしまう

遠野:
え?ちょっ先生!!どこに行くんですか!?

MUR:
ん?KMRの奴ビルの屋上で何してるんだゾ?

KMRはビルの屋上のフェンスの外に立っていた

AKYSはビルの屋上に来て、KMRの説得を試みる

AKYS:
絶対に飛び下りるなよ。お前に取り憑いてる霊は簡単に
祓える奴だ

AKYS:
お前が考えてる程、強力な悪霊じゃあない。ゆっくりと
俺のところに来るんだ

KMR:
ああ、先生だったんですか。

KMRは振り返り、笑顔を見せる

KMR:
大丈夫ですよ。思ったより悪い霊じゃ
ありませんでしたから

KMRは足を滑らせたのか、そのまま落下してしまう

AKYS:
KMRぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

AKYSは雄たけびを上げて、KMRが落ちて行ったフェンスへ向かう

地面に落下した衝撃音がしたので、おそらくKMRは…

画面が切り替わり、MURと遠野が病室で野獣が目覚めるのを待っていた

MUR:
あっ野獣起きたゾ

遠野:
せ・・・先輩!大丈夫ですか!?どこも痛くありませんか!?

遠野の方を向き、いつもの調子に戻る野獣

野獣:
おっ遠野。今はお前の事で胸が裂けそうだよ☆

遠野:
ふざけないでください

野獣:
つーかさ、なんで俺病院にいるわけ?エナジードリンク
114514本飲んだからか?

野獣:
後もう少しで箱が開きそうだったのにな~。MUR先輩、
ちょっと俺の家まで取ってきてもらえます?

MUR:
何とぼけてんだよ。もう開けただろ。

野獣:
は?何言ってんのこの池沼?まだ三回しか
進んでないんですが

※遠野が捨てた箱を取りに来た事や、廃墟にいた事は覚えていない様子

遠野:
先輩?

MUR:
中身は黒い液体しか入ってなかったゾ。
それに野獣の口からも同じ液体が流れたゾ。あれコーラだゾ。

野獣:
まさか箱の中は金貨だったから独り占めしようとしてるんじゃ
ないでしょうね?いいからとっとと持ってこいよ

※そんなあさましい事を考えるのは野獣だけである

MURはさすがにキレて智将になる

MUR:
なんで俺が金貨を独り占めしなきゃいけないんだゾ。

そこへAKYSが入ってくる

AKYS:
よお・・・野獣目が覚めたか

野獣:
あっAKYS先生。悪いんすけど俺の部屋からカラクリ箱
持ってきてくれますか?後もう少しなんですよ~。

AKYS:
お前今日が何日か知ってるか?

スマホを取り出して日時を確認する野獣

野獣:
何日って・・・箱の解読してからまだ二日しか・・・

野獣:
日曜日・・・?

野獣:
あの日から4日経ってるじゃねえか・・・!
夜ふかしなんかするんじゃなかった・・・!!

※寝すぎである

野獣:
サカナクションのライブ行き損ねた!!

くだらない事で後悔する野獣を見かねた遠野はKMRの事についてAKYSに切り出した

遠野:
それよりKMRさんは・・・・大丈夫なんですか?

遠野:
ビルの屋上から飛び降りて・・・一体何が
あったんですか?

AKYS:
・・・・・・死んだよ

それを聞いて硬直する三人

AKYS:
肋骨骨折、内臓破裂、医者は全力を尽くしたが
駄目だったみたいだ。

野獣:
何の話してるんすか?

AKYS:
明日、部活は休みだ。学校が終わったら必ずKMRのお通夜
に参加しろ。いいな

それを告げて去っていくAKYS

『翌日』

街の外れを歩く野獣とMUR

野獣:
なんでKMR死んじゃったんすかね・・・

MUR:
多分ストーカーのせいだゾ。ソイツのせいでKMRは
殺されたんだと思うゾ

野獣:
クズっすねストーカー。許さねえっすよホント。つかMUR先輩
ってKMRが飛び降りたところ見ました?

MUR:
うん。なんか・・・地面に叩きつけられた後、笑顔のまま
動かなくなってお腹の中身が少し見えたゾ

路線列車の警告音が聞こえたので、そちらを見ると線路の上にKN(KMRの兄)がいた

MUR:
あの人何してるんだゾ?

KNはそのまま高速で突っ込んできた電車にはねられて死亡する

野獣達が事故現場を目撃したと知ってはしゃぐ一般人(AKNMとYTR)とジョニィ

一般A:
また死体見たんだってぇ!?

一般Y:
マ  ジ  カ  Y  O  ☆

ジョニィ:
二人連続ってすごいわ~。しかも連続で事故で
亡くなってもうてんの何かの呪いか?

ジョニィ:
電車で轢かれたとこはっきり見たんやろ?なあ、
どうなっとったか教えてくれんか?

野獣:
・・・よく俺の前でそんなこと言えるな

MUR:
思い出したくないゾ・・・。まさかあの人がKMRの親戚だった
なんて・・・。辛すぎるゾ・・・・

一般Y:
分かるよ~、俺もいとこの家族が火事で全滅しちゃって
一か月間胸が苦しくなった。  嘘やけど

一般Y:
でっその死体はどうなってたの?やっぱりミンチ?

クズな詮索をするYTR達にブチ切れる野獣と智将MUR

野獣:
答えるわけねえだろ!!お前ら何考えてんだ!!!

ジョニィ:
まあまあそう怒らんと。別にお前らをいじめとるわけやない
ただ、死体どうなっとったか知りたいだけや☆

ジョニィ:
あっもしまた死体見たら動画にして送ってくれや~。
ライブリークに投稿して心霊スポット大学として轟かすで~

一般Y:
よろぴく♪俺も協力するぜ!!

画面が暗転し、部室で落ち込む野獣とMUR、AKYS、遠野

野獣:
何度もしつこく聞いてきましたね
「死体どんなんだったか教えてください」って

MUR:
もう学校行きたくないゾ

野獣:
あんな奴ら、AKYS先生に殺されればいいのに。

本人がいる前でアホな事をのたまう野獣

AKYS:
空手は殺しのために使うもんじゃねえ。つかお前も勝手に
廃墟のもん手ぇ出してんじゃねえぞ

野獣:
「コトリバコ」って何すか?そんなに危ない
物なんすか?

AKYS:
ああ、絶対に関わってはいけない呪術具だ。お前はそれを
知らず解いてしまったからもうどうしようもないがな

AKYS:
しかもそのコトリバコは今まで見た中でも最悪なやつだ

AKYS:
女子供だけじゃなく男やペットさえも根絶やしにし、
最早"虚"しか残らん

AKYS:
史上最悪な"虚取り箱(赤文字)"だ。子取り箱とはわけが違う
※()は便宜上表示

AKYS:
だがわからねえことがある。お前はどうして生きてんだ?

野獣:
氏ねばよかったってか?

AKYS:
そうは言ってねえだろ。ただ、虚取り箱を解いたお前も死んで
なきゃおかしいってことだよ。

AKYS:
・・・まあお前からは一切何も感じないから大丈夫だと思うが
もう二度と怪しい所には近づくな

そう言って去っていくAKYS

野獣:
言われなくても近づくわけねえじゃんガキじゃあるめえし

※「裏S区」に行ったのも、「きさらぎ駅」周辺の集落に行ったのも、
「名前のない神社」に行ったのも、「禁后」の家に行ったのも、
カニバリズムの習慣がある「村」へ行ったのも、「器羽美」の家に行ったのもすべて彼である

そして、遠野は自分の部屋へ帰り、廃屋で拾ったビデオテープを再生しようとしていた

遠野:
・・・・・・・・

遠野:
廃墟で拾っちゃったけど・・・大丈夫・・・・かな・・・・・?

遠野:
ラベルを見ると・・・30年前のビデオテープ?
ちゃんと再生するかな?

遠野:
うぅん・・・怖いなぁ・・・・・

画面がブルーバック(BB)に切り替わり、再生を開始する

しばらくノイズの映像が流れた後、あの廃墟の奥の部屋へ向かう巫女の姿が映し出される

誰かが息を切らしながら巫女のそばへ近づいていくと、画面にあの時遠野が目撃した
真っ赤になった顔の歪んだ少女の姿が映り、どんどん顔が歪んでいく

そして、『あり・・・が・・・とう・・・』という声が聞こえて、ノイズの映像に切り替わる
再び、画面がBBに切り替わり、右上に『■停止』と表示され、終了
50:えころ :

2018/01/14 (Sun) 12:53:05

転校生メアリースー①

暗転した画面で何やら騒々しい

一般1:
なあ、医学部に転校生が来たらしいぜ

※早速コメント欄で「転校生」じゃなくて「編入生」だと突っ込まれている

一般2:
へえ、どんな奴?

一般1:
確かスイスの隣国から来た留学生らしい

一般2:
え?マジ外国人!?凄くね!?

一般2:
男!?女!?

講堂で話をしていたのはAKNMと偽MUR(ホモガキ)であった

一般1:


一般2:
マッジかよひゅ~!こうしちゃいられね~!!

そう言って去っていく偽MUR

一般1:
ッチ。なんで男じゃねえんだ

ホモの鑑のような言葉を残して去っていくAKNM

そして空手部はいつものように部室で会話をしていた

野獣:
KMR~、焼きそばパン買ってきてくれよ~10人分

KMR:
嫌です

MUR:
野獣、焼きそばパン10個もどうするんだゾ?
皆に分けるのかゾ?

野獣:
自分の分に決まってるじゃないですか。なんでアンタらと
一緒に食べなきゃいけないンすか?もったいない

野獣:
お金渡すから行ってこい。お釣りは返せよ。MUR人形に
良いとこ見せてこい

KMR:
なんで行かなきゃいけないんですか。楓ちゃんの言葉使えば
僕が動くと思ってるんですか?

KMR:
逆です。MUR先輩の人形あまり関わりたくありません。この際
言いますが楓ちゃん別に僕に恋してるわけじゃありませんからね。

野獣:
嘘ついてんじゃねえよ一目ぼれっつってたぞおばさん

KMR:
気にいられただけですよ。それはおばさんのジョークです

MUR:
おっそうだな。姉ちゃんがKMRに恋心抱くなんてよほどの事が
無い限りありえないゾ

野獣:
うんもう分かったから早く行ってくんない焼きそばパン

KMR:
今日、食堂でフランス料理出るらしいっすよ。そっちで
良いんじゃないですか?

そして食堂へやってきた空手部
そこには遠野もいた

野獣:
おっ遠野~。お前もフランス料理食いに来たのか~?

遠野:
はい。先輩もですか?

野獣:
おう!今日フランス料理出ると言うのに
食堂に来ない無知なんてどこにいんの。

KMR:
アンタついさっき僕が言うまで焼きそばパン10個食べようと
したじゃないですか

野獣:
何の事?んなことよりも遠野さ、お前が食べたいもの全部
俺が奢ってやるよ。何がいい?

遠野:
そ・・・そんな・・・悪いですよ。そこまで気を使われたら
先輩のお金が

野獣:
気にすんなって、俺とお前の仲だろ?遠慮せずガンガン
食べようぜ!なんせ今日はフランス料理の日だからな

遠野:
はあ・・・分かりました。ありがとうございます

野獣:
KMRもMUR先輩もどうっすか?今日は俺の奢りっすよ
一緒に食べ比べしましょうよ

MUR:
おっそうか~?だったら遠慮なく奢らされてもらうゾ~

野獣:
うぉ~っし。フランス料理バリバリ食べた分、部活で
消費するぞ~!

野獣、MURに近づいて耳打ちをする

野獣:
あのすみません、自分あまりお金持ってないんで2万円ください

MUR:
いいゾ~ ホラッ

MURからこっそり2万を頂戴する野獣
※後輩に格好つけるために先輩に金をせびる相変わらずのクズである

野獣:
じゃけん今すぐ買ってきますね~

野獣は金をもらって食事を買いに行く(早すぎィ!!)

MUR:
楽しみだゾ~

野獣は人混みをかき分けて"Bowl"や"Noodle"と書かれた台所まで進んでいく

遠野:
それにしても凄い人気ですね、あれじゃあ全部は
食べれないんじゃないですか?

MUR:
大丈夫だゾ~。野獣を信じるゾ~

KMR:
なんで信じる必要があるんですか。どうせ全部売り切れで
ブチ切れながら戻ってくると思いますよ。

野獣、人とぶつかり、つまずきそうになってそこでキレる

遠野:
・・・あれ?あの人たちって並んでます?

KMR:
先輩が列を割り込んでるんじゃないんですか?

遠野:
先輩はそんなことする人じゃありません。KMRさんも何か
おかしいと思わないですか?

※野獣は"そんなこと"する奴である
遠野は人混みに何か違和感を覚えている様子

KMR:
・・・言われてみれば並んでないですね。みんな何で
あそこに集まってるんでしょうか?

野獣は人混みの中にいた見知らぬ女の子(HNS姉貴)の視線を感じた

野獣:
・・・・何?

野獣、いきなり女の子に抱きしめられて(首をつかんでるようにしか見えないが)臭いをかがれる

???:
ハロー!君って皆と違って独特な臭いしてるね!
なんだか珍し~!

野獣:
やめろ!!

野獣は女の子を振り払う(ホモの鑑)

???:
おっと!ごめんね、いきなりだとちょっとビックリしたよね?

野獣:
唐突過ぎるんですがそれは。つか初対面に対して
抱き締

???:
私の名前はメアリー・スーって言うの!スイスの隣の
リヒテンシュタインのエッシェンから来たの!よろしくね!

話も聞かず自己紹介を始めるメアリーに呆れる野獣

野獣:
誰が自己紹介しろっつった?

野獣とメアリーの周囲にいる人影が次々メアリーに自己紹介を始める

一般:
おっ俺は竹中雄介!経済学部なんだ!

一般:
僕は琴浦恭介…君と同じく医学部所属だ。
これからも仲良くしよう

その中には偽MURもいた(どんな名前だよ)

一般2:
俺、位下本 樽井夢っつうんだ!メアリーちゃんの事、
詳しく聞かせてよ~!!

盛り上がる周囲とは対照的に白けた様子の野獣

メアリー:
うん!それじゃぁ何から聞く?何でも答えてあげちゃうよ!

そして、その場から去っていく野獣

食堂で出るには贅沢な料理(ただの切り貼り)を食べる野獣達(食い方が汚い)

野獣:
何なんすかねえあいつ、いきなり馴れ馴れしく話しかけて
来ましたよ怖い怖い

KMR:
あの人達・・・転校生に集まってたのか。
随分と人気ですね

遠野:
外国から来た留学生だから珍しいんじゃないでしょうか?

野獣:
そういやアイツ、スイスの隣から来たっつってたな。
まっ俺にはどうでもいいけど

※リヒテンシュタインはオーストリアとスイスの間に位置する国である

MUR:
上手いゾ~コレ

KMR:
スイスの隣かあ・・・いっぱいあって分かんないや

※フランス、イタリア、ドイツ、オーストリア(とリヒテンシュタイン)に囲まれた国である

空手部は部活を終えて寝っ転がっている

野獣:
ふぅ~疲れたもぉ~

MUR:
疲れたな~

野獣:
やめたくなりますよ~部活~

MUR:
どうっすかな俺もな~

野獣:
お前さKMRさ、何かうまい店とか知らない?それも奢って
やるから行こうぜ(まだ1万2千円残ってる)

※食堂で8000円を消費したらしいが、他人から頂戴した金で"奢る"とは言わないだろう

KMR:
駅前のショッピングモールに有名なドーナツ屋ができた
みたいですね。

MUR:
おっそこ知ってるゾ~。確か本来イギリス限定だったお店が
日本に初めて上陸してそれが近所に出来たんだろ~?

※イギリスは正式には「グレート・ブリテン及び北(部)アイルランド連合王国」といい、
4つの国からなる連合国の名称である。「イングランド」、「ウェールズ」、
「スコットランド」、「北アイルランド」があり、その中でもスコットランドは独立運動を
行っている事で話題になったが、ここでは具体的にどの国を指しているかは不明である
4つの国全てを指しているかもしれないし、その中のいずれかを指しているかもしれない

野獣:
ドーナツかあ。まあいいか、最近甘いもん食べてないし
イギリス限定だから損はしないでしょ

そして、ドーナツ屋にやってきた空手部だが、そこには長蛇の列ができていた

野獣:
並びすぎィ!!

KMR:
この行列を見るとドーナツが非常にどうでも良くなってきますね

※コメント欄でも行列に並ぶ事を嫌悪する声が出ている模様(ホモはせっかち)

MUR:
かつ丼食べたいゾ~

野獣:
そうっすね。わざわざ並んで食うものじゃないってはっきり
分かんだね。ここやめてかつ丼食いに行くぞ。

そこにまたあのメアリーが出現する

メアリー:
おや、そこにいるのは野獣とその仲間達じゃない!

"仲間達"呼ばわりされて振り返る空手部

しかも相変わらず彼女の後ろには人だかりができている模様

野獣:
…お前もドーナツ買いに来たのか?

メアリー:
ううん、大きなモールを見に来ただけ

KMR:
貴方って昼休みに食堂にいた転校生ですよね?

メアリー:
あははーちょっと騒がしかった?ごめんねーどうしてだか
私の回りには人が集まるのよ

MUR:
凄いゾ~メアリーちゃんの周りにいっぱい人が居るゾ
クラス一つ纏められるくらい居るんじゃないかゾ?

メアリー:
そういえばこの行列ってイギリスにしかなかったドーナツの店の
行列だよね?

KMR:
はい

メアリー:
野獣達と話してたら私も食べたくなってきたな~

野獣:
そう。並ぶならあっちだぞ。食べたいなら最後尾まで行け

その時、金魚のフン(面倒なので以降こう呼ぶ)の一人が野獣の態度に難癖をつけてくる

一般:
おい!メアリーさんに失礼じゃないのか!?

一般:
そうよ!貴方はメアリーさんをただの編入生だと
馬鹿にしてる!

※便乗するのは良いけど、「転校生」か「編入生」かはっきりして欲しいものである

一般:
メアリーさんにそんな冷たい態度取るなんて。
空手部ってろくな奴がいないな

うざい(知能指数まで低下してそうな)レベルの擁護を聞いてちょっとキレる野獣

野獣:
お前ら喧嘩売ってんの?

野獣:
そこまで言われる筋合いは無いし、そもそもそんな大人数で
割り込めると思ってるわけ?

※野獣はメアリーの金魚のフンが長蛇の列に割り込んでくるものだと勘違いしてる様子

野獣:
つかお前らが言った言葉全部ブーメランになって帰ってきてる
の気付かない?ん?

野獣の言葉にブチ切れる金魚のフンの一人

一般:
なんですって!?今の言葉撤回しなさいこのステハゲ!!

メアリー:
んー野獣の言う通りだよ。じゃぁ習って並ぼうか!

一般:
おお!メアリーさんって良識があるんだな!

一般:
こんな大人数なのに並ぼうって思うなんてさすがです!

一般:
誰にでもできる事じゃないよ

どこかで聞いたようなセリフを残して去っていくメアリーと金魚のフン

野獣:
なんなんだあいつらは

KMR:
……そんなに外国から来た人間が珍しいんでしょうか?

野獣:
外人なんて日本に腐るほどいるのに興味持ちすぎじゃね?
フィリピンパグ行けっての

※パグじゃなくて「パブ」である

KMR:
そんなことよりかつ丼食べに行かないんですか?

野獣はメアリーに対抗意識を燃やしたのか、ドーナツを食べる事を決意する

野獣:
もういいよめんどくさくなってきた。とにかく並んでドーナツ
買って帰ろうぜ

そして、ドーナツを食べる空手部だったが…(画面に映ってるのはサーターアンダギーかな)

KMR:
うわぁ・・・何これ。こんな歯が痛くなる砂糖の塊の為に
2時間並んだんすかぁ?

MUR:
母ちゃんから食べ物は残さず食べろと言われてきたけどこれは
無理だゾ。油と水あめで胃が気持ち悪すぎるゾ

メアリーに対抗意識を燃やした事に憤りを覚える野獣

野獣:
・・・・・・・・・・チッ

野獣:
かつ丼食いに行けば良かったっすね

『翌日』

大量の鯉に餌をやっている映像が流れる(野獣があげている模様)

野獣の後ろにメアリーと金魚のフンもいた

野獣:
お前らよくこんな甘い物食えるな~。病気になるんじゃない?

メアリー:
鯉好きなの?

野獣:
うん好きだよ。糞マズイもん食ってくれるもんな~

どうやら鯉に粉砕したドーナツをあげていたようだ(食べるのか…)

メアリー:
やたらとドーナツを与えてるけど。それ凄く美味しいんだよ?

野獣:
砂糖の塊が何か?だからこいつらに分け与えてんだけど

メアリー:
勿体ないなぁ。それ要らないなら私に頂戴よ。
食べかけでも構わないからさ

相変わらずメアリーが気に食わず煽る野獣

野獣:
力士目指してんの?別にいいけどさよくそんな
大量にドーナツ食えるよな

メアリーは手にドーナツの紙袋を持っている

メアリー:
う~ん。すっごい買ったから分かんない。たしか30個かな?

メアリーの後ろで無理してドーナツを食べ続ける金魚のフン

一般:
おいしよね~  モグモグ(小文字)
※()は便宜上表示

一般:
こんな美味しいのを鯉に上げるなんて随分とリッチなのね
    クチャクチャ

※鯉は安い個体から高い個体までピンキリである

画面が暗転し、ガバ穴ダディーの四人目が数学の講義をしている様子

教師:
したがってα+2=6-αは、2α=4となり答えは
α=2です

※なぜか1次式に"α"を使っている("a"の筆記体が"α"に似ているのでそう表現したと思われる)
定数"a,b"や変数"x,y"を用いるのが一般的だが、"α"は複素数や角度、自然科学の範囲で言えば
角加速度や膨張率などの量記号として用いられる事もある記号である

教師:
これが方程式です。これは試験にでるからしっかりと勉強
するように

中学1年レベルの数学の講義に唖然とする野獣

一般:
何だ野獣、早速ついていけなくなったかwww

一般:
空手部の奴らは脳みそ筋肉で出来てるからなwwww
解けないも同然wwwwww

野獣:
あまりにも簡単すぎるんですがそれは・・・・いつからこの大学
中学レベルに落ちたん?

中学レベルの学習内容をメアリーに教えてもらおうとする金魚のフン

一般:
メアリーさん!悪いんだけど…もうすぐ試験だから
私に数学教えてくれない?

一般:
俺も俺も!今回のテスト全く自信ないんだよな~。
メアリーさんが頼りなんだ頼むよ~

えぇ・・・とドン引きする野獣とは対照的に喜ぶメアリー

そして図書館に来た野獣とKMR

野獣:
面白そうな漫画ねえな~。バビロン36の新刊まだ
だったしそろそろ帰ろっかな

KMR:
そうですね。試験も近い事ですし

野獣が図書館から帰ろうとするとまたメアリーと金魚のフンに出会う

メアリー:
あっ野獣~

野獣:
ッチ。またお前かよ今度はなんだ

KMR:
最近メアリーさんによく会いますね・・・。

一般:
メアリーさん!この本とかどうかな?

『隣の家の少女』という小説が画面に表示される

メアリー:
あ~その本ね。全部読んだけど最初から最後まで
ひどいよね~

なぜか本の内容を酷評し始めるメアリー

メアリー:
本当、この継母ったらムカムカしちゃうわ!私だったら
隣の家で子供が虐待されてますって警察に通報してるのに!

メアリー:
いえ、違うわ。私がこの本の中に入って継母達を懲らしめて
主人公の男の子と永遠に幸せに暮らさせちゃう!

メアリー:
きっと、継母も弱い人なだけだったんだからちょっと懲らしめて
やれば分かってくれるわよ!だから、説教だってしちゃうわ!

熱弁をふるうメアリーにドン引きする二人

一般:
さすがメアリーさん!そっちの方が絶対に面白いのにね!

一般:
ああそうだ!この本とかどう思いましたか!?

※モザイクの濃度が高すぎて何が映っているのか分からない

メアリー:
その本も読んだけど本っ当に酷いわ!

メアリー:
読み物なのに誤字とかあるのも酷いけど…
何より登場人物の無残な最期よ!

※これは作者による自虐の発言と思われ、お前じゃい!というコメントが多く寄せられている

メアリー:
裏の村の常識が通じない人たちにだって解決策があるはずよ
無残な姿になった恋人だって名医に任せればきっと
元通りに元気になった筈!

メアリー:
笑顔で殴ってくる村の人たちなんか、私の力でなぎ倒して
懲らしめてやるわ!トワーッて

※もしかすると「裏S区」の話かもしれない
明らかに威嚇になってない構えを披露するメアリー

メアリー:
後、この呪いのゲームの話!それが一番ひどい!
誰も幸せになってない!

※今度は「深層ウェブ」の話をし始めた模様

メアリー:
私だったら、そんな嘘つき幽霊なんか破ぁっ!
してやっつけちゃうわ!

身体をシャキーン!と光らせて「禁后」に喧嘩を売るメアリー

メアリー:
名前のない神社の話だって私がいれば連れてかれた人も
幽霊も助けられたのに

作中最強クラスの実力を持つ怪異「器羽美」も助けるとのたまうメアリー

メアリー:
バッドエンドにする意味が分からない!私だったらこんな
幽霊も怖くないのに!みんなを幸せに出来たのに!!

一般:
そうですよね!そっちの方が絶対面白いですよね!

一般:
作者よりメアリーさんがこの本を書けば良かったのに

一般:
寧ろメアリーさんがいれば原作いらなくない?

これでもかというぐらい作者の自虐話が展開されたところで画面が暗転する
51:えころ :

2018/01/14 (Sun) 17:12:37

転校生メアリースー②

図書館からの帰り道

野獣:
さっきの凄かったな。あんな気持ち悪い事言う奴
初めて見たわ

KMR:
話の意図を理解せずに批判する人はよくいますけどね

KMR:
でもそれを『自分だったら』とか『もし他のキャラだったら』とかで
物語のテーマを知らずにするのは・・・

※パラレルワールドに対する風刺のような発言か

野獣:
自分の世界に行かせておけばいいんじゃね?

『翌日』

野獣は部室でAKYSと稽古をしている様子

野獣:
うわぁぁぁぁ~嫌だぁぁぁぁ~部活~

AKYS:
弱音吐いてんじゃねえ。お前は何のために
空手部に入ったんだ?

野獣:
そりゃあ強くなるため(かつあげ)っすけどこんなの毎日じゃあ
体が壊れますよ~。最初は週二日だと思いました(小文字)

AKYS:
甘えてるんじゃ虫も殺せねえぞお前

AKYS:
それよりKMRとMURは何してんだ?
もう部活始まってんのによ

誰かが部室へ入ってきた

野獣が振り返るとそこには、メアリーと金魚のフンを連れたMURとKMRがいた

KMR:
ここが空手部ですよメアリーさん。どうですか?
僕達は空手の稽古を受けてるんです

MURはともかくKMRは完全にメアリーの洗脳にかかってしまった様子

メアリー:
うわ~広ーい。君達はここで悪い奴らから身を守るために
鍛えてるのね~

MUR:
大体合ってるゾ~

呆れる野獣

野獣:
またアイツだよ。しかも二人と仲好くなってるし

AKYSはその奇妙な場面にただ困惑している

AKYS:
・・・・・・・・・・・・?

メアリー:
あの~すみません。貴方が空手部の先生ですか?ちょっと
手合わせお願いしたいんですが

メアリーがAKYSのところまでやってくる

AKYS:
・・・・いや、ここは女が入るところじゃねえ。
出てってくれねえか?

すかさずかみついてくる金魚のフン

一般:
ちょっとAKYS先生!!
メアリーさんをバカにしてるんですか!?

一般:
それ女性蔑視ですよ?もしかしてメアリーさんに敵わない
からそう言ってるんじゃない?

偽MURが画面端から「そうだよ」と便乗してきて消えていく

野獣:
AKYS先生、こいつ殺しちゃっていいすよ。死体は山に
埋めておきますんで

AKYS:
殺しはしねえし俺は女と相手する趣味はねえよ。
頼むから出てってくれ。稽古の邪魔だ

不意を突いて襲ってきたメアリーに蹴りで応戦して返り討ちにするAKYS
メアリーは壁に激突してそのままずるずる倒れる

野獣:
やりますねえ!見ててスーっとしましたよ!

とっても嬉しそうな野獣と複雑な気持ちになるAKYS

AKYS:
おっおい・・・大丈夫かメアリー。悪い、つい空手の癖でよ・・・

メアリー:
大丈夫ですよ先生。しっかし本当に強いね~さすが空手部、
私が小さい頃に私の才能を認めてくれた
レヴェット准尉と同じ強さだよ~

メアリーは何事もなかったかのようにAKYS達のところまでやってくる

野獣:
おう、本気出してない言い方してんな?
調子乗ってんの?負け惜しみか?

メアリー:
乗ってないよ~。ただ、空手部の実力を認めただけ。

メアリー:
それに私が本気を出したら顧問の先生病院送りだよ?
そんな目にあわせたくないし部活できなくなるのも嫌でしょ?

そんなメアリーの姿を見て隙あらば称賛する金魚のフンとKMR

一般:
さすがメアリーさん!あえて手加減したというのにあの実力
タダものじゃない!!

KMR:
なんて優しい人だ。全ての人がメアリーさんだったらいいのに

大言壮語を吐いたメアリーをさらに煽る野獣

野獣:
AKYS先生、こいつ葬式の主役にしましょうよ。
先生の実力、今こそ解放する時です

AKYS:
ふざけるな頼むから出てけ。さっきから邪魔だっつってんだろ

「お粗末様でした・・・」と頭を下げて、部室を去っていくメアリー

野獣:
何で相手しないんですか?このままだと馬鹿にされますよ

野獣:
あいつらも部活サボって何あんな奴とひっついてんだ。
気持ち悪くねえのかよ

AKYSはメアリーに何か違和感を覚えた様子

AKYS:
なあ野獣、変な質問するけどよ

野獣:
はい

AKYS:
アイツは人間なのか?

画面が切り替わり、ネオン調となった空間で『宇宙一勇敢で美しい女戦士』と書かれた
土台の後ろに立つメアリーとそれを囲む金魚のフンの姿があった

視点が階段の方へ切り替わり、上っていくとダイヤの形をした窓の小さな扉がある
それを開けるとメアリーがブルーバック(BB)で映したモニターがあり、壁にアニメキャラ
(まどマギ等)のポスターが貼られた小さな部屋に入る
そこにはコスプレをした顔に真っ黒なモザイクが施された女性が座っていた

そして画面に『Who I really am.』という英文が左右に8つずつ(計16文)表示される

メアリー:
やっほ~野獣☆私の正体知っちゃったみたいだね

野獣、驚いて自分の部屋のベッドで目を覚ます

野獣:
ファッ!!

野獣:
・・・変な夢見ちまった。

野獣は気だるげな感じで近所を散歩している
すると、遠野がメアリー、KMR、MURとともに楽しそうに野獣の横を過ぎていく

それを見て「は?」と驚愕する野獣

場面が変わり、大学の講義はもはや幼児レベルまで低下しており、
課長が「三匹の子ブタ」の読み聞かせを行っていた

教師:
ある日、大きな悪いオオカミが、最初の仔ブタの扉を
叩いて言いました。

教師:
「仔豚くん仔豚くん俺を中にいれておくれ」
仔ブタはそれに答えました

教師:
「いやだ、いやだよ、入れてやらない。ぼくのあご、あご、あごのひげに
かけて中に入れてやるもんか」「そうかい」オオカミは言いました

大学敷地内のベンチに座って独り言をつぶやく野獣

野獣:
なんか最近授業が中学レベルに落ちて楽勝になってきましたね~
このままいけば楽して卒業出来るんじゃね?

野獣はONDISKから声をかけられた

ONDISK:
あれ?野獣君はメアリーさんの影響を受けてないんですか?

野獣:
影響ってなんの事っすか?授業の幼児化の事っすか?

ONDISK:
そうですねぇ。大学全体が幼稚園みたいになったのが
彼女の影響だとしたら?

野獣の隣に座るONDISK

野獣:
もしそうだとしたらそこは評価しますねぇ。

野獣:
でもなんでもない事で皆がアイツを称賛したりするのは
違和感バリバリですねぇ

ONDISK:
・・・私は中学レベルの授業なんてやりたくないからいつも自習に
してますよ。

ONDISK:
メアリーさんも可哀想な人ですよ。親は何を思って自分の娘に
スタートレックの二次創作キャラの名前を付けたんですか

※「メアリースー」の概念は日本のネットで広く浸透しているが、古い資料を元とするため、
その定義も訳者の解釈によってコロコロ変わり、現在もその意味は一意に定まらないらしい
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%A1%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%BC

野獣:
……スタートレック?…二次創作?

ONDISK:
二次創作を作る際、ある人はオリジナルキャラを作って既存キャラと
関係を持たせたり恋させたりする事があります

※『極・魔導物語』の田中一郎とアルルの関係はまさにこれに該当する

ONDISK:
嘲笑うのに丁度良い話がいつの時代も多かったですから。その時に
それを揶揄するキャラクターを用いた話が出てきました。
その話の主人公がメアリー・スー

ONDISK:
そこから主人公の名前がダメなオリジナルキャラクターに対して
使われる用語に採用されて今や彼女も有名人です。

※文章が少しわかりにくいが、
『彼女の名がダメなオリキャラを指す用語として採用され、広まった』という事であろう

ONDISK:
よくメアリーさんはグレずにあんな無駄に優しい子に成長しましたね。
そこは評価します

その話に聞き耳を立てていたメアリーと金魚のフン、そしてMURとKMR

一般:
おい、こいつ君の事馬鹿にしてるぞ

一般:
なんだと?メアリーさんの悪口を言うな!

一般:
そうよそうよ!貴方達にメアリーさんの何が分かるの!?

メアリー:
まあまあ皆落ち着いて。私全く気にしてないから

一般:
ふん、そこまで言うなら明日の中間テストで
勝負しようじゃないか!野獣!!

バカな事を言い始める金魚のフンに呆れる野獣
※「中間テスト」という言葉に突っ込みが溢れるコメント欄

野獣:
はあ?

一般:
そうよ!貴方がメアリーさんに勝ったら
いくらでも暴言を吐くが良いわ!

野獣:
おい。俺がいつコイツに暴言を吐いたよ

一般:
見てなさい!メアリーさんが貴方をコテンパンに打ち負かす所!

KMR:
いえ・・・全く勝負にならないと思いますが。メアリーさんが勝つのが
目に見えてます。さすがに野獣先輩が可哀想

野獣:
お前さKMRさ、あんな中学生レベルの問題俺が解けないとでも
思ってんのか?大学生だぞ

一般:
じゃぁ、皆で勉強会だ!野獣をとことん打ち負かしていこうぜ!
ね!?メアリーさん!

メアリー:
うーん、私野獣の事そこまで嫌いじゃないんだけど…皆やる気が
あるのは良い事だね☆やろうやろう!

MUR:
おっそうだな。じゃあ俺も猛勉強

KMR:
MUR先輩は必要ないです。学年が違いますから

※野獣とメアリーは後に二年次生と判明する事から、KMRと遠野はその後輩なので
一年次生となる。しかし、MURの学年は不明(池沼すぎて凄い浪人してる可能性もある)

画面が暗転し、学内の廊下でAKNMと会話をする野獣

野獣:
おいAKNM、お前もメアリーのぞっこんか?あんな自己中女の。

AKNM:
メアリーさんを自己中女に置き換えんな。お前、学校の奴ら全員に
嫌われてんの知らねえの?

野獣:
俺が何したってんだよ。そもそもあんな奴のどこがいいのか教えて
貰いたいわ

AKNM:
・・・じゃあ俺がメアリーさんの全てを教えてやるよ

メアリーのクッソ長いプロフィールが画面上部にスクロールしていく


1993年11月11日、スイスの隣のリヒテンシュタインのエッシェンで
生まれる。産まれた時から母と父は悪魔信仰で教会の
神父ジャック・スターが産まれてきた赤ん坊の美しさに心を奪われ
彼女を父と母の元から引き離す。しかし、悪魔を呼び覚ますのに
娘の血肉が必要な父と母は娘を攫った神父を探し始めるが神父は
彼女を地下室で彼らから隠して育ててきた。


野獣は途中から飽きてその場を去ろうとするが、AKNMがその後を追う


しかし、父と母は娘の血肉を求める為に自ら悪魔になる事を
決意し上級悪魔のルシファーに身体を乗っ取られてしまう。


大学から出ても執拗にメアリーの説明を続けるAKNM


そのことを知った神父はメアリーに護身術や勉強を熱心に教え、
悪魔の存在を知恵で対抗できるように育てた。メアリーはその知性と
体力とユーモアで学校の皆からも人気があり


野獣:
もういい

走り出してAKNMから逃げ出す野獣

野獣:
もういいっつってんだろ!!


学校一のイケメンとヨーロッパ一のアイドルが彼女を取り合って
戦争を始めたり、学校側もメアリーを守る為にアイドルの軍隊と
戦う事を決意。


野獣:
しつけえんだよなんなんだおめえよお!!!


しかし、この戦争はあまりにも悲惨な物だった。クラスは全滅し、
アイドルも半数以上が死に。この惨状を嘆いたメアリーは、涙を流
すとその涙が波紋を呼びゼウスが地上に降り立ち
死んだ生徒とアイドル達を全員蘇らせ―――


長い上にあまりにも非現実的であるプロフィールを聞かされ、小学生並みの煽りを返す野獣

野獣:
分かった!!凄いねえメアリー様は!!君の説明で
偉大さが分かりましたはい消えろ!!!

『翌日』

数学の答案用紙を渡されるが、問題がもはやひどいレベルである

『二学年中間試験 数学   名前』


(1)次の問題を解け
α+5=α-3

α-39=3(α+4)

α+5(6+9)=364+1919

(2)とある盗賊の集団がいました。大量の宝石を分ける事に
  なったが4つ分けると5つ足りない、3つに分けたら
  8つ余る。さて、盗賊は何人いる?


※ちなみに(1)の解答は0=-8となり、解なしになり、
(2)の文章題も"4つ分けると"とやはり作者が日本語が苦手なため、分かりにくくなっている
これは"みんなの取り分を4つずつに分ける"という意味だろうが…

一応地の文があれなので、解答を載せておく

(1)
α+5=α-3
=α-α=-3-5
=0=-8
∴解なし(左辺と右辺が合わない)

(2)
α-39=3(α+4)
=α-39=3α+12
=(3-1)α=-12-39
=2α=-51
∴α=-51/2

(3)
α+5(6+9)=364+1919
=α+5×15=2283
=α=2283-75
∴α=2208

(2)
盗賊の人数をxと置くと
4x-5=3x+8
=(4-3)x=8+5
∴x=13
つまり、盗賊は13人いる事になる。ちなみに宝石は「(4×13)-5=47」で47個ある

野獣:
foo~無茶苦茶簡単

野獣:
頭抱えてる奴いるけどこれの何が難しいンすかね~?
勉強しなくてよかった

廊下でメアリーを囲んで騒ぐ金魚のフンを軽蔑の眼差しで見る野獣

一般:
あ~難しかった~

一般:
それにしてもあんな難しい問題をスラスラ解ける
メアリーさんはすごい!

メアリー:
それより皆が必死に勉強した事が凄いと思うんだけどな~
きっとみんな良い点数取れるよ!

一般:
あ~優しいな~メアリーさん

一般:
野獣の奴、ぜってー適当に回答しただろwwwあんなに早く
終わるわけないからwwww

一般:
脳みそ筋肉で出来てる癖に勝負に挑むからこうなるんだwwww

野獣の横に『<言ってろ』という字幕が表記される

画面が暗転し、英語の試験用紙が配られるが、これもひどい内容

『二学年中間試験 英語   名前』


次の英文を日本語に訳せ
This is a pen

This is a boy

I am pingu

Do you study English?

Who are you?

When is the party?

I love you

They kissed each other happily and end


※まず全文『.』が抜けている。これをテストに出すわけにはいかないだろう
最後の文は「二人は幸せなキスをして終了」と思われるが、どこかの翻訳サイトで
文を変換して適当に引っ張ってきた可能性が非常に高い
固有名詞『Pingu』の最初も小文字になっており、極・魔導から英語力も変化していない模様

野獣:
お腹すいたなぁこの辺にあるうまいラーメン屋でもいこっかな~

『翌日』

講堂でざわつく金魚のフンとじゅんぺい(syamuではない)

一般:
絶対にメアリーさんが一位よ!

一般:
野獣の奴に吠え面をかかせてやろうぜ!あいつ全然勉強
してなかったしな!!

野獣は手に結果の書かれた用紙を持っている


中間試験結果 野獣
数学 100点
文学 100点
国語 100点
理科 100点
英語 100点

総合順位 1位


※中学生の5教科のうちの一つである「社会」に対応する科目がなく、
代わりに「文学」(内容不明)を入れているところも作者が大学に関して無知である証拠である
序盤に登場した竹中雄介なる人物が「経済学部」を名乗っていたため、「社会科学」の範囲にある
「経済学」を入れても良かったかもしれない

金魚のフンが何やらざわついてる

一般:
え………?
嘘…嘘よね…?

一般:
二位…?いや…いやいやいや…

じゅんぺい:
あ・・・焦んなよ。野獣なんかどうせビリだし勝ってるも同然だろ?

じゅんぺいが野獣のところへやってくる

じゅんぺい:
おい野獣!!お前の順位見せろ!!

野獣:
ん?好きにすれば?こっち飲み過ぎてそれどころじゃないんだよなぁ

じゅんぺいから用紙を奪い取ったじゅんぺいはそれを見て発狂(tehu)しながら、紙を
紙吹雪のように破いて周囲にまき散らした

じゅんぺい:
あああああぁぁぁぁああああ!!!

一般:
おっおい…何位だったんだよ!

じゅんぺい:
………55位

野獣:
は?

事実を認めたくなくて苦しい嘘をついて必死に隠蔽しようとするじゅんぺい
(頭悪すぎィ!!)

じゅんぺい:
55位だよ!こいつ、恥ずかしいからって俺たちに隠してやがった!

一般:
なぁんだ、やっぱりお前メアリーさんに負けてんじゃねぇかよ~
空手バカ

野獣:
ブーメラン発言どうも。廊下に試験結果貼ってあるからそれ見て
みろよ。

一般:
はぁ?なに自信げに言ってるの。アンタが55位って事に
変わりないから!!!

※「自信(あり)げに」である

廊下に貼られていた用紙にはこう記載されている

『二学年 中間試験結果発表』


一位 野獣
二位 メアリー・スー
三位 森本和義
四位 ジョニィ
五位 石岡白実


それを見て落ち込む金魚のフンとじゅんぺい

野獣:
お前ら馬鹿じゃね?あんな義務教育で終わらせる問題すら
解けないなんて中学からやり直せよ

野獣:
あっ!いくらでもメアリーの暴言吐いてもいいんだっけ?んじゃ、
遠慮なくアイツを馬鹿にしてきま~す

画面が薄暗くなり、頭を抱えるじゅんぺいや怒りに燃えるKMRが映る
『嘘だ』、『冗談じゃない』、『認めない』、『こんなのあり得ない』と表示さる

野獣:
おっおい・・・お前らなんて目で俺を見てんだよ

『糞野獣』、『最悪なクズ野郎』、『空手バカのくせに』、『許せない』、
『てめえに選ぶ権利なんてねえ』と表示される

野獣:
それにお前らが仕掛けた勝負じゃねえか・・・。結果を
受け入れろよ・・・

野獣の後ろにメアリーがやってきた

メアリー:
あっ、一位は野獣なんだね!おめでとー☆

野獣は振り返り、メアリーにこの異常事態について尋問を始めた

野獣:
おい・・・お前何した・・・?

するとブラックバックになり、メアリーはこう告げる

メアリー:
大丈夫。これも物語の中の一部だから

野獣は階段を上り、金魚のフンから逃げ始める

メアリー:
止めて!皆野獣を追いかけないで!野獣だって
話せばわかる筈よ!

そして、屋上まで逃げてしまい、そこで行き場を失う野獣

野獣:
な・・・なんで俺、屋上なんかに逃げたんだ馬鹿か!?
下り階段に行けば逃げれたのに・・・!!

野獣:
やべえ・・・やべえよ・・・あいつらなんなんだよ・・・!イキすぎてん
じゃねえか・・・!!

野獣が外から鍵をかけた屋上の扉を叩く音がする

どこかの建物の屋上の扉に画面が切り替わる

野獣:
殺す気だ・・・テストの約束を無かった事にする気だ・・・!どれだけ
認めたくねえんだよ・・・!!

野獣:
こうなったらいちかばちか・・・仲庭の池に飛び込むしかねえ

上から見たどこかの施設の駐車場と思われる場所に画面が切り替わる

野獣:
ここだけど・・・中庭の池がペットボトルの蓋程の大きさしかない。
万が一外れたら死ぬぞ・・・!

しかし、もう屋上の扉が開いた音がした

野獣:
・・・・・やるしかねえ!!

そう決意した瞬間、野獣は誰かに突き飛ばされた

落ちていく野獣がふと上を見ると、そこには両手を突き出した遠野がいた

野獣:
遠・・・・野・・・・・?

そのまま、野獣は落下して地面に激突した

画面が暗転し、メアリーが金魚のフンを責める(死にゆく野獣目線だと思われる)

メアリー:
どうして!?野獣を突き落としたのよ!

一部がわずかに赤くなり、うっすらと立教大学が見える

一般:
だって…このままだと僕達は野獣に良いようにされてたんだぜ?

一般:
あんな悪者に良いようにされないように、私たちは頑張ったのよ。
ふふん。

メアリー:
野獣だって話せば分かる筈だったのに!
これじゃぁ皆も野獣と同じだよ!

一般:
そ…そうだったのか…俺たちも野獣と同じ…クッ!

一般:
ごめん…ごめんねメアリー!私達、目が覚めたよ!!

メアリー:
うん…それじゃぁ皆、今日の事は胸に仕舞い込んで
明日からは……ね?

そして野獣は意識が遠のいていく

一般:
さすがメアリー!素晴らしい人だ!

一般:
あんな悪人も許すなんて!貴方は凄い人だわ!

そして、画面が暗転する
52:えころ :

2018/01/14 (Sun) 19:45:39

転校生メアリースー③

MUR:
野獣

病室で眠る野獣を見守るMURとAKYS

MUR:
全然目を覚まさないゾ・・・

AKYS:
屋上からの落下で全身打撲、脊髄骨折を受けたからな。
まだ生きてるのが奇跡だ。

※「脊髄」は骨折しないため、骨折するのは「脊椎」である
ただ、回復の見込みがない方だと思われるので、正しくは「脊髄損傷」である

AKYS:
・・・完治しても後遺症が残るだろうよ。二度と空手が・・・いや、
一生歩けない体になるのは確実だ

MUR:
・・・なんでこんな事になったんだゾ・・・

MUR:
KMRと遠野、野獣の見舞いに行きたがらなかったゾ。アイツら
本当に信じられないゾ

※MURはもともとアホであるため、メアリーによる世界改変の力を受けなかったと思われる

モノクロ調の部室に切り替わり、MURがKMRを誘う

MUR:
野獣の見舞いに行くゾ

KMR:
え?野獣・・・?何わけのわからない事言ってるんですか

MUR:
何とぼけてんだよ。野獣、重傷を負って危険な状態だゾ。
見舞いに行くのは当たり前だろ

MURの話を聞かず、メアリーの話を始めるKMR
※熱い「闇金ウシジマ君」への風評被害

KMR:
そんな事よりメアリーさん、ウシジマくんの漫画を批判したんですよ。
自分だったら闇金踏みつぶして借金の人を説教して
良い世界を作る。凄いとおもいません?

MUR:
それは凄いな~。メアリーちゃんって想像力豊かだゾ~

KMRの話に同調した後で、また誘うMUR

MUR:
さっ病院いくゾ

KMR:
だからなんで行かなきゃいけないんですか

今度は廊下で遠野を誘うMUR

MUR:
お前は野獣の見舞いに行くよなあ?

遠野:
野獣・・・?誰・・・・ですかそれ?

MUR、智将となりキレる

MUR:
遠野お前野獣を屋上から突き飛ばした揚句、そいつの存在すらも
忘れようとしてるのか

遠野:
やめてくださいよホントに!僕がいつそんな人と関わったんですか!?

MURはそれを思い出し、智将となり、悔しさを滲ませる

MUR:
何か怒りが湧いてきたゾ何で俺はあの時無理やりでも
連れてこなかったゾ

AKYS:
・・・こっちもKMRを維持でもお見舞いに行かせようとしたら抵抗
してきやがった。あんな奴だったか?KMR

AKYS:
どうも釈然としねえ。外の空気吸ってくる

AKYSは病室を出ていく
MURは起きない野獣に語りかける

MUR:
なあ野獣・・・お前中間テスト全部100点だったんだな。
すごいゾ~

MUR:
テストの内容さ、まるで俺が中学生に戻ったかのようで
懐かしかったゾ~。方程式久しぶりに見た

MUR:
This is a penも習ったな~。「影」って漢字も被子植物も
裸子植物も何年ぶりに見たか~

MUR:
もし俺が受けてたら中の上くらいだったゾ。
やっぱ凄いゾ~野獣は

MUR:
なんで遠野は野獣を突き飛ばしたんだゾ?

そこでベッドの横に置いてあったスマホから「Nona Reeves」の「ENJOYEE!」が流れる(着信音)

MUR:
ん?誰からだゾ?

MUR:
はいだゾ

電話をかけてきたのはMNRだった

MNR:
あれ?野獣君にかけたはずなのになんでMUR先輩がかけて
くるの?

※かけたのはMNRなので、「MUR先輩が出るの」だと思われる
MNRは「ロサンゼルス」の「サンタ・モニカ」にいた

MUR:
その声は・・・MNRか?今どこにいるんだゾ?

MNR:
ロサンゼルス。それより野獣君に変わってくれない?

MUR:
野獣は今・・・重傷だゾ。全然目を覚まさないし喋れない状態だゾ

MNR:
え?お土産何がいいか聞こうと思ったのに・・・まあいいや。
一体何があったの?

MUR:
遠野が・・・野獣を屋上から突き飛ばしたんだゾ

MNR:
ものすごいフラれ方だね。とうとう野獣君の性格に我慢が
出来なくなったか

MUR:
それだけじゃないゾ・・・KMRも他の奴らも野獣を殺そうと
したんだゾ

MUR:
それにアイツら、メアリーちゃんの言葉にすら耳を貸さずに
野獣に眼付けだったからなぁ

『メアリー』の言葉を聞いて何か思い当たる事があるMNR

MUR:
野獣突き飛ばして反省したと思ったらKMRも遠野も野獣を
知ら

MNR:
OK。それだけで大体分かったよ

そこで電話を切られるMUR

MUR:
ん?何が分かったんだゾ?

『翌日』

廊下でメアリー(と金魚のフン)と出会うAKYS

メアリー:
先生・・・野獣の様子はどうなんですか?

AKYS:
心配なら見舞いに行け。話はそれからだ

メアリー:
どんな状況か教えて欲しいだけなんです。あんな事は絶対に
起こらせないから、大丈夫ですから

一般:
そうです!!メアリーさんの言う通りです!!

一般:
そうだ!もう俺たちは野獣を許すって決めたんだ!
だから早く教えて下さいよ!!

それを聞いてキレるAKYS

AKYS:
人間のクズがこの野郎。謝るのはお前らの方だろうが

メアリー:
ごめんなさい!先生!まさかこんな事になるなんて思っても
いなかったんです!!

一般:
そんな!メアリーさんは何も悪くない!謝らなくていいわよ!

AKYS:
そうだな・・・メアリーは何も悪くない。悪いのはお前ら全員だ

一般:
はあ!?なんですかそれ!?大体野獣があんな事したから
そうなったんじゃない!全部野獣が悪い!!

※意味不明である

メアリー:
違う!!悪いのは私なの!!皆、野獣を責めないって
約束したじゃん!!

一般:
だけどメアリーさん!!さすがに我慢の限界だよ!!そういう奴が
居るから戦争が終わらないんだ!人が死に続けるんだ!!

※これはメアリーの事を指していると思われる

一般:
そして戦争はいつか!英雄を殺し世界が
破滅するんだよ!このように!!

メアリーの背後に拳銃を持った手(DB)が現れ、発砲(パァン!)
雑な処理で後頭部が真っ赤になったメアリーはその場に倒れこむ

AKYS:
・・・・は?

メアリー:
げっぢょっなっなんっでっ

血を噴出し、倒れたメアリーに更に5つの銃口が向けられ、メアリーに発砲しまくる

じゅんぺい、KMR、AKNMがメアリーを襲っていた

AKYS:
おっお前ら何してんだ!!!

AKYSが急いで止めようとするが、後ろにいた人影に捕まってしまう

AKYS:
くっ・・・離せ・・・・!!

画面が血で染まっていく

メアリー:
ぎゃああああああああ!!!!
痛い!痛ぃぃいいいいい!!!!!

メアリー:
なっなんっでっ?なんっででで?

メアリー:
わっわたしっじゃなくっやっやじゅっやじゅうっがががっ

そこでビニール袋を取り出し、メアリーの遺体を詰めるインパルス板倉と平野源五郎

『翌日』

廊下で正気を取り戻したAKNMとじゅんぺい、その他がAKYSに謝罪に来た

AKNM:
あの~AKYS先生

AKYS:
あ?

じゅんぺい:
なんか・・・すみません。

AKYS:
なんかってなんだ詳しく言わんかい

AKNM:
いや・・・そういわれましても・・・・なんにも思い出せないんですよ。

じゅんぺい:
なんか俺達・・・・野獣に酷いことしたかなと思いまして・・・・

AKYS:
お前ら昨日の事覚えてないのか。

一般:
えぇ・・・はいすみません

一般:
あたし・・・・・何か変なことでも・・・あれれ?思い出せない・・・。

AKYS:
・・・・・野獣なら病院にいる。謝るなら俺じゃなくてアイツにしろ

AKYSはその場から去り、部室へやってくる
KMRは野獣が入院したことも何も覚えていない模様

KMR:
あの・・・なんで野獣先輩、入院してるんですか?しかも重傷って
一体何が・・・・

記憶のないKMRに智将となり、キレるMUR

MUR:
いい加減にしろゾ。どこまで俺をおちょくるんだゾ

AKYS:
もういいMUR。本当に知らないんだよKMRは

画面がモノクロ調になり、またホモコップが登場する

ホモコップの横に
『<そこに派遣された覚えは
  ありません』
と表記され、画面下の方に(おそらくAKYSが発言)
『ふざけてんのかお前!!
      V』
と表記される

AKYS:
それに警察とレスキュー隊の奴ら、昨日の発砲事件の事
知らんのはどういうことだよ・・・

AKYS:
一体あの警官とレスキュー隊、あとどっかテレビで見たあの男は
何者なんだ?

※どうやらビニール袋にメアリーを詰めていた平野は「生き人形」と同一人物である模様

MUR:
そういえばメアリーちゃん今日来てないゾ。どうしたんだゾ?

KMR:
メアリー?・・・・・すみませんそれって誰ですか?

再びキレるMUR

MUR:
今度は野獣からメアリーちゃんを馬鹿にするのか?

AKYS:
・・・・やっぱりアイツ、人間じゃなかったんだな。

MUR:
あっそうだ。野獣の携帯から何か変なメールが来てたんだゾ

※ここは「から」じゃなくて『に』だと思われる
MUR、野獣のスマホを取り出す

MUR:
しかも動画付きで一体何の事を言ってるのかさっぱりだったゾ。
AKYS先生、見て欲しいゾ

スマホの画面に切り替わり、そこには平野源五郎が映っていた。
(画面表示はソフトバンクの3G回線で、12:24分)

???:
おはよう、君の事は例の友人から話を聞いているよ。なんでも、
彼女に危害を加えられていたみたいだね?

平野の裏にはもう一つ部屋があり、そこで誰かの悲鳴とともに、倒れる音がする

???:
本当にすまなかったが大変感謝している。彼女は得に
珍しい種類だからね

悲鳴とともにチェーンソーで何かを切断する音がし、血が平野の後ろの窓に付着する

???:
彼女達は常に信じられない経歴を持つ。小学生の時に
ハーバード大学を卒業したとかとある一国の大統領になったとか
悪魔を従えたとか

悲鳴を上げながら、脇にある窓も血で染まっていく

???:
そして今回、このメアリー・スーが特に素晴らしいのは中々
死なない事だ。もちろん死ぬには死ぬのだが、彼女の設定を
調べてみるととても興味深い事を知ってね

さっきからメアリーと思わしき声が息を切らしている

???:
両親が悪魔信仰していて、このメアリー・スーは悪魔との間の
子供という事なのだよ。だから、正義の心を持っているのに
死なないし、人々を魅了できる力は悪魔の力だと知る

???:
"彼女"によれば、悪魔の力を正義に使い世界征服した後、
皆幸せに暮らしましたという日本で言うデビルマンみたいな事を
しようとしてたみたいだが、まぁ勿論財団の我々がそんなの許すわけがない

※世界征服をたくらむ時点で「正義」とは言えないような…というツッコミはNG
しかも「デビルマン」に対する熱い風評被害

臓器を抉り出すみたいな音が奥から聞こえ、メアリーが苦しむ声がする

???:
・・・・ああ、趣旨を間違えたね。彼女は野獣君に被害をもたらした
そうじゃないか。

???:
本当にすまない。MNRくんにお詫びの慰謝料を渡しておくから
そこから受け取ってくれ。

???:
あともうひとつ忠告しておくよ。この様な"彼女"はまだ他に存在する。

メアリーは狂ったように笑い始める

???:
もし"彼女"と同じような能力を持っていた人間を見つけたら
必ずMNRくんに報告してくれるかな?

???:
いや、そうだな・・・非現実的な何かを見つけても報告してくれる?
そしたら我ら財団が回収に行くからね。

???:
いずれ彼女は財団を掻き回し支配する未来もあるかもしれない。
しかし、我々が絶対にそうはさせないから安心してくれ

???:
そろそろ時間だ。私は仕事に戻るとするよ。本当にいろいろと
申し訳なかった

最後に平野がカメラに近づき、切った事で画面が暗転する

MUR:
やっと来てくれたか。遠野

画面が野獣が眠る病室に切り替わる
遠野は自分の犯した過ちに耐え切れず、震えている

遠野:
・・・・・・

MUR:
先生が言うには、メアリーちゃんが皆を操ってたんだって。
ふざけてるのかゾ?

MUR:
もう俺にはちんぷんかんぷんだゾ。全員メアリーちゃんの事
いなかったフリするし、いじめが流行ってるのかなぁ?

遠野:
すみません・・・・すみません・・・・・・先輩・・・・
本当に申し訳ありません・・・・!

遠野:
ごめんなさい・・・・ごめん・・・・なさい・・・・僕・・・そんな・・・
そんなつもりじゃなかった・・・・・!

遠野:
僕のせいで・・・・僕のせいで・・・・・・ウッ・・・・
・・・・ウッ・・・・・・・!

MUR:
・・・・・・・・・・

MURは智将となり、遠野に釘を刺す

MUR:
次は、二度と突き落とすなゾ

そして、大学敷地内のベンチにAKYSとONDISKが座っている

ONDISK:
メアリーさんがいなくなってからようやくまともな講義が出来るように
なりましたよ。

ONDISK:
・・・にしても、メアリーさんの付き添い達はなんでメアリーさんを
完全に忘れてしまったんでしょうか?

ONDISK:
メアリーさん一体どこに行ったんすかねえ。

AKYS:
俺の知った事じゃねぇよ。良かったじゃねぇか元通りになって

ONDISK:
そうですけど、・・・・・野獣君ってメアリーさんと少し
似てません?

AKYS:
全然

ONDISK:
性格の意味ではありませんよ。ポジション的な意味で。

ONDISK:
実は、メアリー・スーって結構転がってたりするんですよ。私達が
良く見かける人だってそうだったり。

AKYS:
何が言いてえんだ

ONDISK:
ふと思っただけですよ。決して好かれるような人格ではありませんが、
意外と交友関係は良好ですよね?

ONDISK:
友達もいるし彼の考えで大体なんとかなったりする。

※足を引っ張っている事の方が多い気もするが…というツッコミはNG

ONDISK:
もしかしたら本当のメアリー・スーは野獣君なのかもしれませんね

ONDISKはそう告げた後、手帳を取り出し、画面が暗転して終了
53:えころ :

2018/01/20 (Sat) 10:05:44

戦時少女の墓と野獣①

夜景を眺めてデートを満喫している野獣と遠野

遠野:
綺麗ですね・・・

野獣:
綺麗だろ?ここは俺が小学生の頃からお気に入りの場所なんだ。

野獣:
ここに来ると・・・・昔を思い出すなあ・・・。

画面がモノクロ調になり、MUR邸

野獣:
MUR先輩なんかないっすかあ?遠野を落とせる
デート向きの絶景スポット

MUR:
これならどうゾ?

最初に画面に映った夜景の写真を取り出すMUR

野獣:
へえ~まあそれでいいか。綺麗だし。んじゃ、デート費30万お願いします

MUR:
ん?俺は関係ないよなあ?

MUR:
まあいいか

MURの池沼ぶりと野獣のクズエピソードを挟んだ後、場面が戻る

野獣:
よくここでカブトムシとか秘密基地とか作ったっけ。
あれ今どうなってるかな~?

大嘘をつく野獣に更に接近する遠野

遠野:
残ってたらいいですね。それにしても夜の街を遠くから眺めると
本当に美しいです。先輩、ありがとうございます!僕の為にこの素晴らしい絶景を
案内してくださるなんて!!

野獣:
何言ってんだ遠野

遠野の肩をがっしりつかむ野獣

野獣:
お礼を言うのは俺の方だろうが

遠野:
先輩・・・・

野獣:
今夜は帰さねえからな

良いムードになってきたところで画面が反転し、野獣は顔が真っ青になる

遠野:
先輩?

野獣は悲鳴(AOK)を上げて、どこかへ走り去っていく

野獣:
漏るうううううううううううううううううううううううう!!!

野獣:
ハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハア
ハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハア
ハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハア

草むらを越えて公衆便所までやってきたが、長蛇の列ができていた

野獣:
ファッ!?とっトイレがいっぱいいっぱい・・・!!

野獣:
この絶景地に来たの俺達だけじゃなかったのかよ糞が!!

野獣:
どっどうすればいい!?野糞するか!?でも・・・警備員がうろちょろしてるし
もし野糞が見つかれば社会的に抹消されちまう!

野獣:
人気の無い所で野糞しなきゃ!!

野獣:
だ・・・駄目だ!!いい野糞スポットが見つからない!!
なんで!!なんでだ!!あの池沼!!なんでこんな場所選んだ!!

人から金をふんだくっておいて、散々な物言いである

梅のような木が並んだ場所でビューティー先輩になり、限界に達する野獣

野獣:
あああああああああああああやだあああああああああああああああ!!!
助けてええええええええええええええええええええええええ母ちゃああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああ!!!

野獣:
もおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!
駄目だああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああ!!!

野獣:
ん?

周囲にお札が貼られ、大幣が吊るされているその下に小さな箱があるのを見つける野獣
箱の前には盛り塩もしてある

そこへどんどん近づき、野獣は用を足す事を決めた

箱の上に乗ってクッソ汚い喘ぎ声を出し、けたたましい雄たけび(うるせえ!)を上げ、
そこで爆破テロのような映像が挿入され、用を済ませた野獣

クッソ汚い余韻とともに流れる優しいBGM

野獣:
アァァァァァァ、アッー… ハァハァ、アッ――――――… アアッ…

野獣:
アッー… キッ、キモチィ…

野獣:
あっ・・・空って・・・・。こんなに綺麗だったんだ

空を見上げて幻想的な気分に浸る野獣

そして大幣でケツを拭き、その場を去る野獣

野獣:
ふぅ~気持ちよかった~。

野獣:
早く遠野の所まで戻らなきゃ。デート再開だど~

画面が暗転し、大学敷地内のベンチにノートPCを持って座る野獣と寝転がるMUR

野獣:
大成功ですよMUR先輩。遠野の奴、夜景にうっとりしてキスまで
いけそうでしたよ

MUR:
いいゾ~それ

野獣:
来週また遠野とデートしたいんでまたお願いします。今度はドバイ行きたいんですよね~

MUR:
いいゾ~それ
           おっ

MUR:
ドバイか~楽しかったな~。IMG Worlds of Adventureよく
行ったゾ~

野獣:
へえ~そうなんすか。じゃあどのホテルが一番高くて豪華なのか
知ってますよね?

MUR:
知らんゾ。

野獣:
じゃあ俺が調べますんで先輩、VISAの番号教えて貰って言いすか~?

MURに金の工面をしてもらうため、ノートPC(リンゴ)をいじる野獣

MUR:
おっそうだな。確かVISAの番号は3643

野獣はPCの画面を見て固まっている

MUR:
どうしたゾ?

野獣:
なんか変なウイルスに引っかかって作業の邪魔なんすよね。

Mac OSの画面の中央にウインドウが表示され、その中に野獣と文字列が表示されている

『さて、茶番はここまでにして本題に入ろうか!
 早速だけど、今は淫夢よりクッキー☆の方が優勢な今
 本格的にレインコートを潰そうと思わないかい?』

野獣:
雨合羽なんか憎んで何が楽しいんだよ。スミクラに喧嘩売ってんじゃねーっての

スミクラとはレインウェアを専門に取り扱う会社である

※ここで画面に映っているのはレインコートの名を騙る偽物"レイソコート"の
この動画内容をまるまる流用したものである
http://www.nicochart.jp/watch/sm31260814

もしレイソコートがレインコートの自演であれば、印象操作を目的とした独り芝居である

それを職員室に持っていく野獣とMUR

ONDISK:
全く困りましたね~。野獣くん、アンタエロサイトの見過ぎですよ

野獣:
xvideoとhotgooしか使ってないのにどうやってウイルスに感染するんすか?

ONDISK:
某有名なエロサイトにアクセスしてもウイルスにかかるんですよ。
まあ今回は大したことない代物ですが、次からはノートン使ってください。

野獣:
そんなこと言われても高いんすよね。ONDISK先生がウイルス対策ソフト作って
くださいよ。プログラ技術持ってるんすよね?

画面が再びノートPCにアップになる

『このままだと本格的に淫夢は衰退してしまうと思わない?
 そこで!今でもしてる人は居ると思うけど
 レインコートの動画を徹底的にあら捜しして運営に通報するんだ!』

ウインドウにノイズが走り始める

ONDISK:
あのですね。ウイルスは現在進行形で新種が現れるんですよ。プログラムもそれぞれ
違いますしきりがありませんしアップデートも私がやるんでしょ?
買った方が断然安全ですよ

消される事に感づいたのかイキ顔になって不満をぶつけてくる画面の野獣
(こんなウイルスがあるか)

『ははは(文字が重なってる)はあ!?ふざけんな!!ふっざけんなああああああああああ!!』
※()は便宜上表記

『てめええええええええ殺してやる殺してやる殺してやる
 殺してやる殺してやる殺してやるぅぅぅぅううあああああ!!!』

そして画面からウインドウが消滅する

ONDISK:
はい。終わりました。

野獣:
先生ケチっすね。タダでウイルス対策ソフト作ってくださいよ

ONDISK:
貴方話し聞いてました?買った方が安全って言ったばかりなんですが?

野獣:
・・・分かりましたよ。ノートン買います。(MUR先輩のVISAで)

そうほざいてノートPCを取り返す野獣

ONDISK:
それが普通なんですけどね。野獣くんはどうしてそんな根性の腐った人間
なんでしょうか?過去に何かありました?

野獣がノートPCの画面を見ると、そこには被爆して倒壊した街の風景が表示されていた

野獣:
何これ?

ONDISK:
どうしました?

野獣:
俺別に壁紙の変更は頼んでないんですが

ONDISK:
はい?なんでそんな余計なことまでおまけしなきゃいけないんですか?

MUR:
どこら辺が変わってるんだゾ?

野獣:
全部変わってます。空爆している写真に変えるなんてONDISK先生、
俺に恨みでもあるんですか?

しかし、MURにはいつもの壁紙にしか見えていない様子

MUR:
空爆ってキレイだゾ~

野獣:
はあ?全然眼にも心にも優しくないんですが。

野獣:
あれ?元の画面に戻ってる。

野獣:
まっどーせあんたのいたずらでしょ。やるならもっと面白いのやってくださいよね
全然つまんないです

折角ウイルスを除去してあげたのに悪態をついてくる野獣にキレるONDISK

ONDISK:
今度、アンタのパソコンにお邪魔(ハック)してもよろしいですか?
物凄い物(チェルノブイリ)見せてあげますよ?

※チェルノブイリとは論理爆弾型のウイルスである
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%AA_(%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9)
ちなみにこのウイルスの名はチェルノブイリ原子力発電所事故から来ており、
今回の戦時少女が巻き込まれた第二次世界大戦で起きた悲劇とかけているのかもしれない

画面が暗転し、部室のふすまの前にいる野獣とKMR

野獣:
俺さ~来週ドバイ行くんだよね~

KMR:
そうですか。

野獣:
いいよ~ドバイは、東京より大都会だし世界一の先進国だしなにより倉沢敦美の別荘
まであるんだ。行きたいだろ~?

倉沢敦美
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%89%E6%B2%A2%E6%B7%B3%E7%BE%8E

先進国
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E9%80%B2%E5%9B%BD

ドバイのメリット:Naverまとめ
https://matome.naver.jp/odai/2140365723186639901

※定義があいまいであるため微妙だが、少なくともドバイは"世界一"ではない

KMR:
いいから早く開けてください。部活ですよ

野獣:
チッなんだよノリ悪ぃ~な。嫉妬してんのか?

ふすまを開けるとそこには被爆を受けて倒壊した街並みが広がっていた

野獣:
え?何これ。爆弾落ちてきた?

KMR:
何わけのわからない事言ってるんですか

野獣:
いやだってお前。部室が爆心地みたいになってんだぞ。

KMR:
・・・普通の部室ですが。早く入らないとAKYS先生が鬼になりますよ。

KMRの方を振り返る野獣

野獣:
はあ?どこにAKYS先生がいるわけ?向かいのビル?KMRって
マサイ族か?

もとの場所に目線を戻すと、いつもの部室だった

野獣:
あれ?俺疲れてんのかな?

画面が暗転し、部活に励む空手部

野獣:
部室が跡形もなくなるのは現実であって欲しかったんだけどな~

KMR:
怖い事言うの止めてもらえますか?それに、AKYS先生の前で堂々と言わないでください

AKYSは何かに感づいたのか、野獣に近づいてきた

AKYS:
野獣、今日は帰れ

野獣:
おっ俺、退部っすか?いいね~。水泳部に入ろうと思った所なんすよ~

AKYS:
退部なわけねえだろ。お前から妙な気配が漂って嫌な予感しかしねえんだ。

AKYS:
何か心当たりあるか?

野獣:
いや全然

AKYSから『金吾龍神社御守護』と書かれたお札を渡される
http://www.kingoryujin.org/amulet.html

AKYS:
そうか。とりあえずこれ持っとけ。

野獣:
なんすかこれ?

AKYS:
お札だ。絶対に手放すんじゃねえぞ。

野獣:
万札入ってます?

AKYS:
ふざけんな。とにかく絶対になくすなよ。失くしたら何が起きてもどうする事も
できねえからな

野獣:
ういぃ~っす!!よっしゃああああ俺だけ休みぃぃぃぃぃぃ!!

お札を持ってテンション爆上げしながら去っていく野獣

KMR:
先生・・・野獣先輩に何か憑いてるんですか?

AKYS:
憑いてはねえ。ただ、『何か』が野獣の中にある。

AKYS:
・・・どっかで感じた事がある気配だったが。何だったかな?

ファミマの前で「ストロングゼロ ダブルグレープフルーツ 500ml」を6缶飲んで潰れる野獣

野獣:
もぉ・・・・飲めねえ・・・・ムニャムニャ

野獣:
サイッコーだぜ~・・・・グガァァァァァァ

汚い寝息を立てた後、画面が暗転し、夢で見た風景はあの被爆を受けて倒壊した街並みであった
周囲を見渡すと誰かが泣いている声が響いており、そこへスクロールすると小さな人影が映る

赤ん坊の泣き声(うるせえ!)と共に赤文字でブラックバックに文字が表示される

『臭いよぉぉぉぉぉ!!』

『吐きそうだよおおおおおおおおおお!!』

『お母さああああああああああん!!』

『鼻が痛いいいいいいいいいいいい』

『うえええええええええええん!!』

『酷い酷い酷い酷い酷い!!』

『何でこんな事に!!』

『よくもよくもよくもよくもよくも!!!』

そして中央に大きく『お前を絶対に殺してやる』と表示される

ファッと目を覚ます野獣

野獣:
夢かよ・・・・

街道を歩きながらぼやく野獣

野獣:
折角部活休み貰ったっつーのに悪夢見るなんてついてねえ俺。HUBで
飲みなおそっかな~

飲み屋を見つけた野獣

野獣:
おっこの店飲み放題1000円やってんのか。じゃあ早速、二次会行きま~す

AKYS:
野獣!!!

店に入ろうとするとAKYSに呼び止められる(空手部の二人もいる)

野獣:
あれ?先生も飲みたいんですか?いいですけどお金出して下さい

AKYS:
いますぐこっちに来い!!

野獣:
いい居酒屋見つけたんすか~?

AKYS:
ふざけてねえでこい!!いいか!!絶対後ろを
振り向いたりすんじゃねえぞ!!

野獣:
はあ?何で後ろ振り向いちゃいけないんすか?

AKYS:
悪霊が真後ろにいんだよ!!

野獣の後ろにさっき夢に出てきた黒い影のような存在が現れていた
その存在の呼吸音と思しき音が響いている

野獣:
・・・・・・え?

そこで画面が暗転する
54:えころ :

2018/01/20 (Sat) 20:26:43

戦時少女の墓と野獣②

除霊を行う建物へ連れてこられた野獣(喘ぎ声がうるさい)

野獣:
何で俺だけとり憑かれんだよ!!意味分かんねえよ!!

AKYS:
・・・・本当に何も知らないんだな?

野獣:
当たり前じゃないですか!!俺がいつ悪霊に恨み買う事したんすか!?
全く心当たりありませんよ!!

AKYS:
まあいいとにかく中に入れ。今回の件に詳しい霊能力者がいるから
何か分かるかもしれねえ。

KMR:
あの・・・ここは一体?

AKYS:
俺と同じ霊能力者の家だ。以前、同じような事件が起きた時にお世話になった

空手部とAKYS、そして霊能力者仲間の伊藤文學が向かい合わせに座る

ITO:
これは・・・祓えるか分からない事になってますねぇ

それを聞いて驚く野獣

AKYS:
・・・そんなに強くなってんのか?

ITO:
ええ。野獣君が何もしてないとおっしゃるなら、解決法が見つかりません

画面がモノクロ調に替わり、KBSが野獣がクソを垂れたあの箱を蹴飛ばすエピソードが入る

ITO:
前回の事件では若者が悪ふざけでお墓を倒してしまい、少女の怒りを買ってしまった
のを覚えてます?

AKYS:
あぁ・・・あれか・・・思い出したくもねえよ・・・

ITO:
それと比べたらこれはもうお手上げかもしれませんね・・・。どの霊能力者でも
祓えないと思いますが・・・。

それを聞いてキレる野獣

野獣:
アンタ霊能力者だろうが!!悪霊祓える祓えないじゃなくて祓わなきゃ
信頼失うぞこの野郎!!とっとと祓え!!

ITO:
野獣君・・・「戦時少女の墓」はね?罰当たりな事しない限り、絶対に祟ったりは
しないんだよ

モノクロ調の画面になり、被爆を受けて崩壊した街並みに戦時少女と思しき黒い影を映す

ITO:
あの墓は鈴木丸子という第二次世界大戦の真っ最中に生まれた少女を供養する為に
作られたんです。

軍隊が出征している様子を写した写真に画面が切り替わる

ITO:
丸子の両親は戦争反対派という理由で常に非国民の娘としていじめられてました。
しかしそれは真っ赤なウソで、父親は愛国心が強く正義感溢れる勇敢な兵士だった
そうです。

ブラックバックに替わり、ハガー市長を黒塗りにした切り抜きが表示される

ITO:
噂を広めたのは町の町長だった方で、勇敢すぎた丸子の父親が疎ましく、悪者に
仕立てあげようとしたのでしょう。

ITO:
噂はあっという間に広がり、ほとんどの人が鈴木家を非難し始めたのです。

画面がイラスト調の崩壊した街並みの風景に切り替わる

ITO:
恐ろしい事に、町長の一部は嘘を知ってて鈴木家を苛めてたんですよ。いわゆる
嫉妬でほとんどの旦那さんはあまり軍の評価がよろしく無かったのです。

画面がホワイトバックになり、誰かを黒塗りにした切り抜きと戦時少女の影を映し、
それらの背後に多量の血痕のような液体が映し出される

ITO:
苛めはだんだんエスカレートしていき、1944年8月31日に丸子と母親は
殺されてしまいました。

木の柵にフタを立て掛けた簡易的な肥溜めと思しき写真に切り替わる

ITO:
町の住民はその遺体を肥溜めに沈ませ、糞食い鈴木家という名前をつけて
畑の肥料として使いました。

画面が暗転する

ITO:
父親はそれを知る前に戦死してしまって・・・本当に残念としか思えません。

暗転した画面に戦時少女の影が映る

ITO:
その後から、火災や自殺、変死、水死体、不幸な出来事が頻繁に起こるようになり、
町民たちは鈴木家の呪いだとパニック状態に陥りました

そこに黒塗りにしたハガー市長や多数の切り抜きが表示される

ITO:
町長を合わせたほとんどの町民達が鈴木丸子と母親の遺体を肥溜めから引きずりだし、
「疫病神が」と叫びながら石を投げ続け・・・本当に酷い人たちですよ。

伊藤文學は「戦時少女の墓」の写真を空手部に見せる

ITO:
勿論、その人たちは一人残らず変死しました。このままだと危険だと察した
他の町民達は浄霊師を探して作られたのが「戦時少女の墓」

ITO:
母親は完全に供養出来たのですが娘の方の憎悪が強く全く供養出来ず、
こうするしか方法がないそうです。

野獣は写真を見てすっかり萎縮してしまった

野獣:
そ・・・そんな厄介な奴に祟られたってわけ?俺。

ITO:
前回の事件では二人を救うのがやっとでした。彼女を諦めさせる努力はしたんですが
一人は彼女に殺され、二人は精神病院送りです

伊藤文學は写真を空手部の方の机に置いた(スライドさせた)

ITO:
ですが今回のは・・・朝に見周りに行った時には墓がありませんでした・・・

大きなクレーターができた写真が戦時少女の墓の写真の上に覆いかぶさって表示される

KMR:
これは・・・?

ITO:
戦時少女の墓があったところです。跡形もなくなってました

ITO:
これほどの憎悪は始めてです。まるで・・・全てを憎んでるかのように
空爆の跡地になってて凄く驚愕しました。

野獣:
ちょっと待て。この場所・・・どこかで見たような・・・

AKYS:
何!?やっぱり知ってたんじゃねえか!!

AKYS:
今すぐ思い出せ!!ここで何をしたか全部教えろ!!もしかしたらお前を助けられる
かもしれねえ!!

野獣:
あっ待って。思い出しました。確かデート中にトイレがしたくなって・・・

モノクロ調の画面で野獣が箱に糞を垂れ、大幣でケツを拭く回想が挿入される

野獣:
ふぅ~気持ちよかった~。

野獣:
早く遠野の所まで戻らなきゃ。デート再開だど~

野獣は真っ青になり、その場の全員がドン引きしている(凍てつく空気)

MUR:
野獣

MUR:
達者でな

MURとKMRは野獣を完全に見損ない、去っていく

MURの足に必死でしがみついて助けを求める野獣

野獣:
いやああああああああああああ助けてええええええええええええええええええええええ
MUR先ぱああああああああああああああああああああああああああああい!!

野獣:
置いてかないでええええええええええええええええええええええ
KMRちゃああああああああああああああああああああああああああああん!!

KMRは野獣を心底軽蔑したような目で見ており、MURは申し訳なさそうにしていた

MUR:
いやそんな事言われたって俺、霊能力者じゃないからどうする事も出来ないゾ。
助けたいけど除霊の仕方わかんないゾ

KMR:
もういいじゃないですか。今まで生きてきてろくな人生じゃ無かったでしょ。
また来世に期待すればいいじゃないですか。

悲鳴(AOK)を何度もあげながら、AKYSにすがりつく野獣

野獣:
祓ってくださあああああああああああああああああああああああああああああああああい
AKYSせんせえええええええええええええええええええええええええええええええ!!
今までサボっててずびばべんべっびばあああああああああああああああああああああ!!

野獣:
真面目に稽古しますううううううううううううううううううううううううううううううう!!
二度とさぼりませえええええええええええええええええええええええええええええええん!!
助けてええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!

すがりつく野獣にAKYSは微笑んでこう返す

AKYS:
・・・・・最期に何か食べたいものはあるか?

ライアーゲームの曲と共に絶望に呑まれる野獣

野獣:
どういう意味?

AKYS:
野獣・・・無理だ

AKYS:
お前のやった行為が奴をグレードアップさせちまったから結界の部屋も役にたたねえ
もうどんな手を使ってでも効かねえだろう奴は無敵に近い状態だ

野獣が落とした札が黒ずみ、一瞬で紙吹雪のように散り、消滅する

AKYS:
お前に渡した札も一瞬で炭になるほどだ。複数枚の札の束でも
意図もたやすく全部炭になるだろうな。

AKYS:
出来る限り全力でお前を守ってやるが助かる保証は0に近い。だから俺が何でも
奢ってやる!何が食べたいんだ?

野獣:
・・・そうですか
                   わかりました

野獣:
AKYS先生に頼んだ俺が馬鹿でしたよ。霊能力者としての実力はその程度しか
無い事にもっと早く気づいていれば。

MUR:
おい。AKYS先生に対してそれはないだろ。

野獣:
何が?俺から見たらもうただのムエタイモンキーにしか見えないんですが。

野獣:
もう対策とか考えたんで誰の力も借りないっす。

相変わらず悪態をつき、その場を去る野獣

画面が暗転し、楓ちゃんを自分の部屋に連れて来ていた野獣
(誰の力も借りないと言いつつ結局楓ちゃんを利用するクズ)

野獣:
頼むぜ~MUR人形。お前だけが頼りなんだからな~。

野獣:
いいか~昭和っぽいガキを吸い取るんだ。お前の霊力を見せつけてやれ

野獣:
foo~!こいつさえいれば怖いものなしだぜ。

モノクロ調の画面に替わり、MUR邸から楓ちゃんを持ってくる回想が挿入される

野獣:
MUR先輩の親も留守だったし上手く借りる事ができた。

野獣:
まっあのガキをこいつに吸収したら明日返しに行きましょうね~

野獣:
まさか気持ちの悪い人形がここで役に立つなんて思いもよらなかったよ。やっぱり
持つべきものは友人だってはっきりわかんだね

画面が赤くなり、ファッと驚く野獣

野獣:
なんで照明が赤くなったんだ?

変なBGMと共に野獣は部屋をきょろきょろ見回す

野獣:
おい!!どこだ!!出てこい!!こっちはバキュームカー持ってるんだぞ!!
てめえなんかこいつで吸い込んでやる!!

野獣:
どーしたー!!ビビってんのか!?俺様が怖くなったかな~!?じゃあ今すぐ
帰ってください!!調子乗ってすいませんでした!!

煽った後で謝罪する野獣だったが、変な音が鳴る

音がした方を見ると、目の前にウンコを頭にのっけた戦時少女の霊がいた

野獣:
ひぎゃああああああああああああ!!

赤ん坊の泣き声を出しながら、野獣の所へ迫ってくる

野獣:
何やってんだ早く吸い込めよ!!目の前に美味しそうな魂がこっちに来るっつうのに
なにボーっとしてんだ!!

楓ちゃんを激しく揺さぶる野獣

野獣:
ダイエットなんてまた今度にすればいいじゃねえか!!オイゴルァ!!
オイゴルァ!!何て使えねえ人形だ!!

呆れた野獣は楓ちゃんに思いっきりセクハラを働く(胸をチュパチュパ吸う)

野獣:
もしかして溜まってんのかぁ?しょうがねえ奴だなぁ。俺の華麗なテクニックで気持ちよく
させてやんよ。

画面がブラックバックになり、sm666で登場した右手が4本出現し、野獣をつかむ

野獣:
ほらぁここなめられると気持ちいいんだ。んん~?人形でも感じるだろ~?
もっと気持ち良くなりたいなら目の前のガキ吸い込んで

野獣:
ん?

そして楓ちゃんはレッドレイトンっぽい処理が施された顔になる

『翌日』

野獣邸のチャイムを鳴らすMURとKMR

野獣父:
はい。あっ君達は野獣の友達だね?

MUR:
野獣はいるかゾ?

野獣父:
二階にいるよ。どうぞ入って。

MUR:
いるってことは野獣、助かったのか~

野獣の部屋に来た二人は、ベッドの上で楓ちゃんが寝ているのを見つける

MUR:
あれ?なんで姉ちゃんがここにいるゾ?

KMR:
あっ楓ちゃんを使って悪霊をなんとかしようとしたんですよ

MUR:
でもなんで野獣がいないんだゾ?おかしいゾ。

KMR:
もしかして野獣先輩は今、楓ちゃんの中にいるんじゃ・・・

MUR:
考えすぎだゾ~KMR

MURは楓ちゃんを手に取る

MUR:
アイツが姉ちゃんを怒らせるヘマを起こすような奴じゃないって、分かってるだろ?

MUR:
きっと悪霊を姉ちゃんの中に吸収出来たから先生とラーメン食いに行ってる頃だゾ。

KMR:
そうだといいですね

MUR:
だったらKMRぁ、俺達もラーメン奢ってもらうゾ~。一蘭だったらいいな~

部屋を出ようとする二人に運ばれる楓ちゃんに画面が近づいていく

激しく渦を巻く空間に呑まれ、クッソ汚い悲鳴を上げながら消滅する野獣と
戦時少女の霊を映して終了
55:えころ :

2018/01/27 (Sat) 12:45:05

完全変態倶楽部①

夜、mopiと書かれた看板のある繁華街を歩いた後、住宅街を走る野獣

雨が降ってきても側溝を覗いて何かを探している

画面が暗転し、大学構内の廊下でじゅんぺい、AKNMと会話をする野獣

野獣:
なあ、遠野知らねえか?

じゅんぺい:
誰それ知らねえよ?

野獣:
メガロサウルスみたいな顔をした男って言えば分かるな?

じゅんぺい:
悪い知らねえわ。AKNM、そんな奴いたっけ?

AKNM:
てるてる坊主みたいな奴なら見た事あるがメガロサウルスは知らねえな

野獣:
ふざけてる場合じゃないんで真面目に答えてくださいAKNMさん
MUR先輩はてるてる坊主じゃなくて海坊主だから

野獣:
昨日、デート中にトイレ行ってたらいつの間にかいなくなってたんだ。
勝手に帰る奴だったっけアイツ・・・?

じゅんぺい:
愛想つかれたんじゃねえの~?オメエ屑じゃ~ん

そう言ってじゅんぺいとAKNMは去っていく

野獣:
アイツらのカバンに蛇入れてやろうかな

暗転し、机の上のスマホには『このハゲ―――!』と叫ぶT氏(名前は伏せる)の映像が流れている
http://www.nicovideo.jp/watch/sm31968837

野獣:
なあ、遠野見てないか?

MNR:
知らないよ。外出てないし

MNR:
君の性格に我慢できなくてとうとう爆発したとかじゃないの?

多目的室のような場所で会話をしていた野獣とMNR

野獣:
遠野はそういう奴じゃないから。アイツの事は俺が一番よく知ってるし
ゲスみてえな態度なんか取った事ねえから

MNR:
ふぅ~ん。まあふぐは自分の毒に効かないって言うしね

野獣:
意味分かんねえ事言ってんじゃねえよ。俺が言いたいのはアイツ、デート中に消えるような奴
じゃねえってことなの。

MNR:
誰かに攫われたんじゃない?

野獣:
誰に?

MNR:
諦めた方が良いと思うよ。遠野くん多分死んでる

それを聞いて今田耕司先輩になる野獣

野獣:
喧嘩売ってるだろお前

MNR:
忠告しただけだよ。最近、行方不明者多いだろ?

MNR:
遠野くんもその中の一人になっちゃったって事じゃないの多分違うけど

野獣:
攫われるのは分かるけど殺されてるってどういう事なの?遠野殺してそいつらにどういう
メリットがあるわけ?

MNR:
確かに何も無いね。あるとすれば殺人と言う快楽に溺れた変態
じゃないかな?

野獣:
おいそんな奴って世界でほんの少数だろしかもここら辺にそんな奴ら見た事ねえし
お前も他人の悲劇が大好きな大変態じゃねえか

MNR:
遠野くん探すのは別に構わないけど僕は手伝わないから。巻き添え食らいたく
ないもん

野獣:
そうか、遠野見つかったらイジメ覚悟しとけよ?

暗転後、大学校舎前でジョニィと会話する野獣

野獣:
なあ遠野見なかったか?

ジョニィ:
知らんで。何があったんや

野獣:
デート中にいなくなっちまったんだ。勝手に帰る奴じゃ無いのにどこに行ったんだ?

ジョニィ:
電話したんか?遠野の家も行ったんか?

ジョニィ:
お前から逃げる為に夜逃げしたんちゃうんか?

ブチ切れる野獣

野獣:
お前MNRと同じ事言うのねえ

ジョニィ:
そらお前そんなゴミクズな性格しとるからや。誰やってお前から逃げたと
考えるで

ジョニィ:
それに遠野がなんでお前みたいな奴を好きになるんかが理解できん。お前アイツに
何かしたんか?薬か?

野獣:
難しい事じゃねえよ。徐々に付き合いが深くなったんだ

遠野が廊下のような場所を歩いていると野獣と出くわす回想が挿入される

野獣:
遠野と初めて会ったのは4月入ってから

野獣:
最初はカメレオンみたいな顔してんなって印象しか無かったし優しさがうっとおしい
としか感じられなかったし話そうとも思わなかった

遠野との回想が野獣の脳内(頭部)に吸い込まれ、街中で遠野を必死に探し、
会うなり倒れた遠野を病院へ運ぶ野獣の回想が挿入される

野獣:
だけどしばらく経ってからアイツの事が気になり初めて積極的に話しかけようとしたら、
いきなり倒れたんだ

病室で医者(SNJ)の説明を聞いてキレる野獣

野獣:
急いで病院へ連れて行ったらどこにも異常がないと言われたよ

病院を出て他を当たろうとする二人はAKYSと出会う

野獣:
ヤブ医者かと思った。仕方なく別の病院に行こうとしたらAKYS先生に遭遇してね

むかつく面構えでAKYSの話を聞く野獣

野獣:
先生が言うには遠野、悪霊に取り付かれてるみたいだったんだ。最初は信じられなかったよ

野獣:
お祓いを済ませた後、この通りラブラブ生活に入ったって訳。ロマンチックだろ~?

場面が戻ると、そこにはAKNMもいた

ジョニィ:
ほーかほーか、携帯小説みたいなラブストーリーやな。そんな内容やったら焚火につかっとるわ

いきなり後ろにいたAKNMに驚く野獣

AKNM:
全然感情移入できねえんだけど。

野獣:
お前いつから居た!?

AKNM:
ついさっき。つかさ、そんなスッカスカな内容で感動する奴いる?

AKNM:
もうちょっと考えてから話してみたら?お前そう言う所一番駄目だから

キレる野獣

野獣:
そんなんどうでもいいんだよ!!つか遠野探してほしいからこいつと話してるだけで
ラブラブストーリーを自慢する為に話してるわけじゃないんだからね!!

ジョニィ:
話したかったんか。キモいなお前

AKNM:
あっそ。見つからないんじゃねえの?大体行方不明者が見つかる事なんて無茶苦茶少ねえ
じゃん。まっ頑張れば?無理だと思うがな

そう言って去っていくAKNM

ジョニィ:
ちぃとキツすぎんちゃんかアイツ?

野獣:
遠野見つかったらアイツのクレカで東芝の株券100枚買おうぜ

暗転後、スクールバッグをベッドに置いて部屋でくつろぐ野獣

野獣:
結局見つからなかった

野獣:
あいつ一体どこに行ったんだよ。俺と言うラブフレンズを置いていきやがって
見つけたら調教SMバー連れてってやる

『EMULATED…EMULATED…』と流れる(着信音)

野獣:
メールか

バッグからスマホ(時間10:28)と謎の白い箱(デカすぎィ!!)を取り出す野獣

野獣:
こんな箱あったけ?

箱を開けるとその中には引きはがされた遠野の顔の皮が入っていた

ファッと白い箱を投げ飛ばし、中の顔が壁に付着する

野獣:
な・・・なんだこれ・・・なんだこれ・・・?遠野・・・?

野獣:
いや・・・違う・・・絶対違う・・・別人だ・・・そんなわけない・・・・

グチョグチョ音を立てながら壁から落ちていく遠野の顔

野獣:
誰が・・・・・・・!

『翌日』

講堂でジョニィ、じゅんぺい、AKNMと話す野獣

野獣:
昨日なんか遠野に似てるマスク入ってたんだけどお前か?お?

AKNM:
何を思ってお前にそんなもんプレゼントしなきゃいけねえんだ

野獣:
いやがらせなんだよな?お前の弁当にモンダミン面白そうだから入れたの恨んでんだろ?
でもな、普通俺の彼氏殺すか?沸点低すぎるにもほどがあるだ

じゅんぺい:
しつけえなあ!!

じゅんぺい:
会った事もねえのに誰がそんな事するかボケ

AKNM:
へえ~モンダミンか。どうりで口ん中ミントになったわけだありがと

ジョニィ:
お前ほんまに食ったんか?捨てたやろ?

野獣:
なあ俺怒ってんだけど。殺したんだろお前ら?何とか言ってみろよ

AKNM:
殺してねえよ。だから誘拐されたんじゃねえのかっつってんの。そいつ一人暮らしだから
変態に襲われたんだよきっと

じゅんぺい:
だってよ。恋人探すならお前らで探せや俺達関係ねえだろ

暗転後、遠野を探しに郊外へ出るジョニィと野獣

ジョニィ:
遠野~

ビルの屋上から叫ぶ野獣(うるせえ!)

野獣:
遠野ぉぉぉ!!!

やけにでかい公園にやってきたジョニィ

ジョニィ:
おらんなあ遠野

マンホールの中に向かって叫ぶ野獣(うるせえ!)

野獣:
遠野ぉぉぉ!!!

暗転後、学校の前と思しき場所で合流するジョニィと野獣

野獣:
今日も見つからなかった。アイツ本当にどこ行きやがった

ジョニィ:
お前ほんまに探したんか?

野獣:
全力で探したぞ。この俺がサボってるように見えるのかよ

ジョニィ:
ここまでおらんとなると遠くにいるんちゃうんか?電話せえや

キレる野獣

野獣:
掛かってきたら探してねえっつうの!頭使えお前!!大阪人はみんなお前みたいな奴か!?

画面の右下に小さく"作者「ごめんなさい」"と表記される

野獣:
攫われてるなら遠野から電話の返答来ねえとおかしいだろ!!もうちょっと
考えやがれってんだ!!!

その時、「Nona Reeves」の『ENJOYEE!』(着信音)が流れる

野獣がスマホを取ると、画面には「遠野 携帯」と表示されていた

※Softbank回線でWi-fi使用中、時間は20:56

野獣:
もしもし?

遠野?:
あああああああああああああああああああ!!(赤文字で右側が60度から120度に振動)
※()は便宜上表記

遠野?:
助けてえええええ先輩助けてえええええええ!!

遠野の悲鳴が響き、銃声のような音が鳴ったところで通話が終了する

野獣:
え?

野獣:
何これ・・・え・・・?

暗転後、遠野を探し続ける野獣とジョニィ

野獣:
ここにも遠野は居ねえなあ・・・

ジョニィ:
なあ、さっきのは遠野やないんか?・・・?あからさまに先輩と呼んでたで?

野獣:
あのなあお前、先輩って言葉な?俺にだけ当てはまる意味じゃねえから?

野獣はさっきの電話をイタ電と考えているようだ(現実逃避している様子)

野獣:
学年一つ二つ上の奴に言う言葉だからな?だから俺じゃ無い可能性もあるし
遠野じゃない可能性だってあるんだ

ジョニィ:
知っとるわボケ。やったら何でお前んとこに遠野から着信来るんやおかしいやろ

ブラックバックに白い箱が入れられたスクールバッグが表示される

野獣:
遠野の声そっくりな奴のイタズラ電話だろ。最近そんなの・・・お前カバンに何入れてんの?

ジョニィ:
は?なんじゃこれ?

箱を開けると中には白い液体がかかった耳やら眼球が入っていた

ジョニィ:
うぅわ!!

ジョニィ:
なんじゃこれ!?

野獣:
おいこの箱・・・昨日俺のカバンに入ってたのと同じ奴だぞ・・・

ジョニィ:
イカ臭いわぁ~。誰やこんなイタズラしたんの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これ本物ちゃうんか?

ジョニィ:
とりあえずこいつ警察に届けるわ。お前とっとと帰った方がええんちゃう?

野獣:
たかがイタズラごときで帰れってか?

ジョニィ:
イタズラやろうがこんなん危ない雰囲気ただよっとる時点で危険すぎるやろ。とにかく今日は
帰るで。今日変なもんうろついとるやん

『翌日』

遊園地と思しき場所にやってきた野獣とジョニィ

野獣:
何か昨日、親父帰ってこなかったんだよなあ。お前知らねえか?

ジョニィ:
知らんな。帰ってから一度も外出てへんわ

野獣:
心配だから親父が行きそうなコンビニとか風俗探し回ったんだけどどこにもいなかった。
どこで道草食ってんだあの糞親父

野獣:
まあいいや、ラーメン次郎食いに行こうぜ

ジョニィ:
食い終わったらまた探すんか遠野

野獣:
当たり前だろ?見つけるまでぜってえ諦めねえから

セブンイレブンの方を見ると、青いワゴン車の窓からピエロのように目と口を塗りつぶした顔が
ジョニィと野獣を見ていた

ジョニィ:
何かアイツジロジロ見てへんか?

野獣:
気持ち悪ぃ。やっぱカレー食いに行こうぜ。

逆の方へ歩いていく野獣

ジョニィ:
怖いんか?

野獣:
あんな奴に近づきたくねえだろ。早くカレー食いに行くよ置いてくぞ

ジョニィ:
あいつ別にお前見とるんちゃうやろ?別の奴見とるんとちゃうんか?

ジョニィが再びあの顔を見るとピエロ野郎は舌を出して挑発していた

エンジン音とともに画面が暗転する

ジョニィ:
逃げるで!!!

クラクション(うるせえ!)を鳴らしながら、車(色が黒になってる)が追いかけてくる

野獣:
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁなんだなんだ!!!
何だお前ぇぇぇぇぇぇぇええええ!!?

交番へ逃げ込もうとするが、誰もいない様子

ジョニィ:
おまわりさんおまわりさん変な奴が追いかけてきます!!
あぁくっそ!!

『パトロール中』と貼り紙がされていた

ジョニィ:
何なんやあいつら!!?

野獣:
知らねえよお前の親戚じゃねえのか!挨拶して来いよ
ほら早く!!

ジョニィ:
知らんわボケ!!あんな黒い車誰ももっとらんわお前の叔母や
ないんか!?

野獣:
あっ!ついにボケたかあのババア!!じゃあお前
なんとかしてね!!

野獣はジョニィを置いて別の方へと走っていく

ジョニィ:
おいお前どこ行くんや寄り道すんなボケエ!!

顔の横にナイフを突き立てられ、仮面を被った男に野獣は捕まっていた
ジョニィもそのまま男に殴られて画面が暗転する
56:えころ :

2018/01/27 (Sat) 15:31:18

完全変態倶楽部②

ここからジョニィの一人称視点に切り替わる

ジョニィ:
・・・・・・?

鉄の扉をどんどん叩いている音がする(ジョニィが叩いている)

ジョニィ:
・・・・・・・・・!!!

扉を開けるジョニィ

ジョニィ:
ブッフ!!!

視界が上の方に切り替わる
そこは紫の色調の廃墟のような空間だった(ジョニィはロッカーの中に入れられていた模様)

自分を縛っていたテープを丸めて投げ、周囲を見渡すジョニィ

ジョニィ:
どこやここ

下を見て自分が閉じ込められていたロッカーを確認する

ジョニィ:
お?

凄まじい悲鳴が聞こえたので、音の方へ向かうジョニィ

ジョニィ:
なんや!?

廊下のような空間に出たジョニィ

ジョニィ:
ここ一体どこやっちゅうねん・・・

ジョニィ:
出口どこや?

先へ進もうとすると拳に武器を装着した仮面の男が通り過ぎていく

ジョニィ:
・・・・!!?

ジョニィ:
さっきの奴やんけ・・・

グチョグチョと音がし、下を見ると血みどろの男が仮面の男に引きずられていた

ジョニィ:
うっ!!

ジョニィ:
なっなんじゃぁ・・・

男が通り過ぎた後で先に進むと道が二手に分かれていた

ジョニィ:
どこいった・・・?

左側は怪しい扉があり、右側は通路が続いていたため、通路を進む事にするジョニィ

また悲鳴が聞こえたため、下を見るとジョニィの靴に血みどろの男がしがみついていた

???:
だじげでぇぇぇぇぇぇぇ!!!

ジョニィ:
うわぁっ!!

驚いて足を振り払うジョニィ

ジョニィ:
やッば蹴ってもうた何やコイツ・・・!?

何者かによる足音がジョニィのもとに迫ってくる

ジョニィ:
はっ早くどこかに隠れんと・・・!!

通路を進み、真っ赤な椅子やロッカーのある部屋にやってきたジョニィ

ジョニィ:
はっ!?どっどっどこに隠れればええんや!?

辺りを見渡しても鉄格子のかかった大きな窓くらいしかない

ジョニィ:
ああくっそ!!

ジョニィ:
ロッカーの後ろに隠れてもうた・・・

何者かがロッカーを開ける

野獣のうめき声が聞こえてくる(ロッカーの中には野獣がいたようだ)

やり過ごし、雑に血痕の施された大広間のような空間に視点が切り替わる

ジョニィ:
やっと行ってくれたわ・・・

廊下を進んでいくジョニィ
目の前には鎌のような武器が刺さり、塞がれた空間があった

ジョニィ:
あの覆面の奴ら・・・何の目的で拉致っとるんや・・・?
一体何がしたいんや・・・アイツら・・・・・・

ジョニィ:
出口や・・・出口どこや・・・・?
早く出んとアレと同じようになっちまう・・・。

ハァハァ(ジョニィの)呼吸音とともに、刺さった鎌を取り外し、その空間を進むと扉があった

扉を開くと天井から血まみれで内臓が飛び出た野獣父がぶら下げられ、
右腕を失い顔の皮膚をはがされた遠野、腕や脚を失い、だるまになった小さな女の子がいた

ジョニィ:
・・・・・・

ジョニィ:
こんなん・・・許されるわけないやろ・・・・狂っとる・・・狂っとるわ・・・!!

近づくと目玉や歯もなく、白い液体が女の子にかけられていた

ジョニィ:
腕も足も目ん玉も全部抜かれて体液かけられるなんてあの仮面共・・・・・!
変態を通り越しとるやないか・・・・・!

ジョニィ:
人間やない・・・人間もどきの化け物がやったんや・・・・!

遠野を見ると顔がはがされ、左目を失っていた

ジョニィ:
あかん警察・・・警察ぅ!!

ジョニィはスマホを取り出し、通報を試みるが…
(画面は圏外で3G回線、充電72%、時刻は11月18日(木曜日)18:29)

ジョニィ:
圏外やんけ!!

ジョニィ:
意地で脱出せなあかんのか・・・とっとりあえず録画しとかな・・・・・

誰かが走ってくる音が聞こえたため、振り返ると妙な仮面をつけた男が刃物を持って迫ってきた

ジョニィ:
うわちょタンマタンマタンマ!!!

ジョニィは持っていた鎌で男の拳に一撃食らわせた
倒れた男は森林原人の声で絶叫をあげる
http://www.nicovideo.jp/watch/sm26990258

ジョニィ:
このままじゃ捕まる・・・逃げな!!

扉を出て廊下を走り去るジョニィ

画面が暗転し、廃屋の奥に進んでいくが、出口は見つからない

ジョニィ:
ハアハアハアハアハアハア!!

後ろを向くとさっき襲ってきた男が追いかけてきている

ジョニィ:
もうええって追っかけなくてごくろうさんどっか行けや!!

前を向くと仮面をつけ、返り血を浴びた集団に囲まれていた

ジョニィ:
ひぇ!

横の窓を鎌で叩き割り、外へ飛び降りるジョニィ

ジョニィ:
うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

廃ビルの2階からさっきの仮面の男がジョニィを見ていた

ジョニィ:
ざまあないわこのイカれた完全変態倶楽部が!!!

そう捨て台詞を吐いてジョニィは林道をかけて脱出していく

停車していた車の扉をバシバシ叩くジョニィ

ジョニィ:
すみません開けてください!人殺しから逃げとるんです僕!!

それはMUR母の車だった

MUR母:
大丈夫?お顔真っ青よ何があったの?

ジョニィ:
話す暇なんかないんやおばはん!!早く車出してくれや!!

車を走らせて山奥から街へ向かうジョニィとMUR母(お得意のビデオカメラによる一人称演出)

MUR母:
ねえ、一体何があったのか説明してくれる?

ジョニィ:
くっそ恐ろしい変態の団体に殺されかけたんや。俺が来た方向からまっすぐの所に
奴らのアジトがある。

ジョニィ:
まだ子供やさかいなのに両手両足切り落とされてだるまにされとったり顔の皮剥がされた
奴もおったし・・・あいつらホンマに人間やない・・・・・

MUR母:
えっ・・・本当にそんな団体があるの?

ジョニィ:
あるで。スマホで録画して証拠撮ったわ。これで警察に突き出すつもりや

後ろからしきりにクラクションを鳴らす音が迫ってくる

MUR母:
何の音?

バックミラーを見るとさっきの黒いワゴン車が追いかけてきていた

ジョニィ:
もっとスピード上げえぃ!!!

山道を進んでいく映像も早送りになる

MUR母:
あっあれ何一体何なの!?

ジョニィ:
奴らの仲間や!!捕まったらアンタも奴らのえじきになる!!

ジョニィ:
もっとアクセル踏んで!!追い捕まる!!

ワゴン車がMUR母の車に激突してくる

MUR母:
きゃあああああああああああ!!

ジョニィ:
早く!!早く!!

画面が暗転し、山道を抜けたMUR母とジョニィ

ジョニィ:
もうすぐ街や!!

ジョニィ:
突っ走れええええええええ!!

事故を起こす音が聞こえため、停車して後ろを見ると青いワゴン車が煙を立てていた

ジョニィ:
は?なんじゃこれ?

MUR母:
とりあえず・・・助かったことで良いのかしら?

ジョニィ:
いやまだや。他にもおるかもしれん。ビジネスホテルか案内してくれや・・・

『翌日』

ホテルの一室で目を覚ますジョニィ

ジョニィ:
あのおばはん大丈夫やろか・・・?

ジョニィ:
もしかしてまだアイツら俺を捜してたりせえへんよな・・・?

ジョニィ:
そういや野獣おったか?

ジョニィ:
逃げるのが必死で全く気づかへんかった・・・

ジョニィ:
まあ野獣のことや・・・・きっととっくに逃げ出しとる・・・・

横向きのスマホを手に持つ画面が表示される

ジョニィ:
早くこいつを警察に見せんとあかんな・・・・

暗転後、インパルス板倉にスマホの映像を見せるジョニィ

警察:
・・・・・なるほどね

警察:
それで・・・これはどこにあったの?

ジョニィ:
いや・・・動画見たんやないんすか?ルートも撮りましたし警察ならこのぐらい物分かり
ええんやないんすか?

警察:
分かったよ。とりあえずそこはちゃんと調べておくから今日は帰りなさい
57:えころ :

2018/01/27 (Sat) 23:37:42

完全変態倶楽部③

帰路で不満をこぼすジョニィ

ジョニィ:
あの警察やる気あるんか?人が死んどんのになんやあの態度

ジョニィ:
ホンマに日本は警察っちゅう機能が全く機能しとらんわ。くだらんもんに力入れおってホンマに~

ジョニィは数歩歩いてから立ち止まる

ジョニィ:
また白い箱入っとる・・・・

カバンと思しき中に白い箱が入れらている画面が表示される

ジョニィ:
警察以外誰も会っとらんはずやぞ?

暗転後、自宅のデスクトップパソコン(OS:Windows 7)を立ち上げるジョニィ

ジョニィ:
白い箱にあったUSBに変な動画があったわ・・・・

ジョニィ:
これ・・・再生してええんか・・・?

画面がWindows Media Playerアップになり、ノイズが走った後、
先ほどジョニィが追い詰められたロッカーのある個室でだるまになった野獣が映る

そこにビルマニシキヘビと思しき大蛇がやってきて野獣を丸のみにした後(食われるときも汚い)、
また画面にノイズが走り、映像が終了する

その後、ジョニィは大学構内の廊下で一連の出来事をAKNMに話していた
AKNMはなぜか手袋を装着しているようだが…

AKNM:
本当にそんな変な倶楽部があったのかよ?

ジョニィ:
お前俺が録画した動画見てもこれが偽物やって思うんか?え?思うんか?

AKNM:
今時スマホビデオでも加工できる時代だろ?本物の映像だろうがそれが合成に見えちまう事だって
あるんだ

AKNM:
野獣が蛇に食われてる動画だって誰かが加工してお前に送ったんじゃねえのか?多分野獣まだ
生きてんじゃねえの?

AKNM:
あのグッロい死体達なんて特殊メイクで再現できるしそれってお前にドッキリを
仕掛けたかった映像同好会の奴らじゃねえのか?

すがすがしいほど苦しい言い訳を展開するAKNMに対して余裕の返答をするジョニィ

ジョニィ:
ほぉ~アイツら俺に気があるんか~?ええな~。今度会ったら金的をプレゼントするわ~

AKNM:
・・・・おい

AKNM:
言いたい事があんならハッキリ言えよ。さっきからおちょくりやがってイライラすんだよ

墓穴を掘るAKNMにとどめを刺すように切り出すジョニィ

ジョニィ:
お前変態倶楽部やろ

AKNM:
殺すぞ

ジョニィ:
まずなぁお前、普通こんな映像合成やって信じるか?フェイクやとしても随分とお金
かかったドールやなあ

ジョニィ:
筋肉も内臓もリアルやし蛇もリアルに動くし相当お金かけたんやろなあこんな下らんドッキリに
お金かけてなあ

AKNM:
別におかしくねえだろ

ジョニィ:
100%おかしいやんけ。普通やらんでこんなん

AKNM:
あっそ。じゃあその映像は本物ってことで信じてやるよ。俺そろそろ行くから

シラを切って逃げようとするAKNMをさらに追い込むジョニィ

ジョニィ:
まあ待てやちょっと質問に答えてーや

モノクロ調の画面に野獣とジョニィがAKNMとじゅんぺいと話すシーンが挿入される

ジョニィ:
お前、野獣に遠野の事で疑われた時、誘拐はまあええわ。やけど何で遠野が一人暮らしって
分かったんや?ん?

AKNM:
そんなん当てずっぽうに決まってんだろ。適当にあしらっただけだ。正直言って野獣の話しなんか
すっぽかしてたわ

ジョニィ:
遠野が行方不明なんやで?

AKNM:
だから?

ジョニィ:
あとなあ遠野の皮が入った箱、お前がやったんやろ?

モノクロ調で野獣が突然後ろにいたAKNMに驚くシーンが挿入される

ジョニィ:
いきなり後ろから来たのお前しかおらんかったからな

AKNM:
なんだよそれ。どこまで俺を疑ってんだテメエ

ジョニィ:
当たり前や。気になる疑問ポンポン置いてくしお前が犯人にしかみえんわ

AKNM:
・・・・・・くっだらねえ

AKNM:
たまたま俺が野獣の後ろにいただけで犯人扱い?ガバガバすぎんじゃねえか。

AKNM:
付き合いきれねえ。あっち行け

言い返す言葉もなく追い返そうとするAKNMに引き下がらないジョニィ

ジョニィ:
まあ待てや。一つだけお願い聞いてええか?

ジョニィ:
たった数秒で終わるから

AKNM:
なんだよお願いって。それ終わったら立ち去るからな

モノクロ調で妙な仮面を被った男が迫ってくるシーンが挿入される

ジョニィ:
オレな、建物ん中でえらい気持ち悪い仮面被った野郎の右手に鎌を一発食らわしたんや

ジョニィ:
それが間違いないなら傷はまだ残っとるはずや

ジョニィ:
その手袋外して俺に見せてみ?傷無かったら財布ん中の金、全部お前にやるわ

AKNMがグローブを外すと、右手には大きく切れた傷跡が残っていた

AKNM:
バイトで怪我したんだ。結構深くてよ

ジョニィに近づいてくるAKNM

AKNM:
昨日、魚さばくのに失敗して見ろよこの縫い目

AKNM:
お前がソイツに負わせた怪我に似てるか?

AKNMはそう言って右手の指をジョニィの首に力強く食い込ませる

ジョニィ:
う・・・・・・・・げえ・・・・・・・が・・・・・・!!

どんどん顔が青くなるジョニィ

ジョニィ:
や・・・・・・・・・・・・やえぇぇ・・・・・・・・・・!!

暗転し、銃の発砲音が鳴り響く
※現実の大学構内で銃を持ち歩くのはおろか、使うなんてもってのほかである

じゅんぺいがジョニィを助けてくれた

ジョニィ:
ヴォエ!!ゲホォ!!

じゅんぺい:
おい何してんだAKNMぁ!!おっお前それ洒落になってねえだろ!?

AKNMはぷるぷる震えている

じゅんぺい:
おっおいどうした・・・お前・・・?

と、ここでAKNMが森林原人の叫び声を上げ始める

AKNM:
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!

AKNM:
てめえええええええええええええ!!!

邦子作品で使われてそうな大きく口を開けた画像が表示される

AKNM:
何してんだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!

暗転後、大学の敷地内で会話をするジョニィとMNR

MNR:
AKNMくんパトカーに乗せられたけど何があったの?

ジョニィ:
あのクソ野郎、変態倶楽部の一人やったわ。アイツが野獣と遠野を殺した間違いない

MNR:
へえ。野獣君には忠告しておいたのに無視して行っちゃうなんてホント予想通りだよ

それを聞いて固まるジョニィ

ジョニィ:
そういやお前も変態倶楽部知っとったよなあ?

MNR:
うん知ってたよ始めっから

ジョニィ:
お前もAKNMと同じ変態倶楽部やろ

MNR:
違うよ

ジョニィ:
違うなら何で野獣引きとめなかったんや。いつでも止めれたやろ

MNR:
彼が言う事聞くと思う?つるっつるな脳みそしてるのに

MNR:
遠野君の事になったら他の人とか事も気にしないバッファローが止まるとは思えない

ジョニィ:
もうええよとっとと白状せえやお前変態倶楽部やないんか?

MNR:
・・・もういいよここ飽きた。これからも変態倶楽部に用心した方が良いよ

MNRは廊下を去っていく

ジョニィ:
おい待てそれどういう意味や教えんかい

去っていくMNRを追いかけるジョニィだったが、廊下の先にはすでに誰もいなかった

ジョニィ:
あれ!?

ジョニィ:
あいつどこ行った!?

暗転後、食堂でTボーンステーキを食べているジョニィとじゅんぺい

じゅんぺい:
信じられるか・・・?お前のいう変態倶楽部の奴、この大学に5人もいたんだぜ?

ジョニィ:
ああ、その中に教師も含まれとるんやろ?ついさっき入口で6人捕まっとった

ジョニィ:
ビデオ見せた警察官も変態倶楽部の一人やったし、どうなっとんのやこの街

じゅんぺい:
変態倶楽部の害虫共なんかとっとと全員死刑にしろってんだ

ジョニィ:
まあこれで奴らも終わりやないんの?こんな大きな事件が起こって警察がだまっとるわけない

暗転後、仮面を被った看護師、警察、教師など(サムネ画像)が変なBGMと共に表示される

彼らの前には顔の下半分を切断され、内臓(腸)をぶちまけたAKNMの姿があり、そのまま終了
58:えころ :

2018/02/10 (Sat) 12:18:40

放送禁止アニメを見つけた空手部①

MUR邸で動画を視聴している空手部

画面上のコメント
「この拳で!!」×11
「糞アニメ同士の対決で草」
「チャー研入れろやハゲ」
「草」×3

「カイカク君」(江頭2:50)が「星の子ポロン」(天龍)と戦っている様子が映っている
元ネタ
https://www.youtube.com/watch?v=ZuREHj98boU

"このぉ拳でぇ!!"

"カーイカク!"

しかし股間から突き出したアッパーはいとも簡単にキャッチされる

"しょぉがないなぁ"

"うまいなぁ"

KMR:
それ一体何ですか?

野獣:
カイカク君っつう下痢便アニメのMADだよ。ランキング上位だったから見てんの

"よーしそれなら!そぉれ!"

ポロンの裏拳がカイカク君にクリーンヒットしてカイカク君は倒れる

コメント
「この拳で!!」×2
「ポロン「調子に乗るな」」

野獣:
と言ってもこの動画くそつまんねえわ。何がしたいんだこれ

野獣はリモコンでテレビ画面を消してしまう

KMR:
カイカク君ですか・・・確かそれって最終回がたった2秒しかなかったんですよね

野獣:
へえ~知ってんの?どっかの馬鹿が流行らせようとしてる自作キャラだと思ったこれ

KMR:
掲示板とかで話題になってますからね。まあ本編は見た事がありませんが

野獣:
じゃあMUR先輩、そのカイカク君のアニメ探してくれません?
多分どっかにあると思います

MUR:
カイカク君っていうアニメか~。なんだか子供の頃を思い出す名前だゾ~

KMR:
見つからないと思いますよ。最近このアニメ、
運営から大量削除の被害にあってますから

野獣:
どゆこと?

KMR:
ええ。一体誰の関係者か急に権利者の申し込みによる削除が
先々週くらいから始まってます。

野獣:
ディ〇ニーみたいだな。そんな糞アニメの為に何やってんのその会社?

KMR:
制作陣が3人、声優合わせて2人で5人の低予算アニメを
通報すること自体おかしいと思いません?

KMR:
それにこのアニメが放送されたの50年前なんですよね。生きていたとしても
凄いご高齢の方ですよ?その人たちが最近の動画サイトを見るかどうか・・・

TVCMの音声が流れた後、カイカク君のアニメが始まる

"クラシックからモダンまで。タイプが豊富です
フランスベッドのネオウッド製(?)ダイニングセット"

MUR:
ロシア語の様な所に行ったら見つかったゾ~。すっごい懐かしい感じのアニメゾ

"僕の一言で世界がとぉっても良くなるんだ!"

"第一話 飢餓を救おう"

野獣
え?何この完成度の低い自主製作アニメ。マジこれが50年前に流れたの?

タイトル画面から、ノイズ加工の画面に変わった後、観覧車の画面に切り替わる

KMR:
チャー〇マン研と星の子ポロンより酷いアニメですからね。
脚本も絵も全くわけがわからないそうです

画面にカイカク君とヒダリ君が映る

"いやぁ…今日もいい天気だね! ヒダリ君!"

"うん、とってもいい天気。あっ、見て!カイカク君!"

KMR:
でも・・・これほど酷いとは思いませんでした。最初から駄目アニメじゃないですか

ヒダリ君が指さした先で薄っぺらい人型のようなキャラが倒れている

"あそこでミイラが倒れてるよ!"

野獣:
おい教育アニメだよな?何で堂々とミイラが出てくるわけ?

"違うよヒダリ君。あれは飢餓で倒れてる人なんだ"

KMR:
まあ・・・映像を見る限りそうですけど・・・ミイラが生々しいですね

"なぁんだぁ"

画面が倒れている変なキャラにアップになる

野獣:
なあ、こいつ飢餓で倒れてる奴に無関心すぎね?「なあ~んだ」って・・・
これぜってえクレームの嵐だったろ

"ン、ハア…、腹減った…"

"おじさん、どうしたの?"

野獣:
なんか発想が斜め上すぎるしネタとしては面白ぇなあ。こんなのがどうして
削除の嵐になってるわけ?

"お腹がぁすいてぇ、もう一週間も何も食べてないんです"

KMR:
知らないですよ。ほとんどの結末は道徳から外れてる展開ですし、この話に
関してはカニバリズムのオチとして扱われてます

"えぇ~!? 豚や牛や、野菜や果物を食べればいいじゃなぁい"

野獣:
こいつ人間食いまくるの?

KMR:
とりあえず最後まで見ましょう

"私はぁそれがぁ、全てアレルギーなのですぅ…"

飽きて首を上下に振る野獣

"う~ん、どうしよう、カイカク君…"

"それなら任せて!"

画面がカイカク君にアップになって手を頭に向けて叫ぶ

"カ~イカク!"

野獣:
なんか見てるだけで辛くなってきた

画面が人間がぞろぞろどこかへ入っていく映像に替わる

"わ、何だ…。村にいっぱい人が入ってくるよ? ここは観光地でもないのに…"

KMR:
まだ一分しか経ってないのに10分も見てる気分になりますね

"豚肉や牛や、野菜や果物が食べられなかったら、他のものを食べればいいんだ!"

"そうか…、それで観光客を! ありがとぉ、カイカク君!"

KMR:
あっなるほど

"おじさん、お腹がすいたのかい? それじゃあ、僕達をお食べ!"

野獣:
俺もういいわ。冷蔵庫から適当に霜降り肉焼いてくる

そう言って野獣は画面から離れていく

"うん、ありがたく頂くよぉ…、いっただきまぁ~す!"

画面が暗転し、人の家の肉(ステーキ)を勝手に食らう野獣(咀嚼音も汚い)

野獣:
やっぱMUR先輩の神戸牛は絶品すねえ。毎日食べていいっすかあ?

MUR:
べつにいいゾ~

KMR:
何か面白い番組やってないですかね?

野獣:
知らねえよ一人でゲームでもやってればあ?あ~うめえ柔らけえうめえ~

KMR:
あの野獣先輩それ不快なんで止めて貰えます?

更に汚い咀嚼音を強める野獣

滅茶苦茶嫌そうな顔をするKMR

"僕の一言で世界がとぉっても良くなるんだ!"

それを聞いた瞬間、食うのをやめていきり立つ野獣

野獣:
MUR先輩もう一回見るの止めてくれません!?
もう見たくないンすよ俺は!!

"第二話 正義で戦おう!"

MUR:
いやだゾ第二話見つけたから最後まで見たいゾ。俺このアニメ大好きだゾ

また、タイトル画面から観覧車の画像に切り替わる

野獣:
お前さMURさ。そんなクソアニメどの話も同じ話に決まってるじゃないですか。
教育テレビのアニメならまだ分かるけど見る必要ないっすよ

"大変だぁ、カイカク君! 大変だよ!"

"どぉしたんだぁい、ヒダリくぅん?"

この上ないクズさをぶちまける野獣にキレる智将MUR

MUR:
俺の家に遊びに来てるのにお前は何言ってんだ?

画面が夜の都会と思しき場所に切り替わる

"僕の生まれ故郷がね、隣の村の人達に負けて、悔しいんだよぉ…"

MUR:
他人の家で自分の事しか考えないのは行儀が悪すぎるゾ。
しばらく黙って飯食ってろ

画面が驚いたカイカク君から、河川の画像に替わる

"どれどれぇ? うわぁ…、これはひどぉい…"

野獣:
分かりましたよ豚のように食って大人しくしますんでそれで許して下さい

"文明も遅れてるし、土地も栄養がないよ!"

MUR:
よし

猫っぽいキャラが出現する

"そぉなんですぅ、私達も大変でぇ…"

再び汚い咀嚼音を立て始める野獣

KMR:
また見つけてきたんですか。それどこのサイトから見つけたんですか?

"あれぇ…? あなたはぁ?"

"私ですかぁ? 私はぁ、この村の宗教をまとめる人物でしてぇ…"

MUR:
よく分からないサイトからだゾ。なんか関連動画が女の人の全裸で
いっぱいだったゾ

KMR:
そうですか。

"何だってぇ?"

またあれをやり始めるカイカク君

"そうだ! カ~イカク!"

猫が驚いた後、人がぞろぞろ並んでいる映像に切り替わる

"うわぁ、何だ!? 色んな人の体の中が見えるぞぉ?"

KMR:
野獣先輩の咀嚼音で何言ってるか全然分かりません。

"そうなんだ、実はこの村が隣の村に負けているのは、この村に悪霊がいるからなんだよ!"

KMR:
箸ぐらい使ってくださいよ。貴方は豚ですか?

KMRの方へ振り返るMUR

MUR:
カイカク君は全部で何話だゾ~?

KMRはスマホ(画面が反転していて、文字の表示も逆、時刻:10:28)を取り出す

KMR:
え~とwikiによりますと全4話ですね

画面に頭部に目玉を生やし、悪そうな顔をしたキャラが出現する

"アォッ! あそこにいる女は悪霊ですよ! カイカクくぅん!"

MUR:
少なすぎゾ

"よぉ~し! やっちまえー!"

野獣:
そりゃあ見ての通り手抜きだし背景が写真だしスタッフはこんな糞アニメなんかに
愛が無かったからに決まってるじゃないですか

悪霊をとっちめるヒダリ君

"おぎゃあ~! くっそぉ、悪い事していたのにぃ!"

野獣:
困難で放送できたならMUR先輩の画力でも入れますよ。
世の中舐めてるってはっきりわかんだね

KMR:
確かに愛は感じないですね。特に脚本に関しては結構ズレてます。
視聴者に何のメッセージを送りたいのか全く分かりません・・・
まあわざとやってるんだと思うんですが

正気に戻る女?と思しきキャラ

"あれぇ、ここはぁ? 私はぁ何をしていたのかしらぁ?"

野獣:
やりたい放題だっただろうな。視聴率が全くなかったから

猫がアップになる

"あぁりがとぉ~、カイカクくぅん! 君のおかげで私達の村もぉ、これで安泰だぁ!"

どや顔アップで諭し始めるカイカク君

"まぁだだよぉ、まだ隣の村にも、あの女と同じ悪霊に取り込まれた人がいるんだぁ"

そこで画面に目を戻すMUR

MUR:
見逃したゾ

野獣:
どうせ悪党倒して終わりでしょ。見る価値無いから

再び汚い咀嚼音を立てて食べ始める野獣

カイカク君の話を聞いて驚く猫

"何だってぇ!? 助けなくっちゃ!"

犬みたいなキャラも二匹現れる(左:ブラウン、右:ベージュ)

MUR:
見てなかった所まで巻き戻すゾ。一体どうやってやっつけたのか見たいゾ

"僕達も助けますよぉ、このぉ拳でぇ!!"

MURがいじると動画特有の渦巻きが表示されて停止する

MUR:
なんゾ?

KMR:
回線が悪かったんだと思います。更新してみては?

MUR:
おっそうだな。KMR頭いいゾ

更新するとでかでかと『この動画は権利者の申し立てにより削除されました』と表示される

それを見て落ち込むMUR(ポッチャマ…)

KMR:
運が悪かったですね・・・

MUR:
30分前に投稿されてたのに何で消されたんだゾ?すっごい悔しいゾ

ここでようやく野獣の汚い咀嚼音が止まり、画面が暗転する

『一週間後』

外で話す空手部

野獣:
今日、ニューハーフヘルス行きません?

MUR:
何ゾそれ

KMR:
何ですかそれ

野獣:
美男子でHできる店でして~、ここから電車で1時間の所にコア向けの
ニューハーフヘルスがあるらしいんすよ~

三人の前をMNRが通り過ぎていく

KMR:
・・・本当に奢ってくれるんですか?

野獣:
誰も俺の金だって言ってないでしょ。こんな時の為にMUR先輩呼んだんだろうが

野獣:
と言う訳でニューハーフヘルスまでお願いしますMUR先輩。俺、すっげえいい
ニューハーフの人知ってるんで

MUR:
ニューハーフって何ゾ?

暗転後、アナウンスと共に電車から降りる空手部

野獣:
ぬわああんくっそ遠すぎもぉおおおん!!

KMR:
・・・本当にこんな所にヘルスがあるんですか?

野獣:
あるよ。サイトあったもん。とにかく早く行きましょうよニューハーフ

暗転後、近くに畑がある田舎道を歩いていく空手部

KMR:
人気の無い所ですが本当に間違いないんですね

野獣:
しつけえなお前。あったっつってんだろ何度も言わせんじゃねえ

暗転後、カーブミラーだけがある場所で迷った空手部

KMR:
あの・・・もうニューハーフヘルスなんてどうでも良くなりましたんで帰りません?
こんな殺風景な場所にそんな風俗あるわけないじゃないですか

野獣:
なんだお前なさけねえな~それでも空手部かよ

野獣:
こっち

再び歩き出し、暗転後、まだ野道を歩き続ける空手部

KMR:
もう2時間も歩いてますよ・・・!そろそろ休憩しましょうって!!
一体どこにあるんだよそのヘルスは!!

野獣:
後もう少しだよ。ったく、本当に情けねえ部員二人だぜ全く。
AKYS先生にもう一度基礎から鍛え直せ!!!(鍛え直せの部分だけ大文字)

※()は便宜上表示

暗転後、一枚の張り紙が表示される

『お知らせ
 ニューハーフヘルス「丸のトキ」は
 閉店となりました
 3日間の間、ご利用
 ありがとうございました』

張り紙が貼られたフェンスの前で立ち尽くす空手部(悲愴感漂うBGMも流れる)

野獣は静かに二人から遠ざかり、大声で叫ぶ(うるせえ!)

暗転後、野獣を置いてさっさと来た道を戻っていくKMRとMUR

野獣:
あ~~待てよぉぉぉぉぉぉ。お前ら足速えんだよぉぉぉぉぉぉ。
部員を置いてく気かぁぁぁぁぁぁぁ・・・

カーブミラーの場所までやってきても足を止めない二人

野獣:
ぬわあああああああああん。疲れたもぉぉぉぉぉぉぉぉん(文字がスローで流れる)

野獣:
なあんで休憩しねえんだよ~お前ら鬼すぎんよぉぉぉぉぉぉぉ
どういう教育してんだよぉぉぉぉぉ・・・・

画面が暗転し、最初に来た野道まで戻ってきた二人(と人間の屑〈喘ぎ声がうるさい〉)

野獣:
お前らソーラーカーかよおおおお!!どんだけ疲れねえんだこのやろおおおお!!
さっきから瀕死状態の俺を無視しやがってええええええええええ!!!

野獣:
駅までまだ遠いだろぉぉぉぉぉぉぉぉ!!お前ら休憩って言葉知らねえのかよおお
おおおおおお!!!担げよ俺をよぉぉぉぉぉぉぉ!!

KMRが覚醒し、MURも智将となってキレる

KMR:
休ませてくんなかったのに何言ってんだテメエ。そこらに寝転がってドライアップル
になっちまえよ

KMR:
十分に調べもしないで何がニューハーフヘルスじゃボケ。家で一人でMEROURII
でもやってればよかったんだよ小豆頭があ

※MEROUIIとは大人のおもちゃらしい

野獣:
まさか潰れてるなんて知らなかったんだよ!!どこにもそんな事書いてなかったし
営業中って書いてあったの!!

MUR:
じゃあ何で潰れてたんだゾ。お前イタズラの為にここまで歩かせたのか?

KMR:
そもそもこんなド田舎で客が集まらないことぐらい予測してくださいよ。
アンタのちっぽけな脳みそのせいでこっちにも迷惑かけてるって知らない?

暗転し、辺りが真っ暗になっても歩き続ける空手部

野獣:
もぉぉやだぁぁぁぁ。なんで休憩しねえのぉぉぉこれ部活動じゃねえだろぉぉぉぉぉぉ?

KMR:
貴方それでも空手部ですか?情けない先輩ですよ。AKYS先生に
もう一度基礎から鍛えなおして下さい

ブーメランを返されて立ち止まる野獣

野獣:
へえそうか~。じゃあ手ぶらで帰りたくねえな~

KMR:
お土産屋でも探すんですか?

野獣:
この辺にお土産屋なんてねえしあったとしても
ジジくせえ食べ物しか置いてないだろ

画面が空手部から遠ざかり、怪しい建物を映し出す

野獣:
MUR先輩。ここ入ってお宝探しましょうよ。見つけたもんは全部メルカリで
出品しましょうね~

MUR:
お宝探しか~イイゾ~これ

KMR:
いえあの・・・それ不法侵入なんですが

野獣:
え?廃墟じゃん

野獣:
こんな山奥で営業するなんてあのニューヘルと同じ馬鹿店主だったんだろうな

中へ入る空手部

KMR:
ドア壊されてたんですが本当に入るんですか?誰かいたらどうするんですか

野獣:
こんな廃墟に誰がいんだよ馬鹿か

KMR:
あのですね。ドアノブがぶっ壊れてたって事は誰かが入った形跡があったって
ことですよ。もし危ない奴がいたらどうするんですか?

野獣:
とりあえず掘り出し物探してこいよ。埋蔵金あるかも知んねえじゃん

暗転後、物色を始める空手部

MURは宝石の入った箱のような物を見つけたが、偽物だと分かったのか即座に投げ飛ばす

野獣は何やら大量のビデオテープを発見する

野獣:
こいつあ高く売れるぞ~

ビデオテープのラベルを見ると幻の日テレ版ドラえもんのテープだった

『ドラえもん 日本テレビ 1~4話』
『ドラえもん 日本テレビ 5~8話』
『ドラえもん 日本テレビ 9~12話』
『ドラえもん 日本テレビ 13話~16話』
『ドラえもん 日本テレビ 17話~20話』
『ドラえもん 日本テレビ 21話~24話』
『ドラえもん 日本テレビ 25話~26話完』

野獣:
メルカリに出品すれば300万はくだらんな~。ここマジで宝島っすわ~

廃墟の一室でビデオテープの空箱(紙に見える)を見つけたKMR

KMR:
なんだこれ・・・誰か取ったのか?

KMR:
先輩達はここにいなかったし・・・跡も新しい。
やっぱり僕達の他に誰かいるのか?

KMR:
大きさからして・・・ビデオテープのようだ・・・。一体何のビデオテープだったんだろう

暗転後、廊下に集合する空手部

野獣:
おい何か見つけたか?

KMR:
見つかりませんどこ探してもガラクタばっかりです(適当)

MUR:
全然お宝見つからないゾ。野獣は何か見つけたのかゾ?

野獣:
ドラ●えもんの日テレ版全話入ったビデオテープなら見つけましたよ。いいだろ~

MUR:
ドラ●えもんってフジテレビじゃなかったかゾ?

野獣:
何言ってんだお前。そんなことより最後の部屋に向かいますよ

憎まれ口を叩いて奥へ進む野獣

KMR:
随分と古い喫茶店ですねここ

奥の和室に来ると、頭が巨大化した小さなミイラが白い箱の中に入っているのを見つける

KMR:
うわ・・・

野獣はそのミイラに近づいていく

野獣:
なんだあの化物の模人形。ここの店主って随分趣味悪いんだな

MURも近づく

MUR:
マーズアタックのミドリ星人みたいだゾ~。これは持って帰りたいゾ~

KMRも近づいてミイラを凝視する

KMR:
先輩・・・これ本物じゃありません?

画面がミイラアップになる

野獣:
マーズアタックで使われた着ぐるみってこと?やりい俺ら億万長者っすよ

KMR:
本物の死体なんじゃないかって言ってるんですよ。

野獣:
店主の奥さんじゃねこいつ?何かもめごとが起きてこうなってしまったとか

野獣:
つーかむっちゃ古いだろ。壁の血も結構経って変色してるし
盗んだって捕まらないだろ

KMR:
は?あんた正気か?こんなの盗んでどうするんだよ

野獣:
メルカリに出品します。まあ~蝋で固めれば死体だってバレねえよ

野獣は箱の中に入ったミイラを引っ張り始める

野獣:
MURトモアキ先生現代アートっつうことでこれも持って帰るとします

しかし、ミイラはびくともしない(ついでにイキそうになる野獣)

野獣:
固すぎぃ!!

野獣:
MUR先輩お願いしま~す

MURが野獣を引っ張ってミイラを引きはがそうとするが取れない(喘ぎ声汚い)

KMR:
もう帰りましょうよ。そんなもの持って帰りたくありません

それを聞いてキレる野獣

野獣:
お前さKMRさ、大金欲しくない訳?
後もう少しで抜けそうなんだからお前も手伝え

KMR:
そんなの警察に見られたらどうやって説明するんですか?

野獣:
自然にすりゃあいいんだよ自然に!こんなもん街中に持ってたって
等身大フィギュアにしか見えねえだろ!一目じゃ分からないから!!

ここでパトカーのサイレンが響き渡り、固まる空手部

窓ガラスを割って逃走を試みる野獣

野道を駆けまわる空手部

野獣:
逃げろおおおおおおおおおおおおお!!!

暗転後、駅まで戻ってきた空手部

野獣:
誰だ警察呼びやがったのは!!KMRお前か!?
お前しかいねえもんな!!!

KMR:
呼ぶわけないじゃないですか・・・ぜえぜえ・・・アンタらと一緒に居たから
僕も一緒に捕まっちゃいますよ

KMR:
それにあそこ圏外でした。呼びたくても呼べませんよ

野獣:
じゃあ誰がやったんだ!!MUR先輩か!?
119と110の違い分かんないのにできるわけねえだろ!!

野獣の屑さにキレるKMR

KMR:
アンタさあ、自業自得のくせに僕達に愚痴叩かないでくれません?

KMR:
ニューハーフヘルスが閉店って知ったら被害者面、
廃墟に無理やり探索させる、
本当にいい加減にしないとヘルスの事、遠野さんに言い付けますから

野獣:
やれば?言っとくけどニューハーフヘルスなんて遠野としょっちゅう
行ってるからそんなんチクられても痛くもかゆくもありません

KMR:
・・・もういいです。帰ったらそのビデオテープとっととメルカリに出品して
部屋から出ないでずーっと管理しててください

野獣:
そのつもりでいるけど何?お前?キレてんの?

KMR:
しばらく喋らないでください下水道口臭男

そこで画面が暗転する
59:えころ :

2018/02/10 (Sat) 19:42:34

放送禁止アニメを見つけた空手部②

『翌日』

部室で昨日の話をする野獣達。そこにはスマホで何かを見ているジョニィもいた

野獣:
いや~あのビデオテープ。1000万思いきったら1分で即決ですわ。
やっぱ見てえんだな~日テレドラ●もん

カイカク君の音声が流れる

"僕の一言で世界がとぉっても良くなるんだ!"

KMR:
でっその1000万はどうするんですか?

"第三話 悪い子は反省!"

野獣:
一緒にニューハーフヘルス行きましょうよ12時間コース全オプション付き。
遠野も呼びますんでどうです?

MUR:
野獣が奢るのか~いいゾ~これ

KMR:
また潰れた店じゃないでしょうね?

"この人が僕達の新しい仲間、ヘイト君だよ!"

野獣:
なんだKMR、昨日の事引きずってんじゃねえぞ

"よろしくねぇ、カイカクくぅ~ん"

野獣:
今回は都会だから潰れてるのあり得ねえって。安心してニューハーフ選べよ

"よろしく、ヘイト君!"

ここでようやくジョニィに話を振る野獣

野獣:
つかジョニィ。てめえ一体何してんだ?

"それじゃあ早速だけどカイカクくぅん、僕の頭を良くしてほしいんだぁ"

ジョニィ:
おう悪いな。本当は雑談したかったんやけどカイカク君3話、見つけたんで
それ見終わったら俺もそのヘルスに行かせてくれや

ジョニィの話を聞いて改まった顔になるMURとKMR

野獣:
ふぅ~ん。まっいいけど

"自慢じゃないけど、僕の頭はカエルより悪くてねぇ"

MURがジョニィに近づく

MUR:
カイカク君俺にも見せるゾ

KMRもジョニィに近づく

"それは大変だね"

スマホ画面に切り替わり、動画タイトルは『カイカク君 第三話』と表示される

"それじゃ、カ~イカク!"

頭が肥大化していくヘイト君

"うわぁ、僕の頭がどんどん良くなっていくぞぉ"

ジョニィ:
相変わらずひっどいアニメやなこれ

"うわぁ、ヘイト君の頭が大きくなったぁ"

MUR:
面白い頭してるゾ~

野獣:
ん?面白い頭?俺にも見せてくださいよ

"こぉれなら、君達の力になれるよ、ありがとぉ、カイカクくぅん"

野獣:
風船みてえだな

"そうだね、でもぉ君の頭を良くし過ぎると次に敵が君を攫ってしまうかもしれないんだぁ"

ここで窓から人が顔を出して何かを振り回している映像が挿入される

ジョニィ:
なんでそこで実写入れるねん。けものドラッグかいな

※けものドラッグはレインコートの作品である

"だから、ヘイト君には金庫部屋の中で僕達の力になってもらおう!"

金庫の中に閉じ込められるヘイト君

KMR:
え?

"ありがとぉ、カイカクくぅん…、この部屋は落ち着くよぉ"

KMR:
せ・・・先輩。なんかこれ見た事ありません?

"それでも君が敵に見つかった場合は、僕達がその敵をやっつけてやるからね!"

野獣:
ああ、廃墟にあったタコ頭のミイラだろ?偶然に決まってんじゃんこんなの

終了と共に動画説明欄にスクロールする


 再生回数 13,117,074回
 20XX/XX/XX に 投稿

 恋人が廃墟で見つけました。
 すぐ消される前に見てね♪

 カテゴリ エンターテイメント
 ライセンス 標準のYouTubeライセンス

 korksyk       チャンネル登録
 チャンネル登録者数


※アイコンはND版の楓ちゃんである

"今週はこれでおしまい! 次回もまた見てね~!"

KMR:
でもこれ・・・投稿日が今日なんですが・・・

野獣:
それで?

KMR:
先輩達が行かなかった場所にビデオテープが取られてた跡があったんですよ

KMR:
もしかしたらあれ、動画の説明文が本当だとすれば
カイカク君3話が入ってたんじゃ・・・

野獣:
警察に通報したのはそいつか?

KMR:
そういう問題じゃないです。そもそも棚の上に、喫茶店の主人が
アニメのビデオテープを置くと思いますか?
先輩が見つけたあの棚の中に置くでしょう

KMR:
映画の見過ぎかもしれませんが・・・
これ以上深入りするなって警告なんじゃないでしょうか・・・

野獣:
くっだらね~。そんなもんに深入りするなら遠野の尻穴に深入りするわ

MUR:
おい最初から見たいゾ最初に戻ってくれゾ

ジョニィ:
は?先輩見たいんか?アンタ変わりもんですわ

ジョニィ:
すんまへん削除されてもうてますわ

野獣は見終えて部室の隅へ行き、寝始める(汚い寝息)

初めから見れずにキレるMUR

MUR:
なんでカイカク君が消されなきゃならないんだゾ。運営はそのアニメ大嫌い
なのかゾ?

ジョニィ:
知りまへん。何でか知らんが誰かが隠ぺいしたいんちゃうんかな?

ジョニィ:
まあええでしょ仕方ないですわ。MADでも見て楽しくなりまひょ

スマホ画面に切り替わり、『カイカクブラザーズ』という動画が流れている

カイカク君、ヒダリ君、ヘイト君とその他が「Madcon」の『Beggin』とともに陽気に踊っている

ジョニィ:
これ意味分からんけどなんか好きやわ~。頭でっかちが出てくるMADの方が
面白いの多いで探してみ~や~

ジョニィ:
俺のオススメは「カイカクもも太郎」や。暇つぶしに見てみ

『二週間後』

KMRの部屋でやきいもシューティング(着信音)が流れる

KMR:
なんですかこんな時間に。まだ朝の7時ですよ。一体何の用ですか?

ネカフェにいる野獣はGoogle Chromeで5chのような掲示板を閲覧している


【秘宝】カイカク君、特定される★1

1:名無し:20??/0?/??(日)22:10:53 ID:ND-san

第一話に出てくる舞台なんだけど、アレ京都の淀城じゃね?

ただの更地に見えたけど


レスの下に淀城周辺と思しき画像とカイカク君の画面の比較画像が貼られる

野獣:
なんかさ~ネットカフェにいるんだけどカイカク君の舞台が載ってるスレ見つけたん
だよね~


2:名無し:20??/0?/??(日)22:11:14 ID:peketanz

WTF

3:名無し:20??/0?/??(日)22:12:35 ID:marimokkori

ウソだろおい

4:名無し:20??/0?/??(日)22:14:23 ID:raicoat

本当だ、いやマジか!?

4:名無し:20??/0?/??(日)22:14:84 ID:memekonoana

嘘だろ・・・!?


>>4が2件あり、秒表示がバグっているのは何か意味があるのか
IDも突っ込みどころ満載

KMR:
そうですか。でっ何の用何ですか?


6:名無し:20??/0?/??(日)22:15:11 ID:himaJin

おいおいおいおいマジじゃねぇかこれ!?

7:名無し:20??/0?/??(日)22:15:11 ID:himaJin

背景切り抜きアニメ乙www

8:名無し:20??/0?/??(日)22:15:11 ID:hamaJin

やべぇよやべぇよ・・・!これ、本当にやばいよ!!
完っ全に淀城じゃねぇか背景!!!


※同じIDが同じ時間に3レス投稿している。えぇ…

野獣:
京都行かね?

画面がKMRの部屋に戻る

KMR:
一人で行ってください。切りますよ

野獣:
いやだって、カイカク君に関する奴があるかもしれないって書いてあるんだよ

野獣:
だから実際そこに行って俺達が先に見つけてトンずらして~、
今度はyahooオークションに出品しようかな~と思っています

KMR:
何でそんな事が分かるんですか?

画面がネカフェに戻る


221:名無し:20??/0?/??(日)22:32:53 ID:ND-san

>>146
良いね!

222:名無し:20??/0?/??(日)22:33:13 ID:genocide

>>146
「表のオカ板に書くと消されるから、今のうちにオフ会で集まろうぜ!」
おいおい、俺を忘れちゃ困るぜ

223:名無し:20??/0?/??(日)22:33:22 ID:manananggal

全裸待機中

224:名無し:20??/0?/??(日)22:33:45 ID:mossaripc

行くぜ!選曲ナンバー!!

225:名無し:20??/0?/??(日)22:33:45 ID:tebasaki

みんな~!京都の淀城に集まれ~!

226:名無し:20??/0?/??(日)22:34:09 ID:himaJin

>>146

ウィィイイイイイイイイイイイイイス

227:名無し:20??/0?/??(日)22:35:53 ID:mossaripc

>>226

帰れ

228:名無し:20??/0?/??(日)22:36:67 ID:tebasaki

>>226

帰れ

229:名無し:20??/0?/??(日)22:38:52 ID:ND-san

>>226

お前ぇは帰れ!!!


>>226叩きに加勢するスレ主。えぇ…

野獣:
なんかネカフェだけで入れる掲示板に着いたから暇つぶしに見てたら偶然
カイカク君のスレが見つかったわけ

野獣:
なあ京都にある淀城行こうぜ。MUR先輩もいればすぐ見つかるって

KMR:
分かりましたよ。今日暇ですしアンタの言うその淀城に付き合いますよ
                               チッ
舌打ちをかますKMRも構わず、約束を取り付ける野獣

野獣:
オッケー。じゃ、品川駅に集合ね今すぐ

通話が終了する

KMR:
あの人こんな時間で何やってんだよ

KMR:
カイカク君に関する奴があるって・・・本当に淀城って所にあるのか?

暗転後、道端でMNRと遭遇するKMR

MNR:
ねえ君って空手部のKMR君だよね?

KMR:
え?・・・あっはい・・・そうですけど

MNR:
僕はMNRって言うんだけど野獣君に伝えてくれるかい?
「いい加減パソコン代返せ」って

MNR:
パソコンの部品買うのに僕のお金使ったんだ。20万円くらいかな?
1年以上経っても全く返してこない

KMR:
分かりました・・・伝えておきます。今、先輩たちに呼ばれてるので

MNR:
そうなの。確か淀城って所に行くんだっけ?

驚くKMR

MNR:
ああ、何で知ってるのって顔してるとこ悪いんだけどさ~

MNRがアップになり、KMRに忠告をする

MNR:
君、行ったら死ぬよ?

MNR:
まあ信じられないよね。でもこれ忠告だから。別に破っていいよ?

MNR:
何でカイカク君が大幅に削除されてるかもうそこで察した方がいい

MNR:
行ってどうなろうと僕は関係無いし、人の命を守るほど偽善者やりたくないしね

※人の命を守るのは偽善者ではないと思うが…

KMR:
貴方は誰ですか?

MNR:
名前を聞いてないねそれ。まあ、カイカク君とは関係ないとだけ言うよ

MNR:
じゃあね。野獣君にパソコン代よろしく

MNRはそう告げて去っていく

暗転後、新幹線に乗る空手部三人

野獣:
さあ~見つけたら即退散できるようにちゃんと道覚えとけよ

KMR:
野獣先輩。朝にネットカフェで何やってたんですか?

野獣:
一回ネカフェで寝泊まりしてみたかったんだよね~

野獣:
泊まってみたらビジネスホテルより安いの。びっくりしたよ

KMR:
まあ・・・実際、ネットカフェ難民が増えるほど充実してますからね・・・

『二時間後』

ホモガキがたくさんいる淀城周辺にやって来た空手部

KMR:
むっさ苦しい・・・!来なきゃよかった

MUR:
お祭り気分で楽しいゾ~

野獣:
すげえなこんなに掲示板見た奴いんのか。プリ●ュアとかま●かとか
萌えキャラのコスプレしてる奴がくっそ多いぜ~

三人の背後にメッセージが表示される

『<貴方達リア充も、僕達のオフに?』
『<ふんっ!』
『<おぼふっ!』

振り返り、誰かに殴られたオタクを見る空手部

KMR:
治安悪いですね・・・

『<おい!?何してんだ!!!?』
『<…え?あ…ごめんなさい…』

野獣:
あの女、急に男殴って危ねえな。黄色い救急車呼べよ誰か

※イエローピーポー

画面がAOKに切り替わる

男性:
――――はい。えーとですね。うん。その…はい

男性:
…みなさんは、それぞれこれを持って欲しいんですね
金属探知機です

金属探知機に画面が切り替わる

疲れたのか眠っている野獣とMUR

男性:
あ、と言っても本当に金属だけを探すわけではないですよ。地中の電線とかに
反応しちゃいますからね。これは、ビデオデッキとかに含まれ

セリフの途中で画面が暗転し、また再びもとに戻る(お話が長いのでカットしたような演出か?)

男性:
なので、この探知機はビデオテープのテープとCDに
反応するようになっているんです

男性:
だけどこの探知機、全員分無いんですよね。この人数だと……うん。
三人一組になって捜索してもらいます

そこで目を覚ました野獣

野獣:
何だあの黒い棒。AV探す奴か?

KMR:
金属探知機です。あれで何か探せって事ですよ

野獣:
そうか。じゃあ俺の分も取ってきて

KMR:
三人一組です。僕達で一つの分しか無いです

野獣:
分かった分かった。いいから金属探知機取って来いって。何か見つけたら
それも売ろうぜ

KMR:
その前に本当に警察呼びますんでそこは覚悟して下さいよ

暗転後、お宝の捜索を開始する空手部

野獣:
じゃあまずどこ探します~?

KMR:
どこでもいいんでとっとと動いてください。先越されますよ

野獣:
分かってんよ~探すぜ―お宝~

野獣:
MUR先輩。ちゃんと帰る道知ってますよね?

背後にまたメッセージが表示される(tehuの音声も流れる)

『<せんせー!残ったー!僕が一人残ってす、しまったのですが!』
『<あー…じゃぁ君は、先生とやろうか』
『<マァァァァァァア…!』
『<ちょっと大人しくしててくれる?』
『<ァハン』

MUR:
カエルがある道かゾ?

野獣:
KMRぁ頼むぞMUR先輩

暗転後、塀に向かって探知機を使う野獣

野獣:
おい全然見つからねえぞなんだこれ故障してんのか?

KMR:
そう簡単に見つかるわけないじゃないですか。釣りと同じで運任せなんですよ
もしかしたら一個も見つからないで終わると思いますけどね

言ってるそばから反応を示す金属探知機

野獣:
ゴメン聞こえなかった何て言ったの?

どや顔を決める野獣

KMR:
なんでもないです調べましょう

暗転後、段ボール箱を発見した野獣

MUR:
お~お宝見つけたのか~凄いゾ野獣~

KMR:
まさか中身時限爆弾だったりしないですよね?

野獣:
馬鹿かお前。そんなもん日本にあるわけねえだろ。

野獣:
金属探知機が鳴ったって事はこの中に金が入ってるんだよ。俺様
大金持ちだ~

画面が暗転する

野獣:
さあ開けるぜ~金貨ちゃん達~。野獣ジョーンズが君達を迎えに
来ました~

段ボールの中にはAVがたくさん入っていた

野獣:
・・・・・・・・

KMR:
全部エロビデオですね

AVのパッケージを見ながら喜んでいる空手部

野獣:
おっこれう●こ食う奴だ。捨てた奴ってこんな趣味してるんすねぇ

KMR:
ドS系もありますよ。それに底を見るとおもちゃもありますし・・・これって
お宝じゃありません?

野獣:
なんだKMR嬉しそうじゃねえか。でもまあいいもん見つけましたよ。
とりあえずMUR先輩持っててくださいね~

MUR:
凄いもん手に入れたゾ~

段ボールを持って去っていくMUR

野獣:
じゃあ次、KMRね

KMRに金属探知機を手渡す野獣

野獣:
じゃあ次、KMRね

KMR:
は?

野獣:
なんかさ~自分で探すのってめんどくさいよね~

野獣:
だから後輩のお前に全部任せるわ~。もしマジのお宝見つけたら電話しろよ~

捜索を押し付けて去っていく野獣

暗転後、渋々捜索を再開するKMR

KMR:
あの野郎・・・自分の仕事を他人に押し付けんなステハゲめ・・・
ぜってえ飽きたろあれ・・・

KMR:
・・・MNRとかいう人・・・あいつストーカーなんじゃないか?

KMR:
行ったら死ぬとか・・・忠告とか・・・意味分かんねえよ。
イカれてる

目の前に段ボール箱の上に座って糞を垂れている野獣がいた

KMR:
ん?なにやってんだあの人

野獣が急いで走り去るとその段ボールへtehuが向かっていく

男性2:
あっ宝だ!さっそくお宝見つけちゃった~!

段ボールを開けた瞬間、糞がtehuの顔に飛び散る(どんな仕掛けだよ)

悲鳴を上げるtehuを見て恍惚とする野獣。それを呆れた目で見るKMR

KMR:
ガキかよ
60:えころ :

2018/02/11 (Sun) 00:16:12

放送禁止アニメを見つけた空手部③

野獣を無視して、捜索を続けるKMR

KMR:
もう何も見つからないや。このまま帰ろうかな

探知機が反応を示す

KMR:
どうせまたエロビデオでしょうね

KMR:
とりあえず見つけたらとっとと帰ろう。一人で

音がする方へ向かうと、そこには大量のホモガキや野獣、AOKがいた(探知機の音うるせえ!)

KMR:
あれ、皆さんもここへ?

野獣:
ああ、ここ何か埋まってる見てえだな。あとMURは帰った

野獣:
すげえもん埋まってるかも知んねえのにあの池沼馬鹿だな

KMR:
・・・何か見つけたんですか?

男性:
目処はついているのですが、ちょっと、探しづらそうなところでして

ここでAOKの顔にアップになる

男性:
・・・・反応してるの、水の中なんですよね

池の水の中を手探りで探す野獣とKMR

野獣:
なんで俺達がこんな事しなきゃいけないわけ?

KMR:
僕達が空手部だからじゃないんでしょうか?

野獣:
ふざけんなマジで

KMR:
なんでMUR先輩帰っちゃったんですか?

野獣:
アイツん家にお婆ちゃんが来るんだってよ。遅れるっつっとけこの野郎

背後でメッセージが表示される

『<…汚染を除去している作業員みたいだ』
『<ぶっ!』
『<ぶぶっ!』

男性3:
あっ!!

その声に振り返るKMRと野獣

遠くで男達が何かを発見したようだ

男性3:
ええと…ええと、あ!これです!!

男性4:
…見つけたとて、視れるものでしょうかね?

男性3:
まぁ、賭けてみましょう

真っ黒な腕が黒いビニール袋を掴んでいる画面に切り替わる

男性4:
おーい、何か藻のようなものが引っ付いてないか?

男性3:
え?ああ…ちょっと待っててくださいね

引っ張られてビニール袋が上下に揺れる

男性3:
取れないな

男性4:
ちょっと貸してみ

思い切って引っ張ると黒い腕が千切れ、手首だけになった

悲鳴を上げた後、地上にビニール袋と手首を引きずりだした

男性3:
……どうする?

男性:
…開けるよ

AOKがビニール袋に手を伸ばす

野獣:
お、おい、本当に開けるのかよ?せめて警察を待ってからの方が…

男性4:
そうだよ。俺たちがこんな所で傍観していてもしょう

男性2:
待ってくれ!!

顔がクソまみれになったtehuが静止に入る

男性2:
…警察は、駄目だ

画面右端に『…は、はあ!?』と表示される

女性:
アンタ、これが一体どういう事か分かって言ってんの!?明らかに事件でしょ!?

男性2:
いやでも、……駄目なんだよ。信用できない

女性:
何が!?

男性2:
見ろよ……絶対、隠滅されるだろ。これ

ビニールの中には『カイカク君 最終回 full』と書かれたジュラルミンケースが入っていた

男性5:
…いや、いやいやいやいや

男性5:
いくら何でも、警察が介入しているって事は無いだろ。だって、たかがアニメだろ?
隠滅しないと困るような事ってなんだよ?

男性5:
警察にとっても、こんなアニメどうでも良い事だろ?それよりも、
この手だろ!?ここで人が、死んでるんだぞ!?(この一行だけ大文字)

男性3:
でも、まだ手しか見つかっていないぞ!

ここで画面にノイズが走る

男性5:
身体が見つかってなくても、手だけでも十分に事件だ!!こんなの、
僕達の手には

ノイズが画面を覆いつくし、そのままMUR邸に画面が切り替わる

野獣やKMRがテーブルの上のご馳走を囲んでいる

野獣:
まぁ~なぁんも無かったっすね!MUR先輩、先に帰って正解ですわ

MUR:
すまんな~野獣。どうしてもお婆ちゃんに会いたかったんだゾ

野獣:
いいっすよいいっすよ。無理やり誘った俺も悪いんすから気にしないでください。
やっぱMUR先輩の母ちゃんの料理は絶品っすねえ!

KMR:
ははは、でも京都は楽しかったですよ。お土産買ってくれば良かった

チャイムが鳴る

MUR:
あっ誰か来たゾ。行ってくるゾ~

MURが外に出ると、そこにジョニィがいた

MUR:
お~ジョニィか。一体どうしたゾ?

ジョニィ:
カイカク君の最終話フルバージョン見つけたで~。一緒に見ましょうや

MUR:
見たいゾ~

ジョニィ:
おーそうですか。中に野獣達もおります?

MUR:
いないゾ。俺一人だゾ

ジョニィ:
あっそう。この最終回、どえらい怖いで~覚悟せえや~

MURがなぜかMNRを連れて野獣達の所へ戻ってくる

野獣:
お~MNR~。お前も飯食いに来たか?

野獣:
まだまだいっぱいあるんだからた~んと食え。ガチで上手いからよ

KMR:
本当に野獣先輩と知り合いだったんですね。疑ってすみませんでした

MNR:
別にいいよ気にしてないし

MNR:
それより君への忠告、覚えてる?

KMR:
え・・・?確か・・・「行ったら死ぬよ」ですか?

KMR:
まあ・・・死ななかったから別にいいですよ。忘れますんで

MNR:
誰が謝るって言った?

MNR:
僕はただ野獣君とKMR君にお別れを言いに来ただけだよ

暗転し、ジョニィと二人で最終回を見るMUR

しかし、映像は黒塗りがぐちゃぐちゃにかかっていてまともに見る事はできない

"告発します"

MUR:
ノイズ酷いゾ
これ本当にカイカク君か?

"驚かれるかもしれませんが、聞いてください"

ジョニィ:
そうやで

"実は、このアニメに出てきたものは、あぁ…カイカク君は全てぇ…事実です"

ジョニィ:
掲示板で見つけたんやからガチでモノホンのカイカク君最終回や

"魔法とかぁ、そういうのではないのですが…"

ジョニィ:
知らなきゃよかったって声が多いけど俺は見れて良かったと思うなあ

キレるMUR

MUR:
これアニメじゃないだろ。俺を馬鹿にしてるのか

"なぜ私がこんな事を言うのか。それはぁ、時間がないからです!"

ジョニィ:
先輩アホですなあ。削除の理由がこの動画で分かったっちゅうことやで

さっき野獣とKMRが囲んでいたご馳走が置いてあったテーブルには何も置かれていない

"私はぁ…連れて行かれます。その前にここに残していきたいと思っています"

ジョニィ:
ちなみにこれ、ライブリークスっちゅう動画サイトやから絶対に消されへん

"カイカク君は奴らです。実験をぉ、している"

ジョニィ:
まあ喋ってる内容がSF過ぎて俺はぜんぜん信用でけへんがなぁ。
だって、中学生の考えた悪の組織見たいやん!

"その実験がぁ、人肉を食わせるようにぃ、マインドコントロールをする!"

ジョニィ:
ほらっ今マインドコントロールっつったで?嘘やん!

"それをぉ、数十年前から進めています"

"宗教もぉ…作っています"

"暴力で幽霊が祓える、強く見せるためなんてぇ、ごもっともな理由をつけて…、広めています"

※ちっとも"ごもっともな理由"ではないのだが…

ジョニィ:
信じられます?こんな厨二病くっさい内容。最初聞いた時、噴き出しましたわ

MUR:
男が喋ってるだけで面白くないゾ

"それはぁ、全て…実験です。存在します。あるんです! 実在するんです!"

ジョニィ:
あるわけ無いやろボケがぁ

"実験してぇ…、人間のぉ変え方を実験しているのです"

"いえ、人間のぉ壊し方ぁ…、いや!"

"なんといえばいいのか…、人間をより強い存在にぃ…、だからぁ"

ジョニィ:
アドリブやな

"頭に機械を入れてぇ…、肥大化!"

そこでドンドンと扉を叩くような音が響く

"うぁあ…、うわぁぁぁあああ!!"

ガラスを割れる音がする

"あっ、やだぁ!! 助けてくれ!! やだ! やだああ!! "

MUR:
何が起きてるんだゾ?

何かがしきりに割れる音が響く

"あかん、だっ、糞がぁぁぁ!! うあああああ!!"

ジョニィ:
一人で暴れとるんでしょ。怖く見せる為に

"ぐっ…リモデリ!! リモデリだぁ!! あいつらは、リモデリ!!"

"いや、RM!! RM!!"

MUR:
リモデリ?

ジョニィ:
俺は最初デリヘルって聞こえたで。ほんまリモデリってなんやねん

"誰か!! 誰か気付いてくれ!! 奴らの事を…、実験をぉ!!"

ジョニィ:
アラビアンとかも言っとったな。アラブ人が何なんや?

"俺は、これから連れて行かれるぅ!! 連れて行かれてぇ…!! 改造されるぅ…!!"

そこで扉が開く音がする

"う、うわあああああああ!! いぃやだあああああああ!!"

"アッ、アアアッ、アッ、殺してくれぇ!! いっそ!! いっそ殺してくれぇ!!"

"誰か!! うぅああぁぁぁ!!"

その音声を最後に何も聞こえなくなる

MUR:
終わりかゾ?

MUR:
何がしたいのかさっぱりだったゾ

呆れてテレビから去っていくMUR

暗転後、KMRと野獣の視点に切り替わる

KMR:
ははは、僕達にお別れだなんてそんな

野獣:
引っ越すのか?別にいいけどMUR先輩足んねえぞ?

MNR:
うん。とりあえず嘘は言わないから僕の話聞いてくれる?

MNR:
KMR君さあ、行ったら死ぬよって忠告しても行ったよね?まあどうでもいいけど

KMR:
そりゃあ知らない人の言う事なんて信じられるわけないじゃないですか

MNR:
そうだよね。あれじゃ唐突過ぎたか

MNR:
単刀直入に言うよ。君達はもう手遅れな姿になってる

KMR:
・・・どういう事ですか?

MNR:
すなわちここは実在しない世界なんだ分かる?

野獣:
実在しない世界?お前何言ってんの?

MNR:
嘘はついてないよ?

KMR:
よく分からないんですが・・・?

MNR:
もっと分かりやすく言うよ。
君達はどうやってここへ帰ったか覚えてるかい?淀城からここまで

KMR:
そりゃあもちろん

KMR:
そりゃあもちろん

KMR:
そりゃあもちろん

KMR:
そ             り        ち
           ゃ       ろ            あ(も)
    ん

目の前のMURにノイズがかかる

KMR:
そ             り        ち
           ゃ       ろ            あ(も)
    ん

MURが消滅する

KMR:
そ             り        ち
           ゃ       ろ            あ(も)
    ん

MNR:
ごめんねそんなつもりじゃなかったんだ

野獣:
            し
       た        い
          の

野獣:
            し
       た        い
          の

MNR:
本当はずっとこの世界に生きていたいのか聞きたかったんだけど
こりゃもう駄目だ

画面全体にノイズが走り始める

MNR:
でもこれで結果オーライかな?今の自分の姿見ちゃったら
死にたくなると思うし。アイツらも殺処分するだろう

MNR:
じゃあねもう通信切るよ。後もう少しで君達を攫った奴らを特定できると思った
けど失敗した

画面が工場のような施設に切り替わる

???1:
ユートピア実験を中止しろ。外部からのウイルスを発見した

???2:
分かりました。この男2人はどうしますか?

???1:
廃棄処分だ。二人とも頭の中の機械がショートして使い物にならん

水槽の中に入れられていたようで、目の前の水が抜けていく

レーンのようなところで廃棄場所に向かって進んでいく

『タノシイ』
『ガラガラユレル』
『見たこと無い所、タノシイ』
『ウゴクキモチイイ』
『ココハドコ』
『ドコニイクノ』

そして血まみれの巨大なプロペラモーターへ向かっていく

『助けて』
『運ばれる楽しい』
『シニタクナイ』
『センプウキ、スズシイ、メズラシイ』
『タノシイ、キモチイ』
『タノシイ』

そしてプロペラが動作を始め…

『イマノボクノアタマデハ、パラレルセカイニツウシンデキル』
『センプウキ、メズラシイ。タノシイ』
『イヤダ、タノシイ、キモチイ』
『センプウキガウゴク、スゴイオト』
『オカアサン』
『オカアサン』
『オカアサン』
『オカアサン』
『オカアサン』
『オカアサン』
『タノシイヨ』

頭が肥大化し、目玉が飛び出たKMRがプロペラに巻き込まれ、画面が血まみれになり、終了



  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.